読書 感想 文 中学生 例文。 中学生の読書感想文におすすめの本ランキングTOP13

【年代別】読書感想文の書き方例|締めくくり/きっかけ

読書 感想 文 中学生 例文

読書感想文(中学生)の書き方・構成は? 中学生の読書感想文の文字数は「青少年読書感想文コンクール」(毎日新聞社・全国学校図書館協議会主催)の規定である2000文字以内が基本となります。 学校からの夏休みの宿題としては枚数で指定されることがほとんどですので、確認してから書いてくださいね。 それでは中学生の読書感想文の書き方と構成について見ていきましょう。 読書感想文の書き方 読書感想文の書き方手順1〜3を解説します。 読書感想文の書き方手順1. 本を読む 読書感想文を書くにはまず本を読まなければなりません。 中学生の読書感想文課題図書はどれも200ページ~300ページ程度のボリュームです。 本が好きな子であれば数日で読み終えることができそうですね。 一方、本が嫌いだったり字を読むことが苦手な子の場合はなかなかページが進まないと思います。 ですから課題図書にこだわらず、自分が興味のある本を選ぶほうがいいです。 好きなものや得意なもの、良く知っているものなどの本を選びましょう。 まったく興味がなくて知らない題材の本を読むには時間がかかりますから、みんな途中で飽きて嫌になってしまうので。 途中までしか読んでいない本の感想を書いても無理があり、書くのが余計に大変になります。 大変ですが、 本は必ず最後まで読みましょう。 読書感想文の書き方手順2. 書く前にメモを取る 本を読んでもすぐに読書感想文を書き始めないようにしましょう。 無地のノートやA4のコピー用紙などに、自分が感じたことをメモしていきます。 この作業をせずに読書感想文を書き始めることは、設計図を作らずに家を建て始めることに似ています。 家を建てるには、まず必要な部屋を書き出して、それを1階と2階の適切な場所に配置しなければなりません。 そして図面を作ってから家を立て始めます。 読書感想文も、まず必要な内容を書き出して、それを前半と中盤・後半に配置していくという方法がオススメです。 読書感想文に必要な内容は以下のとおりです。 まず、 書き出しが必要です。 書き出しについては後ほど解説しますね。 次に自分で質問を用意して、それに自分の言葉で答えます。 質問は次の8つを用意してみましょう。 なぜこの本を選んだのか?• この本を読んでどう感じたか?• 読む前と読んだ後の印象の違いは?• 本の作者が言いたいことは何だと思うか?• 主人公が自分と同じとか似ていると思ったところは?• 本の中で自分が驚いた言葉や行動は?• 登場人物などの尊敬できると思ったところは?• 本を読んで今後に活かせると感じたことは? 質問に答えたら、「なぜ」そう思ったのかを書きます。 例えば、質問4の 「本の作者が言いたいことは何だと思うか?」に対して、 「助け合いの大切さ」だと思ったとします。 「なぜ」そう思ったか? と自分に追加質問します。 その理由は、 「自分が助けてもらうだけでなく、友達を助けることで他のみんなからも信頼されるし、もっと仲良くなれるんだと気づいたから。 」と答えます。 それぞれの質問に対して 「なぜか」を追加することで、内容に厚みが出て 自然と文字数も増えます。 そして全体の構成や文と文のつながりを調整してから、 読書感想文を清書します。 読書感想文の書き方手順3. 読書感想文を清書する 本を読んでメモをして、構成をまとめたらようやく読書感想文を清書します。 (読書感想文の 構成については次の項で解説します) 原稿用紙に 丁寧な字で書きましょう。 原稿用紙の使い方は参考記事がありますのでチェックしてみてください。 それぞれをより簡単な言葉に言い換えてみます。 この本を選んだ理由• この本を読んで感じたこととその理由• この本を読む前の印象とどう変わったか• この本のテーマとその根拠• この本の主人公と自分との共通点• この本の主人公と自分との相違点• この本に共感または尊敬できるところ• この本を読んで実行できること 8つの質問が読書感想文の構成になりました。 この構成にそって書いていくことで読書感想文がこれまでになく簡単に書けるはずです。 書き出し(次の項で解説します。 濃紺の背景に映える月の描写が優しく、同時に切ない印象を私に与えました。 この本を読む前の印象とどう変わったか 冒頭で触れたとおりこの本の第一印象は装丁の美しさから、自然の中で生きる人々の壮大な物語だという印象でした。 ところが読んでみてその印象はまったく変わりました。 舞台は確かに大自然の中にある集落ですが、自然との触れ合いは描写されず主に人間模様が切なく展開していきます。 大都会で繰り広げられる際どい駆け引きを濃密度で見ているような、当初の印象とはかけ離れたものになりました。 この本のテーマとその根拠 この本のテーマは一言で言えば「助け合いの大切さ」です。 この本の主人公と自分との相違点 一方で私は改めて自分は自己中心的で少しマイナス思考な性格だと思いました。 この本に共感または尊敬できるところ 私はこの本を一通り読んでみて、舞台である自然を意識させない手法がとても気に入りました。 さり気ない優しさで誰にでも接して当初誤解していた人たちの心も掴んでいくところがクールで都会的な感じがします。 少し憧れてしまいました。 この本を読んで実行できること 私はこの本を読んでこれまでの自分の行動や友達に発した言葉をかえりみてみました。 ささいな事に腹を立てたり、嫌な言葉を言ってしまったりしていたなあと思い少し恥ずかしい気持ちになりました。 派手に思いやりをアピールしていくのではなく、大らかな心でどっしりと構えながら積極的に皆の役に立つことをしていきたいと思います。 それはゴミ拾いや当番の人のちょっとしたサポートなど小さなことから出来ることです。 そういうことに気づけたことがこの本を読んだ収穫だと思っています。 これだけあっさり書いても1200文字程度になります。 「書き出し」とあらすじを少し追加すれば2000文字近くいきそうですね。 読書感想文(中学生)の推薦本 読書感想文には毎年課題図書が発表されます。 2018年度の課題図書は以下のとおりです。 読書感想文の推薦本その1. 『一〇五度』 主人公の中3生・真(しん)が東京の中高一貫の私立高校に編入して梨々(りり)と出会い、椅子のデザインコンペに出場する過程を描いた作品です。 自分には何が向いているのかを探す心の動きに同世代の読者は引き込まれます。 自分に置き換えた感想文を書きやすい一冊では。 読書感想文の推薦本その2. 『太陽と月の大地』 16世紀のスペインを舞台とした信仰や習慣の違いによる争いを題材とした作品です。 実話を元にしたもので、登場人物の名前が多くまた人数も多いため、落ち着いて読みたいところですね。 時間がない場合には避けても良いかも? 気合い入れて今年は読書感想文やるぞ、という場合に向いてます。 読書感想文の推薦本その3. 『千年の田んぼ』 山口県の離島「見島」を舞台としたノンフィクション作品です。 秘境にある田んぼが1000年前の聖徳太子の時代にできたものであるということを推理しながら突き止めた興味深い内容となってます。 地理・歴史との関連も多く、学習と結びつけた展開で感想文を書くなど評価を上げられる要素満載ですね。 読書感想文(中学生)のコツ 中学生の読書感想文のコツは 本をしっかり最後まで読むことと 、8つの質問を意識してメモをとることに尽きます。 提出期限日ギリギリに始めてしまい時間がない中でも焦らずメモから始めるということが大切ですよ。 関連記事のIDを正しく入力してください 以上、今回は中学生の読書感想文の書き方についてという内容でお送り致しました。 この記事をしっかり読んで実践すれば必ず読書感想文が書けますから、安心して本を読んでくださいね。 小学生編もありますので良かったらチェックしてみてください。

次の

中学生向け<<読書感想文の書き方例>>

読書 感想 文 中学生 例文

【読書感想文の書き出し例中学生編!使える書き出しフレーズ!】 なによりもまず書き出しがスムーズに行かないと読書感想文を進めることも出来ないので、 読書感想文の書き出しとして使えるフレーズをいくつかチェックしていきましょう。 読書感想文でどうしても書き出しが思い浮かばないときの手段ではあるものの、中学生の読書感想文としてはあまりにインパクトがないので おすすめはできません。 読書感想文の本を選んだ理由をまず最初に書きながら選んだ本のタイトルも紹介するという方法は興味を引きやすく、中学生としてもおすすめです。 本を読んだ感想を最初に持ってくる、これは普通に考えれば最後に書く内容を最初に持ってくる方法ですがインパクトがあり、おすすめです。 本の内容を引用する読書感想文の書き出し方法で、これも本、そして読書感想文に興味を持ってもらう方法としてやりやすくおすすめです。 人は数字があると気になるので印象に残る読書感想文の書き出しになり、引用などと合わせて 数字を入れる方法も良いですね。 ・幸せとは何でしょうか。 うまく書くには少し難しいかもしれませんが、 本を読んで考えたことや疑問、読書感想文で伝えていきたいテーマについての疑問を最初に問いかける方法はインパクトが強いです。 一番最初の読書感想文の書き出しはどうしても拙い文章という印象がありインパクトも薄いので、中学生らしい読書感想文の書き出しは 2つ目以降を参考にしてみてくださいね! 【読書感想文の書き出しで詰まる中学生が多い理由】 読書感想文は書き出しさえ終わればあとはスムーズに書けることが多く、一方その書き出しがなかなか思い浮かばずつまってしまうことが多いです。 書き出しは分かりやすく説明すると「 興味を持ってもらうためのつかみ部分」で、ここで「どんな内容か気になる!」と興味を引き、本文へスムーズに読み進めてもらうためにも必要です。 書き出しにつまる、書けないというのはこの 「つかみ」にふさわしいインパクトがない、思い浮かばないということが多いです。 なぜ思い浮かばない、人の目を引くつかみが分からないのかというと、 読書感想文で書きたい内容をしっかりまとめていないからなんですね。 読書感想文が苦手な方の場合は読み終わって感想を書こう、というだけで取り掛かっていることが多く、 書く内容がまとまっていないため、必然的に書き出しも書けないんですね。 ・あらすじ ・注目したい部分 ・感想 ・比較 あらすじを改めて書きだすことで本の内容を再確認し、その中でも 特に注目したい部分、気になった部分を見ることで感想なども気づきやすくなります。 更に発展させるために 自分の体験と比較すること、 過去の事例などを調べ比べることなどを加えれば、一気に書く内容もまとまりますね。 また読書感想文を書くためには その本のテーマをしっかり把握しておくことも大切で、テーマと読んだ感想を比べ、 自分なりに疑問や問題点をまとめてみます。 そして先程比べた内容を踏まえ、自分なりの答えを見つけてまとめる……ここまで考えれば、読書感想文の内容はほぼまとまっているのではないでしょうか。 読書感想文の構成はどうしよう? 読書感想文は枚数が決まっていることがありその中に収める必要はありますが、どのような枚数で書く場合も基本的な構成は以下のように進めます。 【読書感想文の書き出しがスムーズに出る!おすすめの中学生向け図書3選!】 最後に読書感想文が書きやすい、引っかかりやすい書き出しもスムーズに書けるという中学生に おすすめの図書をいくつか紹介していくので、本を探すきっかけにしてくださいね! 友だち幻想 商品サイト: 中学生の悩みでも常にトップ陣にあるひとつ「友達関係」、人付き合いがうまくなりたい、友達関係で傷つきたくない……こんな悩みを持った方は多いですよね。 この本は そんな悩みを解決するためのヒントや情報、友達と今よりも「上手に」付き合っていく方法を身につけるために必要なことが詰まった本です。 自分や周囲が持っている悩みと密接しているため書きたい内容も思い浮かびやすく、読書感想文の書き出しもスムーズに浮かびます。 こころ 商品サイト: 教科書に登場していることもある有名な夏目漱石の「こころ」、これもまた人の気持ち、こころを描いた秀作であり、読書感想文の本としてもおすすめです。 親友を裏切って恋人を得たもののその親友が自殺してしまい、その罪悪感に苦しみ自らも死を選んでしまうという物語で、視点を変えた三部作の作品となっています。 明治の物語ではあるものの 今読んでも心に響く一度は必ず読んでおきたい本で、読み終わったらすぐに書き出せるほどスムーズに感想が浮かびます。 君の膵臓をたべたい 商品サイト: 映画化されたので知名度もあり女子中学・高校生にも人気がある「君の膵臓をたべたい」、これは 主人公である「僕」と余命幾ばくもないクラスメイト「咲良」の物語となっています。 背伸びしたい年頃におすすめの 高校生の物語であること、 気持ちの変化が描かれているので感想も浮かびやすく、インパクトのあるタイトルの意味に気づいた衝撃も書きやすさの理由になります。 【まとめ】 中学生がスラスラ書ける読書感想文の書き出し参考例、読書感想文を書くコツまとめ! 1:書き出しは「本を選んだ理由」や感想、また本文からの引用がおすすめ、数字を取り入れる、疑問を問いかけるとつかみやすい 2:読書感想文の書き出しで詰まるのは、書く内容がまとまりきっていないからという理由が多い 3:最初にノートなどにあらすじ、注目したい部分、感想、自分との比較などをまとめてから書き始めるとスムーズに進む! 4:中学生がすらすら読書感想文を書けるおすすめ図書!「友だち幻想」「こころ」「君の膵臓をたべたい」などがおすすめ 読書感想文は書き出しさえスムーズに決まればあとはスラスラを書き進められることが多いので、 書き出しのためにも内容をしっかりまとめましょう。 それでも分からない場合は過去の読書感想文を読んでみる方法もおすすめなので、ぜひ取り入れてみてくださいね!.

次の

中学生向け<<読書感想文の書き方例>>

読書 感想 文 中学生 例文

当ブログにお越しいただき、ありがとうございます。 読書感想文の書き方シリーズ記事です。 今回は読書感想文の結論(まとめ・終わり方)の書き方のコツについてご説明していきます。 読書感想文の最後のまとめって何を書けばいいの?コツってないのかな?• 読書感想文の出だしと本論は書けるんだけど、結論の書き方がよく分からない…。 読書感想文を途中まで書けたんだけど終わり方が難しい…。 子どもに読書感想文の書き方を教えてあげたいんだけど…。 などと感じている方に、分かりやすいように 例文付きで解説していきます。 読書感想文の宿題をさっさと終わらせて、残りの休みを思う存分楽しみましょう! それでは、どうぞよろしくお願いします。 スポンサーリンク• スポンサーリンク 結論(まとめ・終わり方)の書き方のコツと書くこと まずは、 結論(まとめ・終わり方)にどんなことを書いたらいいのか説明します。 事件や出来事の感想から考えた、自分がこれからどうしていきたいかを書く。 登場人物の感想から考えて、自分がこれからどんな人物になりたいかを書く。 本論の感想から得られた教訓を書く。 最後のまとめでは、 自分が考えた感想を今後自分の生活にどう生かしていきたいかを書くといいでしょう。 出来事について「自分だったらこうしたい」と書いたのであれば、同じようなことがリアルで起こったときに「自分はこうしていきたい」というように書くといいと思います。 「この本では~な出来事がありましたが、同じようなことがあったとき、私は~な行動ができるようになりたいです。 そのためにこれから~していくようにしたいと思います。 」というような感じですね。 登場人物について本論を書いたのであれば、それを参考にして「自分がこれからこんな人物になりたい」ということを書きます。 「主人公の誠実さに感動しました。 私も主人公のように誠実な人間になりたいと思います。 そのために~をしていきたい。 」というイメージです。 また、具体的に詳しく書きにくいときには、人生の教訓のように大まかにまとめるといいです。 「人生必ず壁が立ちはだかるときがあるのを思い知りました。 そんなときでもあきらめない粘り強さを身に付けていきたいです。 」というような感じです。 まとめ(結論・終わり方)は本論を短くまとめて再確認し、自分の考えを再度主張するところなので、内容は本論と少々かぶっても大丈夫ですよ。 スポンサーリンク 読書感想文の結論(まとめ・終わり方)の文章量の目安 次に、結論(まとめ・終わり方)の文章量の目安について簡単にご説明していきます。 読書感想文の原稿用紙のノルマが5枚という前提でお話していきます。 まずは図をご覧ください。 ご覧のように結論(まとめ・終わり方)の文章量は全体が原稿用紙5枚とすると、原稿用紙半分~1枚程度です。 原稿用紙1枚の文字数が400字ですから、結論(まとめ・終わり方)の文字数は200~400文字となります。 読書感想文全体の10~20%ぐらいです。 先ほども少々触れましたが、まとめ(結論・終わり方)は本論を短くまとめて再確認し、自分の考えを再度主張するところなので、文章量もそれほど多くなりません。 逆に多すぎるとしつこくなり、読みにくくなってしまいますので気を付けましょう。 読書感想文の結論(まとめ・終わり方)の例 事件や出来事の感想から「自分はこれから~していきたい」のパターンの(結論・終わり方)の例 私はこの本を読んで、友人との約束を守るか、恋人との約束を守るかどちらかを選ばなければならないようなことが起きた時、自分だったらどうすればいいか考えて大変迷いました。 でも、私にはどちらか一方を選択するなんてできません。 諦めなければきっと友人も恋人もどちらも裏切らずに済む方法が見つかるはずです。 友人と恋人のことだけではありません。 きっとこれから私が生きていく間、一見選択肢が2つしかないような出来事にたくさん遭遇するはずです。 そんな時に私は、どちらか一方を切り捨てるのではなく、どちらの手も離さずにつなぎ続けていけるような選択肢を選びとっていけるよう、常に新たな可能性を考え続けていきたいと思います。 登場人物の感想から考えた「自分はこんな人物になりたい」のパターンの(結論・終わり方)の例 以上のように、この本の主人公は大変お人よしです。 自分のことは後回しにして他人の面倒ばかり見ています。 ですからいつも損ばかりしているように見えます。 「他人を助けて自分のことは後回しだなんてバカみたい」と思う人もいるのではないでしょうか。 しかし、私はこの主人公がとても好きです。 私がこの主人公のことを好きなように、物語の中でもこの主人公は周りからとても愛されています。 この主人公はとても幸せに思えます。 たしかに損得で考えればこの主人公は損をしているかもしれません。 でも私はこの主人公のように周りから愛される人間になりたいと思いました。 目先の損得で考えるのではなく、周りから愛されるような人物になるために、私も自分自身のことだけでなく自分の周りの家族や友だちのことをしっかり考えて、そして行動して生きていこうと思います。 結果的にはそれは自分自身のためにもなるはずです。 スポンサーリンク 本論の感想から教訓を得たパターンのまとめ(結論・終わり方)の例 この本を読んで私は、物事がうまくいったとしても油断をしてはいけないということと、努力を続けることは必ず自分の力になるということを学びました。 私は部活動でバスケットボール部に所属しています。 この本を読んで得た教訓を生かして、試合に勝ったとしても油断せず、次の勝利を見据えて練習を続けていく決意をしました。 さっそく今週末に練習試合があります。 もちろん試合には勝利を目指して全力で挑みます。 もし勝てたとしても次の勝利につなげることを考えて、自分たちのプレーを振り返り、より高いレベルを目指していきたいと思います。 万が一負けたとしても、次こそは勝つためにと何ができるかを振り返り、「地道な努力を続けていこう!」と心に誓いました。 読書感想文の結論(まとめ・終わり方)の書き方のまとめ• まとめ(結論・終わり方)は読み取った感想から自分がどうしていきたいかを書く。 まとめ(結論・終わり方)の文章量は全体の10~20%程度。 まとめ(結論・終わり方)は本論で得た感想を再確認し、短く再主張する部分。 さて、今回は読書感想文の結論(まとめ・終わり方)の書き方について解説してきましたがいかがでしたでしょうか。 例文は丸写しせずに、自分の感想や思いついた考えに合わせて書き直して使って下さいね。 読書感想文は宿題の中でも時間がかかる難敵だと思います。 読書感想文を終わらせて、残りの休みを思いっきり楽しんでくださいね! それでは、最後までお読みいただき、ありがとうございました。 読書感想文関連人気記事! LukasDecember.

次の