アスファルト アンカー。 DIYでも簡単!?物置の転倒防止アンカー工事をホームセンターで依頼

アスファルトに打ち込むアンカーボルトについて質問です。

アスファルト アンカー

アスファルト用ねじアンカー(PAT. P 弊社はアスファルト用ねじアンカーを開発しました。 アスファルトと言いますと道路のアスファルトですが、現在コンクリート用アンカーは沢山あります。 しかし、 アスファルトは全国何処でもありますが、 アスファルト用のアンカー は無いです。 需要が無いと言えばそれまでですが、不思議と言えば不思議です。 原因はアスファルトの強度にあります。 ですから アスファルト用ねじアンカーと聞いただけで「そんなの持つ訳無いだろう。 」と初めて聞いた人は大抵そう言います。 しかし、実際に使ってみた方は、「いやーきくねえー、それも 工事が簡単だよ!」 皆びっくりしています。 また、 ねじ式のため取り外しが簡単に出来るのです。 ご使用頂いた方に大変喜ばれています。 アスファルトと言うのはコンクリートに比べて非常に柔らい為に、アンカーを打ちこんでも抜けてしまうのです。 お得意先において、 を販売 し始めました。 それを固定するのに、コンクリート用のアンカーボルトを使用していました。 従って、これまた強度が出ません。 アスファルトはコンクリートに比べて柔らかいですからアンカーが利きません。 そこで、 アスファルト用ねじアンカーを開発致しました。 中々強度を出すのに試行錯誤しながらようやく完成しました。 お陰さまにて沢山の問い合 わせ並びに注文を頂くように成りました。 アスファルトは日本全国どこでもある 訳です。 どうか アスファルト用ねじアンカー をお試し頂きたいと思います。 現在の在庫償却後順次、ジオメット処理されたものを、お送りさせて頂きます。 宜しくお願致します。 防錆及び強度について 材質はステンレスを使用して焼入れを施し強度をあげております。 また、焼き入れ性のステンレス材は防錆力が少し落ちます。 しかし、あくまでもステンレスですのでこのままでも充分問題はないのですが、念を入れてダクロ処理を施しております。 打ち込み深さ:50mm以上、深さが浅い場合は引張強度が弱まります。 m以上の製品を使用して下さい。 弊社において準備したアスファルトを使用し、常温でのテスト結果で あり参考値です。 特に重量物または横からの力が掛かる場合には、設置場所にて実際にテストした上ご使用をお勧め致します。

次の

コンクリートアンカーの種類(SUS)と使い方や打ち方について

アスファルト アンカー

アスファルト用ねじアンカー(PAT. P 弊社はアスファルト用ねじアンカーを開発しました。 アスファルトと言いますと道路のアスファルトですが、現在コンクリート用アンカーは沢山あります。 しかし、 アスファルトは全国何処でもありますが、 アスファルト用のアンカー は無いです。 需要が無いと言えばそれまでですが、不思議と言えば不思議です。 原因はアスファルトの強度にあります。 ですから アスファルト用ねじアンカーと聞いただけで「そんなの持つ訳無いだろう。 」と初めて聞いた人は大抵そう言います。 しかし、実際に使ってみた方は、「いやーきくねえー、それも 工事が簡単だよ!」 皆びっくりしています。 また、 ねじ式のため取り外しが簡単に出来るのです。 ご使用頂いた方に大変喜ばれています。 アスファルトと言うのはコンクリートに比べて非常に柔らい為に、アンカーを打ちこんでも抜けてしまうのです。 お得意先において、 を販売 し始めました。 それを固定するのに、コンクリート用のアンカーボルトを使用していました。 従って、これまた強度が出ません。 アスファルトはコンクリートに比べて柔らかいですからアンカーが利きません。 そこで、 アスファルト用ねじアンカーを開発致しました。 中々強度を出すのに試行錯誤しながらようやく完成しました。 お陰さまにて沢山の問い合 わせ並びに注文を頂くように成りました。 アスファルトは日本全国どこでもある 訳です。 どうか アスファルト用ねじアンカー をお試し頂きたいと思います。 現在の在庫償却後順次、ジオメット処理されたものを、お送りさせて頂きます。 宜しくお願致します。 防錆及び強度について 材質はステンレスを使用して焼入れを施し強度をあげております。 また、焼き入れ性のステンレス材は防錆力が少し落ちます。 しかし、あくまでもステンレスですのでこのままでも充分問題はないのですが、念を入れてダクロ処理を施しております。 打ち込み深さ:50mm以上、深さが浅い場合は引張強度が弱まります。 m以上の製品を使用して下さい。 弊社において準備したアスファルトを使用し、常温でのテスト結果で あり参考値です。 特に重量物または横からの力が掛かる場合には、設置場所にて実際にテストした上ご使用をお勧め致します。

次の

自社開発商品|横浜市の杉元産業株式会社

アスファルト アンカー

アスファルトとコンクリートの違い アスファルトとコンクリートと聞くと、一見同じように感じますが原料や特徴に違いがあります。 まずは、アスファルトとコンクリートの違いや何でできているかをみていきましょう。 それぞれの特徴は以下のようになっています。 アスファルトは何でできている? アスファルトとは黒褐色ないし黒色の個体または半固体の物質です。 正式には「 アスファルト合材」と呼ばれています。 天然のものもありますが、ガソリンや軽油などの燃料を作った時に最後まで残った残留物でできているものがほとんどです。 アスファルトは常温だと固まっており、高温になると液状になります。 これを砂利とまぜたものが一般的にアスファルト合材とよばれています。 炭化水素を主成分としているため、熱を加えると溶解する性質を持っています。 アスファルトは主に道路の舗装などに使用されています。 つなぎ目が少なく、走行音も静かなため、多くの場所で使用されています。 しかし一般家庭では、アスファルトを選ばれない方も多いようです。 一部を除いてデザイン性に乏しく、色などを変えられないことが原因かもしれません。 また、アスファルトは冷めると固まって使い物になりません。 運んでる途中で冷めたり、塗装している途中で冷めてしまうこともあります。 注意深くしながら処理していても冷めてしまったら、現場では使うことができません。 もう一度高温の状態に戻すと使用することができますが、すぐに行うのは難しいようです。 一般家庭でアスファルト舗装を行うことは大変難しいです。 コンクリートは何でできている? コンクリートはセメントに砂や水を調合し、混ぜて固めたもののこといいます。 セメントとは石灰石や粘土などを焼成し、粉砕した粉末のことをいい、 無機質接着剤の総称のことです。 コンクリートは非常に強固ですが曲がりには弱いので、コンクリートの中間にワイヤーメッシュ(網状の鉄筋)や鉄筋を施しながら使用することが多いです。 これを「 鉄筋コンクリート」と呼んでいます。 圧縮に強いコンクリートと張力に強い鉄筋の特徴と組み合わせて駐車場に多く使用されています。 一般住宅の駐車場のほとんどがコンクリート舗装です。 正しくきちんと施工していれば、日常の生活ではまず壊れることはありません。 さらに、 自動車整備工場やガソリンスタンドはコンクリート舗装がほとんどです。 アスファルトの場合、薬品やガソリンなどをこぼすとその部分はボロボロになっていきます。 機械などを使う際にアスファルトに穴が開いてしまう可能性もあるので、コンクリートが選ばれています。 長期的にみると補修の必要がないので、コストの面でコンクリート舗装の方が安くなることがあります。 コンクリートは砂利などと違い動くことがないので、いつまででも舗装したはじめの景観を保ってくれます。 ただし、コンクリートは物を混ぜて使う人工構造物なので昔ながら和風建築には合いません。 シンプルな外観に適しているので、建物に合わせて使用しましょう。 アスファルト舗装の特徴 アスファルトとコンクリートの違いを紹介しました。 次はアスファルト舗装のメリット、デメリットを紹介します。 メリット 単価が安い アスファルト舗装はコンクリート舗装よりも比較的単価が安く済みます。 素材自体も柔らかく 静音性があり、車の走行性がよいです。 工事時間、施工時間が短い アスファルトは油で作られて固まればすぐに使用できるので、 施工時間が短く済みます。 また施行後すぐに使えるのもメリットのひとつです。 排水性、透水性を調整できる アスファルトは水の流れを調整しやすいように作ることができるため、排水性、透水性を高めるように舗装することができます。 排水性が高いアスファルトも製造されているので、舗装する場所や環境に合わせたアスファルトを使うことができます。 デメリット 耐久性が低い アスファルトは耐久性が低いため、道路などの衝撃が加わりやすい場所ではわだちができやすく寿命が短いです。 ひび割れやポットホールも生じやすいため、数年おきに 補修工事をする必要があります。 耐熱性が低い 油は熱に溶けやすいので、 耐熱性が低くなってしまいます。 そのため日に当たると柔らかくなり、車のタイヤの跡がつきやすくなってしまいます。 また、暑い時期には高温になりやすく、都市部を中心に気温が上昇するという「ヒートアイランド現象」を促進させてしまいます。 コンクリート舗装の特徴 コンクリート舗装のメリット、デメリットを紹介します。 メリット 耐久性が高い コンクリートは 硬くて丈夫なので、 50年以上使用されているものもあります。 数年おきに工事をする必要がなく、補修する頻度が低く済みます。 チェーンタイヤなどの頑丈なタイヤが使われる雪国や、大型車の通行が多い道路などに適しています。 その硬さからタイヤの跡もつきにくいので、駐車場の舗装として活用できるのも大きなメリットです。 耐熱性がある アスファルトよりも耐熱性があるので、夏の暑い時期でも気温が上がるのを押さえます。 ヒートアイランド現象を抑制することも期待できるでしょう。 デメリット 単価が高い コンクリート舗装はアスファルト舗装と違い、施工の手間がかかります。 そのため、単価が高くなってしまいます。 追加工事が難しい コンクリートは一度施工してしまうと、後で追加工事することが難しくなります。 追加工事をするとかなりの施工時間がかかるので、アスファルトに比べて 費用も高くなってしまいます。 騒音の発生 コンクリートは 継ぎ目があるため騒音が発生しやすいです。 舗装する場所にあったものを選ぶことが重要です。 家庭用の駐車場ならどっちがいい? 費用の面を考慮し、アスファルトとコンクリートの違いで比較するとアスファルトの方が安く済みます。 しかし耐久面を考慮すると、コンクリートの方が安心です。 初期費用はコンクリートの方がかかりますが、メンテンナンスのことも含むとコンクリート舗装を選ぶ方が多いようです。 舗装の費用ですが、駐車場の大きさはもちろん、駐車場に白い線を引く「ライン引き」といったそのほかのオプションによっても変わってきます。 費用の相場は、アスファルト舗装であれば、 1平米5000円前後、コンクリート舗装であれば、 1平米10000円前後です。 ただし、先程説明したとおりいろいろな要素によって値段は変わっていきます。 どういう手順で舗装していくのか、いくかの業者にお問い合わせをして見積りをとってもらいましょう。 まとめ アスファルトとコンクリートは、耐久性や耐熱性に違いがあります。 駐車場を舗装する際、安いからといった値段だけで決めるのではなく、それそれのメリットとデメリットを比較したうえでどちらにするか選びましょう。 また、コンクリート舗装かアスファルト舗装かどちらか悩んでいる場合は業者に相談してもよいでしょう。 その駐車場に適した舗装をしてくれます。 業者に依頼する際はいくつかの業者に見積りをとり、金額や内容の比較をするようにしましょう。 (この記事は2020年4月24日に加筆・修正しています).

次の