親権アカウントは何ですか。 親権剥奪 (あきもと よしお)

妻が不倫をしています。親権をとって離婚したいのですが・・

親権アカウントは何ですか

親権とは、成年に達してない子どもを監護・養育する権利です。 つまり、一緒に住んで、教育やしつけをし、財産を管理し、その子どもの代理人として法律行為を行うことです。 本来は父母が共同して親権を行使しますが、離婚するとそれができなくなるため、父母のいずれかを親権者として決めなければなりません。 親権には、「身上監護権(居所指定権、懲戒権、職業許可権など)」と「財産管理権」が含まれます。 このうち、親が子どもを監護し教育する権利・義務である「身上監護権」のことを個別に「監護権」と呼んでいます。 監護権とは、親が親権をもつうち(子どもが成人に達するまで)は子どもの近くにいて、子どもの世話や教育をする親の権利・義務、わかりやすくいえば、子どもが一人前になるまで同居して身の回りの世話をする権利・義務といってもよいでしょう。 協議離婚の場合は、話合いにより夫婦のどちらか片方を親権者と決めます。 しかし、親権をめぐって折り合いがつかない場合には、家庭裁判所による調停をもとに親権者を決めることになります。 調停でもむずかしい場合には、裁判所の判断にゆだねることになります。 家庭裁判所が親権者にふさわしいかどうかを判断するにあたっては、父母側、子ども側双方の事情を考慮します。 父母側の事情としては、父母の年齢、性格、健康状態、これまでの監護養育状況や今後の監護意欲、生活状況(職業、資産や収入、生活態度など)、生活環境(住宅、居住地域、学校など)などがあります。 他方、子ども側の事情としては、子どもの年齢、性別、心身の発育状況、生活環境の変化への適応性、子どもの意思、父母・きょうだい(兄弟姉妹のこと)との関係性などがあります。 家庭裁判所においては、このような双方の事情をふまえて親権者にふさわしいかどうかを判断しています。 「親権取得」において何が優先・尊重されるのか 親権は、離婚に際して決定しなければならない事項で、夫婦の両方が親権を主張すると、なかなか話合いでは解決しないことが多い問題でもあります。 話合いで解決しない場合、裁判所の判決(または審判)によって決定されることになります。 裁判所による親権者の適格性判断基準として、「母親(母性)優先」「現状の尊重(継続性)」「子の意思の尊重」「きょうだい不分離」などがあるとされています。 もっとも、生物学上の「母」という存在ではなく、母親的役割つまり「母性」という役割が重要として、母性優先ともいいます。 そのため、父親が子育てに深くかかわり母性的役割を果たしている状況があれば、その他の事情にもよりますが、父親が親権者とされることもあります。 ただし、親権者・監護権者を決定する前に監護していた者が有利となると、子どもを無理矢理連れ去るなどの違法行為を助長することにもなるため、違法な連れ去り行為は、親権者の適格性判断において、不利な事情として考慮されることになります。 子どもが15歳以上の場合は、裁判所が調停や裁判をするにあたり、子どもの意見を聴取する必要があり、それ以下の年齢の子ども(10歳程度が目安とされています)でも、子どもの意思を把握するよう努め、年齢及び発達の程度に応じてその意思を考慮する必要があることが法律上求められています。 ア 子どもが15歳以上の場合 子どもが15歳以上の場合は、子ども自身が親権者を父母のどちらにしたいかを判断できると考えられることから、裁判所は子どもの意見を聴き取り、子どもの意思が尊重されます。 そのため、虐待などで子どもの意思が抑圧されているなどの特別な事情がある場合は別として、子どもが父母どちらを親権者にしたいかと考えるかが非常に重要になります。 つまり、今までの子どもとの接し方や家庭環境などが重要になってきます。 離婚を考え出してから、子どもに、自分を親権者に選ぶように圧力を加えるなどは行うべきではありません。 イ 子どもが15歳未満~10歳前後の場合 子どもが15歳未満でも、10歳程度になると、自分自身で考え判断できると考えられ、子どもの意思がある程度尊重されるようになります。 もっとも、どの程度子どもの意思が尊重されるかは、子どもの発育状況や周囲からの影響の程度など、さまざまな事情を考慮して判断されることになります。 そのため、子どもの意思以外の事情もある程度考慮されると考えられますので、養育環境を整える、これまでの養育環境の証拠保全をするなどをしておくべきです。 などが考えられます。 相手との同居を解消し、転居を考えている場合は、転居の際に、母子手帳や子どもの成長の記録や日記などの養育の記録を持ち出すのを忘れないようにしましょう。 また、転居先については、なるべく子どもの生活環境を変えないように、転校などが不要な場所とすることも検討すべきでしょう。 ウ 子どもが10歳前後未満の場合 この場合は、子どもの発育状況などにもよりますが、あまり子どもの意思が尊重されないことが多く、それまでの養育環境や今後の養育環境が重要になってきますので、「イ」と同様の対応(子どもとの話合いを除く)をとることになります。 ただ、この基準はほかの基準にくらべそれほど重要なものとはされておらず、親や子どもの意思などから、親権者を分離することもあります。 これに対し、子どもの成長に必要なものとされる面会交流が実施されるかは、親権者の適格性判断において一定程度考慮されることになります。 西村 隆志 西村隆志法律事務所 弁護士/事業承継士/上級相続診断士 西村隆志法律事務所 弁護士 事業承継士 上級相続診断士 平成20年4月:同志社大学大学院司法研究科 アカデミックアドバイザー 平成24年10月:立命館大学エクステンションセンター講師 平成25年4月:経済産業省 経営革新等支援機関認定 平成28年3月:同志社大学大学院ビジネス研究科(経営大学院)修了(MBA) 4月:柏原羽曳野藤井寺消防組合 行政不服審査会委員 平成30年11月:特定非営利活動法人同志社大学産官学連携支援ネットワーク理事 その他:社会福祉法人理事、医療法人監事、同志社校友会大阪支部常任理事、同志社大学大学院司法研究科アラムナイアソシエーション寒梅会(同志社大学法科大学院の同窓会)会長、DBSネットワーク(同志社大学ビジネススクールの同窓会)代表幹事などを歴任。

次の

モラハラ離婚@親権問題で前に進めない!親権と監護権を分割する落とし技

親権アカウントは何ですか

離婚裁判と子どもの貧困 あきもと よしお 子どもの貧困が大きな社会問題としてクローズアップされるようになって久しい。 とりわけ危惧されているのが、父親、あるいは母親の一方と子どもだけのいわゆる一人親世帯となった子どもの貧困である。 そして、その多くは両親の離婚によってもたらされる。 シングルマザーなる呼称がすっかり定着したように、ともすれば女性の新しいライフスタイルでもあるかのようにもてはやされることが多くなったとしても、子どもの幸福という視点からすれば、やはり父親という重要な存在を欠いた母子家庭であることに変わりがあるはずもない。 離婚に際してどちらか一方に親権者を決めなければならないこの国の制度化では、子どもの争奪をめぐって夫婦間の熾烈な争いが演じられることが多い。 一方の親による離婚前の子どもの連れ去りや、虚偽のドメス ティック・バイオレンス申し立てなど、子どもの福祉そっちのけの手段を選ばない行為が横行する中で夫婦間の感情的対立がさらに高まり亀裂は深まる一方となる。 この両親間の不毛な諍いの狭間で、なんら罪のない子どもが極度の精神的葛藤を強いられる。 更に子どもにとって深刻な事態は両親の離婚をきっかけとして片方の親との絆が途絶してしまい、事実上の生き別れとなってしまうケースである。 このような状況を放置したままにして果たしてこの国の子どもの人権は守られていると言えるのだろうか。 離婚先進国でもある欧米諸国に目を転じると、離婚した両親間の子どもの人権を守るために何を優先すべきかについて1960年代から始まった長い議論の末、それらの国では離婚後の共同親権制度が採用されている。 単独親権制度から共同親権制度への移行によってこの国の子どもの貧困問題がすべて解決するわけではもちろんないが、少なくとも離婚した両親の間にも子どもの幸福のためにお互いに何ができるかを話し合う機会が残されることだけは期待できるのではないだろうか。 この著が、そうした議論が高まることへの一助になってくれればと願う。 2016年1月 あきもと よしお …続きを読む.

次の

離婚後共同親権への偏見

親権アカウントは何ですか

com)をご利用いただき、誠にありがとうございます。 平成24年に、動画関連会社7社が、FC2に対して、 FC2動画が動画関連会社の著作権を侵害するとして、 約1億円の損害賠償等を求めていた裁判について、 平成28年2月12日に、動画関連会社との間で和解が成立いたしました。 この和解は、損害賠償請求が認められないことを前提に、 関係者に テイクダウンツールのアカウントを付与するものであり、 FC2のビジネスが米国著作権法の下で適法に行われていることについて 裁判所が理解を示したものと考えております。 FC2は、今までどおりコンプライアンスを重視し、 ユーザー様のご要望・ご期待にに沿えるよう 全力でサービスを提供して行く所存です。 今後ともFC2をよろしくお願いいたします。 —- FC2, Inc. アメリカネバダ州ラスベガスのFC2本社への訴訟を起こしたとされるAVメーカー会社 SODクリエイト 有限会社プレステージ 他7社 この和解は、損害賠償請求が認められないことを前提に、 関係者にテイクダウンツールのアカウントを付与するものであり、 FC2のビジネスが米国著作権法の下で適法に行われていることについて 裁判所が理解を示したものと考えております。 — Sam SamSkywalkerJr fc2から動画関連会社7社との著作権についての訴訟について、和解したというメールが来てた。 テイクダウンツール 動画削除ツール を各社に渡すとのこと。 つまり、例プールの動画や魔法鏡の車的な動画はすぐ削除される体制になったんだね。 — fujii hiroffff テイクダウンツールのアカウント、ワイにもクレメンス。 ノ tdorae.

次の