Question: これは、抱腹型癌(ILC)を有する患者の最大の記録コホートの分析が、侵襲性乳管癌(IDC)と比較した場合には、成果が有意に悪いことを実証している。 ILC患者に対する研究と臨床試験

乳管癌と葉癌の違いは何ですか?

純粋な粘液管癌の最良の種類は何ですか?

純粘尿性乳頭癌より一般的なタイプのIDCよりも予後を伝えます。乳頭癌 - これは、主に女性に存在する非常に良好な予後乳がんです。

どの乳がんが最も予後が最適ですか?

一般的には、腫瘍グレードが低いほど予後が良くなります。グレード1は予後が最適です。いくつかの乳がんが成長するためにエストロゲンおよび/またはプロゲステロン(体内で作られた女性ホルモン)を必要とする。これらの腫瘍はホルモン受容体 - 陽性(エストロゲン受容体 - 陽性および/またはプロゲステロン受容体陽性)である。

侵襲性葉癌の生存率は何ですか?

<浸潤性葉癌生存率の平均5年生存率乳がんは90%、10年生存率は83%です。これは全ての段階とグレードの平均です。

はLCIを除去する必要がありますか?

葉癌(LCIS)は、葉腫瘍としても知られており、異常な細胞が乳腺に発生するまれな状態です。 、乳房には小葉として知られています。これらの異常な細胞は乳がんであり、外科的除去を超えて治療を必要としない。

浸潤性葉癌生存頻度は生き残ることができますか?

浸潤性葉癌生存率乳がんの平均5年生存率は90%、そして10年生存率は83%です。これはすべての段階とグレードの平均です。

は葉乳がんであり、ゆっくり乳がんが遅い?

<浸潤性葉癌は、遅い腫瘍、通常はグレードIまたはIIであることが知られています。遅い成長、グレードI腫瘍は通常化学療法によく反応しないので、ホルモン療法はこのタイプの癌にとって重要です。乳がんのどの段階で乳がんが除去されていますか?

に広がっていますか?

浸潤性葉乳がんはリンパ節に広がることもあります。胸の下、胸の下、または胸の中の他の地域、または胸から離れた他の地域に。

LCISについて心配する必要がありますか?

LCIはどのように乳がんリスクにどのように影響しますか?

Join us

Find us at the office

Sheaffer- Lesczynski street no. 98, 44691 Moscow, Russia

Give us a ring

Zerrick Molero
+69 859 388 603
Mon - Fri, 7:00-21:00

Write us