ズボラ ストレッチ。 【ズボラ・簡単・コスパ】伸びるだけのズボラストレッチ!連休明けの心身に癒しとプチ喝を!

ズボラさんでも余裕!美脚&美尻のための神ストレッチ|美男エステティシャン「姿整美」1分動画【6】 (1/1)

ズボラ ストレッチ

加齢とともに垂れていくお尻。 それに伴い、むくんでパンパンになっていく足…。 そんな下半身の悩みを、1分のストレッチで解決してくれる方法があった!? イケメン整体エステティシャンの大澤隼人さんが考案した、姿勢の崩れを改善するメソッド「姿整美(しせいび)」を動画と共に紹介するこの連載。 これまで紹介した、整体とエステティックの両面を知り尽くす大澤さんだからこそのアプローチは実にお見事だったが、今回のストレッチは、1分で美脚やヒップアップも叶えてくれるから一石二鳥感がハンパない! 第6回目となる美脚&ヒップアップ編の指南を受けるため、日本一ズボラなアラサーライターのFが今回も大澤さんの元へ。 手を伸ばせばPC、筆記用具、スマホ、テレビのリモコン…、何もかもが半径50cm以内で揃う自堕落な生活を邁進中の筆者だ(アラサー&独身)。 そんな生活を長い間続けたある日、鏡の前で愕然とする。 「尻が重力の言うことをきいてしまっているじゃないか!」と…。 それに加え、日頃の運動不足がたたって足がパンパン! 足と足の間に隙間がないのだ。 「加齢は重力にあらがえない。 はい、もうオワタ〜」。 半ばあきらめモードでそうつぶやくと、またしてもあの男が初夏の風をまといながら登場する。 そう、イケメン整体エステティシャンの大澤さんだ。 「大丈夫です! 何もかも投げ出したくなっても、またちょっとずつ始めていけばいいだけですから。 今日は、そんなめんどくさがり屋さんのかたに、一度で二度おいしいストレッチ方法をご用意しましたよ(キラッ)。 たった1分の動きでヒップアップも美脚も叶えていきます」 心が荒んでいる日は特に、複数のストレッチとは向き合えないもの。 大澤さん、女心をよくわかっていらっしゃる! 1分だけ、しかも1回で2つの部位にアプローチしてくれるなら、ちょっとやってみようかなと思えてくるのだから。 【2】足の指を立てて、そのまま30秒キープする。 【3】息を吐くと同時に、上体を垂直に持ち上げていく。 デスクワークで凝り固まった下半身の血の巡りがよくなっていくのがわかるではないか! 「それはよかったです(ニッコリ)。 靴を履くことで足指が縮こまっちゃうし、日常生活において足の裏側を伸ばすことはなかなかないですよね。 でも足って、第二の心臓とも言われる重要な存在。 だからしっかりと温めてほぐしてあげることが大切なんです。 【2】の動作で足指に体重をかけるだけでもストレッチ効果がありますし、【3】で上体をアップダウンさせることで、足とお尻の筋肉を刺激します。 これで内転筋が鍛えられるし、お尻の穴を閉めることを意識しながらやると骨盤底筋群という筋肉が締まるので、美脚とヒップアップの効果が期待できますよ。 これを1日1分間やってみてください」 簡単な動きなのに、お尻や足のいろんな筋肉にアプローチしてくれるという今回のストレッチ。 一度で二度おいしい、なんともありがたき1分間! そしてちょっとだけでも体を緩めてあげると、気持ちも前向きになるというプラス効果も。 ズボラでめんどくさがり屋な筆者にもぴったりで大満足だ。 この人に聞きました:大澤隼人さん おおさわ・はやと。 1982年生まれ。 エステティックと整体を融合させた技術「姿整美」の考案者。 現在、表参道にてトータルビュティーサロンを経営。 「姿整美」が学べるエステティックスクール「姿整美COLLEGE」開校。 著書『たった1分 小顔になる!ウエストがくびれる!鎖骨まくらダイエット』(青春出版社)など。 撮影/黒石あみ 取材・文/船橋麻貴.

次の

ズボラでも続く!壁を使った開脚ストレッチで下半身痩せと綺麗な脚を目指せ!

ズボラ ストレッチ

<目次> ズボラ女子にぴったり! 「ストレッチ」のダイエット効果とメリット ではさっそく「ストレッチ」のダイエット効果やメリットについて見ていきましょう。 武田さんに教えてもらいました。 ストレッチで得られるダイエット効果 まずお伝えしたいのが、運動にはストレッチ・有酸素運動・無酸素運動の3種類があるということです。 カロリー消費量で見た場合、ストレッチは消費量が一番少ないので、減量を目的とするならば、ほかの2つの運動をオススメします。 しかし、ストレッチには、ほかの2つよりも優れたポイントがあります。 それは、「自律神経を整え、太りにくい体質を作ること」です。 ストレッチにはこれから紹介するような、各内臓の機能を活性化させる働きがあります。 基礎代謝アップ ストレッチをすることで血液循環がよくなり、基礎代謝のアップが期待できます。 また、セルライトが作られにくくなります。 脂肪燃焼効果 ストレッチにはさまざまな種類がありますが、褐色脂肪細胞(かっしょくしぼうさいぼう)の多い、肩甲骨の周辺、わきの下、首回り、心臓の近く(内臓)などを刺激するストレッチを行うことで、体の温度を上げ、「脂肪燃焼効果」が得られます。 ストレッチを行うメリット 「ストレッチ」を行うメリットは2つあります。 自律神経のバランスを整え健康な体を維持 そもそも人は年を重ねると、体力の衰えを感じ始めます。 実はこれ、自律神経のひとつ、「副交感神経」系の活性度の衰えと比例していると言われています。 そして副交感神経系が衰えると、代謝が落ちたり、血液の循環が悪くなったり、むくみや太りやすくなると言われています。 また、腸の動きも悪くなると言われています。 健康な体を維持するにも、自律神経のバランスを整えることは大事なのです。 続けやすい みなさんが毎日している歯みがきは、あまり大変な作業ではないですよね。 ストレッチはそれに似ていて、あまり強度の強いものでなければ毎日できます。 運動でも食事でも、体質を改善するには「継続すること」が大切ですが、続けやすいという意味でストレッチは最適なのです。

次の

【1週間チャレンジ】脚やせ お腹痩せ|ズボラストレッチで寝ながら脚やせ|note

ズボラ ストレッチ

ストレッチが決め手に!肩甲骨とダイエットの効果 肩甲骨を動かすとダイエット効果があると言われています。 肩甲骨の周辺には脂肪を燃やす働きをする褐色脂肪細胞と言われる細胞が密集しています。 この脂肪細胞を肩甲骨を動かすことで刺激し体脂肪を燃焼させる効率をあげるのです。 褐色脂肪細胞というのは、皮下脂肪などの白色脂肪細胞と同じ脂肪細胞の一つになります。 白色脂肪細胞と異なる点は脂肪を分解しエネルギーに変える働きをするということです。 脂肪を溜め込む働きはせず、脂肪を分解・消費を行う特殊な細胞なのです。 しかし、褐色脂肪細胞の割合は少なく人体での有効性は疑問視されていたのですが、最近では有効性が確認されダイエットへの活用が積極的に行われています。 ダイエットのエクササイズやストレッチで、肩甲骨周辺の褐色脂肪細胞を刺激する方法がよく用いられています。 血行が促進されることで脂肪細胞の活性化だけではなく背中の筋肉の柔軟性を取り戻すことができます。 さらに、ストレスを解消する効果もあり、リラックス効果で身体の不調を改善することもできます。 脂肪燃焼しやすい身体に!肩甲骨ストレッチの効果 ダイエットの鍵になるのは肩甲骨です。 手軽にできる肩甲骨ストレッチによるダイエットの方法を紹介します。 まず、すべてのストレッチに共通する注意点です。 1.腰を痛めないように骨盤をまっすぐ立て反り腰にならないように姿勢に気をつけましょう。 2.深い呼吸にあわせて、ゆっくりと動かしましょう。 肩幅に程度に足を開いて立ち、両手を頭上にまっすぐ伸ばして挙げます。 背中で両肘をくっつけるイメージで、肩甲骨を背骨に寄せながら腕を下げます。 肘を曲げてOKです。 太鼓たたきストレッチ• 500gのダンベルまたは500mlのペットボトルを両手に持ちます。 肩幅程度に足を開いた状態で立ち、両腕をまっすぐ頭上にあげます。 太鼓を叩くイメージで、腕を90度まで振り下ろす動作を左右交互に行います。 この時に体がぐらつかないように気をつけ、肩甲骨から動かすようにしてください。 これを1分間続けます。 足を伸ばして座ります。 足は肩幅くらいに開いてください。 両腕をまっすぐ頭の上に伸ばし、両手を合わしてください。 その状態で左右に上半身を捻ります。 この時に肩甲骨引くように意識してみてください。 1分間この動きを続けてください。 どれも1分でできるストレッチです。 朝起きた時、仕事の合間、寝る前など少し時間ができた時にぱっとできて効果があるものです。 肩甲骨は動かさないと凝固まる場所なので、こまめに動かすようにしてみてください。 脂肪燃焼に効果あり!タオルでできる肩甲骨ストレッチ 背中のお肉は自分ではなかなか確認することはできない箇所ですが、後ろ姿だらしなく見えますし、肩甲骨がどれだかわからないような状態になっていることが多いです。 そんな背中のお肉を解消するには肩甲骨を動かしてあげることがポイントになります。 肩甲骨は「上半身の骨盤」とも言われ、脂肪燃焼に欠かせない褐色脂肪細胞が密集しているスポットになります。 そのため、肩甲骨をしっかり動かしてあげることで全身の代謝UPさせることができるのです。 ダイエットのために激しい運動をするのは嫌だと思う人は多いと思います。 そこで、簡単に座ったまま行える背中のお肉撃退ストレッチを紹介したいと思います。 脂肪燃焼だけでなく姿勢の改善や肩こりの改善にも効果を発揮してくれるのでいつも凝りが気になる人にもおすすめです。 フェイスタオルを一本用意して、あぐらで座りましょう。 フェイスタオルの両端を持ち、頭上に腕を挙げましょう。 手の幅は肩幅より広くなるようにしてください。 背筋をしっかり伸ばして大きく息を吸います。 息をゆっくり吐きながら、両腕を肩の高さに車で肘を曲げておろします。 この時にしっかり肩甲骨が背骨に寄るように意識してください。 これを10回繰り返し行なってください。 肩甲骨ストレッチでバストアップ効果も!? 凝り固まった肩甲骨をほぐすことは肩こり改善だけではなく、姿勢を良くし、バストアップの効果も期待できます。 肩甲骨をほぐす方法に「肩甲骨はがし」というやり方があります。 「はがす」という言葉が怖そうなイメージを持ってしまいますが、とても効果的な方法です。 これを1日5〜10分程度毎日することで大きな効果を実感することができます。 背筋が自然と良くなるので、猫背も改善でき腰痛にも効果がでる場合もありますので、多くの人に実施してほしいです。 では、1人で手軽に行える方法を紹介します。 立っている状態で肩甲骨から動かすイメージで腕を前後に大きく回します。 呼吸は止めずに深呼吸しながらおこなってください。 背中で両手を繋ぎましょう。 左右手を入れ替えて行ってください。 硬くて手を繋げない人は限界までくっつけるようにしてストレッチします。 タオルの両端を持ち頭の上に挙げ、そこからゆっくり肩の高さまで両腕を下ろしてきましょう。 肩甲骨を寄せることを意識して10回繰り返しましょう。 すべて肩甲骨を中心に動かすように行ってみてください。 肩甲骨周辺の血流が改善されて暖かくなってくると思います。 ズボラでも大丈夫!効果が期待できる肩甲骨の簡単ストレッチ 痩せたいなと思ってもなかなか行動に移せなかったり、途中で諦めてしまったズボラなあなた。 もう頑張ってスポーツジムに行ったり、長い時間走ったり、歩いたりする必要はありません。 これから紹介するスボラなあなたでも続けられる簡単なストレッチを続けてみてください。 徐々にダイエットの効果を感じる事ができると思います。 では、ストレッチを紹介します。 仰向けに寝て、両手の広げて肩の高さまであげます。 大の字で寝る感じでリラックスしてください。 左手を天井の方に伸ばし肩甲骨を床から離していきます。 そしたら、右腕の方向に倒して行きます。 左手と右手の平を合わせるようにすると、左の背中がストレッチされます。 お尻が浮いてしまうところまで体を捻る必要はありません。 ゆっくりと左手を戻し、反対側も同様にストレッチしてください。 これをゆっくり5回を目安におこなってください。 慣れてきたら回数を増やしましょう。

次の