淡路島 フェリー 和歌山。 淡路島へフェリーでいこう!所要時間や運賃など詳細を徹底解説

運賃

淡路島 フェリー 和歌山

概要 [ ] に挙げるとの自治体や経済団体が推進活動を行っている。 既に(鳴門大橋)があるため、実現すると淡路島経由で南近畿と四国()が道路で結ばれることになる。 本州側の起点は和歌山市の北西端付近であるが、を擁する地域との境界付近でもある。 (明治32年)から紀淡海峡(洲本市 - 和歌山市加太港間)をが運航していた が、現在は無く、(以前は少し北の南部を横断して・・が運航されていたが、現在は廃止・休止)、洲本市 - ・和歌山県間は直線距離では短いが地区経由もしくは徳島 - 和歌山間の経由のルートを使用する必要がある。 そのため、この道路の必要性を唱える人がいる。 紀淡連絡道路実現期成同盟会の予想案によると、海峡部はを経由する道路単独橋とし、淡路側の由良瀬戸には世界最長となる全長約4,700 mのを設けるとする。 当初は案や案もあった。 技術的には可能とされているが、一方で費用面や開通後の需要などの課題も残る。 また、紀淡海峡一帯は内に入っており、吊橋を建設する上での紀淡海峡付近のやの砲台跡など歴史的遺産に関する問題もある。 また、この道路を鉄道併用橋とし、を通す計画も提唱されている。 この場合、完成後も未使用のままである大鳴門橋の鉄道部を活用することとなる。 関係団体・自治体 [ ] 紀淡連絡道路実現期成同盟会 (7月設立) 、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、 紀淡海峡交流会議 (1992年9月設立) 、、、、、、、、四国経済連合会、大阪府商工会議所連合会、兵庫県商工会議所連合会、奈良県商工会議所連合会、和歌山県商工会議所連合会、徳島県商工会議所連合会、香川県商工会議所連合会、高知県商工会議所連合会 大阪湾環状紀淡連絡道路建設推進協議会 (6月設立) 大阪府、兵庫県、和歌山県、徳島県、奈良県、、、、、 紀淡連絡道路建設促進協議会 (7月設立) 関西経済連合会、四国経済連合会、大阪商工会議所、和歌山商工会議所、徳島商工会議所、大津商工会議所、、神戸商工会議所、奈良商工会議所、高松商工会議所、高知商工会議所、洲本商工会議所、鳴門商工会議所、堺商工会議所、泉佐野商工会議所 通過自治体 [ ]• 沿革 [ ]• :地域高規格道路候補路線に指定 周辺の主な道路 [ ]• E24• E28• 脚注 [ ].

次の

大阪府岬町深日港フェリー視察

淡路島 フェリー 和歌山

目指すのは「徳島港」 フェリーで徳島から和歌山に向かう時、目指すのは「 徳島港」になります。 わたしの場合、香川の坂出インターから高速道路に乗って、「鳴門インター」で降りました。 逆から(徳島から)来る場合は「徳島インター」から15分だそうです 参考までに、丸亀から徳島港までは1時間40分ぐらいで着きました。 ドライブスルーでチケットを購入 徳島から和歌山へはフェリーなので車も乗せて行けます。 「 南海フェリー」で行くので、看板を見て行きましょう。 乗船券を買うために駐車場で降りるのかなと思ってると、なんとドライブスルーで行けるようです。 和歌山港側ではドライブスルーが できません! ご注意を。 これは便利ですね。 ちゃんとクレジットカード対応(VISA、JCB、マスター)もしています。 チケットを買ったら、こんなラインで待ちます。 「5番レーンで待っていてください」のように言われると思うので、それに従ってください。 南海フェリーの料金 南海フェリーの料金はこちら。 大人は2,000円、子どもは1,000円ですね。 車は運転手1人込み料金になっています。 わたしの場合は大きい車なので9,600円でした。 こちらは南海フェリーのチケット(乗船券)です。 なかなか高いな! 南海フェリーの時刻表 こちらは南海フェリーの時刻表。 わたしは朝の6:00に丸亀を出て、8:00発のフェリーに乗りました。 フェリー自体に乗っている時間は2時間です。 ずっと高速道路を行く車や乗り換えの多い電車と違って、ゆっくりできるのがいいですね。 南海フェリーに車で乗り込む しばらく待ったら、前の車が動き出したので、乗り込む時間ですね。 乗り込む前に車からチケットを係員の方に渡します。 では、南海フェリーに車で乗り込みます。 ちなみにこちらが、フェリーです。 「フェリーつるぎ」っていう名前の船でした。 係員の指示に従って駐車します。 わたしの場合、ランプがつきっぱなしだったので、あとで放送で呼び出されました(笑)。 お気をつけを。 フェリーの中 車で入り、近くの階段から登って行きます。 階段を登ったところ。 甲板ですね。 めちゃ寒かったので誰一人座ってませんでした。 夏は気持ち良いのかもしれませんが、 喫煙用の灰皿があるので要注意です。 タバコがダメな方は室内ということになります。 こちらはフェリーの客室に入る扉です。 萌えキャラがいますね! この萌えキャラ、この南海フェリーのマスコットのようです。 緑の服が「阿波野まい」青の服が「高野きらら」だそうです。 フェリー客室へ ではフェリーの室内に入りましょう。 こんな感じです。 客室は完全禁煙なので安心です。 こちらのような対面の席もありますね。 こちらはじゅうたんになっていて座り込める席。 たぶん、混む時はここも埋まるんでしょうね。 なんとグリーン席も あと、このフェリーにはグリーン席もあります。 料金は+500円(子どもは+250円)です。 ただし、年末年始、お盆、GWは、大人: +1,000円 子ども: +500円です。 ちらっとのぞいてみました。 わたしの座っている庶民用の席と違ってゴージャス感が少しあります。 ちなみに今日みたいに混んでない日は誰一人使っていませんでした(笑)。 フェリー客室にあるほかの設備 スロットもあります。 やる人いるのかな? こちらは自販機コーナー。 アイスクリームの自販機もあるので夏場は大繁盛しそうです。 もちろん、売店もありますよ! 売店は主にお菓子を売っています。 弁当系は……• おにぎり …… 120円• 洋風幕の内弁当 …… 500円• 寿司折詰 …… 540円 という良心的なお値段でした! うどん がないんだな……と思いましたが、ここ、香川じゃないですからね(笑)。 あと、赤ちゃんルームもちゃんとあるようです。 そのとなりには「ドライバー室」。 ドライバー室というのは、トラックの運転手さんが仮眠するの専用の部屋です。 寝るように暗くなってました。 一般の人は入れません。 せっかくなので、もう一度、甲板に行きました。 やっぱり寒い!船は当たり前ですが、進んでるので風があるんですよね。 冬はおとなしく客室をおすすめします。

次の

大阪・岬―淡路・洲本間の連絡船が16年ぶり復活へ サイクリング客の需要も見込む

淡路島 フェリー 和歌山

目指すのは「徳島港」 フェリーで徳島から和歌山に向かう時、目指すのは「 徳島港」になります。 わたしの場合、香川の坂出インターから高速道路に乗って、「鳴門インター」で降りました。 逆から(徳島から)来る場合は「徳島インター」から15分だそうです 参考までに、丸亀から徳島港までは1時間40分ぐらいで着きました。 ドライブスルーでチケットを購入 徳島から和歌山へはフェリーなので車も乗せて行けます。 「 南海フェリー」で行くので、看板を見て行きましょう。 乗船券を買うために駐車場で降りるのかなと思ってると、なんとドライブスルーで行けるようです。 和歌山港側ではドライブスルーが できません! ご注意を。 これは便利ですね。 ちゃんとクレジットカード対応(VISA、JCB、マスター)もしています。 チケットを買ったら、こんなラインで待ちます。 「5番レーンで待っていてください」のように言われると思うので、それに従ってください。 南海フェリーの料金 南海フェリーの料金はこちら。 大人は2,000円、子どもは1,000円ですね。 車は運転手1人込み料金になっています。 わたしの場合は大きい車なので9,600円でした。 こちらは南海フェリーのチケット(乗船券)です。 なかなか高いな! 南海フェリーの時刻表 こちらは南海フェリーの時刻表。 わたしは朝の6:00に丸亀を出て、8:00発のフェリーに乗りました。 フェリー自体に乗っている時間は2時間です。 ずっと高速道路を行く車や乗り換えの多い電車と違って、ゆっくりできるのがいいですね。 南海フェリーに車で乗り込む しばらく待ったら、前の車が動き出したので、乗り込む時間ですね。 乗り込む前に車からチケットを係員の方に渡します。 では、南海フェリーに車で乗り込みます。 ちなみにこちらが、フェリーです。 「フェリーつるぎ」っていう名前の船でした。 係員の指示に従って駐車します。 わたしの場合、ランプがつきっぱなしだったので、あとで放送で呼び出されました(笑)。 お気をつけを。 フェリーの中 車で入り、近くの階段から登って行きます。 階段を登ったところ。 甲板ですね。 めちゃ寒かったので誰一人座ってませんでした。 夏は気持ち良いのかもしれませんが、 喫煙用の灰皿があるので要注意です。 タバコがダメな方は室内ということになります。 こちらはフェリーの客室に入る扉です。 萌えキャラがいますね! この萌えキャラ、この南海フェリーのマスコットのようです。 緑の服が「阿波野まい」青の服が「高野きらら」だそうです。 フェリー客室へ ではフェリーの室内に入りましょう。 こんな感じです。 客室は完全禁煙なので安心です。 こちらのような対面の席もありますね。 こちらはじゅうたんになっていて座り込める席。 たぶん、混む時はここも埋まるんでしょうね。 なんとグリーン席も あと、このフェリーにはグリーン席もあります。 料金は+500円(子どもは+250円)です。 ただし、年末年始、お盆、GWは、大人: +1,000円 子ども: +500円です。 ちらっとのぞいてみました。 わたしの座っている庶民用の席と違ってゴージャス感が少しあります。 ちなみに今日みたいに混んでない日は誰一人使っていませんでした(笑)。 フェリー客室にあるほかの設備 スロットもあります。 やる人いるのかな? こちらは自販機コーナー。 アイスクリームの自販機もあるので夏場は大繁盛しそうです。 もちろん、売店もありますよ! 売店は主にお菓子を売っています。 弁当系は……• おにぎり …… 120円• 洋風幕の内弁当 …… 500円• 寿司折詰 …… 540円 という良心的なお値段でした! うどん がないんだな……と思いましたが、ここ、香川じゃないですからね(笑)。 あと、赤ちゃんルームもちゃんとあるようです。 そのとなりには「ドライバー室」。 ドライバー室というのは、トラックの運転手さんが仮眠するの専用の部屋です。 寝るように暗くなってました。 一般の人は入れません。 せっかくなので、もう一度、甲板に行きました。 やっぱり寒い!船は当たり前ですが、進んでるので風があるんですよね。 冬はおとなしく客室をおすすめします。

次の