幼稚 意味。 幼稚園、必要ですか?

「幼稚」と「稚拙」の使い方の違いを教えてください。この2つ...

幼稚 意味

すべての情報源• 総合的な情報源• 研究社 新英和中辞典 2• 研究社 新和英中辞典 1• Weblio Email例文集 21• 浜島書店 Catch a Wave 8• Eゲイト英和辞典 2• 専門的な情報源• 斎藤和英大辞典 1• 日本語WordNet 6• EDR日英対訳辞書 10• Tanaka Corpus 4• 日本法令外国語訳データベースシステム 4• JM 1• Wikipedia日英京都関連文書対訳コーパス 18• 官公庁発表資料• 金融庁 2• 特許庁 36• 経済産業省 3• 厚生労働省 1• 書籍・作品• Scott Fitzgerald『グレイト・ギャツビー』 1• James Matthew Barrie『ピーターパンとウェンディ』 1.

次の

幼稚 韓国語 Kpedia

幼稚 意味

「幼い」の意味や使い方 「幼い」という表現は、 「年が幼少であること・年齢が若いこと」を意味しています。 「幼い」という言葉には、 「まだ成熟しておらず、言動が未熟 幼稚 で子供っぽいこと」の意味もあります。 「幼い」の使い方は、 「幼い子供たちに癒される」のように 「実年齢が低い時」に使います。 また 「精神的に幼い彼女の言動」のように、 「言動が未熟で子供っぽいさま」の意味で使う使い方もあります。 「幼稚」の意味や使い方 「幼稚」という表現は、 「年齢が幼い 若い こと」を意味しています。 「幼稚」には 「精神的に未熟で言動・考え方 価値観 が子供っぽいこと」という意味合いもあり、 「実年齢の割に言動・考え・態度が未発達 未熟 で子供っぽい」という批判的なニュアンスも含まれています。 「幼稚」の使い方は 「上司の幼稚な発言に呆れました」のように、 「精神的に未発達で言動や態度が子供っぽい時」に使う使い方になります。 また 「幼稚な子供のいたずら」のように、 「単純に年齢が低い」という意味でも使えます。 「幼い」と「幼稚」の違い 「幼い」と 「幼稚」の意味の違いを分かりやすく説明します。 「幼い」も 「幼稚」もどちらとも、 「年齢が幼少であること・年齢が若くて 低くて 幼いこと」を意味しています。 「幼い」には 「言動が幼稚で子供っぽいさま」の意味合いがありますが、 「幼い」のほうが 「幼稚」と比べると 「実年齢もまだ幼い人の精神的な未熟さ 子供の子供らしい言動 」に対して使われることが多い傾向があるという違いを指摘できます。 「幼稚」という言葉は、 「実年齢ではある程度大きくなっているのに、まだ精神的に未発達で行動・考え方が子供っぽい 幼い 」という批判的なニュアンスが強いという違いもあります。 そのため、 「幼い人」といった場合には 「実年齢も精神年齢も幼い人 小学生以下くらいの人 」のイメージが湧きやすくなります。 一方で、 「幼稚な人」という場合には、 「実年齢は大人に近いくらいなのに 大人なのに 、精神年齢が幼くて未熟な人 情けない人・残念な人 」のイメージになりやすい違いがあります。 「幼い」を使った例文と意味を解釈 「幼い」を使った例文を紹介して、その意味を解釈していきます。 「幼い子供たちが、公園で無邪気に遊びまわっていました」 この 「幼い」を使った例文は、 「幼い」の表現を、 「年齢が若い 低い 子供たちが」という意味合いで使っています。 「幼稚」を使った例文と意味を解釈 「幼稚」を使った例文を紹介して、その意味を解釈していきます。 「いい年をして幼稚な考え方しかできない夫が情けなくなってきました」 この 「幼稚」を使った例文は、 「幼稚」の表現を、 「いい年をして精神的に未熟・未発達な考え方しかできない夫」を意味する文脈で使っています。 まとめ 「幼い」と 「幼稚」の意味の違いを分かりやすく解説しましたが、いかがだったでしょうか? 「幼い」という言葉は、 「幼少であること・年齢が若いこと」や 「まだ成熟しておらず、言動が幼稚で子供っぽいさま」の意味を持っています。 それに対して、 「幼稚」というのは 「年齢がまだ幼いこと」や 「精神的に未熟で行動や考え方が子供っぽいこと」を意味しています。 「幼い」と 「幼稚」の意味の違いを調べたい時には、この記事の説明を確認してみてください。

次の

「幼稚園生」って言いますか(駄)

幼稚 意味

幼稚な関係では、相手のできないところを埋めてあげることで自分の存在価値を満たしています。 「私がいなきゃこの人はダメになる」とか、逆に「あなたがいないと私は生きていけない」といった共依存関係でお互いに寄りかかっています。 幼稚な人は必要とされなくなることが一番怖いので、相手に良くなってもらっては困ると無意識に考えています。 そのため、相手が自分でできるようなこともやってあげてしまうことで相手が自立する機会を奪い続けるのです。 大人の関係では、お互いにできないところを教え合ったり補い合ったりしながら相手の成長を信じることができます。 お互いが成長し合うことで、より良いチームワークを築いていくことができます。 幼稚な人はすぐに人のせいにして八つ当たりをしますが、本当の原因が自分の中にあることを認めない限りそれが終わることはありません。 勝手にストレスを溜めてきては、最後には全てこちらのせいにして爆発するということを定期的に繰り返すでしょう。 これは自分の惨めさを隠し、自分は悪くないとアピールしたいがためのフェイク行為です。 本来ぶつけるべき相手は本人の育った家族でありながら、そちらへは怖かったり神格化したりしていて言えないのです。 ある程度ガス抜きができると勝手におさまってきますので、そのタイミングになってから「ではどうしてほしいのか」だけを聞いてあげましょう。 そうなるまでは話の内容にあまり意味はありませんから、まともに相手にせず上手に聞き流すのが吉です。 カチンをくることをふっかけて来ますが、そのゲームに決して乗らないようにしましょう。 不毛な争いが続くだけです。 幼稚な人を成長させるには、もう一度育て直しが必要になります。 全てを受け入れてもらい、認めてもらえたと感じられるような心の安全基地が必要なのです。 それからようやく、相手の気持ちを思いやるということを学んでいけるのです。 しかしこれはかなり根気のいる作業です。 時限爆弾のような人を身近に抱えている場合、周りにいる人の方に何らかの歪が表れてくることが多いでしょう。 自分が苦しいばかりであるならば、距離をおくことも大事です。 それでももし相手を助けたいという気持ちが強いとしたら、実はあなたも同じ心の傷を持っているのかもしれません。 相手を通して自分が親にしてもらえなかったことをすることで、無意識に癒されようとしているのです。 ですがそこに気づかなかったらただただ相手のために自己犠牲になり続け、自分が擦り減っていくことでしょう。 本当に自分を癒せるのは自分しかいないのです。

次の