鈴木 セリーナ。 代表挨拶・会社概要

女性が気持ちよく働くために習得すべき“スキル”

鈴木 セリーナ

インスタグラムで引退を表明する重本ことり 重本さんは自身の引退について以下のように語っている。 2018年にグラビアデビューした時は、 仲良くしていて、欲しいという情報をあげていた写真週刊誌フライデー編集長やグラビア担当の人たちの裏切りがあったり、 制作スタッフの方々が、見ている人に楽しんでもらおうとした編集が世に出てしまったことで、AAAファンの方々に死ねとか消えろとか言われたことも、もうなんとも思っていませんが、 やっぱり私を応援してくれるファンを傷つけることはしたくないのと、 芸能人同士だから名前を伏せるのはマナーだと思っていましたが、コソコソだれかと付き合ったりするのも嫌だし もう嘘だらけの芸能界に夢とか未練はありません。 より 句読点や改行位置、または文脈に大変ストレスを感じる文章だが、彼女の強い思いと怒りは十二分に伝わってくる。 かといって、某人気ユニットのメンバーとの関係を自らの売名と容易に受け取れる形で暴露するなど、決して彼女の行動は褒められたものではなく、疑問を感じる点ばかり。 寄せられたコメントにも批判が殺到している。 私自身AAAファンではありますが 冷静に考えても、この文を見る限りでも、 気にしていないといいながら愚痴のような嫌味ったらしく人のせいにして書いている部分から あなたが批判を受ける理由が明確です。 最後の最後までこういう書き方をされると 言い方悪いですが 胸くそ悪いと思うのが現状です。 自分がうまくいかなかったから周りのせいに環境のせいにする典型的なダメ人間ですね! 久しぶりにこうも叩かれる人間を見て、興味津々にインスタグラムを眺めていたが、気になるのは 重本さんの隣にいる大人の女性感を存分に醸し出す謎の女性。 彼女はいったい何者なのか? スポンサーリンク 鈴木セリーナとは何者? 重本さんの隣に映る女性は「鈴木セリーナ」という人物で、重本さんと同じ事務所に所属しているタレントらしい。 元銀座ホステスの売り上げナンバーワンに輝き、様々な業界の主要人物と交流があるとのこと。 重本ことりは芸能事務所を設立? 重本さんはDream5を脱退後、株式会社GOLDという芸能事務所に所属している。 ただし、現時点で再生回数794回と寂しい数字は、彼女たちが苦境に立たされていることを予感させる。 スポンサーリンク 重本ことり&他Dream5メンバーとの格差 重本さんはDream5を脱退した身だが、前述の某人気ユニットメンバーとの騒動もあり、事務所も頭を抱えていた存在であったことは容易に想像できる。 twitterにおいても、他のメンバーは重本さんだけフォローしていなかったなど、何らかの確執を漂わせる。 実態の知れない事務所で何の仕事をしているか分からぬ重本さんに対し、元Dream5のメンバーは現在、目覚ましい活躍を続けている。 その格差は雲泥の差があると称して問題なかろう。 元Dream5・大原優乃 メンバー最年少のダンサーであった大原優乃さんは、現在グラビアを中心に活躍中。 茨の道を歩ませるもの Dream5メンバーをよくよく見まわしてみると、 どうしてこうも胸の大きい女子ばかり集めたのかと、事務所の人選に対しうがった視線を送りたくなる。 彼女の150cmに満たぬ背丈と愛らしいルックスであれば、それなりの人気を博し、厳しい芸能界を生き抜く武器となり得たはずだ。 それでも彼女は、明らかに売名行為と受け取れる言動を見せ、某人気ユニットのファンから痛烈なバッシングを浴びる道を選択した。 注目されたい欲求に溺れてしまっている。 つまりは心の病に冒されてしまっているのではと。 何の得にもならない行動を繰り返す彼女を見ていると、そう結論付けざるを得ない。 その病から救うのは、セリーナ氏なのか。 それは何か違う気がする。 彼女はむしろ重本さんをさらなる闇に引きづり込もうとする存在に見えてならない。 アウトローへとひた走る重本ことり。 彼女の生来持つ愛くるしさからすると、それに対し大きな勿体なさを感じる次第。

次の

「“いい人”でいる必要はない」元銀座No.1ホステス・鈴木セリーナさんの生き方|MINE(マイン)

鈴木 セリーナ

上司や取引先の担当者が、いつのまにか、あなたの味方になる人間関係のスゴ技! 若い女性の皆さんは「おじさん」 50代以上の男性 と聞いて、どんなイメージを抱きますか? 「臭い」「汚い」、おまけに「いやらしい」…。 ややステレオタイプなイメージながら、あなたの会社の上司や取引先の担当者にも似たような男性がいるかもしれません。 本書は、元銀座No. 1ホステスの著者による、おじさんと上手な人間関係を作る指南書です。 数々の一流おじさんたちと交流を持つ、元銀座No. 1ホステスだからこそ編み出せた人間関係のスゴ技は、おじさんコンプレックスを抱える女性はもちろん、多くのビジネスマンの参考になるはず! これさえ読めば、上司や取引先の担当者が、いつのまにかあなたの味方になっている! オヤジギャクは高度な言葉遊び おじさんは「教えたがり」 おじさん流・メールと電話の上手な使い分け方 ステップ2:おじさんとのお付き合い 仕事の話よりも、まずは雑談をしよう 下ネタの上手な使い方 「知識がないこと」を逆手に取ろう おじさんに喜ばれる〝自虐ネタ〟の返し方 おじさんに1対1のディナーに誘われたら ステップ3:おじさんの力を借りよう おじさんのコネを利用したい 起業で感じたおじさんのシビアな一面 お金の貸し借りが人間関係を強固にする ステップ4:おじさんを〝 キープ 〟しよう 目上の男性に〝オチなし会話〟は厳禁! 上司の「お前を育てたのは俺だ」発言はありがたいと捉えよう 体目当ての男性と付かず離れずの関係になる方法 ステップ5:おじさんとあなたの危機回避術 同性の敵を作らない方法 二人の上司があなたの味方に。 男性の嫉妬を回避する立ち回り方 ステップ6:おじさん恋愛講座 もしもおじさんに恋してしまったら おじさんは「バカなふり」をできる生き物である … etc. 鈴木セリーナ 大分県出身。 幼少期から英才教育を受けお嬢様として育つ。 16歳の頃、親への反発心からドロップアウト。 年齢を隠して、地元クラブのホステスとなる。 20歳の頃、「銀座のクラブのママになりたい」と夢見て上京。 当時、テレビなどで有名だった銀座高級クラブ「F」で働く。 相手の懐に飛び込むトークと物怖じしない性格が受け、たちまち人気ホステスとなる。 その後、銀座老舗クラブ「江川」に引き抜かれ、売上ナンバーワンに。 銀座ホステスを辞めてからは、主に文房具を扱う企画会社とタレントのマネジメント会社を起業。 ビジネスの世界でも成功を収める。 実業界から政界、マスコミ業界まで、様々な業界のトップクラスと交友が深いことでも知られる。

次の

鈴木しおり(アナウンサー)の妊娠•子ども情報をまとめ!大学も!

鈴木 セリーナ

見に来ていただけて嬉しいです。 楽しんでいただけたら嬉しいです。 ヤンキーママからセレブママ!息子イギリス留学という選択 前回で、 私と2番目の夫は、当時9歳だった息子を留学させることを決めました。 「息子は留学中で…」というと、「あらすごい!アメリカ?」と聞かれるのはなぜだろうと思うのですが、まずは 留学先学校選びについて 留学=アメリカというイメージが強いかたが多かったのですが、9. 11テロ以降、高校生以下の長期留学ビザは出なくなったそうです。 (2012年頃、留学センター情報) そんな事情で、留学センターから提案された国は、小学生を受け入れる寄宿舎のあるスイス、イギリスの二択でした。 どちらの国も、学校パンフレットにはホグワーツ(ハリーポッター)の世界が広がっていました。 学費もさほど変わらないので、どちらの国にしようかと迷っていたところ、 留学センター担当者に 「スイスはご令嬢を通わせる親御さんが多いですね。 王侯貴族が通う学校もあるので、花嫁修業や出会いを目的に通わせるかたもいます。 イギリスはご令息を通わせる親御さんが多いです。 有名男子校もあるので、実業家のご令息が多いです。 ご令息のような特別な才能のあるお子さんですとイギリスのほうが開花しそうな気がします。 」 と言われ、イギリスに決定。 ホグワーツの世界に魅せられ、元夫と私の期待は高まるばかり。 本人が留学したいという意思が決定してからの受験フローなど、 留学センターとの打ち合わせもある程度終わり、 いざ、本人に提案!!! 「息子よ。 きみが学校で起こしてしまう問題について私たちは理解してるが、どうもPTAなど周囲の大人が君への理解を示さないので、このままみんなで一緒に暮らすのは難しそうだ。 と、説明したところ、意外にもすんなり「うん、そうだね。 どうしたらいい?」と言うので、 「国内の寄宿舎と海外の寄宿舎の二択がある。 」と話し、 まずは、戸塚ヨットスクールの学校説明動画を見せました。 朝5:00に起床し、真冬の海辺を走らされる生徒たち、遅れる者があれば連帯責任とみなされ、全員がやりなおし。 できなければ怒鳴り飛ばされ、なぜできなかったのか答えるまで問い詰められる。 少年たちに逃げ場は無い…というような光景が映されるドキュメンタリー。 余談ですが私が通った幼稚園小中学校一貫校も、中学生になると似たような訓練をさせられたので、 あれはあれで、連帯責任や責任感などを養う、現代の教育手法には無い良い指導だと個人的には思うのですが、 なにせ現代の小学校教育しか受けたことのない当時の息子には恐ろしい風景に映ったようで、映像を見ながら「戸塚ヨットスクールはいやだ…」と泣いていました。 恐れおののく息子に、間髪入れずに見せた次のウェブサイトは、それはもう広大な緑と、お城とか貴族のマナーハウスを改修したようなホグワーツ(ハリーポッター)の世界。 英語サイトしかないので、あそこに「お前たちを監禁する」と書いてあっても、当時の息子にはわからなかっただろう。 彼の目に映るのは、友達と笑いあう子供たち。 楽しそうな学校風景。 どうやら友達とお泊りができるっぽい寄宿舎の風景。 即答で「オレ、イギリスに行くよ。 」 と彼は言いました。 はじめに戸塚ヨットスクールを見せておくことにより、強烈なインパクトを与え、息子自らイギリス留学を選択させることに成功した私たち夫婦(元)。 あの日、彼は生まれてはじめて、自分で自分の人生 を選択したんだな。 息子、わずか9歳にして…強い。 と、今振り返って関心します。 母 次回は、「息子、イギリス留学。 初めてのお受験」 をご紹介します。 ABCもわからなかった息子はどうやって受験を乗り切ったのか!?お楽しみに。

次の