ブラックバス 泳がせ釣り。 【ブラックバス −ブルーギル泳がせ釣り−】: つり塾 〜釣りガール応援! 初心者の為の釣りブログ〜

バスの生きエサの泳がせ釣りについて、やる方教えてください。①針は...

ブラックバス 泳がせ釣り

度々、取り上げているダイワのピーナッツです。 元はストライクキング社の製品でしたが、80年代にダイワが版権を買い取り現在に至ります。 初代から40年近く経っています。 既にストライクキング時代よりもダイワ時代の方が長くなり、もはやダイワのオリヂナルと言っても良いかと。 詳細は不明ですが、その間に何度か金型や材質が変わっているようです。 当時、シャローとディープの2種類しか無かったバリエーションは、大小サイヅやラトルの有無、基盤リップなど拡大の一途を辿っています。 何故かコレがよく釣れるんです。 各時代のピーナッツを試しましたが、何故かコレだ… さて今日は巻取り量の事を書きやす。 道具のインプレでもござーせん。 バス釣りのリールって巻取り量が大体 60センチ〜100センチぐらい? 知らんけど。 知らんけど。 海の魚はたぶんこれより長いと思う。 知らんけど。 ほんでバスがデカければデカいほど、この距離は長くなると思う。 知らんけど。 最近ブラインドでやる時ゆっくり巻いて、動かすより、雑に巻いた方が反応多いと感じてる。 ゆっくり巻いたらチェイスは確かにある。 けど大体足元まで来て、バイバイ!ありがとう!さぁ〜よなら〜👋 こーいうヤツは釣れにくい。 逆に早く… 「釣りブログ」 カテゴリー一覧 参加人数順•

次の

【生き餌でバスを釣る方法】ブラックバスはエサを使うと簡単に釣れます!|バス釣りハック

ブラックバス 泳がせ釣り

プリスポーニングからアフタースポーンまでのブラックバス攻略の基本 プリスポーニング(プリスポーン)とはブラックバスの産卵前の状態を表した言葉。 春に行われるスポーニングの時期の中でも産卵行動前であるため荒食いをしやすいのがプリスポーニングの特徴だ。 ミッドスポーニング(ミッドスポーン)とはブラックバスの産卵中の状態を表した言葉。 この状態に入ったオスはほとんど餌を捕食しなくなるが、釣り方をまちがえなければ十分に狙っていくことが可能だ。 アフタースポーニング(アフタースポーン)とはブラックバスの産卵前の状態を表した言葉。 ここではプリスポーンからアフタースポーンまでのスポーニング全体のブラックバスの攻略方法の基本を紹介していく。 スポーニング攻略はデカバスの近道 春と言えば1年の中で最もデカバスが釣れやすい時期だ。 ブラックバスはサイズが大きくなればなるほど賢く、警戒心が高くなる。 40アップよりも50アップの方が賢いし、50アップよりも60アップの方が警戒心も高い。 そのため、その他の季節でも釣れないことはないが、この時期ばかりは産卵前の荒食いや産卵床(スポーニングベッド)などを守るためデカバスもルアーに反応しやすい。 初春のプリスポーンほどデカバスが釣れやすい 春といっても1年の4分の1を占めるためその期間は長い。 そのため春=デカバスと思ってしまうと少し違ってくる。 春の始まりである初春は水温が上昇すると言ってもまだまだ水温は低い。 また、一時的に水温が上昇しても翌日または翌週には低下してしまうことも多い。 そんな初春の時期ほどデカバスが釣れやすい。 デカバスは小バスと違い体が大きいため体力がある。 また体力があるため、寒さにも強く、小バスよりも早い段階でシャローエリア(浅場)へと上がってくる。 そのため早い時期ほどシャローエリアを中心にデカバスが釣れやすくなってくる。 一方、夏が近くなってくる晩春は、気温、水温共に上昇するため、小バスなどもシャローエリアに入ってくる。 そのため、小バスの比率も多くなってくる。 もちろん晩春でもデカバスを狙うことは十分に可能だが、小バスや中型のブラックバスの数も増えてくる時期になる。 プリスポーニング前はディープとシャローに隣接している場所を攻略しよう 春になったからと言ってすぐにスポーニングの準備に入るわけではない。 一説によれば水温が10度前後になるとスポーニングに入ると言われている。 もちろん地域によっても異なるし個体差もあるのであくまでも目安として覚えてこう。 ただし水温が10度になる前は春のパターンと冬のパターン入れ交じる時期だ。 冬のパターンとなれば水深のあるディープエリアにいることもあるし、春のパターンとなれば浅場であるシャローエリアにいることもある。 その日の水温状況に合わせてバスのいる場所を特定していくことが攻略のカギとなる。 ちなみにアングラーによってはこの時期をプリスポーンと言う方もいるし、アーリースポーンと言う方もいる。 プリスポーンの水温は相対的に考えると攻略しやすい プリスポーンの時期に限ったことではないが春のブラックバスを攻略する際、水温を基準とするアングラーも多いはず。 しかしその水温は相対的に考える必要がある。 つまりバスの適水温である15度を超えたから活性が上がるとか15度を下回ったから活性が下がると言った考え方ではなく、昨日よりもどうなっているかが重要となってくる。 例えば今日の水温が15度であっても昨日の水温が16度であったなら水温は低下しているため活性は下がっている可能性が高い。 また、今日が14度でも昨日が13度であったならば活性は高くなっている可能性が高くなる。 プリスポーン前の時期も同様だ。 今日は9度しかなくても昨日が8度であったならばバスは昨日よりも活性が高く浅場に近づいてきている可能性がある。 もちろん真冬の4度、5度と言った水温ではシャローエリアまで上がってくる個体は少ないが、ある程度水温が上昇しているのであれば水温変化を相対的に考えることでバスがどこにいるのか予想することが可能だ。 野池ほどブラックバスのスポーニングが早い 野池と呼ばれるような小さい場所は水温が上昇しやすく、リザーバーなどと呼ばれるダム湖のような大きい場所ほど水温は上昇しにくい。 つまり野池ほどブラックバスのスポーニングが早く、ダム湖はスポーニングが遅くなる。 春は野池の状態を知ることでその他のポイントのスポーニング時期を予想していくことが可能だ。 スポーニングベッドにいるオスを攻略するならルアーに攻撃させる ブラックバスの産卵行動については「」記載してあるがブラックバスの産卵行動はオスがシャローエリアにスポーニングベッド(またはネスト)と呼ばれる産卵床を作り、卵を守るのだが、この時期に入ったオスは餌を積極に捕食しない。 ただしこの時期のオスが釣れないわけではない。 スポーニングベッドや卵を守るために近くに寄ってくる魚などを追い出そうと積極的にアタックしてくる。 もちろんルアーなどが近くを通ってもアタックしてくるのでむしろ簡単に釣ることが可能だ。 サイトで攻略しやすいのもスポーニングの特徴 スポーニングベッドはシャローにあるためアングラーはバスを見つけやすいが、バスもアングラーに気づきやすい。 そのため驚いてその場から逃げてしまう個体もいるが、多くの個体がその後、スポーニングベッドや卵を守るために戻ってくる。 スポーニングベッドにいるオスのバスが一旦逃げてしまってもしばらくすると戻ってくるので動かずじっと待ってみよう。 ただし、バスの生態を守るためにスポーニングベッドにいるバスを釣ることを嫌うアングラーも多い。 もちろん、個人の判断で決めるべきだと思うが、そう言った考えのアングラーもいることやそう言った時期に大会などを主催しない運営者、さらにはブラックバスの生態を守るためにそう言った呼びかけをしているプロのアングラーもいること知ったうえで各自判断するようにしよう。 コンタクトポイントを攻略するとデカバスが釣れやすい アングラーの中には周知の方も多いかと思うが、ブラックバスはメスの方が大きく成長する。 また、先ほども記載したようにブラックバスの産卵行動については「」に記載してあるが、メスのブラックバスは春の間に別のオスと数回産卵行動をする。 産卵中こそシャローエリアに入ってくるが、産卵前や産卵後はシャローに隣接する一段深いコンタクトポイントと呼ばれる場所で産卵を待ったり体力の回復を行う。 つまり、シャローエリアに隣接する水深3mから5m前後にあるコンタクトポイントを中心に攻略していくことで簡単にデカバスを釣ることが可能だ。 プリスポーンに入った時期はシャローエリアにいるオスの見えバスを釣るのもいいが、コンタクトポイントにいるメスを攻略していくことで、50アップや60アップといったデカバスを狙うことが可能だ。 コンタクトポイント攻略はコンタクトポイントの場所を知ることから始まる 水深3mから5m前後の全てがコンタクトポイントになる訳ではない。 上記で記載しているがコンタクトポイントになりえる条件としては近くにスポーニングベッドがあることが多い。 また、スポーニングベッドに近いだけでなく、そう言った水深の場所に障害物があるとメスのバスが溜まっている可能性が高くなる。 まずはスポーニングベッドを探し、近くに深場がないかを探していみよう。 そしてルアーを通す中でストラクチャーなどに当たるようであればその周辺を入念に攻略していくことで50アップや60アップが連発することも多くなるはずだ。 スポーニングベッドのあった場所を覚えておくと攻略しやすい 上記以外にもスポーニングベッドを作りやすい条件には、底質が岩盤や砂利など硬いことや日当たりの良いことも条件となってくる。 ただしそう言った条件が当てはまった場所があっても必ずしもそこにスポーニングベッドを作るわけではない。 最も確率が高いのは去年スポーニングベッドがあった場所だ。 同じ個体が毎年同じ場所でスポーニングベッドを作るかどうかは定かでないが、去年あった場所には今年も出来ている可能性が高くブラックバスもいる可能性も高い。 また、コンタクトポイントも同様だ。 コンタクトポイントになる条件は近くにスポーニングベッドがあること。 つまり、そのコンタクトポイントで釣れれば来年も同じ場所で釣れる可能性は高くなる。 そう言った場所をいくつも見つけておくことで、毎年デカバスをコンスタントに釣り上げていくことが可能となる。 スポーニングは入り交じる ブラックバスには個体差があるため、スポーニングの時期はそれぞれ異なる。 また、メスは複数のオスと数回産卵行動をするため晩春になっても産卵前であるプリスポーン状態のバスも多くいる。 そのため春と言ってもスポーニングの状態はバスごとによって違う。 アフターのバスが釣れたからと言ってそのポイントにいる全てのバスがアフターだと考えずプリスポーンのバスやミッドスポーンのバスもいることを前提に攻略を考えよう。 色々なルアーでブラックバスを攻略するのがスポーニングの時期 先程も記載したがプリスポーンである早春の時期は季節の変わり目であるため、気温も水温も日によって大きく変化しやすい。 そのため昨日までシャローエリアにいたブラックバスが今日はひとつ下のレンジ(水深)まで潜っていることも少なくない。 つまり、その日の状況次第で必要となるルアーが変わってしまう。 またプリスポーニングに限らずのスポーニングのタイミングごとに有効なルアーも異なってくるため、春は最も様々なルアーが必要となってくる時期だと言える。 テキサスリグやスピナーベイトと言ったルアーの種類はもちろん、レンジや飛距離を考慮しルアーウェイトなども様々なものがあった方が攻略しやすい。 ブラックバスの吸い込む力弱く、ルアー積極的に追えないのもスポーニングの特徴 冬の間に餌を積極的に捕食していなかったブラックバスは体力がない。 また、プリスポーニングやアフタースポーニングなどと呼ばれる時期も産卵のため体力がない。 体力がないという事は早い動きのルアーには反応を示しにくいということだ。 仮に早い動きの反応を示してもルアーを追うことができないということになる。 そのためルアーをゆっくりと動かしブラックバスが追いつくことのできるスピードを意識したり、食わせのタイミングを作ってやることが春のブラックバス攻略の基本となる。 また、春のブラックバスは追う力がないだけでなく吸い込む力も弱い。 ブラックバスは噛み付くように餌を捕食するのではなく、まわりの水と一緒にルアーや餌を吸い込むように捕食する。 そのため吸い込みの弱い春の時期は、ルアーをうまく捕食できない。 ゆっくりとルアーを泳がせるだけではなく、吸い込みやすいように軽いルアーやティップ(ロッドの先部分)が柔らかいロッドがおすすめだ。 もちろんワームなど吸い込みやすいルアーなどを使用しても良い。 だからといってファーストリトリーブやウェイトの重いルアーで釣れない訳ではない。 しかし多くの個体がそう言った状況にあるため、比較的上記のようなルアーやアクションの方が釣れやすい。 その他のシーズナルパターン.

次の

初心者の方におすすめ!! 【泳がせ釣り用リール】 コスパを重視した泳がせ釣り用のリールを紹介 5選

ブラックバス 泳がせ釣り

オオクチバス Micropterus salmoides : : : : : : : : オオクチバス属 Micropterus , 英名 種• Lesueur, 1822 -• Rafinesque, 1819 -• 名称 [ ] ブラックバス(Black bass)とは Micropterus属の一種または全種を指して用いられる俗称であり、「ブラックバス」という名前の特定の魚類の種やグループは存在しない。 属名 Micropterusは和名においておもに「オオクチバス属」と訳されるが、「コクチバス属」とする場合もある。 またMicropterusは「小さな尾」の意であるが、これは初めて捕獲された本属魚類の個体の尾鰭が負傷欠損によって小さかったために、誤ってその特徴が名付けられてしまったものであるといわれる。 本来ブラックバスという呼称は、コクチバス(スモールマウスバス)の稚魚期の体色が黒いことから原産地北米において慣習的に呼ばれるようになった名称である。 しかし日本においては、移入からの歴史が長く、分布範囲、個体数、認知度において群を抜くオオクチバス(ラージマウスバス)を特に指して用いられる場合が多い。 本種はしばしば接頭辞を省いて単に とも略される。 オオクチバスは商業漁獲対象魚として普及させるため「クロマス」という和名で呼ばれたこともある が、サケ科のマス類と混同されやすいため、その呼称は21世紀現在では使用されていない。 川鱸(カワスズキ)の異名もあったが、自体が淡水への順応性が高く、が生息するような淡水にものぼることもあるので、地域によってカワスズキは、スズキそのもののことを指す言葉として使われる。 ではスズキの方が上位になるため、スズキが生態する川には他の河川に比べるとブラックバスは少ない。 特徴 [ ] 形態 [ ] Micropterusすなわちブラックバスは、2014年現在8種を擁する遊泳捕食性大型淡水魚のグループである。 成魚の体長は最も小型の種でおよそ40cm、最大型種は80cm以上に達する。 体型は側偏した紡錘形、背鰭が第1、第2に分かれて発達し第1背鰭よりも第2背鰭は大きい。 他の魚類や水生小型動物を捕食するのに適した大きな口と顎を持つ。 唇の内側には鋸歯状の細かく鋭い歯が並ぶ。 浮き袋は独立した臓器ではなく、腹腔の脊椎側内壁に一体化して備わっている。 眼はやや頭頂部寄りに位置し、前方から上方にかけての視覚に優れる。 これに側線で知覚される水の振動情報を併せる用いることで、ブラックバスは捕食対象を定位する。 下方〜後方の視野は持っていない。 生態 [ ] 全種とも自然分布域は北米大陸。 内3種が日本国内で移入定着している。 河川や湖沼に生息し、獰猛な肉食性で他の魚類や水生節足動物、水面に落下した昆虫、等を捕食する。 捕食に視覚を多用するため、活動時間は主に日中であるが、朝と夕方に特に活発となる。 夜間は水底で静止したままとなる。 温帯魚であるため冬期の低水温で斃死することは無く、深場で冬眠状態となるが比較的水温の高い日には冬でも捕食活動をすることがある。 春〜夏にかけて、砂礫質の水底にすり鉢状の巣を作り産卵する。 卵と稚魚はオスが保護し外敵から防衛する。 人間との関わり [ ] 釣魚 原産地では食用淡水魚として流通しており、赤星鉄馬によりオオクチバス、コクチバスが日本に移入された大きな目的の一つも食用である。 しかし、最も高く認知されているブラックバスの利用はの対象魚であり、日本 および ではプロトーナメント大会が開催されるほど人気が高い。 ブラックバス釣りの愛好家は、「バサー basser 」や「バス・フィッシャー bass fisher 」、「バス・アングラー bass angler 」などと呼ばれる。 特定外来生物 8種のブラックバスのうち、日本では・・の3種がとして記録されている。 この3種はに指定されている。 なお、オオクチバスがに、オオクチバス・コクチバスがに選定されている。 日本での分布と歴史 [ ] 略年表 [ ]• 1925年、実業家がアメリカの Santa Roza からオオクチバスを持ち帰り、のに放流したのが最初とされる(約90匹)。 これは食用、釣り対象魚としての容易な魚であることから、政府の許可の下に行われた試みだった。 ただし、オオクチバスはカリフォルニア州に自然分布しないことから、別の場所で採集された個体がカリフォルニア州を経由して移入されたものと考えられる。 1930年代、長崎県白雲池(1931年)、山梨県(1932年)、東京にある私邸の池(1933年)、群馬県(1935年)、兵庫県峯山貯水池(1936年)などへ試験的に放流• 1936年、この時期までオオクチバスの分布は5県。 1945年から、進駐軍(在日米軍)による部分拡散(・など)。 1965年、芦ノ湖の漁業権を管理する、ブラックバス(オオクチバス、コクチバスその他のオオクチバス属の魚をいう)およびその卵も含め、移植を禁止(神奈川県内水面漁業調整規則第30条の2)。 1970年代、魚食性が強いため、生態系(在来生物層)への影響およびこれによる漁業被害が問題視されるようになり、漁業調整規則で無許可放流が禁止されるようになったが、その後も人為的な放流により生息域を拡大。 1971年、千葉県東金市のに移植。 1972年、釣り具輸入業者のツネミ・新東亜グループによって米国、からバス(ラージマウスバス)稚魚が神奈川県芦ノ湖に移植。 一部は関西方面に運ばれ、兵庫県、愛媛県などに移植。 1974年、この時期までオオクチバスの分布は23都府県。 琵琶湖でオオクチバス確認。 愛媛県石手川ダムからに移植。 1975年、兵庫県に移植。 茨城県でオオクチバス初確認(湖)。 、でオオクチバス確認。 1976年、栃木県で、オオクチバス確認。 奈良県・和歌山県でオオクチバスが釣れ始める。 1977年、千葉県に移植• 1979年、この時期までオオクチバスの分布は40府県(ブルーギルは9府県)。 1983年、北海道、青森、岩手を除く日本全国にオオクチバスが分布。 分布は1988年までに計45都府県に達する。 1985年、賞金制のバスプロ・トーナメントが山梨県を中心に始まる。 1988年、4月17日、奈良県池原ダムにJLAA関西支部と下北山村役場がオオクチバス(ノーザンラージマウス)の亜種で、より巨大化するフロリダバスを放流。 1989年、河口湖、を魚種に指定。 1991年、(長野県)で、コクチバスを国内初確認。 以後、分布を拡大。 1992年、水産庁、内水面漁業調整規則「移植の制限」部分改正、ブラックバスやブルーギルの生息域拡大防止を図る。 ・(長野県)、・・(福島県)などでもコクチバス確認。 1995年、日光でコクチバス確認。 漁協、駆除に乗り出す。 1996年、この時期までコクチバスの分布は5府県10か所。 池原ダム(奈良県)でフロリダバス系統群による巨大バスブーム。 1998年、コクチバスの分布、14府県46か所に拡大。 1999年、新潟県が釣った外来魚(オオクチバス、コクチバス、ブルーギルなど)のリリース(再放流)禁止に踏み切る。 違反者は1年以内の懲役もしくは50万円以下の罰金。 コクチバスのみの再放流禁止はあったが(山梨県)、オオクチバス、ブルーギルにまで適用したのは全国初。 2000年、北海道などごく一部を除き、全国ほとんどの都府県の漁業調整規則で「外来魚の密放流禁止」が進む。 2001年、北海道で生息を確認。 2002年6月、水産庁が「ブラックバス等外来魚問題に関する関係者の取り組みについて(「外来魚問題に関する懇談会」の中間報告)」をまとめる。 2003年4月、滋賀県琵琶湖のレジャー利用の適正化に関する条例にて再放流が条例により禁止(対象区域は琵琶湖ほか滋賀県下全域)。 2004年、池原ダムのみに確認されていたフロリダバスをで初確認(サンプル採取は2000年以降のため、2000年には琵琶湖に存在していたことになる)。 2005年6月、(を含む)、が環境省によってによる生態系等に係る被害の防止に関する法律によって指定される。 現在、オオクチバスはすべての都道府県で生息が確認されている。 日本で合法的に放流されている自然湖は、のが認められているの、山梨県の河口湖、、の4湖のみ。 これらに関しては、放流は許可されているものの、生体魚の持ち出し禁止、流出河川にバスが逃げ出さないよう網を設置する等の措置がとられている。 また、オオクチバスが認められている管理釣り場があるが、これらに関しても流出箇所にバスが逃げ出さないよう網等を設置することが義務付けられている。 新潟県、秋田県(暫定措置)、琵琶湖のように、在来種の保護などのために再放流を禁止した県、湖、川などもある。 琵琶湖の各漁港には「ギルやブラックバスなどは、非常においしい魚です。 持ち帰って食べましょう。 」という看板がある。 分布拡大の要因 [ ] オオクチバスの亜種であるフロリダバスに関しては、のにしか移植されていなかったものが、近年琵琶湖等で発見されるなど、人為的な放流が行われていることが示唆される。 コクチバスは、アユやゲンゴロウブナ等の種苗の産地では繁殖していないため、種苗への混入は想定できない。 そのため、水系単位でみた場合、その分布は放流によるものと容易に判断できる。 分布拡大の主要因として「他の琵琶湖の固有種(やワタカなど)が全国に分布しているということ」を根拠に「琵琶湖産アユ種苗やヘラブナへの混入により生息域を拡大したのが大きい」とする主張がある。 しかし、外来生物法における特定外来生物の選定時に開かれたオオクチバス小グループ会合において日本魚類学会自然保護委員会外来魚問題検討部会が提出した資料によれば、以下の理由によりその頻度はそれほど高くないと考えられている。 日本に拡散しているオオクチバスは遺伝的に7タイプに分けられ、東北地方を中心に琵琶湖産オオクチバスと異なるタイプの遺伝子を持つバスがいること。 琵琶湖におけるオオクチバスの爆発的増加は1980年代になってからだが、1970年代にはすでにほぼ全国に広まっており、時系列的に考えればアユ種苗への混入を想定しなくても全国に拡散していたこと。 また、「一個人程度の放流が上手く行くかどうかという疑問の余地がある」とし、これを理由に「最たる原因は種苗は他魚の移入に混じっていた」とする主張や、「琵琶湖固有種だったハスが種苗により全国に広まった例などもあることから、すくなくともオオクチバスに限っては認めざるをえない要因である」との主張がある。 しかし、混入に関しては上述の日本魚類学会の資料にあるとおり主要因とは考えづらいことや、バスの個人による放流に関しては種苗の産地で繁殖していないコクチバスが最初の発見から10年余りで少なくとも19都道県47水域で存在が確認されていること、過去に個人が放流して繁殖が確認されたことが記載されている雑誌・書籍 があることから、上の主張には根拠が無い、とする反論がある。 上記瀬能委員資料によれば、沖縄県を除く全都道府県でブラックバスの移植放流が漁業協定規則等で禁止された後でも、明らかに放流により分布が拡大したと推測される根拠があるとされており、特定外来生物に指定すべきという主張の根拠のひとつとなっている。 日本産ブラックバスの遺伝的知見 [ ] 日本国内の19府県47地点から得られた(オオクチバス、コクチバス、フロリダバス)247個体のDNAを分析した。 結果は、オオクチバスでは10のハプロタイプが知られているが、7タイプを確認した。 山中湖には7タイプが生息しているが、ブラックバスに対しを設定しているため、資源量を維持する目的で全国各地から移植されている事が、ハプロタイプからも裏付けられた。 琵琶湖ではフロリダバスとオオクチバスのハプロタイプが確認された。 アメリカ国内のハプロタイプ分布は十分に解明されておらず、日本に移入された個体の系統の由来地域の解明も不十分である。 アメリカ及び日本国内のハプロタイプ分布が十分に解明されると、日本への移入が既知の1925年と1972年以外に行われていたのかの解明が行えると期待される。 バスフィッシング [ ] バスフィッシング()は、川や池に棲息する(ブラックバス)を対象としたのこと。 ブラックバスは、釣りの対象魚として人気があり、のを使っての lure fishing が一般的。 他に生きた小魚を使ってのや、やなどの生き餌を使った float fishing 、の一種である を使った fly fishing が知られる。 生き餌を使っての釣りの方が匂いや餌の活きが良いので釣果が期待できるが、難点はミミズ等を餌にした場合にバス以外の魚種が釣れやすいことである。 現地で調達した生きた小魚の他にも、、エビ、、のように大きなを1匹、またはを数匹チョンがけしたもの。 変わった例では、やなどの昆虫やなど。 冬季はやなどを使っての死魚に、専用のオイルなどを染込ませて釣る方法もある。 中でもエビはブラックバスの特効薬ともいわれよく釣れるという。 ルアーを使った釣りには一定のルールの下に行われるトーナメントと呼ばれる競技会があり、のバス釣りが存在する。 競技会では基本的に、主催者が策定した競技規則のもと 各参加者が一定時間内に釣り上げたブラックバスの中から、一定の匹数の合計重量を競い、勝敗が決定される。 しかし、いくら釣り上げた魚をリリースしても、で重症を負った顎はし、魚たちはやがて死ぬ運命となる。 そのため、どうせ死ぬのなら釣った魚は食べてしまうべきだと言われている。 ブラックバス問題 [ ] ブラックバスは魚食性が強く、日本列島に移入されたことで在来種が減ったとする主張があり、またこの問題を実証的に論じた学術論文も存在している。 環境省は、生態系に関わる被害および農林水産業に関わる被害があるとして、に基づき、ブラックバスをに指定し、防除を行っている。 駆除への批判 [ ] ブラックバス=根絶すべき悪 とセンセーショナルな報道が行われた結果、ブラックバスが乱獲されかえって生態系が破壊された湖もある。 琵琶湖ではブラックバスが減少したが在来種は回復しておらず、魚そのものが減少してしまった [ ]。 ブラックバス問題に関連する議論 [ ] ブラックバス問題に関連する議論として、過去にWikipediaに投稿されたものを中心にまとめる。 「が委託し纏めた『財団法人自然環境研究センター:ブラックバス・が在来生物群集及び生態系に与える影響と対策』という書籍内で、現在科学的なデータは無いとしている。 」という意見がある。 (上記意見に対する反論・指摘等)環境省は『ご指摘の報告書では、「生物群集と非生物的環境を合わせたものとして定義した生態系への影響については「知見はほとんどなかった」』とし、『本法において生態系への影響は生物群集への影響を意味しています。 』としており、生物群集への影響はあるとしている。 パブリックコメントでは、ブラックバス擁護派の一部に、この記述を「生態系への影響はない」と解釈する誤解があった。 『財団法人自然環境研究センター:ブラックバス・が在来生物群集及び生態系に与える影響と対策』に上記記述が掲載された経緯についてはに垣間見ることができる。 生物・非生物を含む環境としての「生態系」への影響を示す知見が「無かった」ことについては小グループに参加している委員の間では一致している。 これは、『ブラックバス・ブルーギルが在来生物群集及び生態系に与える影響と対策』に「無かった」と記されているのに瀬能委員が「有った」という主張を続けたため、水口委員が『ブラックバス・ブルーギルが在来生物群集及び生態系に与える影響と対策』を否定するのか?と強く追求したために、議場で水口委員の論敵になっている瀬能委員と多紀座長が「生態系」への「影響」に関しては「無かった」と認めたものである。 しかし、その後瀬能委員は「生態系」という言葉にかわって「生物群集」「実際の在来生物」という言葉を使い、「これに対しての議論は意味がないと思います。 実際の在来生物に影響を与えているということで十分」と、それ以上の議論を一方的に拒絶、座長裁定で当件についての議論そのものも打ち切られた。 ブラックバスによるその「生物群集への被害」があるのかないのかについてはどちらにしても論拠が挙げられておらず、その場では結論が出ていない。 上に記述されている「生物群集への影響はあるとしている」は瀬能委員の私見である。 「生態系」、「生物群集」という学術用語に対する認識の違いから生まれた齟齬と思われる。 上記の『ブラックバス・ブルーギルが在来生物群集及び生態系に与える影響と対策』(平成15年度の環境省による調査報告書を成書としたもの)においても、小水域において深刻なバスの食害が確認された例が多数例示されている。 ブラックバスが生態系へ影響を及ぼしていることに対し、バス釣り愛好家からは「魚食性は、など他の魚種のほうが強い場合もあり、バスだけが原因ではない」「人間による生活廃水や、水辺のコンクリート化による護岸工事および、それに伴う水棲植物の駆逐がより直接的な原因である」「在来種減少の原因は何処が一番影響があるのかをはっきりさせる事が重要で、個別の対応はその後である」「バスを殺さなくても、バスが食べている魚をして 食べられている魚を増やせばバスを殺す必要がなくなる」「日本に定着してから既に80年を経過し在来種に近い存在である」などの反論がある。 (反論・指摘等)オオクチバスは専門家会合の検討において、生態系に被害を及ぼすものとして評価されている。 オオクチバス以外の要因が存在するか否かにより、その結論が変わるものではないと考えられる。 (反論・指摘等)少なくとも在来種の減少の原因の一つとしてブラックバスの問題があることを完全に否定しうるような学術論文は提出されていない。 (反論・指摘等)在来種減少には、ブラックバス以外にも要因があるのは事実だが、ブラックバスによる在来魚を含む生物層への影響があることも明白な事実であり、ブラックバス対策は必要である。 輸入等の禁止 [ ] 環境省はこのような事態を重くみて2005年6月より施行された「外来生物法()」により、ブラックバスのうちオオクチバスおよびコクチバスの輸入、飼養、運搬、移殖を、原則として禁止することとした。 駆除 [ ] 主な方法としては成魚を捕獲する方法と卵の孵化を阻害する方法がある。 成魚の捕獲:釣る、投網、刺し網、定置網、銛や水中銃、電気ショック、減水させ捕獲• 孵化の阻害:産卵床の埋没、産卵床の除去、不妊化オスの放流 駆除に係わる問題点として、• 網、電気ショックによる捕獲は他魚種の混獲の問題がある。 潜水捕獲や産卵床の埋没は潜水作業者に係わる費用が高額になる。 自然の河川では事実上不可能。 具体的には、• 小規模な溜池では水抜きによって捕獲した魚類からブラックバスとそれ以外の魚を分け、バスを除去した後、在来魚を戻すという方法がある。 不妊化オスの放流は、で研究されており、体格が大きく強いオスを精子が体外に出ないようにする手術で不妊化させ、そのオスに積極的に卵の受精を妨害させようというものである。 この方法は体長30cmを超える大型の個体を捕獲して不妊化させることで、相当数の受精を妨害できると見ている。 これにより旺盛なバスの繁殖率を低下させ、また一括駆除などと違い環境への悪影響も無いと考えられている。 水位調節が比較的自由に行える農業用のため池やダムでは、産卵後から孵化までの期間に減水させ産卵床を露出することで稚魚の孵化を阻止することも可能である。 では、コクチバスに対し1997年から潜水士(ダイバー)による潜水調査を元に産卵床の埋没や刺し網、水中銃を利用した捕獲を2004年まで行い、2012年まで発見例がないために根絶した とされている。 オオクチバスに関しては2014年度も生息が確認されている。 漁業権と外来種問題 [ ] 山梨県の河口湖、山中湖、西湖でのブラックバスのは1989年 - 1994年に認められ、2005年施行のでブラックバスの放流が禁じられた後も「特例」として許可されてきた。 2014年1月の免許更新期を前に、地元漁協や自治体が継続を求め、ややなどが反対していた。 山梨県が地元漁協の免許の特例更新を認める方針を固めた。 日本国外 [ ]• ブラックバスはアメリカ合衆国東海岸地域が在来地域であり、西部その他の地域へは移入種として導入されている。 アメリカ国内においても、ブラックバスの導入後、在来種の減少や絶滅を招いた、との報告がある。 優秀なスポーツフィッシングの対象魚であること、味が良いことから、世界各地に移入されている。 ブラックバスが導入された湖沼の中には、捕食によって在来魚の個体群が減少したり絶滅したりするなどの影響が出ている例がある。 そのため、IUCN()によってに選定されている。 環境省では「世界中で猛威をふるっている侵略種である」としている。 イギリスや韓国では生体の持込が禁止されている。 利用 [ ] この節にはが含まれているおそれがあります。 問題箇所をしして、記事の改善にご協力ください。 議論はを参照してください。 ( 2013年10月) 遊漁対象魚 [ ] ブラックバスの害魚論が問題になっている一方、河口湖や山中湖などブラックバスを漁業指定対象魚とし、入漁料徴収の対象としている湖もある。 これらの湖をはじめ、全国にはブラックバスフィッシングの愛好家を対象とするビジネスを展開する多数の事業者(貸しボート業、売店、飲食施設、宿泊施設等)があり、地域経済の中心にこの魚を置いているところも少なくない [ ]。 また、ブラックバスは釣魚としては優秀で、ブラックバス愛好家はによれば300万人に上るといわれており、愛好家の多い釣りである。 ブラックバス擁護派を含め、同種にはなんらかの規制を行うことは必要不可欠との認識が、専門家および釣り関係者の中では支配的である。 生態系の保護・維持と経済魚としてのブラックバスの活用を上手くすみ分けることがひとつの大きな課題となっている。 奈良県のはブラックバスを積極的に観光資源として活用し、また放流も行い、全国のバサーにとっては「ブラックバスの聖地」と注目されている。 特にこのダム湖は日本では珍しい(正確にはオオクチバスとの交雑個体群)がおり、60 - 70センチのサイズが釣れることでも知られる。 食用魚 [ ] の中にあるレストランで販売されている"バス天丼" 生食でのなどの危険性があり 加熱調理が推奨される。 滋賀県農政水産部水産課が発行している「遊漁の手帖」には、「美味で、フライ、ムニエルなどにして食べる」 と記されている。 では、水産資源としてや焼き・等に調理され、一般に食されている魚であるが、日本では、生臭くて料理に向かない魚というイメージが強い [ ]。 しかし、料理愛好家などからは、調理方法として()、(、、)、()、(魚田)等の料理法が推奨されている [ ]。 また、駆除のために捕獲されたブラックバスを調理しての副食として提供している自治体や、・の材料やの鮒の代用とすることで、釣られたブラックバスを食材として消費して、駆除に役立てようとしている業者も存在する。 ブラックバスの駆除に熱心な琵琶湖近辺では、特産の鮒寿司と同様なを作り、 ビワスズキという名称で試験的に販売しているところもあり、琵琶湖周辺やブラックバスフィッシングの有名地である芦ノ湖周辺などでは、フライなどのブラックバス料理を売り物にしているレストランなども存在する。 悪臭の元は皮 生息環境や大きさによる、35cmを越えたあたりから臭くなると思ってよい および浮き袋の付け根にある稜線状 三角形 の脂であるとされており 大きさによっては肛門まわりや腹の身も臭い 、皮を剥がし、包丁や鱗とりで脂を取り去り調理すれば白身で淡泊な味の美味な魚であり、また、やなどの淡水魚と同様に、きれいな水に入れてを行うことで身の臭みは軽減すると言われている [ ](芦ノ湖などのオオクチバスは臭みが少なく美味であるとも言われている)。 しかし、特定外来生物に指定されており生体での持ち出しが禁止されているため、実際には釣果後すぐに血抜きとワタ(内蔵)の処理の必要があり、未処理の場合「臭い魚」という扱いを受けることが多い。 簡便な方法として切り身を一定時間、牛乳や豆乳に浸して臭み抜きの下処理を施してから加熱調理(揚げ物など)を行い食する。 三枚におろして皮を引いた物であれば塩水処理(海水程度濃度の冷えた食塩水に10分~20分ほど浸す)で臭みは感じにくくなる。 はやを作り、これがのや血合に濃縮される。 このゲオスミンが、ブラックバスやなど淡水に棲む淡水魚が持つ泥臭いにおいのもとでもある。 ゲオスミンは条件で分解するので、など酸性のをに使えば泥臭さを抑えることができる。 外来魚駆除の取り組みとして、品として有効利用されている。 また、のでは県内で駆除されたブラックバスを無償で譲り受け、飼育している大型の餌として活用していた。 一方、神戸市立須磨海浜水族園では駆除されたミシシッピーアカミミガメを殺処分せずに保管しているが、膨大な餌をまかなうため一般からのブラックバス(殺処分済み個体)の持ち込みを受け付け、その対価として入園料をサービスするシステムを導入している。 最近では滋賀県あたりでペットフードとして加工される事もある。 先述のとおりビタミンEや猫に必須なタウリンなどの栄養素を多く含んでいる。 ブラックバスの主な天敵 [ ]• Froese, Rainer, and Daniel Pauly, eds. 2006. April 2006 version. 赤星鉄馬『ブラックバッス』(イーハトーヴ・1996)による。 赤星鉄馬『ブラックバッス』(イーハトーヴ出版・1996)による。 Meador and , W. Kelso, Canadian Journal of Fisheries and Aquatic Sciences, 1990, 47 12 : 2358-2363, :• テレビ番組「怪物魚を追え!」 River Monsters のシーズン9で、ニューブリテン島にいるブラックバスが汽水域に出没することが確認された。 Fishing League Worldwide• 水産庁、2002年6月。 「外来魚問題に関する懇談会」の中間報告 参考資料5 (2003年8月27日時点の)• 北海道立水産孵化場研究報告 第59号• 水産庁、2002年6月。 (2003年7月28日時点の)• - 2004年 横川・中井・藤田• 吉田幸二著『バスフィッシング』アテネ書房(1984)など• NBCNEWS• 片岡義男・野田知佑・佐藤秀明『カヌーで来た男』文藝春秋〈文春文庫〉、pp187 - 192。 環境省 外来生物法• 熊澤一正、大杉奉功、西田守一 ほか、 応用生態工学 2012年 15巻 2号 p. 171-185, :• 齋藤大、宇野正義、伊藤尚敬、 応用生態工学 2003年 6巻 1号 p. 15-24, :• 大浜秀規、岡崎巧、青柳敏裕 ほか、 日本水産学会誌 2012年 78巻 4号 p. 711-718, :• アメリカ地質調査所(United States Geological Survey, 略称USGS)• IUCN日本委員会• - global invasive species database• 愛知県衛生研究所. 2017年4月18日閲覧。 2017年4月18日閲覧。 河北新報. 2011年2月26日. の2011年2月28日時点におけるアーカイブ。 2011年3月13日閲覧。 神戸市広報 須磨海浜水族園「ブラックバスを釣ってきて、入園料がタダ!! 」 参考文献 [ ]• 川那部浩哉・水野信彦・細谷和海編『山渓カラー名鑑 改訂版 日本の淡水魚』• 森文俊・内山りゅう『淡水魚』山と渓谷社• 高村健二、 魚類学雑誌 2005年 52巻 2号 p. 107-114, :• 滋賀県庁水産課 遊漁の手帖 外来魚を釣って食べよう 関連項目 [ ] ウィキスピーシーズに に関する情報があります。 ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 :世界初のバストーナメント開催者 外部リンク [ ]• 環境省•

次の