ヒルドイドの代わり 市販。 ヒルドイドはハンドクリームとして使える?

【価格比較】ヒルドイドの主成分「ヘパリン」を含む市販薬・類似物質おすすめ10選

ヒルドイドの代わり 市販

薬局では「乾燥肌、手足の荒れ、ひび・あかぎれなどの簡単な治療を市販薬ですませられない?」といった質問を時々受けます。 保湿や血行促進によく処方される「ヒルドイドソフト軟膏」は処方薬(医療用医薬品)なので薬局やドラッグストアで購入することはできません。 しかし、ヒルドイドやジェネリックのビーソフテンと同じ成分「へパリン類似物質」が同じ量配合されている薬は市販薬にも多数あります。 ヘパリン類似物質の効果や、処方薬と同じ成分を持つ市販薬をタイプ別に紹介します。 は、乾燥肌や皮脂欠乏症の治療、傷跡(外傷後の腫脹)の治療などに使われる処方薬です。 保湿剤として使われることも多いヒルドイドは、皮膚科で処方される薬の中でも絶大な知名度と人気を誇る薬のひとつでしょう。 代表的な効果は、肌の保湿や角質内の水分を保持して柔らかくする働きがあげられます。 ヒルドイドのさまざまな効果 肌の保湿以外にも、ヒルドイドにはさまざまな効果があります。 血流量を増やす作用、血液凝固をおさえる作用、組織の癒着をおさえる作用(線維芽細胞増殖抑制作用)、青あざなどの血腫を治す作用などがあります。 怪我の後のむくみの治療や、血流を改善することで肌の新陳代謝を高め傷跡の治りを良くすることにも使われています。 病院では、使う患部や症状にあわせて、、、など使用感の異なる基剤をうまく選んでもらえます。 ビーソフテンはヒルドイドのジェネリック ヒルドイドにはさまざまなメーカーからジェネリック医薬品が販売されています。 ジェネリックの中でも、が代表的な商品です。 いずれも処方薬なので医療機関で処方してもらう必要があります。 ヒルドイドと同成分「ヘパリン類似物質」を配合した市販薬には、各商品100g中0. 3g(0. そのため、ヒルドイドと同等の効果が期待できるといえるでしょう。 また、ヘパリン類似物質が含まれている「医薬部外品」も販売されていますが、処方薬のヒルドイドと同様の濃度となっているのは「市販薬(OTC医薬品)」のみです。 乳液 ・クリームより水分が多く伸びが良い ・肌になじみやすい クリーム ・ベタつきすぎない ・手や足などどこにでも使いやすい ローション ・サラッとしてベタつかない ・毛が生えている部分に使いやすい 乳液タイプ ミナハダ ヘパリン類似物質 乳状液「JM」は、ヘパリン類似物質配合の市販薬では珍しい乳液タイプです。 乳液の特徴は、肌の潤いを保つ水溶性成分と、油分の膜で肌を保護する油性成分が配合されていること。 乾燥した肌を保湿し、乾燥や肌荒れで傷んだ肌を修復しながら、油分の膜で外部からの刺激から患部を守ります。 クリームも乳液と同じく、水溶性成分と油性成分が配合されていますが、乳液のほうが水溶性成分が多く、伸びが良く使い心地が良いことが特徴です。 無香料・無着色・ステロイド無配合 無香料・無着色で、ステロイド無配合なので、赤ちゃんや子供でも安心して使うことができます。 洗顔後や入浴後など、肌を清潔な状態にしたあとに塗りましょう。 特に、冬場に起こりやすい乾燥肌には、1日に複数回塗ることで効果を感じやすくなります。 HPローション・HPクリームに代表されるHPシリーズは、保湿・抗炎症・血行促進を特徴としている商品です。 「おでこや手足・首などのお肌の乾燥に使える」「ステロイド無配合で赤ちゃんから使える」ことも打ち出しており、保湿剤としての使用を検討されている方に最適です。 ローションタイプとクリームタイプが販売されており、おでこなどにはローション、手足などにはクリームといった使い分けも可能です。 安心できる情報提供の質と量 HPシリーズの販売元は、数々の医療用医薬品も手がける製薬メーカー、ノバルティスファーマです。 ノバルティスファーマのHPローション・HPクリームの紹介ページは、情報提供の質が非常に高く、ヘパリン類似物質を知る上でもとてもわかりやすいことが特徴です。 HPローション&クリームを利用したことのない方も一度チェックしてみると良いでしょう。 ノバルティスファーマ: ヒルドイドの有効成分は「ヘパリン類似物質(へぱりんるいじぶっしつ)」です。 ヘパリン類似物質は、文字通り「ヘパリン」と似た作用を持った天然由来成分のことです。 ヘパリンとは、ヒアルロン酸などと同じ「ムコ多糖類(むこたとうるい)」と呼ばれるグループの物質です。 肝臓で生成され、私たちの体内にもともと広く存在しています。 保湿だけではなく血行促進・抗炎症作用もあり 一般的に市販されている保湿系のクリームは、以下のように肌の保湿がメインになります。 ・肌の油分を補うもの(ワセリンなど) ・肌の細胞間の水分や油分を保ちうるおいを補うもの(セラミドなど) ・保湿し角質を柔らかくするもの(尿素など) それに対してへパリン類似物質は、保湿だけではなく、以下のような乾燥や肌荒れを修復する働きをもっています。 ・血行を良くし、肌の新陳代謝・再生をうながし傷跡などを修復する作用 ・肌の潤いを取り戻し外部から保護する保湿作用 ・炎症を抑えて肌荒れを正常化する作用 乾燥肌だけでなく、ひびやあかぎれなど荒れてしまった手足の改善や、角質が硬くなりやすいかかと・くるぶし・ひじ・ひざの角化の改善や、かゆみのあるしもやけの改善などに効果を発揮します。 また、血行促進や血が固まることを防ぐ働きもします。 安全性が高い ヘパリン類似物質は体内に存在する成分に似た構造を持っているため、安全性が高く敏感肌やアトピー性皮膚炎に広く使われています。 非ステロイド性で、赤ちゃんでも安心して使用できる薬です。 ヘパリン類似物質は、副作用がほとんどない安全性の高い薬ですが、使用方法を間違えると悪化してしまう場合があります。 それは、出血している部分への使用です。 ヘパリン類似物質には血液が固まるのを防ぐ作用があります。 また、血行促進作用もあるため、出血している部分に使用すると傷が治りにくくなってしまうのです。 ヘパリン類似物質は、掻きむしり出血してる部分や、ジュクジュクした傷がある部分などには使用しないでください。 また、副作用が少ない成分とはいえ、医薬品である以上副作用がゼロではありません。 薬の使用時には必ず使用上の注意を読み、用法用量を守って使ってください。 万が一異変や違和感が起きた時は皮膚科などに相談しましょう。

次の

今さら聞けない「ヒルドイド問題」!代用できる市販薬はどれ?|mb(モテコビューティー)

ヒルドイドの代わり 市販

皮膚科の薬で保湿ケア。 もともとは皮膚科などで処方される医薬品ですが、その保湿効果の高さなどから美容目的で使いたいと思う女性が増えているようです。 そこで今回はヒルドイドの効果や成分、効果的な塗り方、ヒルドイドと同じ成分が入った市販薬についてもご紹介していきます。 病院でもらえる処方薬のため、気軽に手に入れられるものではありませんが、その保湿効果の高さなどから美容に関心の高い女性たちの注目を集めています。 そこで今回は、気になるヒルドイドについて詳しく解説!ヒルドイドの効果や副作用をはじめ、正しい使い方からヒルドイドに似た成分を含む市販の医薬品まで幅広くご紹介していきます。 「ヒルドイド」とは? ヒルドイドとはどんな薬なのか、まずはその成分や特徴を詳しく見ていきましょう。 また、ヒルドイドと同じ成分を含む市販薬についてもご紹介します。 主な成分は「ヘパリン類似物質」 ヒルドイドの主な成分は「ヘパリン類似物質」と呼ばれるもの。 この名前を聞いてピンと来る人は少ないと思いますが、実は乾燥肌の治療に50年以上も前から使われている馴染み深い成分です。 ヘパリン類似物質は、その名の通り体内にあるヘパリンという物質に似た成分のことで、保湿や血行促進、抗炎症作用といった働きを持っています。 肌の内側から新陳代謝を促すため、一般的な保湿剤とは違って乾燥肌を根本的に治療する効果があると考えられています。 昔から皮膚科の治療に用いられてきた成分ですが、近年になってその効果の高さが美容目的でも注目を集めており、ヘパリン類似物質を含むヒルドイドを保湿剤として使いたいと考える女性が増えているようです。 赤ちゃんから大人まで使える ヒルドイドは赤ちゃんから大人まで幅広い年代の方が使える薬です。 赤ちゃんのおむつかぶれやあせも、アトピー性皮膚炎などの治療にも用いられています。 皮膚科などで購入できる処方薬 ヒルドイドは保険適用の処方薬です。 つまり、ヒルドイドを購入するためには皮膚科や形成外科などを受診した上で、お医者さんに処方してもらう必要があります。 保険医療機関であれば、1本25gのものが200円程度で購入できるようです。 ヘパリン類似物質を含む処方薬は他にもありますが、「ヒルドイド」と呼ばれるのはマルホ株式会社から販売されているもの。 ヒルドイドローション、ヒルドイドクリーム、ヒルドイドソフト軟膏、ヒルドイドゲルの4種類があります。 代用品として使える市販薬は? ヒルドイドを購入するにはお医者さんの処方が必要となりますが、なかなか病院へ行く時間がないという人も多いですよね。 そこで、ヒルドイドと同じ「ヘパリン類似物質」を配合した市販薬についてもご紹介します。 以下の製品は、いずれも一般的な薬局やドラッグストアで購入でき、ヘパリン類似物質の含有量はヒルドイドと同じく0. ノバルティス ファーマ「HPクリーム」 HPクリームはヘパリン類似物質を配合した乾燥性皮膚炎の治療薬。 バリア機能が壊れてしまった皮膚を治療して健康な状態へと導きます。 ステロイド無配合で無香料・無着色。 クリームタイプ(25g/60g)とローションタイプ(50ml)の2種類があり、局所的に使う場合はクリーム、広い範囲に使いたい場合にはローションタイプがおすすめです。 小林製薬「アットノン」 ヘパリン類似物質を配合した市販薬の中でも、アットノンは傷あと・やけどの痕などの改善を主な目的としています。 透明ジェル・クリーム・ローションタイプの他に、肌色がついたコンシーラータイプもあるので、気になる傷あとの症状に合わせて選びましょう。 ロート製薬「ヘパソフトプラス」 ヘパソフトプラスは、乾燥による皮膚のかきむしりを改善する治療薬です。 ヘパリン類似物質だけでなく、かゆみ止め成分を配合している点が特徴的。 尿素・ステロイド無配合で、子供からお年寄りまで幅広く使用できます。 チューブタイプ(50g)とたっぷり入ったジャータイプ(85g)の2種類。 ヒルドイドの効果や効能は? ヒルドイドの概要がわかったところで、ここからはその効果や効能についてもう少し詳しく見ていきましょう。 高い保湿効果 ヒルドイドには高い保湿効果があり、カサカサとした顔や体に潤いを与えて、乾燥を和らげる働きがあります。 そのため、肌の乾燥が起こる皮脂欠乏症(乾皮症)や指掌角皮症(いわゆる手荒れ)などの治療に用いられています。 抗炎症作用もある ヒルドイドゲルの場合、ヘパリン類似物質の抗炎症作用によって、患部の炎症を抑える働きもあります。 打撲や捻挫、腱鞘炎や筋肉痛などの治療に使われています。 ヘパリン類似物質に抗炎症作用があるからか、よく「ヒルドイドはニキビにも効く」という口コミも見かけますが、はっきりとしたデータはないようです。 むしろ傷や膿んでいる箇所に塗ると悪化する可能性もあるため、ニキビ治療に使用したい場合は必ず医師に確認しましょう。 血行を促進する働き ヒルドイドには塗った箇所の血行を促進する働きがあるため、血行障害に基づく痛みや腫れを改善する効果があると言われています。 しもやけや凍傷、ケロイドの予防と治療などに用いられます。 美容への効果も期待されている その保湿効果の高さから、ヒルドイドを美容目的で使う女性も近年増えています。 特に皮膚の乾燥に対して効果を発揮するため、化粧水や乳液の代わりに保湿剤として使っている乾燥肌の女性が多いようです。 中には「乳液の代わりにヒルドイドを顔に塗ると肌がつるつるになる」、「高価な美容液や美容クリームよりも効き目がある」と言うお医者さんもいるほど、乾燥対策には大きな効果を発揮すると考えられています。 巷ではシミや傷跡、ニキビ跡にも効果があると言われていますが、ヒルドイドはあくまで保湿や血行促進を目的としているため、その効果が立証されているわけではないようです。 ヒルドイドの効果的な塗り方は? 薬の効果をきちんと発揮させるためには、正しい使い方をすることが重要です。 ここからは、ヒルドイドの効果的な塗り方について解説していきます。 清潔な状態で塗る ヒルドイドを塗る時は、まずは手や患部を清潔な状態にしてください。 保湿に使う場合、肌が潤っているお風呂上がりなどに塗るのが効果的とされています。 放っておくと水分はどんどん蒸発してしまうため、なるべく入浴後5分以内に塗るようにしましょう。 お風呂上がり以外に塗る場合は、水や化粧水などで皮膚を軽く湿らせておくと、より高い保湿効果が得られると言われています。 手のひらで優しくすり込む 手や患部を清潔にしたら、保湿剤を取って肌に点在させてください。 手のひら全体を使って、優しく丁寧にすり込んでいきましょう。 軟膏の場合、寒い時期は硬くなってしまうことがあるので、手で温めて柔らかくしてから塗るのがおすすめです。 使用頻度は1日1~数回 基本的には1日1~数回程度、朝起きた時や夜寝る前などに適量を塗るようにします。 使用する頻度は症状によっても異なるため、お医者さんの指示に従ってください。 ヒルドイド クリーム0. 一般的には、ややべたつく程度にしっかり塗るといいようです。 ただし、皮脂の分泌が多い顔に塗る場合は、塗り過ぎないように注意してください。 また、塗る場所やタイミングによってヒルドイドの種類を使い分けるのも効果的。 入浴後や就寝前はより保湿効果の高い軟膏やクリームを塗り、お化粧の前などはべたつきにくいローションタイプがおすすめです。 ヒルドイドの副作用や注意点は? 最後に、ヒルドイドの副作用や使う時の注意点について解説します。 かゆみや発疹など ヒルドイドの主な副作用としては、かゆみやむずむずとした刺激感、発疹、皮膚の赤みなどが報告されています。 皮膚炎が起こる場合も また、まれに皮膚炎などが起こる場合もあるようです。 ヒルドイドを塗り始めてからこういった症状が起きた場合は、早めに医師や薬剤師などに相談してください。 血液の凝固を防ぐので要注意 ヒルドイドには血液が固まるのを抑える作用があるため、血友病や血小板減少症、紫斑病といった出血性血液疾患にかかっている人の使用は禁忌とされています。 ヒルドイドを正しく使って綺麗な肌に! ヒルドイドの主な効果や正しい使い方、使用する際の注意点などを解説してきました。 ヒルドイドはあくまでも医薬品のため、必ずお医者さんの指示に従って使用してください。 また、気軽に保湿ケアをしたい人には、ヒルドイドと同じヘパリン類似物質を含む市販薬もおすすめです。 薬局やドラッグストアで手に入るので、今回ご紹介した製品などを参考に自分に合ったものを選んでみてくださいね。 ヒルドイドを使いたいと思っている人は、まずその特徴や効果、注意点などを正しく理解した上で、皮膚科や形成外科などで処方を受けてください。 ヒルドイドを正しく使って、綺麗な肌を目指しましょう! 投稿ナビゲーション.

次の

今さら聞けない「ヒルドイド問題」!代用できる市販薬はどれ?|mb(モテコビューティー)

ヒルドイドの代わり 市販

ヒルドイドとは ヒルドイドは有名な保湿剤です。 ヒルドイドにはヘパリン類似物質という成分が含まれており、肌の血行促進作用、肌に水分を閉じ込める作用があります。 ヒルドイドの成分 ヒルドイドの成分をヒルドイドクリームを例にして紹介します。 【基本成分】 ・ヘパリン類似物質(1g中3mg) 【添加物】 ・グリセリン ・ステアリン酸 ・水酸化カリウム ・白色ワセリン ・ラノリンアルコール ・セトステアリルアルコール ・セトステアリル硫酸ナトリウム混合物 ・ミリスチルアルコール ・パラオキシ安息香酸メチル ・パラオキシ安息香酸プロピル ・イソプロパノール ヒルドイドにはヘパリン類似物質以外にも添加物が含まれています。 ヘパリン類似物質を適切に活用するためには、油剤、界面活性剤、防腐剤などの添加物がある程度は必要です。 皮膚を覆って保湿するための油剤、皮膚に成分を浸透させるための界面活性剤、保存期間をのばすための防腐剤があってこそ適切に作用するのです。 ヒルドイドの種類 ヒルドイドは3種類あります。 ヒルドイドクリーム• ヒルドイドソフト軟膏• ヒルドイドローション 以前まで私がよく使っていたのはクリームとローションです。 3種類とも1g中に3mgのヘパリン類似物質が含まれています。 ヒルドイドの保湿のしくみ ヒルドイドの有効成分であるヘパリン類似物質は水分子を引き寄せて保持することで、皮膚に水分を取り込みます。 ヘパリン類似物質で水分を取り込むと同時に、基剤(軟膏剤、クリーム剤、ローション剤)によって皮膚を覆い、水分が皮膚外に逃げないようにします。 そして、ヒルドイドで繰り返し保湿することによって天然保湿因子が増加し角質細胞が修復されます。 その結果、皮膚のバリア機能が回復し、正常で健康な肌へとなっていきます。 ヒルドイドの入手方法 ヒルドイドはネット通販やドラッグストアで入手できません。 ヒルドイドの入手方法は以下のとおり。 皮膚科を受診する• 海外から輸入する ヒルドイドは医薬品なので簡単には入手できません。 皮膚科を受診する ヒルドイドの入手方法は皮膚科を受診することです。 ヒルドイドは医薬品なので入手には医師の処方箋が必要であり、ネット通販やドラッグストアでは手に入りません。 皮膚科を予約• 皮膚科を受診• 医師の診察• 処方箋の受け取り• 薬局でヒルドイドを受け取る ヒルドイドを正規ルートで入手しようと思ったら手間がかかります。 海外から輸入する ヒルドイドの入手方法は海外から輸入することです。 個人輸入を代行してくれるサイトでは、海外版のヒルドイドを購入できます。 ネットで調べてみると、個人輸入を代行してくれるサイトはいくつかあり、アメリカ、香港、シンガポールなどの外国からヒルドイドを購入できます。 ただ、海外版のヒルドイドなので、名称は少し異なりますし、日本の医薬品とは微妙に違う印象を受けます。 さらに、海外から輸入する場合、保険が使えないので結構な金額になります。 海外版のヒルドイドは1本が2000円くらいです。 個人的には海外版のヒルドイドを買うくらいなら、代わりの市販薬を買ったほうがいいと思います。 個人的におすすめだと思います。 ピアソンHPクリームとは ピアソンHPクリームは新新薬品工業株式会社の商品です。 ヘパリン類似物質を1g中3mg配合しており、成分はヒルドイドクリームとほぼ同じです(添加物は異なります) 市販されているのでAmazonや楽天から購入することができます。 市販薬ということがピアソンHPクリームの強みでありヒルドイドにはないメリットです。 ヒルドイドとピアソンHPの違い ヒルドイドとピアソンHPの違いは以下のとおり。 ヒルドイド ピアソンHP ・医薬品 ・保険適用だから安価 ・皮膚科受診が必要で入手に手間がかかる ・医薬部外品 ・ヒルドイドより高価 ・ネット通販やドラッグストアで手に入る ヒルドイドとピアソンHPクリームはヘパリン類似物質の分量は同じなので保湿効果は変わりません。 しかし、ヒルドイドとピアソンHPクリームでは添加物が異なります。 詳しくはをご覧ください(記事の中盤で成分比較を示しています) 私は以前までヒルドイドを使っていましたが、今ではピアソンHPクリームを使っています。 ピアソンHPクリームを使った感想は「ヒルドイドと変わらない」です。 むしろ、ピアソンHPクリームは市販されている分、ヒルドイドより使いやすいと思います。 私が使っているのはピアソンHP 現在、私はピアソンHPクリームを保湿剤として使っています。 以前まではヒルドイドを使用していたのですが、皮膚科の受診が面倒になってきたので、市販のヘパリン類似物質を含む保湿剤に乗り換えています。 ピアソンHPクリームはネットで見つけました。 なんとなくで買ったピアソンHPが良い商品だったのでリピートしている感じです。 他のヘパリン類似物質を含む市販薬は詳しく知りません。 もしかしたら、他の商品のほうが良質かもしれません。 また、ピアソンHPは私には合いましたが、合わない人はもちろんいるでしょう。 化粧品はあくまで自己責任でお願いします。 ヒルドイドを美容目的で処方してもらうのはNG ヒルドイドで問題となっているのが、ヒルドイドを美容目的で手に入れることです。 健康保険を美容目的で利用するのはよくありません。 美容の保湿剤としてヒルドイドを使いたい人たちが、皮膚疾患を抱えているわけでもないのに、皮膚科を受診してヒルドイドを処方してもらうことで健康保険は圧迫されます。 健康保険が圧迫され財源に困ると、国は患者の保険料負担を増やすかもしれません。 もしそうなった場合、皮膚疾患で困っている方々の負担が増えてしまいます。 ヒルドイドの処方だけでどれだけの影響があるかはわかりませんが、美容目的での健康保険利用がないに越したことはありません。 まとめ ヒルドイドをの入手方法は皮膚科受診か海外輸入です。 皮膚科を受診してヒルドイドを入手するには手間がかかります。 海外から輸入してヒルドイドを入手するにはお金がかかります。 私がおすすめするのはヒルドイドの代わりの市販薬を利用することです。 関連記事: ヒルドイドの代わりの市販薬を利用すれば、手間はかかりませんし、お金もそれほどかかりません。 私はヒルドイドを卒業してからは市販薬に頼り切っています。

次の