ゴルフ スイング 左足。 「左足上がり」のゴルフスイング

ダウンスイングで左足を踏み込むというレッスンの落とし穴

ゴルフ スイング 左足

前回、では、左足上がりのショットの打ち方について、ご紹介しました。 また、このライは左足上がりのライに比べると、難しいショットではあると思います。 ただ、構え方と打ち方にはコツがあって、そこさえおさえてしまえば、ある程度打てるようになるショットだと思います。 では、早速、左足下がりのショットの打ち方について見てゆきたいと思います。 構え方の4つのコツ まずは、構え方のコツ、ポイントから見てゆきたいと思います。 この左足下がりのライからのショットですが、打ち方そのものも勿論大事なのですが、一番のポイントは構え方になります。 さて、この左足下がりのライからのショットの打ち方ですが、アイアンで打つにしても、フェアウェイウッド(もしくはショートウッド)、ユーティリティで打つにしても、下記の4つが構え方のポイントになります。 構える際、両肩のラインや腰のラインが斜面と平行になる意識で構えるようにします。 このように構えると、背骨がいつもよりも左に傾くような形になります。 斜面に立つと、人はどうしても本能的に傾斜に逆らって立とうとすると思います。 これは以前にも書かせていただきましたが、例えば、山に登る時など、傾斜の途中で立ち止まると、多くの方は、傾斜に逆らうようにして、立とうとするものだと思います。 ただ、このライから、そのように構えてしまうと、ボールをクリーンに打つことが非常に難しくなります。 後ほどご紹介しますが、 このライからボールを打つ時はヘッドを斜面に沿って出してゆくことで、多少ヘッドの軌道がブレても、安定したショットが打てる形にしたいのですが、そのためには、斜面に逆らわずに、斜面に沿って構える必要があります。 いつも通りの位置とは?ということですが、ご自分のいつものボールの位置か、またはにてご紹介した位置よりも、ボール半個から1個程度、右に置きます。 下記でご紹介した位置よりも、ボール半個から1個程度、右に置く・・という形になります。 ハンドファーストとは、アドレスをした際、両手(グリップ)がクラブヘッドよりも前(ターゲット寄り)にあることを言います。 両手の位置ですが、左足太もも内側の前に来るような意識で構えてみてください。 通常のショットでもそうなのですが、この左足下がりのライからは特に、両手の位置が右に来やすく(傾斜に逆らって立ちたくなるため)、そうすると、ハンドレイトの形で構えてしまうわけですが、ハンドレイトで構えると、先ほどご紹介したような傾斜に沿って、ヘッドを出してゆく・・ということが難しくなります。 ハンドレイトとは、アドレスをした際に、両手がクラブヘッドよりも後ろ(ターゲットと反対方向)にあることを言います。 また、ハンドレイトで構えることは、にもつながります。 ですので、ハンドファーストで構える・・ということがポイントになります。 このように構えると、この左足下がりのライの場合は、左足に多めに体重がかかる形になりますが、それで大丈夫です。 反対に傾斜に逆らって立とうとすると、右足に体重を多くかける形になると思いますが、そのような形だと、傾斜に沿って構えることができません。 ですので、左足下がりのライでは、体重を右足よりも左足に多めにかける形で構えます。 それからもう1つ、大事なポイントなのですが、左足に多めに体重をかける際、あまり左足の外側に体重がかかりすぎてしまうと、ダウンスイングからフォローで体がスエー、もしくはスライドしてしまうこともあります。 ですので、それを防ぐために、 左足の内側に重心を置くような意識で構えるようにします。 打ち方の4つのコツと1つのテクニック さて、ここまでは構え方のコツ、ポイントについてご紹介してきました。 ここからは打ち方のコツについてです。 左足下がりのショットの打ち方ですが、下記の4つがポイントになります。 5つ目はやや上級者向けのテクニックというか方法になりますが、記事の最後でそれについて少しご紹介したいと思います。 簡単な図になりますが、このように斜面に沿うようにして、ヘッドを出してゆくと、インパクトゾーンが広がります。 すると、多少、ヘッドの軌道やスイングがブレたとしても、ボールはある程度毎回それなりに飛んでくれます。 一方、ヘッドを上から入れようとしたり、または、ボールをすくい上げようとすると、インパクトがゾーンではなく、点になります。 (説明のために極端にお伝えしますが)この1点でしか、ボールを打てないわけですから、ちょっとヘッドの入り方が間違っただけで、ダフリやトップが出てしまいます。 そうならないために、斜面に沿ってスイングする、または、斜面に沿ってヘッドを出してゆくということが左足下がりのライからの大事なポイントになります。 ヘッドスピードを落として、番手を上げてもいいですし、または、この左足下がりのライからは、ショットはいつもよりも低く飛びますので、落ちてからボールが転がります。 ですので、これはケース・バイ・ケースですが、ヘッドスピードを落としても番手はそのままでもいいケースもあると思います。 どの位、スイングスピードを落とすか・・ですが、意識としては、(フルスイングの)6割から7割程度のスイングスピードでもいいかも知れません。 また、構えた時に最初から体重が左足に多くかかっていますから、それほど大きな体重移動はできません。 そのため、コンパクトなスイングを心がけるといいと思います。 ただ、それがこのショットで一番多いミスの原因ですので、むしろ、意識としてはボールを低く打ち出すイメージでスイングしてゆきます。 そのために、フォロースルーでも、ヘッドを斜面に沿って、低く長く出してゆく意識でもいいかも知れません。 また、打った後に上体を起こしてボールの行方を追ってしまうとミスになりやすいので、できるだけ上体を起こさないで、ボールを目だけで追うようにしてみると、トップやダフリが少なくなると思います。 そのため、手や腕ではなく、肩を回転させて、または体の回転で打ってゆくような意識にするといいかと思います。 腕を振るのではなく、体を回転させる・・という意識でバックスイングをします。 その方が、クラブヘッドの軌道やスイングそのものも安定してくると思いますし、それが安定したショットにつながると思いますので。 この左足下がりのライからはフックボールよりもスライスが出やすくなります。 傾斜があるためにダウンスイングで体の回転が速くなり、クラブフェースを閉じるのが少し、遅れやすくなるためです。 ですから、あえて、フェードボールを打つのもよい方法かも知れません。 また、少々カット気味にスイングすることで、スイングも若干ですが、縦振りになりやすく、ヘッドをボールを打った後も低く出してゆきやすくなるという利点もあります。 打ち方ですが、(も参照ください) 1)スタンスがオープンになるように構える(左足を少しだけ後ろに引く) 2)フェースを少しだけ開いて構える(ターゲットに向けてフェースを開いてからグリップし直す) 3)スタンスのラインに沿ってクラブを振る このような形でややカット気味に打つと、(先ほど書かせていただいた理由で)傾斜に沿ってクラブを振りやすくなり、左足下がりのライでもトップやダフリが少なくなることがあります。 もしよかったら、そんなショットも機会があれば試してみてください。 その上達法やゴルフ理論の感想について書いてみました。 一度ご覧になってみてください。

次の

左足下がりのゴルフスイングのコツ

ゴルフ スイング 左足

同じ左足上がりのスロープでも、番手が違うと、立ち方からターゲット方向の決め方まで全然別なものになってきます。 アマチュアゴルファーの皆さんはこのことをほとんど意識していないような気がします。 それでは、ミスショットになるべくしてなっているケースが、じつに多く出てしまうものです。 今回は、「左足上がりの打ち方」を、より具体的に説明していきます。 左足上がりの場合、傾斜に逆らって水平方向に対して垂直に立ち、フォローをとらずに打つゴルフスイングと、傾斜にまかせて立って軽いドローボールを打つゴルフスイングがあります。 8番アイアンより短いクラブの場合は前者、それ以外は後者を選択するのが、合理的な対処法となります。 左足上がりのスロープはボールがつかまりやすく高く上がる傾向があるので、スロープの中では一番安心してスイングできるタイプだといえます。 左方向に飛びやすい スポンサード リンク そのため、左足上がりの傾斜を苦にしているという人はあまりいないのかもしれません。 ただし、外せないポイントもあります。 それは、ボールがフックして、左方向に飛びやすいという点です。 とりわけ、ショートアイアンやウェッジのゴルフスイングでは、気をつける必要があります。 一般的なゴルフクラブの傾向として、シャフトが長くてロフトの小さい設計のゴルフクラブほどスライスになりやすと言えます。 そして、反対にシャフトが短くロフトが大きいタイプほどフックしやすい設計になっているからです。 その上、最近のゴルフクラブはほとんどがスライサー対策として作られている関係上、フックしやすいデザインになっています。 これに左足上がりの傾斜である点が加わると、相乗効果となり、もっとフックしやすい状況が生まれてくるのです。 このために、8番アイアン以下のクラブでは、スイングの方法に工夫を施す必要があります。 まず、クラブを短めにグリップして、いつもより右足寄りにボールをセットしてコンパクトなゴルフスイングを目指します。 インパクトでは、クラブヘッドを球に当てるだけの感覚です。 ロフトを立て気味にして、パンチショット加減になるようなゴルフスイングにします。 その際、絶対にリストは返さないように注意してください。 ロングアイアンやショートウッドの場合も、コンパクトに振ることは絶対条件です。 多少フックすることを考慮して、打ち出しの目標方向を実際のターゲット方向より、少し右サイドに設定します。 傾斜に逆らわずに立つようにして、ボールを両足の真ん中にセットして、スイングで絶対にバランスを崩さないように振り抜くようにしましょう。 しかし、つま先上がり、つま先下がりからのゴルフスイングではボールが右や左に曲がる傾向が強いのに対して、左足上がり、左足下がりのライからでは、ダフリやトップのミスが出やすいのが特徴と言えるでしょう。 つま先上がりのミスショットを回避する方法を考えてみましょう。 ここでは左足上がりのライからのゴルフスイングについてです。 レッスン書をめくると、左足上がりのライでは地軸に対して垂直に立ち、ヘッドを上から打ち込むようなゴルフスイングを勧めているものを見かけます。 スポンサード リンク 確かに、そのゴルフスイングでもうまくいくなら問題ありません。 それでできる人はそのまま続けましょう。 しかし、そのゴルフスイングでは、ウエートシフトのタイミングが速くなるとダフリやすく、ダフリを避けようとするとトップが出やすいという点が問題になる場合があります。 上からクラブヘッドを打ち込む影響で、ヘッドがボールに当たる位置がゴルフスイングの軌道の1点だけになりやすく、タイミングをとるのが難しいと言えるのです。 その上、足元が不安定な左足上がりのライからでは猶更この傾向が強くなるでしょう。 とくにアイアンショットでは、上から打ち込むゴルフスイングは避けた方が良いでしょう。 アイアンが左足上がりの傾斜に刺さってしまいダフリやチョロになりやすいことが懸念されます。 また、スイングアークの大きい動きもバランスを崩しやすい要因となり、ボールを芯でとらえるのが難しいとも言えるでしょう。 こうした点を踏まえると、まだゴルフスイングが固まっていない段階ならばインパクトを「点」ではなく「線」でとらえるゴルフスイングの方が望ましいでしょう。 まず右足にウエートを乗せ、両肩のラインが斜面と平行になるようにスタンスをとります。 これによって、クラブヘッドをスロープに沿って滑らせながら、ボールを「線」でとらえるインパクトの形を作ることができます。 ボールのセット位置は中央よりもやや右足寄りにします。 その構えができてから右足にウエートを乗せたまま、バックスイングはヘッドをスロープに沿って引き上げ、ダウンスイングからインパクトではアドレスの状態に戻すようにクラブを振ります。 右股関節の上で上体をクルッとターンさせて思いきりクラブヘッドを振り抜く要領です。 ボールが曲がることなく勢いのある球筋で飛び出します。 左足上がりの攻略法 ゴルフ初心者にとって左足上がりに傾斜があるこの状況では、ゴルフスイングにある種の制限が加わるために、他の傾斜に比較して簡単にボールをつかまえることができます。 ただし、注意すべきことは左足が高くなっている分だけゴルフスイングは縦振りできなくなり、フックの要因が出やすくなります。 スポンサード リンク フックの要因が生じるのは、左サイドに上り斜面がインパクト直後にあるためガッチリと支えられ、結果的には、身体の回転運動が不足して両手が強く反り返ってしまうことが原因だと言えるでしょう。 また、左足上がりの状況下ではボールを迎えにいくようなゴルフスイングをするプレーヤーもいます。 ] 傾斜に対して上体をぶつけにいくようなゴルフスイングをするパターンがそれです。 これでは上り傾斜に対してゴルフクラブを突っ込んでいく体勢になり、スイングの抜け道を失って、さまざまなミスショットの原因につながっていきます。 そのため、左足上がりの状況下では、体重が右足に残るようなイメージを持ち、できるだけアップライトなバックスイングを心がけましょう。 そして、両手のターンをできるだけがまんしながら斜面に沿って振り抜いていくことが大切なポイントと言えるでしょう。 この感覚のゴルフスイングがマスターできれば、大きなフックボールは小さいフックヘと変わり、最後にはストレートに近い球筋になっていくのです。 左足上がりの傾斜地では、ボールを捕まえることが容易で、それ分だけ強打することができます。 飛距離も1クラブ程度は伸びてきます。 つまり、6番アイアンを持ったら5番のロフトになっていくということを意味します。 そのため、実際にグリーンを狙うケースでは、このあたりの判断基準が非常に難しく尚且つ、重要なポイントになってくるでしょう。 傾斜地4方向のポイントには共通項があります。 具体的には、「前下がりと左足下がり」「前上がりと左足上がり」のそれぞれの地形は、スイングの注意点やショットの傾向が似ているということが言えます。 「前下がりと左足下がり」は、傾斜に沿って普通にスイングすればスライスしやすい地形だといえます。 そして、「前上がりと左足上がり」は逆にフックしやすい地形です。 そのため、4つの傾斜地からのゴルフスイングは、便宜的に、大きく分けて2種類のショットと考えればよいと言えるでしょう。 しかし、こうした理論に関しては、たとえゴルフ初心者であっても実戦を通じて学習していかなければ本物にはなりません。 傾斜が大きくなれば曲がりの度合いも大きくなっていくという傾向も、机上の理屈だけではよくわかりません。 スポンサード リンク しかし、現実にその状況に身を置いて練習してみれば、初めて生きた情報として体で覚えていくことができるのです。 左足上がりの地形での問題点を整理してみました。 このケースでは爪先上がりのライと同じく、ボールがつかまえやすいスイング軌道になるのは確かです。 そのためクラブの先端でボールを巻き込むようになるため、フック系のボールが飛び出しやすい傾向が強まります。 そうしたイメージが逆に強く働きすぎれば、それを防ぐ意識が働いてバックスイングでクラブをまっすぐに上げようとしがちです。 アップライトな縦振りになるわけです。 しかし、そうすればするほど上体がかぶってしまい、体重が左サイドに集中するということが起きます。 当然、このままではスイングできないのでダウンスイングでは逆のアクションが働いて、結果的にはボールの手前をダフるというミスも出てしまいます。 左足上がりのライでは無理にクラブをまっすぐに上げようとはしないことが正解かもしれません。 なるべく斜面に沿って低くクラブヘッドを引くようにして、自然にインサイドに入るように工夫してみるとどうでしょうか。 トップ・オブ・スイングも低いポジションにおさまります。 こうした方がスイング軸に沿って自然にバックスイングができる効果が期待できます。 そして、インパクトからフォローにかけては、無理に体重を左サイドに乗せていかないようにしてみましょう。 左サイドが高い地形に対して体重を乗せていこうとするためには、どうしても上体をターゲット方向に移動しなくてはなりません。 これを意識してしまうと、当然ダフりになってしまうわけです。 その意味では、スタンスをオープンに構えて、ボールも両足のほぽ中央にセットする方法も有効です。 これで、左足下がりのライと同様、インパクト直後の体のターンがスムーズに行われることにつながるでしょう。 スロープというものは、いわばトラブルの状況に陥ったと考えるべきです。 体の動きがどうしても制限されるので、スイングがむずかしくなる地形なのは間違いありません。 スポンサード リンク そのため、大振りを避けることからもクラブを短くグリップして、なるべくコンパクトスイングになることをめざすことがポイントでしょう。

次の

左1軸スイングにチャレンジしての感想はダフりとスライス防止におすすめ

ゴルフ スイング 左足

ゴルフスイングでダウンスイングが間違っていると体重が右足に残ると思います。 ダウンスイングから 上半身でボールを打ちに行くことで起きる現象です。 正しくは下半身から動いていないことが最大の間違いと思います。 アドレスでの体重の掛け方 アドレスでウッド(ティーアップした時)は右足に7割の体重をかけます。 アイアンでは左足に体重を多く掛けることで良いと思います。 参照 「」 膝はあまり動かさないことが肝心ですが、グリップが腰の横に来るまで両膝は動かしてはいけません。 ここから下半身を使ってグリップを上に上げていきます。 この時に左腰が少し動くのは良いでしょう。 左肩が顎の下に収まるようなバックスイングのトップが出来れば問題はないでしょう。 ウッドのアドレスは右足を軸に身体を回し下半身はあまり使わないことです。 アイアンは左体重でバックスイングはウッドと同じと考えて良いでしょう。 アドレスで違っているのは体重の掛け方だけです。 バックスイングを間違っている 正しいバックスイングが出来るとダウンスイングに入っていきます。 この時に右に乗っている体重を左足に移動することからダウンスイングは始まります。 体重が左に移動すると後は力を入れず、グリップを上から下に下げることでダウンスイングは完成です。 気をつけることは 手でボールを打ちにいくのではなく、回転で打っていくということです。 参照 「」 「」 バックスイングで体重が右に乗っていないと上半身から動き出すことになりやすいです。 ゴルフは下半身を上手く使うことでスイングが本当に楽に出来るようになってきます。 それには体重を上手く右足から左足に移すことを大切に考えることが重要です。 ゴルフスイングは良いか悪いかはこの時点で決まってきます。 ただグリップに力を入るとスイングのリズムが狂ってきます。 バックスイングからは体が自然に動く動作を出来るように考えていきましょう。 参照 「」 バックのトップで上半身に力が入っている バックスイングの トップで必要以上に力が入ると不完全燃焼のスイングになりやすいです。 アドレスからは力を入れずグリップは柔らかく握りゆっくりとしたスイングを心掛けることが重要です。 バックのトップで力を入れすぎると決して良いスイングは出来ません。 力を入れるのは下半身だけと考えるべきと考えます。 バックスイングが終わると下半身が勝手に動き出すくらい体を絞ることで反動が生まれます。 その反動力で体を回転させると間違っても右足に体重が残ることはありえません。 参照 「」 右足に体重残るときの矯正方法 右足にバックで体重が乗っています。 ここから体重を左足に乗せると体重は左体重になっています。 この体重移動は意識してすることです。 参照 「」 体重移動がスムースに出来るとダウンブローにボールを打っていけます。 参照 「」 初心者がダフリやトップをするのは体重の掛け方や移動の仕方がわかっていないからです。 参照 「」 「」 この体重移動が出来るとゴルフはそれほど難しくないスポーツといえるでしょう。 ところが初心者はボールを置くと速く打ちたいと考え力が入ってミスを起こします。 間違いの多くは打ち急ぎと力を入れすぎることが大きな要因です。 参照 「」 「」 アドレスは力を抜いて体重の掛け方を考えます。 テイクバックはグリップが腰の横に来るまで肘は曲げないことです。 グリップが腰の横から右肘は曲がり左肩が顎の下に収まります。 参照 「」 バックスイングはこれでほぼ完成と考えて良いでしょう。 このときに下半身に張りがないともう一度やり直しです。 くれぐれも打つときは腰の移動からを間違えないようにすることでスムースなスイングが約束されます。 <スポンサード リンク> ゴルフ上達に有益な教材 延べ15万人をティーチングしてきたカリスマコーチの古賀公治さんのDVDで、飛距離とスコアアップを目指す人に最適です。 現役のプロもおすすめするDVDで一番おすすめする教材です。 バックスイングのコツ、ヘッドを遅らせて飛距離を伸ばすコツで飛距離を30ヤード伸ばす教材です。 同時に方向性も良くなる方法もわかるのでスイング全体のバランスが良くなります。 飛距離と方向性に悩んでいるゴルファーに向いている教材です。 作者はドラコンチャンプの安楽拓也さんです。 年齢を重ねても飛距離を追求したいゴルファーは見て欲しいと思います。

次の