就学 支援 金 2020。 2020年より私立高校が無償化?就学支援金や援助制度をわかりやすく

【2020年4月】私立高等学校の授業料無償化がスタート!対象世帯と金額を要チェック!

就学 支援 金 2020

2020年4月から私立高校に通う場合の国の支援が手厚い! 高校生のいるご家庭の負担を軽くするため、国による「高等学校等就学支援金」という名称で授業料を支援する制度があります。 ただし、年収目安910万円以上の家庭は対象にはなりません。 (2)私立高校の場合 2019年度までは家庭の年収に応じて段階的に支給額が変わり、最大で29万7000円が支給されていました。 2020年度からは、年収目安で590万円未満の家庭に対して一律39万6000円まで引き上げられました。 年収590万円以上910万円未満の家庭には、公立高校に通う場合と同じく年間11万8800円が支給されます。 授業料が支給額を超える場合、残りはご家庭での負担となります。 在校生(2020年度よりも前に入学した生徒)も対象になっています。 既に私立高校に通っていて就学支援金を支給されている場合、自己負担額が軽くなると期待される前に、所得制限について改めて確認しておく必要があります。 年収590万円・910万円はあくまで目安!判定基準の変更要チェック 年収目安の590万円・910万円は、両親・高校生・中学生の4人家族で、両親の一方が働いているという、あくまでモデル世帯によるものです。 両親が共働き、自営業か会社員か、家族構成など違うところがあれば目安にはならず、就学支援金の対象となるかどうかは住民税の所得によって決まる部分から判定されています。 2020年度には、就学支援金の所得制限の判定基準が変更されます。 つまり、「調整控除」以外の「税額控除」が考慮されなくなったのです。 住宅ローン控除 やふるさと納税制度を利用して住民税額が減って所得制限の範囲内に入っていたご家庭は、就学支援金を受けられなくなる可能性がありますので要注意です。 (2)家族構成と年収から確認してみよう 2020年7月分以降の新しい判定基準で用いられている「課税標準額」とは、所得金額から「所得控除」を差し引いた金額です。 所得控除が多くなれば、課税標準額が減ります。 2021年度以降の就学支援金の対象となることを考えるなら、個人型確定拠出年金(iDeCo)も拠出額全額が所得控除されるので、おすすめです。

次の

【高校無償化】2020年から制度拡充で私立の負担減 年収590万円未満の世帯が対象 | マネーの達人

就学 支援 金 2020

2020年4月より高等学校等就学支援金制度が変更に (文部科学省サイトより) <目次>• 高等学校等就学支援金制度の対象者 「高等学校等」に入学する生徒が、就学支援金支給の対象です。 <制度の対象となる学校> ・国公立の高等学校(全日制、定時制、通信制) ・私立の高等学校(全日制、定時制、通信制) ・中等教育学校後期課程 ・特別支援学校高等部 ・高等専門学校(1~3年) ・専修学校高等課程 ・専修学校一般課程や各種学校のうち国家資格者養成課程に指定されている学校 ・各種学校のうち一定の要件を満たす外国人学校 ただし、すでに高校等を卒業した生徒や、3年(定時制・通信制は4年)を超えて在学している生徒、専攻科や別科、科目履修生、聴講生などは対象外です。 2014年度より所得制限が設けられ、一定以上の所得の世帯の生徒も対象外となりました。 <所得の条件> 平成30年6月支給分まで 保護者等*(夫婦共働きの場合は合算額)の市町村民税所得割額が30万4,200円未満の世帯 平成30年7月支給分から 保護者等の市町村民税所得割額と道府県民税所得割額の合算額が50万7,000円未満の世帯 *親権者がいない場合は扶養義務のある未成年後見人、保護者がいない場合は主たる生計維持者、または生徒本人 高等学校等就学支援金制度の支給額 対象となるのは、正規の生徒の授業料(科目履修生・聴講生は対象外)。 入学金、教科書代や修学旅行費等、授業料以外の学費は対象とはなりません。 支給限度額は以下のとおりです。 授業料の金額を限度として就学支援金が支給されます。 ・国立高等学校、国立中等教育学校の後期課程……月額9600円 ・公立高等学校(定時制)、公立中等教育学校の後期課程(定時制)……月額2700円 ・公立高等学校(通信制)、公立中等教育学校の後期課程(通信制)……月額520円 ・国立・公立特別支援学校の高等部……月額400円 ・上記以外の支給対象高等学校等……月額9900円 なお、単位制の高等学校、中等教育学校の後期課程、専修学校においては履修単位数に応じた支給となります。 ・支給対象単位数の上限:74単位 ・年間の支給対象単位数:30単位 ・支給期間の上限:36月(定時制・通信制課程の場合は、在学期間について、その月数を1月の4分の3に相当する月数として計算) ・一単位あたりの支給額は4,812円(これを履修期間で割った額) 参照: 私立の支給額は世帯収入でアップも なお、私立高校、私立中等教育学校の後期課程、私立特別支援学校、国立・公立・私立高等専門学校、公立・私立専修学校、私立各種学校は、世帯収入に応じて1. 5倍、2. 0倍、2. 5倍を支給します。 <年収と加算支給額> 自治体独自の支援制度も! 各都道府県において、独自の授業料等の支援を行っている場合があります。 住んでいる自治体で確認してみましょう。 参照: 高等学校等就学支援金制度を受け取るのは誰? 就学支援金は、生徒や保護者に支払われるものではありません。 手続きを簡略化し、また確実に授業料負担を軽減できるように、 生徒や保護者に代わって学校が支援金を受け取り、授業料に充てられる仕組みになっています。 就学支援金で授業料が全額まかなえる場合は学校からの請求はありませんが、私立高校等で就学支援金で授業料が払いきれない場合は、 差額は生徒や保護者に請求されます。 就学支援金の申請手続きは学校へ 就学支援金を受給するには、住民税所得割額が確認できるもの(住民税税額決定通知書、納税通知書、課税証明書等またはマイナンバーカードの写し等)と認定申請書を学校経由で提出する必要があります。 課税証明書等で所得要件を確認し、受給資格の認定を受けた場合は、原則、毎年7月頃に学校へ書類を提出する必要があります。 申請期限などは学校によって異なりますので、支援金を受給できる世帯では忘れずに期限内に提出しましょう。 マイナンバーで所得要件を確認する場合は、一度書類を提出すれば、追加の書類提出は必要ありません。 <課税証明書等で所得要件を確認する場合> ・受給資格認定申請書(学校を通じて配布) ・市町村民税所得割額・道府県民税所得割額が確認できるもの(市町村民税税額決定通知、納税通知書、課税証明書等) <マイナンバー(個人番号)で所得要件を確認する場合> ・受給資格認定申請書(学校を通じて配布) ・マイナンバーカードの写し等(マイナンバー通知カードの写し、マイナンバーが記載された住民票等) 【関連記事】.

次の

2020年4月から大幅改正の「高等学校等就学支援金制度」がスタート 私立高校の授業料も実質無償化へ | マネーの達人

就学 支援 金 2020

高等学校等就学支援金制度とは? はじめに、就学支援金制度の概要について確認していきましょう。 制度のルーツや、対象となる基準についてご説明します。 1-1. 制度は2010年に創設 この制度は、2010年に成立した通称「高校無償化法」がルーツ。 教育の機会均等を目的に創設されました。 当初は、公立高校生の授業料(月額9,900円)が免除され、私立高校生には同額の「就学支援金」が支給されるものでした。 1-2. 2014年改正で一定の年収以下の世帯が支援対象に 2014年には法律が改正され、現行の高等学校等就学支援金制度に衣替え。 一定の所得を下回る世帯のみに対象が絞られました。 一方で私立学校の生徒については、世帯の所得に応じた加算支給の増額が行われました。 支援の対象は、公私立を問わず、高等学校や高等専門学校、専修学校(高等課程)などに通う生徒。 ただし、 世帯年収が約910万円を下回る家庭の生徒に限られます。 全国のおよそ8割の生徒が対象になっています。 なお、就学支援金は、学校設置者(行政機関や学校法人など)が生徒本人に代わって受給し、授業料に充当するものです。 生徒や保護者が直接受け取るものではないので、注意してください。 今回の「私立高校の実質無償化」のポイントは? では、2020年春に就学支援金制度がどう変わるのかを確認します。 ここでは、 「両親・高校生・中学生の4人家族で、両親の一方が働いている場合」の世帯収入をベースに、今回の制度拡充のポイントを紹介していきます。 2-1. 現行制度も私立の生徒をカバー まず、現行の就学支援金制度について見ていきましょう。 先ほど紹介したように、支援の対象となっているのは、世帯年収が約910万円未満の世帯。 地方税の「所得割額」を基準に適否が判断されます。 対象になると、公立学校の授業料相当額(年間11万8,800円)を国に負担してもらえます。 さらに、私立学校に通う年収約590万円未満の世帯の生徒には「加算支給」が行われています。 加算分を含めた支給額は、17万8,200円(年収目安 約350万円~590万円)、23万7,600円(同約270万円~350万円)、29万7,000円(同270万円未満)と、世帯年収によって3段階に分かれています。 2-2. 2020年4月からは年収約590万円未満の世帯への支援拡充 今回の支援拡充のポイントは、「加算支給」が手厚くなったことです。 年収に応じて3段階に分けていた支給上限額を撤廃。 私立学校に通う年収約590万円未満の世帯の生徒であれば誰でも、一律の支援が受けられることになりました。 これに伴い、支給上限額は私立高校の平均授業料に見合った水準に引き上げられます。 全日制私立学校は年間39万6,000円、通信制の私立高校は29万7,000円などとなります。 なお、この支援は新入生だけでなく 在校生にも適用されます。 この判定基準については、下記の資料をご覧ください。 ・(文部科学省) 3. 支援を受けるときの注意点は? 制度拡充のポイントがわかったら、実際に支援を受けるときの注意点について確認します。 申請のしかたについても解説していきます。 3-1. 申請は学校へ 新しい就学支援金制度による支援は、2020年春に高等学校などに入学する「新入生」のみならず、 新2年生、新3年生になる「在校生」にも適用されます。 いずれの場合も、通学している学校へ自分で申請を行うことになります。 新入生については、 入学時に学校から案内がありますので、申請を行って下さい。 申請書のほかに、保護者などのマイナンバーがわかる書類(マイナンバーカードのコピーなど)が必要になります。 在校生については、収入状況の届出を行う 7月ごろに学校から案内があります。 それに従って申請を行ってください。 既にマイナンバーで手続きをして制度を利用している方は、マイナンバーカードのコピーなどの再提出は必要ありません。 3-2. 支援対象は「授業料」のみ。 就学支援金制度の対象は 授業料のみで、学業に関わる諸費用は対象になっていません。 ただし、生活保護世帯や住民税所得割非課税の世帯に対しては、この制度とは別に 「高校生等奨学給付金」という返済不要の給付金があります。 教科書代や教材費など、授業料以外の教育費を支援。 受給には毎年7月ごろに手続きが必要です。 詳細は、学校もしくはお住まいの都道府県に問い合わせてみてください。 ・(文部科学省) 4. まとめ:新年度に忘れずに手続きを いよいよ2020年春に新しくなる就学支援金制度。 私学に通う生徒への加算支給額の上限が一律に引き上げられるため、平均授業料程度の私立学校であれば、収入が少ない家庭の子どもでも通えるしくみが整いました。 一方で、「世帯収入約590万円」の基準額を上回る収入がある家庭には、加算支給は一切行われません。 そうした意味では「誰でも」恩恵を受けられるわけではありませんが、支援の対象になりそうな家庭の方は、新年度に忘れず申請を行うようにしてください。 また、今回紹介した国の制度に加え、 都道府県などが独自に支援制度を設けていることもあるので、学校や行政機関に相談してみることをおすすめします。 アーカイブ• 9 都道府県から探す 北海道・東北• 甲信越・北陸• 中国・四国• 九州・沖縄• 訪問相談を依頼する• 人気エリアから探す 北海道・東北• 甲信越・北陸• 中国・四国• 九州・沖縄• 保険ショップから探す• お役立ちコンテンツを見る• 日本生命グループ企業•

次の