退職挨拶 返信。 退職の挨拶への返信文例集|ビジネスメールの書き方【テンプレート】

退職メールへの返信例文!取引先の方へ送る時は?

退職挨拶 返信

定年退職する方からのメールには、どんな内容で返信すればいいだろう? それほど多くない事例なので、このような状況で悩んでいるかもしれません。 返信ですぐに思いつくのが、• 今までありがとうございました• 長い間お疲れ様でした といった内容ですが、これだけだとあまりに寂しすぎますよね・・。 あなたからすると、定年退職はまだまだ先のことです。 定年退職をする方は、同じ会社の人だけではありませんね。 そこで、下記の2つのパターンを用意しました! それが・・・• 社内の方に対する返信• 社外の方に対する返信 長年の勤続に対する労いの言葉は、しっかりと盛り込むようにしましょう。 敬意と感謝の気持ちをもって返信してくださいね! 下手なメールであなたのイメージを損ねないよう、どんな返信をしたらよいか例文を見ていきましょう。 まずは、社内の方から定年退職のメールが来た場合について、お伝えしていきます! 件名:Re:退職のご挨拶 〇〇 部長 お疲れ様です。 山田です。 お忙しいところ、退職のご連絡をいただきありがとうございます。 〇〇部長が今年定年退職を迎えられることは存じておりましたが、いざこの日を迎えると寂しさがこみ上げてきます。 時には厳しく、時には温かくご指導くださりありがとうございました。 新しい環境での〇〇部長のご健勝とご活躍をお祈りいたします。 お体には十分お気を付けくださいませ。 今まで本当にありがとうございました。 山田 一郎 一斉送信で来たメールに対しては、どう返信すればよいでしょうか? 続いて例文を見ていきましょう! 一斉送信で届いたメールへの返信 件名:Re:退職のご挨拶 総務部 〇〇 課長 お疲れ様です。 山田です。 お忙しいところ、退職のご連絡をいただき恐縮です。 新卒時から勤められたとのことで、長きに渡り本当にお疲れ様でした。 新しい環境での〇〇課長のご健勝とご活躍をお祈りいたします。 今後お体には十分お気を付けくださいませ。 営業部 山田 一郎 定年退職なので、「今までお疲れ様でした」という 労いの言葉を入れましょう。 また、何らかしらお世話になったことがあるはず。 株式会社ビジマナねっとの山田です。 ご丁寧に退職のご挨拶をいただき、誠にありがとうございます。 私の発注ミスでご迷惑をお掛けした際に、親身になったアドバイスで助けていただいたことは、生涯忘れません。 未熟な私に対して、丁寧にご指導賜りましたことに感謝申し上げます。 〇〇様が退職されるという事で寂しい限りですが、新しい環境でのご活躍をお祈りしております。 お体には十分気を付けてお過ごしください。 今まで本当にありがとうございました。 jp お客様や取引先の場合にも、 特に思い出に残った内容を入れることが大切。 そうすると、 オリジナルの文章となり、気持ちが入った内容になります。 ぜひ意識してくださいね! これまで社内と社内それぞれの返信の例文をご紹介してきました。 大事な3つのポイントをご紹介していきますので。 次の見出しで詳しくお伝えしていきますね! スポンサーリンク 定年退職メールへの返信で意識すべき3つのポイント 定年退職メールへの返信では、どんなことに意識すればよいのでしょうか? 特に大事なのが次の3つ。 それが・・・• 今までお世話になったお礼を述べる• 相手との思い出のエピソードを述べる• 退職後の気遣いを述べる それぞれについて詳しく見ていきましょう! 今までお世話になったお礼を述べる 定年退職を迎える前には、色々と お世話になったはず。 社会人経験が豊富なので、年が近い先輩や上司とは、違う視点で指導してくれたことでしょう。 「今までありがとうございました」という感謝の気持ちを、しっかりと伝えましょう! 相手との思い出のエピソードを述べる 例文での解説の繰り返しとなりますが、 共通のエピソードを交えると、相手は思い出が蘇るでしょう。 ノウハウを教えてもらったこと• トラブルやミスをサポートしてもらったこと• あなたが勉強になったこと• 今でも信念として持てていること• 食事を御馳走になったこと など色々とあると思います。 思い出深いエピソードを盛り込み、相手を泣かせちゃいましょう(笑) 退職後の気遣いを述べる 今までと生活が異なるため、 何かしらの不安を持っていることは間違いないでしょう。 新しい生活を踏み出すのに不安を感じるのは、いくつになっても同じ。 退職後の生活や再就職について、根ほり葉ほり聞く必要はありませんが、 気遣いをすることが非常に大事。 これからゆっくりとプライベートを充実させるかもしれませんし、引き続き働くかもしれません。 今後の活躍への期待や、 健康面を気遣う言葉を最後に添えると良いですね! ここまでメールの返信の内容について解説してきました。 ですが、重要なのは何も内容だけではありません。 そう、それがメールを 返信するタイミング! どうして返信をするタイミングが重要なのでしょうか? その理由を次の見出しで詳しく見ていきましょう! スポンサーリンク 返信のタイミングはすぐが大事! 退職者が挨拶のメールを送るのは、 退職する直前がほとんどでしょう。 多くの方は有休消化の後に退職日を迎えるので、最終出勤日にメールが届く場合が多いです。 そのため、 すぐに返信することが非常に大切。 もしも、返信が遅ければ、 メールが読まれずに退職してしまう可能性があるのです。 そうすれば、二度と見られないメールとなり、返信が無駄になってしまいます。 もしも、メール内に退職後の個人的な連絡先が書かれている場合は、そちらへ返信するとよいでしょう。 ただし、その場合でも早めに返信をしてくださいね。 一般的なメールの返信マナーが 24時間以内ですので、それを目安に送ることをオススメします。 返信する内容は当然大事ですが、タイミングも非常に大事。 そのため、受け取った側がいい加減な対応をするのは、マナー違反です。 人間関係の基本は 礼儀。 他人の「退職」という大きなライフイベントに丁寧に対応できるかどうかは、あなた次第です。 そのため、しっかりと上記の 3つのポイントを踏まえたメールを送るようにしてくださいね! あなたは今まで様々なことで、お世話になったことでしょう。 再度強調しますが、 相手との共通のエピソードを入れたオリジナルの文章で、 相手の目に留まるような内容にする意識が大事。 ありきたりな文章だと、サッと読まれて終わりなので(汗) 感謝の気持ちを述べて、なおかつ相手の目に留まるような丁寧な内容で作成していきましょう! 30歳代の現役会社員。 本業と副業の 二刀流スタイルを確立しています。 二刀流スタイルを確立することで、• 金銭的なゆとり• 精神的なゆとり を手に入れることができました! 例えば、 ・毎日4桁円のランチを余裕で食べられる ・会社の人との付き合いの飲み会をキッパリ断れる ・大切な人に多くのお金を使える などです。 現在の社会情勢を考えると、いきなり独立・起業はリスクが大きいです… リスクを極力抑えてメリットを最大限享受するためにも、まずは会社員をしながら副業をすべきと強く感じています。 現役会社員である強みを活かし、会社員目線で悩み解消やスキル構築のお手伝いをしていきますね!.

次の

社内外からの転職挨拶メール!40代としての適切な返信の対応は?

退職挨拶 返信

退職の挨拶メールに返信する際の注意点 退職の挨拶メールをもらったら、できるだけ速やかに返信することをおすすめします。 なぜなら、人によっては、最終出社日に退職メールを送る場合もあるため、返信が遅くなると相手に読んでもらえない可能性があるからです。 また、退職メールを送信した後、退職予定者は、仕事の引継ぎや挨拶まわりなどによって、離席しがちとなるケースもよく見られます。 退職準備の合間など、相手の都合の良いときに、返信メールを読んでもらえる可能性を高めるためにも、早めに返信しておけば安心です。 なお、個人宛で送られた退職の挨拶メールには、返信するのが基本マナーですが、一斉送信された挨拶メールであれば、返信しなくてもよい場合があります。 例えば、何年も前に名刺交換をしたものの、それ以来一度もやりとりがない相手であれば、返信をしないからといって、マナー違反を問われる可能性はありません。 退職メールの返信に記載する内容 退職の挨拶メールに対して、返信を送りたいけれど、どんなことを書いたら良いか迷うのであれば、以下の点を参考に基本構成を考えてみましょう。 具体的には、次に挙げる2つの点を盛り込めば、あとは相手との距離感に合わせて自由に記載することができます。 退職者へのお礼と退職を惜しむ気持ち 大変お世話になった方であれば、具体的なエピソードなどにも簡単に触れながら、お礼や感謝の気持ちを記載しましょう。 また、相手が退職されることを知った驚きや、今後共に働くことができない残念な気持ちを、率直に表現しても構いません。 将来の活躍や健康を願う気持ち 退職の理由にかかわらず、新たなスタートを応援する気持ちで、退職される方の健康や今後の活躍を願う気持ちを簡単に記しましょう。 読んだ相手がうれしい気持ちになれるよう、十分に配慮した内容で返信メールの最後を締めくくるのが理想的です。 退職メールの返信で避けるべき内容 退職者によっては、さまざまな事情や都合があり、退職理由など詳細を公表したくないケースもあります。 したがって、もらった挨拶メールに書かれていない内容について、返信メールで質問をすることはNGと考えておいたほうが無難です。 具体的には、以下の3点について、気を付けておきましょう。 転職理由は聞かない 「一身上の都合」など、転職理由について一般的な記述にとどめられている場合には、返信メールで、それ以上のことを聞かないのがマナーです。 転職先は尋ねない 返信メールで、次の就職先や仕事内容を書くことも控えたほうが無難です。 退職者の立場からすれば、勤務先のコンプライアンスに違反する可能性もあるため、退職の挨拶メールには次の仕事の詳細を記述できない可能性もあります。 出産や結婚などプライベートに踏み込み過ぎない 退職者とどのくらい親しい関係であるかにもよりますが、もらったメールに記載されていないようなプライベートな内容には触れないことをおすすめします。 特に、結婚や出産などに関する質問やコメントは、人によってはデリケートな内容だと受け止められる可能性もありますので、相手の気持ちを汲み取った配慮が必要です。 退職メールへの返信例(社内上司宛) 社内でお世話になったことがある上司から、退職の挨拶メールをもらった場合の返信文例を、以下のとおり紹介しましょう。 このたびは、お忙しいところ、ご丁寧な退職の挨拶メールを頂戴し、ありがとうございました。 退職されても、御身体には気を付けてお過ごしください。 いままで本当にお世話になり、ありがとうございました。 木村 花子 退職メールへの返信例(社外宛) 社外の方から退職の挨拶メールをもらった場合、返信文例は以下のとおりとなります。 相手との距離感なども考え、自分なりにアレンジしてみましょう。 文例 Nippon 株式会社 伊東様 いつもお世話になっております。 ABコーポレーションの加藤でございます。 お忙しいなか、退職のご挨拶をいただき、誠にありがとうございます。 伊東様には、御社の窓口としてご尽力いただき、いつも助けていただいたこと、大変感謝いたしております。 最後になりますが、今後の伊東様のご活躍とご健康を祈念し、結びの言葉とさせていただきます。 今まで本当にありがとうございました。 ABコーポレーション 加藤 勉 まとめ 退職メールへの返信は、相手の気持ちを考えながら、お礼と応援の気持ちが伝わる内容としたいものですね。 もし、返信すべきかどうか迷っているのであれば、今後、どこか別の職場で出会う可能性も考え、返信しておくことをおすすめします。

次の

退職の挨拶メールが取引先・社外から来た時|返信の書き方と例文

退職挨拶 返信

退職する際の挨拶メールの書き方の基本 退社が決まってから退職する日までにこれまでのお礼の気持ちを込めた退職メールを送りましょう。 そのときは、どのような点を意識すればいいのでしょうか。 お礼の気持ちと社員の活躍を願う内容をメインにする 退職の挨拶メールは、これまでのお礼と今まで一緒に仕事をしてきた、同僚などの活躍を願う内容にします。 退職理由については多くを語る必要はありません。 簡単に一言で済ますか、退職理由を書きたくなければ、一身上の都合と書いておけば問題ありません。 退社するとなると、これまでの思い出なども浮かぶでしょう。 そういった共感を呼ぶエピソードなども込めながら、これまでのお礼の気持ちを伝えると、温かみのある退職メールとなります。 メールの件名はわかりやすいものにする 退職の挨拶メールを送るときは件名で退社を知らせるものだとわかるようにしましょう。 シンプルに「退職のご挨拶」といった感じが良いでしょう。 これまでの社内メールのように、「お疲れ様です」とすると、メールチェックを先延ばしにしてしまい、知っていれば返事をしたかったのに、気づいた時には手遅れだったとなってしまう同僚もいるかもしれません。 退職の挨拶メールを送るのは退職日当日が基本 退社が決まってもすぐに退職を知らせる、挨拶メールを送っていいわけではありません。 退職における挨拶メールは、自分の退職が開示された日から退職日当日までに送ります。 そして多くの方が、退職の挨拶メールは、退職日当日に送っているようです。 また、退職当日のなかでも、定時に近い時間に退職の挨拶メールを送る場合が多いようです。 返事をくれたのに未読になってしまうと申し訳ないですからね。 ただし、中には退職の挨拶メールは業務ではなく、私用に近いものと感じる方もおり、勤務時間内にメールをされるのを嫌だと感じるケースもあるようです。 以前の退職者の前例を参考にしたり、気になるようなら上司や先輩にそれとなく確認するといいでしょう。 取引先への退職挨拶のメールはできるだけ早く送る 社内に向けた退職の挨拶メールは退職日当日に送信する方が多いようですが、自分が担当する取引先への挨拶は社内で開示されたあと、できるだけ早めに送信するようにしましょう。 取引先への退職メールには退職日と後任を明記します。 本来であれば、仕事での付き合いですから、引き継ぎをスムーズにするためにも、後任とともに直接出向いて退職と引き継ぎの挨拶をしたいところです。 しかし、諸事情でできないケースもあるでしょうから、在籍中に必要に応じて連絡ができるように、退職日を明記しましょう。 もし後任が決まっていない場合は、担当部署などの連絡先を明記します。 なお、取引先に転職理由や転職先、個人の連絡先などはコンプライアンスの問題がありますので、メールにのせてはいけません。 例文を参考に、自分なりの要素を加えてメールを作成しましょう。 社内向けの退職挨拶 件名:退職のご挨拶 本文: 各位 お疲れ様です。 このたび、一身上の都合により7月末で退社することになり、 本日が最終出社日となりました。 本来なら直接皆様にご挨拶をすべきところ、 メールでのご挨拶にて失礼いたします。 在職中は大変お世話になりました。 仕事で失敗したり悩んだりするたび、皆様から愛情のこもった 叱咤激励のお言葉をかけていただき、本当に感謝しています。 最後になりましたが、皆様のさらなるご健勝とご活躍をお祈り申し上げます。 今まで、本当にありがとうございました。 私事ですが、一身上の都合により、9月30日をもって退社することとなりました。 在職中はお世話になり、心より御礼申し上げます。 後日改めて神林がご挨拶に伺いますので、変わらぬご指導の程 よろしくお願い申し上げます。 本来であれば、直接ご挨拶すべきところですが メールでのご連絡となりますことをお詫びいたします。 退職挨拶メール作成と同じくらい転職活動に不安がある 退社する退職者への挨拶メールの返信は、書き慣れることはありません。 退職者への返信は、気をつかったり難しく感じたりと、悩むところが多いもの。 退職者からの挨拶メールの返信をするにあたって絶対に盛り込むべき内容とはなんでしょうか。 退職者の挨拶メールの返信で書きたい内容と、退職挨拶への返信メールを書く場合の注意点を見ていきましょう。 例文を参考に、気持ち良い退職者への返信挨拶を作成し、元気に送り出してあげたいものです。 仕事やプライベートを含め、いろいろな形でお世話になってきたのですから、まずはお礼の気持ちは伝えておくべきでしょう。 そして会う機会が極端に減ってしまうのが残念であること、退職者が気持よく退社できるようなエールを盛り込みましょう。 退職者が退職に罪悪感をもたせないような内容を心がける! 退職は悪いことでもネガティブなことでもありません。 退職者からの挨拶メールに対する返信には、暗い内容にならないようにポジティブな事を書き、返事には今後の健闘を祈る言葉をかならずいれるようにしましょう。 退職の挨拶メールへの返信は必須ではない 退職者の挨拶メールの返信に何を書こうか、そもそも退職者に返信すべきなのか迷う人もいるのではないでしょうか それほど親しくない相手からの退職の挨拶メールには、「必ずしも返信する必要はない」はありません。 退職する人は、おそらく大勢の人方に挨拶メールを出していますから、全員から返信が返ってきたら、かえって処理に困るかもしれません。 退社する方と親しかった場合や、個人的に伝えたいことがある場合だけ返信すれば、ビジネスマナー的にもOKです。 退職者からの挨拶メールへの返信例 定年退職編 退社する理由は様々です。 退職者へのメールの返事は、退職の理由によって内容も変えないといけません。 ここでは定年退職による退職の挨拶メールへの返信例をみていきます。 定年退職の場合は、返事の中で長年の労をねぎらう気持ちと、お世話になったことへのお礼を述べるようにしましょう。 定年で退職されるというお話は、以前よりお伺いしておりました。 最初に話を聞いた時は、大変寂しくなりました。 その寂しさは今も変わりませんし、挨拶を頂戴した今、なんとも切ない気持ちです。 本当に長い間、お疲れ様でした。 充実した第二の人生を送られますことを、心よりお祈り申し上げます。 定年退職されても場所を変えこれまでと同じように活躍され セカンドライフを楽しまれるよう心よりお祈り致しております。 退職されてもお身体には十分お気を付け下さい。 これまで本当にありがどうございました。 退職者からの挨拶メールへの返信例 転職編 転職のために退社する退職者への返事はとくにポジティブな内容をこころがけましょう。 ここでは転職による退職者への返信メールを紹介します。 返事で新天地での活躍を祈願する意を述べましょう。 寂しい気持ちでいっぱいです。 そのご恩返しもできていないまま、お見送りしなければならないのは、心苦しい限りです。 本当にありがとうございました。 退職の挨拶メールとその返信どちらもお礼の気持を伝えるのが大事! 以上が、退職するときの挨拶メールの基本と例文、そして退職者から退社の挨拶メールを受け取った側が返信をする際のポイントと例文でした。 返事の内容などに迷った際には、ここで紹介した事を参考にしてください。 退職者されたあとも取引先、社内共に新天地でも仕事をご一緒するケースもありますので暖かみのあるメールを意識しましょう。 あわせてコチラも読みたい.

次の