新型 コロナ ウイルス いつまで 流行る。 新型コロナウイルスの大流行はいつ終わる? 生活はもとに戻るのか?

新型コロナウイルスはいつまで続く?SARSやMARSから分かる終息日!

新型 コロナ ウイルス いつまで 流行る

[画像のクリックで拡大表示] 3月13日の金曜日は、26歳のフィオナ・ローレンスタインさんにとって不運な日だった。 週末にかけて高熱が出て、咳が始まり、やがて息切れがして話しづらくなった。 病院に行って検査を受けると、新型コロナウイルスに感染していることがわかったので、入院して酸素吸入が施された。 2日後には退院できるほどに回復したが、症状はそれで終わらなかった。 やがて激しい下痢が始まり、嗅覚を失い、喉の痛みと蕁麻疹(じんましん)に悩まされた。 なかでも厄介だったのは、最初の症状が出てから約1カ月後に現れた、強い疲労感と激しい頭痛だった。 言葉が出にくくなり、集中力を失い、話している途中で何を言おうとしていたのか忘れてしまうようになった。 「トラックにぶつけられたようなものでした」と彼女は振り返る。 「数日間はどうにか仕事をこなしていましたが、ある日、ついにベッドから出られなくなりました」 新型コロナウイルスに感染した人の中に、なぜローレンスタインさんのように発症から数週間から数カ月間も症状がぶり返す人がいるのかは、まだわかっていない。 症状が長期間続く患者は、一部のウイルスが体内にとどまる「持続感染」の状態にあるのかもしれない。 研究者たちは今、ウイルスの持続性、つまりウイルスが患者の体内に残る期間を明らかにしようとしている。 新型コロナウイルスの持続性を理解することは重要だ。 なぜなら、患者がウイルスを他人にうつす恐れのある期間や、患者を隔離するべき期間、あるいは再感染の可能性があるかどうかさえも、それで決まるからだ。 「ウイルスの持続性は厄介です」と、米国立がん研究所がん研究センターの上席研究員でエイズウイルス(HIV)の薬剤耐性を研究しているメアリー・カーニー氏は話す。 特に新型コロナウイルスについては、個人や臓器によってウイルスの持続性にどのような差があるのかがまだわかっていないと氏は言う。 新型コロナウイルスのゲノムは、DNAではなくRNAでできている。 C型肝炎ウイルスもRNAウイルスだが、持続感染により、最初の感染から数十年経ってから肝硬変や肝臓がんに進行することがある。 「持続感染が長期にわたる場合、その影響も長期的である可能性があります」とカーニー氏は言う。 新型コロナウイルスは発見から間もないため、長期的な持続感染の可能性やその影響はまだ明らかでないが、調査する必要がある。

次の

新型コロナウイルスのワクチンは、いつできる? ──基礎から最新事例まで「知っておくべきこと」

新型 コロナ ウイルス いつまで 流行る

com 新型コロナウイルスの勢いが止まらない。 3月11日現在、中国での感染者数は8万人以上となり、イタリアや韓国などでも感染者数が増え続けている。 感染による死者は全世界で4000人を超え、日本国内でも12人が命を落としている。 目に見えないウイルスとの戦いは、まさに出口の見えない長期戦になりそうだ。 しかし、その後感染者数は指数関数的に増加し、WHO(World Health Organization:世界保健機関)によれば現時点(2020年3月6日)では95000人以上になっており、79の国に広まっています。 このような状況を受けて、世界の株価は暴落しました。 >季節性インフルエンザと比較すれば、新型コロナウイルスは大したことはなく、過剰反応だと捉えている人たちは少なくありませんが、実際に比較してみると実は新型コロナウイルスの方が危険であることがわかります。 暴落している株式市場を冷静になって観察するには、まずそのウイルスについて正しい情報を得ておく必要があります。 >(中略) > 致死率は 新型コロナウイルスの方が高い >新型コロナウイルス感染症で亡くなった人はいまのところ世界で約3200人である一方で、インフルエンザの場合は毎年数万人以上の人が世界中で亡くなっています。 >ただし、危険性を評価するには致死率で比較する必要があります。 >WHOによれば、新型コロナウイルスの致死率は3. >その差は34倍です。 ちなみに日本でのインフルエンザの致死率は0. >ただし、それらの数値には感染していても検査が行われていないケースなどは除外されていることに留意しておく必要があります。 詳しくはこちら。 中国に生産拠点を持つ多国籍企業への影響も深刻だ。 新型コロナウィルスは各業界にどのような影を落としているのだろうか。 >飲食・フード産業特化型の求人サイト「クックビズ」が2020年2月18日に発表した「全国の飲食店へ新型コロナウィルスについての実態調査」では、店舗の売上について「大きな影響が出ている」「多少の影響が出ている」と答えた飲食店が合わせて51. 0%に上っている。 また「今後、多少影響が出そうだ」と答えている店舗も20. 0%である状況だ。 >(中略) >観光業や飲食業を含む日本企業への影響が甚大なものになりつつあるが、その影響は売上減だけに留まらない。 企業の採用活動にも支障が出てきた。 就職情報サイト大手マイナビは2020年2月26日、同年3月1~15日に開催予定だった合同企業説明会の中止を発表している 詳しくはこちら。 > 新型コロナの経済的影響は?株価は一時1,000円超下落、旅館が破綻、メーカー売上減などetc. コロナウイルス拡散は、米国や大半の先進国の成長を妨げてはいないが、経済・債券市場・企業の収益見通しを変化させている。 >米シュワブ・ファイナンシャル・リサーチ主任債券ストラテジスト、キャシー・ジョーンズ氏は、今年の米10年債利回りについて、従来予想していた2. 25-2. 昨年第4四半期の中国の国内総生産 GDP が年率6. 詳しくはこちら。 後段で詳述するようにスターバックスの2019年10~12月期決算は増収増益となったが、新型コロナウイルスの感染拡大を受けて中国店舗の半数以上にあたる2000店以上を一時閉鎖すると発表、株価は低迷を余儀なくされている。 >スターバックスに限らず、新型コロナウイルスの暗雲は株式市場全体に広がっており、NYダウは先週1週間で3500ドルを超える大暴落に見舞われるなど大混乱に陥っている。 とはいえ、ウォール街の市場関係者は比較的冷静でアナリストの中にはスターバックスを前向きに評価する声も聞かれる。 詳しくはこちら。 ニューヨーク・タイムズ紙には、各国の反応を冷静かつ皮肉っぽく分析した意見が掲載された。 >「コロナウイルス対策として実施されている国境閉鎖や旅行の制限といった措置は、表面的には医学的措置ではあるものの象徴的でもある。 基本的な論理は、政治的理由から物理的な壁を建設することと大差ない。 いずれも、偽りの安心感を市民に与えることが目的だ(スペイン・バスク大学イケルバスク研究のマイケル・マーダー教授)」 詳しくはこちら。 世界規模でもパンデミックという最悪の事態を招かないために、各国で感染縮小に向けた対策が必死に行われている。 コロナウイルスという人類共通の敵との戦いの先にあるのは、どのような未来だろうか。 ZUU online編集部.

次の

新型コロナウイルス感染症の流行 (2019年

新型 コロナ ウイルス いつまで 流行る

[画像のクリックで拡大表示] 3月13日の金曜日は、26歳のフィオナ・ローレンスタインさんにとって不運な日だった。 週末にかけて高熱が出て、咳が始まり、やがて息切れがして話しづらくなった。 病院に行って検査を受けると、新型コロナウイルスに感染していることがわかったので、入院して酸素吸入が施された。 2日後には退院できるほどに回復したが、症状はそれで終わらなかった。 やがて激しい下痢が始まり、嗅覚を失い、喉の痛みと蕁麻疹(じんましん)に悩まされた。 なかでも厄介だったのは、最初の症状が出てから約1カ月後に現れた、強い疲労感と激しい頭痛だった。 言葉が出にくくなり、集中力を失い、話している途中で何を言おうとしていたのか忘れてしまうようになった。 「トラックにぶつけられたようなものでした」と彼女は振り返る。 「数日間はどうにか仕事をこなしていましたが、ある日、ついにベッドから出られなくなりました」 新型コロナウイルスに感染した人の中に、なぜローレンスタインさんのように発症から数週間から数カ月間も症状がぶり返す人がいるのかは、まだわかっていない。 症状が長期間続く患者は、一部のウイルスが体内にとどまる「持続感染」の状態にあるのかもしれない。 研究者たちは今、ウイルスの持続性、つまりウイルスが患者の体内に残る期間を明らかにしようとしている。 新型コロナウイルスの持続性を理解することは重要だ。 なぜなら、患者がウイルスを他人にうつす恐れのある期間や、患者を隔離するべき期間、あるいは再感染の可能性があるかどうかさえも、それで決まるからだ。 「ウイルスの持続性は厄介です」と、米国立がん研究所がん研究センターの上席研究員でエイズウイルス(HIV)の薬剤耐性を研究しているメアリー・カーニー氏は話す。 特に新型コロナウイルスについては、個人や臓器によってウイルスの持続性にどのような差があるのかがまだわかっていないと氏は言う。 新型コロナウイルスのゲノムは、DNAではなくRNAでできている。 C型肝炎ウイルスもRNAウイルスだが、持続感染により、最初の感染から数十年経ってから肝硬変や肝臓がんに進行することがある。 「持続感染が長期にわたる場合、その影響も長期的である可能性があります」とカーニー氏は言う。 新型コロナウイルスは発見から間もないため、長期的な持続感染の可能性やその影響はまだ明らかでないが、調査する必要がある。

次の