わん パンマン 漫画。 【ニコニコ漫画版】 ワンパンマン / 原作:ONE 作画:村田雄介 おすすめ無料漫画

ワンパンマンの原作はいつ頃完結?最終回結末の内容も予想

わん パンマン 漫画

ONE先生のワンパンマンはいつ頃完結するか予想 現在ONE先生は『裏サンデー』というWEB漫画サイトで 『モブサイコ100』という漫画を連載しながら ONE先生の個人サイトの『ワンパンマン』を描いていらっしゃいます。 このONE先生の描いた漫画を村田先生がリメイクし、 単行本版とWEB漫画用の漫画に描き分けているわけで一応商業化しているわけです。 半年に一回だけ更新というときもありましたからね。 (遠い目) ワンパンマンの更新はONE先生のお心しだい! 明確な予測をつけにくいのです。 なので、結局、このくらいで終わって欲しいな、 という願望になってしまいます。 せめて、少年が少年のうちに、最終回を迎えてくれることを願い。 2012年に商業化をしたことを考え、 13年後!2025年に完結! と予想をたてさせていただきます! (少年とは、6、7~18、19歳までの世代の年齢をさす。 Wikipedia参照) 何でONE先生のオリジナルワンパンマンを発表した年から考えないの? という方もいらっしゃると思います。 その理由を説明させていただくと、 ONE先生がワンパンマンを発表したのは、 2009年、現在、2015年までに、もう、6年くらい掲載していて。 もう、少年の期限の十三年の半分くらいは過ぎちゃっているからなのです。 お話としては、まだ伏線が出続けている状態なので、 それを回収して、物語をしめることを考えると、あと、もう6年くらい。 いや、それ以上かかると思われます。 それを含めて考えると、 商業化したワンパンマンが発表された年から考えた方が ちょうどいいかな?と思ったのです。 はい、すみません。 ONE先生のオリジナルワンパンマンは2009年から2025年の16年間、 6歳の少年が読み始めて、22歳くらいになった頃に終わる。 と予想をたてなおさせていただきます。 少年が少年のうちにONE先生のワンパンマンが終わることはないと思います。 Sponsored Link 気になる最終回の内容も予想 ワンパンマンの最終回の内容は、やはり、 予想を超える!か、 納得のできるものにして欲しい!という声が多いように感じます。 予言者シババワの『地球がヤバイ』という予言を最後の伏線と考えて、 『最終回では、主人公であるサイタマが地球をワンパンで砕いて終わる!』 というのは、いかがでしょう? 伏線は見事に回収され、漫画のタイトルであるワンパンマンの手によって、 物語の舞台がしめられることによって終わる。 すみません。 真面目に予想をしますと、 ワンパンマンの最終回はサイタマがS級一位ヒーローになり、 毎日、なんだかんだ考え、思うところがありながらもヒーロー活動をつづけていく。 という終わりになると思います。 漫画としては、ありがちな展開かもしれませんが、 サイタマが夢だった仕事についても 『こうじゃないんだよな~、俺のしたかったことって本当にこれなのかな?』 と考えたり、ヒーロー活動をしている中で市民から文句を言われたり、 同じヒーローからも、称賛だけでなく、嫌がらせや嫌味を受けたり、言われたり、 そういう漫画の雰囲気が日常を思わせるリアルなものなので、このような、 『なんだかんだいって、日常は、こうして続いていく』 という、リアルな日常とリンクするラストの方が、 ワンパンマンの最終回にはふさわしいとそう思います。 きっと、ONE先生なら我々の予想を良い意味で裏切ってくれる展開でワンパンマンを 終わらせてくれることでしょう。 期待をしながら、今のワンパンマンを楽しんでいきたいと思います。

次の

漫画ワンパンマンについて

わん パンマン 漫画

となジャン版の方はおそらく飽きているというより、原作よりも事細かく描きたいだけな気がしますね。 原作のあっさりした感じは好きですが、となジャン版は大規模なものにしたいのでしょうね。 それとあんなに追加要素が多いのは村田先生が追加しているそうです。 戦闘描写を増やしたりしているみたいですね。 ネームはそこまで追加要素はないようですよ。 それでも原作よりは増えているでしょうが。 そのせいもあってか進みが遅い気はしますよね。 原作の方はどうなんでしょうね。 こっちも飽きているというよりは今後の展開に悩んでいる気がします笑 モブサイコ連載時はたしかにネームもあり忙しかったのでしょうが、今はモブサイコが終わっていますので少なからず前よりは時間的余裕が生まれている筈なんですよね。 それなのに更新しないのはまぁサボっていると、飽きていると思われてしまいますよね笑 要はとなジャン版はone先生的には追加したいこともあり特に問題はないように思います。 原作の方はもうわからないです笑.

次の

ワンパンマン: 感想(評価/レビュー)[漫画]

わん パンマン 漫画

情報DB• ブログ 検索• アニメ:• 50音順• ゲーム:• 50音順• 漫画:• 50音順• 文学:• 50音順• ドラマ:• 50音順• 特撮:• 50音順• 日本映画:• 50音順• 海外映画:• 50音順• Web媒体• Web媒体• Web媒体• 論客目録• その他• それもこれもやはり原作者ONEの才能ゆえであり、ここが一番のポイントだと思う。 逆に言えば村田先生くらいの画力が備わればここまでの凄い漫画になるのかという良い例でもある。 とにかく漫画としては小中学生が発想しそうな『俺TUEEE』漫画である。 自分も当時似たような落書き漫画をノートに書いていたのを思い出す。 しかし当然だがそんなもので世に出る漫画になる訳ではないのだが、最初はくだらない落書き漫画であったにも関わらず、ONE先生がしっかりとストーリーと構成を後付けした結果こうなった。 個人的には村田ワンパンパンを読む前に、是非ONE先生の原作を読んで欲しいと思う。 度肝を抜かされる画力の無さである 笑 だがなぜかどちらもちゃんとした『ワンパンマン』なのである。 今現在原作の方は更新が止まっており、村田ワンパンマンになりつつあるのだが、正直現在の村田ワンパンマンはあまり面白くない。 これまで忠実にONEのワンパンマンの構成通り描いてきただけに、ONEらしさが無くなるとこうなってしまうのかと感じてしまうからある意味凄い。 つまり漫画は画力だけではダメなのだという事。 漫画はネームで決まる。 いくら双方が打ち合わせの上で漫画を作り上げていたとしても、ONEがネーム 原作 を自分で描くか描かないかで、ちょっとした魅せ方の差が大きな差になると思う。 現在ONE先生はモブサイコ100の連載に追われているのだろうが、実はワンパンマンの今後はとても心配している 画の練習に端を発するWeb漫画。 ここではリメイク版である村田氏の作品を評価する。 原作の時点で、映像作品を意識したと思われる構図のダイナミックさなどはその片鱗を覗かせていたけれど、 これに村田先生の芸術作品とまで言える画力が付与されたことで大幅にバトル物としての面白さがUPした。 主人公・サイタマは全てを超越した強さを持ち、そのせいで無気力な人間になった。 序盤に登場する敵も、彼でなければ倒せないようなものが多い。 だから今まで趣味で怪人討伐していたのだが、プロのヒーローがいるこの世界観では彼のしている事は正当に評価されていない。 地位や名声、金に興味が無いからこそ、ある種の真意を突いた発言をする。 他キャラの顔を立てる場面も少なくない。 これこそが、最強主人公としてあるべき姿なのかもしれない。 中盤からサイタマとは真逆の評価を受けるキングの話もあり、 勿論、他のヒーローも損な役回りの多いジェノスや、高潔な魂の持ち主・無免ライダー、タツマキ・フブキのエスパー姉妹など魅力的なのが続々登場。 ゾンビマンやクロビカリの戦闘シーンが見てみたい。 ヴィランならソニックを筆頭にジーナス博士、ハンマーヘッドなど憎めないものも居れば、深海王・メルザルガルドのような強敵も揃っている。 しいて欠点を挙げるなら、本筋進行のの遅さ・連載の不定期さだろうか。 現在ガロウ編に突入するとともに、そのサイドストーリーの補完的なエピソードを並行して連載している。 なので金属バットの出番が増えたりといったメリットと同時に尺稼ぎとの意見も出ている。 気の早い話だが、こちらまでリメイク、そしてアニメ化するのにどれだけかかるのか。 【総合評価】 単なるパロディに留まらない、ヒーローとは何か、強さとは何かを哲学させられる漫画。 ワンパンの爽快感とともに体感してみよう。 話題になってたから読んでみたけれど、なんとも言えない出来で正直微妙だった 【良い点】 ・作画 村田雄介先生の迫力のある描写はすごい ・キャラの個性 どのキャラクターにも一癖二癖あって面白い 個人的には無免ライダーが一番好きです 【悪い点】 ・バトル漫画としての面白みの無さ 漫画としての補正だから仕方ないんだけど…正直サイタマのバトルは大体一撃で決まったりするので先が読めて面白みが無い。 ぶっちゃけジェノスやタンクトップマスターが戦ってた方が面白い。 唯一ボロス戦だけは良かったけど「つまらなくはない」くらいのレベル。 ただ迫力でごまかしてるだけで駆け引きの格好良さとか頭脳戦とかも一切なく非常に単調。 これは他のバトルにも言える。 能力にも面白いものが無くみんなただ殴ったりするだけで見てて飽きる。 ・ギャグが寒い この漫画はバトルよりかはギャグ漫画の面が強いのですが、そのギャグも大して面白いものが無くたまに苦笑するレベル。 【総合評価】 あまり心に響かなかった作品。 この作品を読むなら大体同じくらいに話題になったヒロアカなどの方がオススメできる。 まあつまらなくはないから読んでるって感じです。 【良い点】 ・元のサッパリとした少年アニメには申し分無い画力とアニメの作画がまた独特の迫力を生み出していて引き込まれる。 ・「ワンパンマン」と、タイトル通りワンパンで終わるワンパターンだと分かっているのにハラハラする。 いつの間にか引き込まれていて予測出来るはずの次のアクションも予測できない。 ・キャラが皆個性的で忘れにくい。 敵キャラもモブキャラでさえも個性的で忘れる事が出来ない、見た目も性格もそれぞれが違いすぎる。 サイタマはその個性的過ぎるキャラの中でゆういつ適当 無個性 なキャラなため、これがまた特別な存在感を放っている。 【悪い点】 ・リアリティに欠ける。 例えば作中の中で敵キャラが、「人類の7割が全滅した」などと言っていたが、それはとても大事でS級ヒーローを向かわせるなど、ヒーロー協会もパニックになっているはず。 その後も作中では平和? な日々が描かれていた。 もっと深刻な状況のはずだ。 ・設定を理解するのに時間がかかる。 モンスターの初出現時など、その世界にモンスターがすでに出現している設定なのか、それとも初めてモンスターが現れた設定なのか説明が足りていない。 【総合評価】 ・結局良作なのは変わりない。 悪い点と言ってもさほど大きな問題ではないし、良い点の存在の方が大きい。 ワンパターンでどうやって話を繋いで行くのかが謎だが、そこがまた興味をそそる。 これからも末長く続いてほしい作品だ。 作品DB内ブログ記事 1. by エスパー... いってしまった。 こんなの生まれて初めてだ。 と思ったら最後ケツで攻めておっぱいあててんのよ、いつものうるかちゃんだった。 血液ヌル なんかえらくシュールな漫画だな…。 ギャグマンガ日和めいたアトモスフィアを感じる。 好きか嫌いかと言われれば好きです。 思ったよりもゆるーい作劇が気に入りました。 ハゲではなく貧血気味になった ワン パン マンみたいなノリだ... by オルタフォース... ない天気だった。 時間の短さも手伝って休んだ感じがしなかった。 それでもやろうとしていたことは何とかやれたけど。 そしてたった今ダブルタイフーン来襲。 せわしない天候だ。 by ウクレレ... 評価対象は「作品の中身」。 自作自演厳禁• 品位等書き方に適切さを欠くもの禁止• 著しく無意味な書込み(同じようなことずっと繰り返し言ってるだけも含む)禁止• その作品の評価と全く関係ない書込み禁止違反された場合、削除と違反ポイント付け アク禁等 が行われます。 現在受付けてる削除提案理由• 特定のコメントの批判 作品の評価ではなく評価の評価になっている• 世間一般・他の方の評価・見方の批判 作品の評価ではなく評価の評価になっている• 他人の評価のコピー• どの作品にでもコピペ出来る具体性の無い評価• HNに問題有り 他者の侮辱, 犯罪者名, 公人名 作者等 の使用, etc... 人種差別等差別用語の使用• とりわけ乱暴な言葉遣い(死ね、... 作者・演技者に対する作品の制作能力と関係ない点の批判(もしくは人格批判にまで脱線した批判)• アダルト系用語の他者への配慮の欠ける書き込み• 書いていることと評価付けが逆• 対象作品以外の事柄への語りがメインになってしまっている、または割合は少なくとも比較して過度に貶める形で挿入されている。 但し見てない上での断定評価文・または強過ぎると判断される批判文を書いている場合にはマナー違反として削除されます• 推理系の作品の核心のネタバレ•

次の