プレイ ボール 2 ネタバレ。 プレイボール2【第55話】最新話のネタバレ・内容と感想・考察!

プレイボール2 ネタバレ感想 最新話75話 最新刊8巻を無料で読む

プレイ ボール 2 ネタバレ

好投手・小野田をはじめ実力のある選手が揃う対戦相手を目の当たりにした谷口は、試合前日にもかかわらず、ハードな特別練習を課す。 その効果もあってか、初回からいきなりのチャンスに・・・ 【プレイボール2】最新話63話ネタバレや感想!2019年12月18日掲載分 1回表、丸井とイガラシの連打で無死1・2塁、先制点のチャンスを迎えた墨谷。 ここで打席に入るのは3番の倉橋。 この倉橋は以前、野球部浪人をしている時期があり、そのときに倉橋の先輩である川北商業の田淵が川北商業の練習に連れてきた時があったのである。 田淵が硬式の練習に倉橋を混ぜて欲しいと頼むと、その練習相手に指名されたのが、マウンド上の小野田であった。 倉橋と練習を行った小野田は、 ・なんで、墨谷の一般生徒に・・・ と愚痴っていたが、すぐに小野田のボールを捕れるようになったことから ・センスはあった と評価を変えるのであった。 倉橋は打席に入るときに、送りバントのサインを出すが、 「いや〜〜〜、小野田っチのボールをバントするのは難しい!」 「よし、おれもヒッティングするか!」 といい、送りバントと考えていた相手は混乱してしまう。 小野田が投球フォームに入っても、バントの構えをしないため、前進することができない川北商業のファーストとサード。 小野田が投げると、「おれは死んでも送る!」と決意しながら、バントをする倉橋。 打球がピッチャー前に転がったので、小野田は「チィ、小賢しいことしやがって」とつぶやきながら、打球へ向かう。 バントをした倉橋は ・小野田は人間的に成長したと言われちゃいるが・・・ ・本質は変っちゃないハズだ と考えながら、一塁に走る。 打球をつかんだ小野田は、サード、セカンドを見ると、どちらも無理であったので、ファーストに送球するも、ボールはヘッドスライディングした倉橋のヘルメットに当たってしまう。 倉橋は、1塁ベース上で、カッカするクセは直り切っていないとつぶやく。 この状況から、川北商業の監督は小野田を呼び、注意をするのであった。 ここで打席に入るのは、4番の谷口であるが、なんとスクイズのサインを出すのである。 これを見た、ランナーの丸井、イガラシ、倉橋は衝撃を受け、倉橋はタイムを取り、谷口のもとに詰め寄る。 倉橋「谷口、何、考えてんだ、オマエ。 スクイズって・・・」 谷口「ネクストから見ていたら、小野田のタマは予想以上だと思った。 」 谷口「確実に先制点を取りたいんだ。 」 などと消極的な意見しか言わない谷口。 これに対して、倉橋は前日の特訓のことや、谷口が前の試合の最終打席でホームランを打ったことを思い出させ、 倉橋「ホームランを打った打者が次の打席でバントすることないだろ。 」 倉橋「たとえ、ここでスクイズが成功したと言ったって、それは間違った采配だと思う」 谷口「すまなかった、サインは取り消すよ。 」 とスクイズを取り消させた倉橋である。 谷口は打席に入り、小野田が投げた初球が高めに外れたのを見逃すと ・練習試合の時の球威なんか、はるかに超えてる ・丸井やイガラシは、よくコレを打ったもんだ ・小野田がこんなチャンスをくれるのなんて、この回だけかもしれない ・キャプテン、4番、昨日の特訓 ・おれがこの打席で結果を出さなくちゃ! と気合を入れる。 しかし、1塁ベース上にいる倉橋は ・ん ・まずい ・さっきのやり取りで、谷口に妙なプレッシャーがかかったか? と考えるのであった。 感想や考察 プレイボールで、倉橋が墨谷に入り、野球部に入部したものの、当時の上級生と折り合いが合わず(というか、上級生がだらしなかったというか)、野球部を辞めが、その後、野球部に戻ったことは知られていますが、その野球部を離れていた間に何をしていたのかは、あまり描かれていませんでした。 それが、今回、その野球部浪人中に川北商業に練習に行っており、この試合の先発投手・小野田の捕手を務めたいたことが明らかになりました。 このときにつかんだ小野田の性格を考慮しながら行ったピッチャー前の送りバントは、絶妙ですね。 これに加えて、消極的になったしまった谷口ですが、倉橋にハッパをかけられて、気合を入れ直します。 ただ、空回りしないといいのですが。 この後の展開がどのようになるのか、楽しみです。 Sponsored Link 最新話・最新刊を無料で読む方法!• 文章ではなく、『絵』で続きが読みたい!• 無料で漫画が読みたい! そんなあなたには、無料期間に600円分のポイントがもらえる『 』がおすすめです!• 31日間の無料キャンペーン!• 無料期間に600円分のポイント付与• アニメや映画の見放題が充実! 31日間の無料お試し期間があり、その際にもらえる600円分のポイントで電子書籍を楽しむことができます。 これにより、 普通に漫画を書店で買うよりも圧倒的にお得に漫画を購入することができるんです! また 動画の見放題もかなり充実しており「 ないエンタメがない」というキャッチフレーズも過言ではありません。 そのため電子書籍やアニメなどの動画を楽しむのに、U-NEXTは本当にオススメのサービスです。 登録も解約も簡単ですし、 無料期間に解約しても違約金は一切かかりません。 U-NEXTでは、毎月1200ポイントもらえ、登録後すぐにポイントを利用できます。 とにかく漫画を安く、たくさん読みたいならかなりお得ですよ! ただし、ポイントを利用した分は適用されません。 あくまでも、『 課金した料金分』に対するポイント還元システムです。 また、 見放題の動画が多いので、アニメやドラマ、映画も楽しめるのも嬉しいポイント。 そのため、 毎月最大1300ポイント分のサービスを楽しむことが可能です。 (無料期間も同様) すぐにはポイントを利用できませんが、月額料金以上のポイントがもらえるのは大きなポイントです。 セールやまとめ買いキャンペーンなどもあり、安く購入できるのも嬉しいポイントです。 jpの無料期間中は• 全てのサービスに利用できる「 600ポイント」• 動画に使える「1000ポイント」 が付与されます。 音楽が購入できるのが最大のポイントです。 また、音楽や漫画などの作品のレビューをすると、1件につき30ポイント。 毎月50回までできるので、 最大1500ポイントをもらうことができます。 公式サイトからの登録だと無料のお試し期間が利用できない場合があります。 無料期間を利用する際は、こちらの 『特設ページ』から必ず登録したください。

次の

プレイボール2【第55話】最新話のネタバレ・内容と感想・考察!

プレイ ボール 2 ネタバレ

挟まれたイガラシ。 イガラシは、サードに送球された瞬間に、いちかばちかホームにダッシュする。 イガラシの巧みな走塁。 サードは投げづらくなる。 そして内川寄りに送球。 イガラシの走塁スピードが増す! そして回り込みスライディング!キャッチャーは追いタッチになる。 クロスプレーとなるが、審判の判定はセーフ! そして谷口も二塁へ行く。 5-4と墨谷が勝ち越した。 倒れるイガラシを丸井はかつぎ、「これがイガラシだ」と呟く。 記録はヒットで、谷口は四打数四安打。 そして9回裏のマウンドに上がる谷口。 しかし川北監督は「勝てるな…」と呟く。 ノーアウト満塁になってしまった。 そして、あきらめない!という谷口の球を川北打者が捉える。 まさに墨谷魂、という所ですね! 作者はこれまで散々「疲れ」というものをちらつかせて、弱味を見せていましたが、ここで逆をついて、疲れているのに凄いスピードで走るイガラシ、を見せて来ました。 プレイボール2が始まったころ、やたら井口や半田をクローズアップした作者。 私や多くのファンが不満を口にしましたが、それが作者に届いたのでしょうか? 大会になってイガラシや丸井の活躍が増えましたね。 試合は9回裏。 またわかりやすく、満塁のピンチです。 この試合も長くなりましたし、もうスパっと抑えて勝って頂きたい。

次の

【プレイボール2】最新話63話ネタバレや感想!2019年12月18日掲載分

プレイ ボール 2 ネタバレ

無料で読める漫画が3,000作品以上!|まんが王国 「まんが王国」なら月額利用料が無料! 今、無料会員登録すると半額クーポンが必ずもらえます! プレイボール2 ネタバレ 最新話74話 これがイガラシだ! の巻 谷口はツーランスクイズを試みたが、川北商業がこれを読んでいたので引っかからず、3塁を踏んで本塁へと向かうイガラシがツーランスクイズに気付かれたと悟った時には既に挟まれていた。 この光景を見ていた田所達は今度こそ万事休すだと呟いていた。 さ 3塁ベースの方へ戻されたら終わりだ! サードが詰めてくる前に…… とイガラシは思いながら3塁ベースへと体重をかけると、サードの田辺は3塁に帰塁すると踏んでボールを3塁に入っている犬山に向かって投げようとする。 しかし、これはイガラシの作戦であり、田辺が犬山にボールを投げる際にボールが手から離れた瞬間に本塁に一か八か突っ込もうとしていたのだ。 そして田辺が投げたので、イガラシはすぐさまスタートしました。 柏原はギャンブルでスタートを切りやがったと内心で思いながら、あんなに疲れているのに満足に走れないだろと驚いた表情をしながら叫ぶ。 犬山はイガラシが疲れているのを知っているので、楽勝にアウトに出来ると考えていたがイガラシが微妙にラインに入っているので投げづらかった。 柏原はランナーに当たらないから投げろと、戸田は外へ向かって投げるように言う。 その間にイガラシはスピードを上げて走るので、柏原はあんなにボロボロなのに何処にこんな力が残っているんだと内心思いながら驚いていた。 そしたらイガラシが微妙に外側を走っていたので、犬山は投げるのを躊躇する。 柏原が早く投げるとせがんだので、犬山は内側に向かってボールを投げた。 ボールはイガラシを追い抜いて戸田がボールをミットに収めるとすぐさまタッチしようとし、イガラシはヘッドスライディングして滑り込んだ。 タイミングはギリギリであったが戸田と柏原は先にタッチしたからアウトだとアピールするも、主審の判断はセーフだった。 そしてこの間に谷口は2塁へ進塁していた。 これによって勝ち越しを決め、5対4にしたのだった。 川北の応援団は勝ちこされてしまったので落ち込み、田所達はイガラシの事を賞賛していた。 そのイガラシは疲労から全然立つことが出来ず、丸井が肩を貸してベンチへと連れていく。 中学時代から何度も見た! ボロボロになりながら……それでも最後に出すクソ力! これがイガラシだ! と丸井はこのように思いながらベンチへと向かう。 谷口はツーランスクイズは読まれていたけど、イガラシがやってくれたとホッとしていた。 柏原は悔しがっている様子を見た丸井は、イガラシはそんじょそこらの1年生とはわけが違うんだと言い放ったのだ。 因みに先程の谷口のツーランスクイズはサードが1塁をアウトにするのを諦めたと言う判断からヒットとなり、谷口は4打数4安打となっていた。 それから柏原は、谷口をランナーに置きながらも後続を抑えて1点で食い止めた。 9回裏となって谷口がマウンドに上がる。 「9回で1点差なら…これは……勝てるな…おととしの練習試合で……ウチはまったく歯が立たなかった墨谷だが…よくぞここまで……ウチを苦しめるまで成長した…だが……かわいそうだがここまでだ…! 」 と田淵監督は言うのだった。 実際、谷口はノーアウト満塁のピンチを作り、長打を打たれればサヨナラ負けしてしまう展開になっていました。 谷口はもう壊れる寸前ながらも投げますが、犬山がライト方向へと打ち返した。 井口が何とか飛びついてグラブにボールを収めた。 プレイボール2を無料で読む方法 今回は プレイボール2を文字で ネタバレしましたが、やっぱり絵がついた漫画を読みたくなではないですか? そんなあなたにおすすめの動画配信サービスが U-NEXT(ユーネクスト)。 U-NEXT(ユーネクスト)の 無料お試し期間は簡単な登録から31日間も漫画はもちろん映画、海外ドラマ、韓流ドラマや アニメなどの人気作品や名作まで見放題です! 無料期間中の解約は一切料金は発生しません!! プレイボール2 最新話74話 感想 勝ち越しましたが、ノーアウト満塁は厳しいなと思いましたね。 長打を打たれてしまえば、サヨナラ負けですから投げる方にも守る方にもプレッシャーはかかっているでしょう。 次回はダブルプレーにして、井口がマウンドに上がるのではないかと思います。 次のバッターは井上であり、左バッターなので右投手である谷口の球筋は見えやすいはずです。 谷口もかなり疲れているので、井口に任せるのではないでしょうか。 jp AppleID ギフトコード/U-NEXTカード クレジットカード キャリア決済 クレジットカード spモードコンテンツ決済 楽天ペイ リクルートかんたん支払い おすすめポイント 電子書籍だけでなく、アニメ・動画も見放題 会員登録しなくても3,000作品以上の漫画が読める 新刊が発売日に読める カテゴリー• カテゴリー&人気漫画•

次の