ソ連 国歌 歌詞。 ウズベク・ソビエト社会主義共和国国歌

ロシア連邦国歌

ソ連 国歌 歌詞

この決定を受け、「インターナショナル」はこの年をもって国歌としての使用を終了、翌年1944年以降は /のちのソビエト連邦共産党 の党歌となった。 1993年に結党した においても党歌として使用されている。 当初の歌詞の2番にはレーニンとともにスターリンを称える箇所があるが、スターリン死去後のから歌詞なしで演奏され、に新しい歌詞になった。 新しい歌詞はミハルコフ自身が作詞をし直した。 1991年のとともに、ロシアの暫定的な国歌としてが選ばれたが、歌詞がないこともあり定着せず、国民からは旧ソ連国歌の復活を求める声もあった。 その他のロシア連邦国歌の歌詞もやはりミハルコフが作詞している。 近年、アレクサンドロフの作曲したこの国歌の冒頭と、作曲家の初期の作品である序曲「」の後半に現れる旋律との類似が指摘されるようになった。 [ ] [ 誰によって? ] これに関する根拠は薄く、またなぜ似通ったものになったのかも定かではないが、一般にはただの偶然であろうと考えられている。 [ ] [ 誰によって? ] 勇壮なメロディーとの勝利を謳った歌詞が特徴である。 [ ] ソ連時代の革命記念日のの軍事パレードで毎回流れるが、年によって歌の音調が違う。 [ ] 初代の歌詞 [ ] 1944年から1955年までの初代歌詞は次の通り。 3番は発表当時のを想起させる。 が最初に歌った。 ラテン文字転写 1番 Soyuz nerushimyy respublik svobodnykh Splotila naveki Velikaya Rus' Da zdravstvuyet sozdannyy voley narodov Yedinyy, moguchiy Sovetskiy Soyuz! コーラス Slav'sya, Otechestvo nashe svobodnoye, Druzhby narodov nadozhnyy oplot! Znamya sovetskoye, znamya narodnoye Pust' ot pobedy k pobede vedot! 2番 Skvoz' grozy siyalo nam solntse svobody, I Lenin velikiy nam put' ozaril: Nas vyrastil Stalin-na vernost' narodu, na trud i na podvigi nas vdokhnovil! コーラス Slav'sya, Otechestvo nashe svobodnoye, Schast'ya narodov nadozhnyy oplot! Znamya sovetskoye, znamya narodnoye Pust' ot pobedy k pobede vedot! 3番 My armiyu nashu rastili v srazhen'yakh Zakhvatchikov podlykh s dorogi smetom! My v bitvakh reshayem sud'bu pokoleniy, My k slave Otchiznu svoyu povedom! コーラス Slav'sya, Otechestvo nashe svobodnoye, Slavy narodov nadozhnyy oplot! Znamya sovetskoye, znamya narodnoye Pust' ot pobedy k pobede vedot! 実際、戦前は「ソ連邦」ではなく「ソ同盟」と和訳される場合が多かった。 また、中文では「連盟」とされた。 ここでも「自由な共和国の揺ぎ無い 連邦を」とせず、「自由な共和国の揺ぎ無い 同盟を」などとした。 日本語話者には馴染みのない表現だが、ロシア語ではこうした再帰的命令形は通例表現である。 ここでは直訳的に敢えて訳した。

次の

タジク・ソビエト社会主義共和国の国歌

ソ連 国歌 歌詞

概要 [ ] ロシア連邦、即ち後のロシアでは、脱化を推し進めていたにより作曲の「」が暫定国歌に定められたが、この曲には歌詞が無くメロディーのみが演奏されたため、一向に定着せず公式の国歌として法定化する事も出来なかった。 そこでに愛国歌に歌詞を公募したものの、やはり良い作品が選定出来ずに尻すぼみに終わってしまい、同年12月11日に無歌詞のまま大統領令を発布してしまった。 一方、議会で影響を保持していたは、ロシアの誇りを呼び興す事が出来るとして、時代の当時にそれまで使用されてきた「」に代わってに定められた「ソビエト連邦国歌」の復活を要求してエリツィン大統領と対立していた。 エリツィンにかわって大統領となったは、共産党への懐柔及び「強いソ連」の時代と「現代ロシア」のイメージを重ね合わせた「強いロシア」を強調して国民の人気を得るべく、末にのメロディを復活させる国歌法を制定した。 こうして、ソビエト連邦国歌は、ロシア連邦国歌として復活した。 大国に相応しい荘厳なメロディーの国歌の復活は多くの国民に歓迎された。 また図らずもミハルコフは国歌を同曲で3度作詞する事になった。 しかし、ソ連国歌の旋律の復活は、プーチン政権の豊富な資源を背景とした大国主義的政策もあいまって、諸外国には、「ソビエト連邦の復活」「の再来」という印象でも受け取られている。 特に、後、ロシアと一定の距離を置く姿勢を見せていた旧ソ連構成国(特にや、、、、)や旧加盟国の中には、「ロシアが再度の併合ないしは化を狙っている」という気持ちからロシアへの不信感が強まっている国もあり、そのように受け取られる傾向が強い。 Slavjsja, strana! My gordimsja toboj! Odna ty na svete! Odna ty takaja — Hranimaja Bogom rodnaja zemlja! Tak bylo, tak jestj i tak budet vsegda! NationalAnthems. Retrieved on 23 November 2011; Archived on 21 July 2012. Federal Constitutional Law on the National Anthem of the Russian Federation; 2000-12-25; Retrieved 2015-01-27. 2000 N 2110. Kremlin. Archived on 4 June 2011; Retrieved on 20 December 2009. Consulate-General of the Russian Federation in Montreal, Canada. Archived on 7 September 2012; Retrieved on 31 March 2010. 当時の日本語課の特集より• 国際連合方式 関連項目 [ ]•

次の

国歌:ソ連国歌(新歌詞)

ソ連 国歌 歌詞

2018-11-15. Asia-Plus. Cultin. 2018. nationalanthems. info. 2013. Kendall, David. 参考文献 [ ]• , sovmusic.

次の