マンチェスターテリア。 トイ・マンチェスター・テリアの性格・特徴・飼い方|ペットショップやブリーダーでの値段相場や里親募集も紹介

トイ・マンチェスター・テリア

マンチェスターテリア

shutterstock. com マンチェスターテリアの抜け毛の量は、犬の中では多いといえます。 季節の変わり目などは皮膚にも影響してくるので、抜け毛ケアや対策は特に重要といえるでしょう。 マンチェスターテリアの抜け毛ケア 抜け毛のケアはよくマンチェスターテリアのブラッシングをすることによってケアできます。 犬の毛質を理解しすることが大切なので、このとき正しいブラッシングをしましょう。 マンチェスターテリアの被毛は滑らかで光沢のある短い毛を持っています。 短毛の毛質の抜け毛対策は必要です。 比較的楽なのは事実ですが、抜け毛の量は少ないとは言えません。 しっかりブラッシングして抜け毛の対策・ケアをしておかないと、抱っこしたり触っただけで、服や体に抜け毛がついてしまうことになります。 そしてマンチェスターテリアの皮膚にも悪い影響を及ぼしてしまいますので、ケアしていきましょう。 皮膚の病気の対策ともなりますので、こまめに行うといいです。 短毛には獣毛ブラシを使うことができます。 豚毛や馬毛、猪毛など色々なタイプのブラシがありますので、マンチェスターテリアにあったタイプのブラシを使いましょう。 なるべく優しく、絡みを取るようにブラッシングしていきましょう。 ブラシをつかって汚れも落ちて毛の艶もアップさせるケアをおこなうことができます。 ブラッシングする前に、蒸しタオルをあてることも効果的なケアです。 ブラッシング前に行うことによって血行をよくして、毛穴にたまった老廃物を出すことができますよ。 血行を良くするなら、抜け毛のケアだけでなく、健康で長生きするマンチェスターテリアになりますので、ブラッシング前の一手間は重要かもしれませんね。

次の

マンチェスター・テリア

マンチェスターテリア

体高は約30㎝、体重は約3kgと小型であることから、家庭犬としての需要が大変高い犬種です。 流線型の体長は少々長さが有り、四肢はすらりと長く勇敢な顔立ちをしています。 体毛は触り心地の良い短毛で、ブラック&タンやブラック&マホガニーカラーが主流です。 細く垂れた尾でバランスを取り素早く駆ける姿は美しく、ぴんと立った大きな耳で敏感に物事をキャッチします。 しつけの飲み込みも大変良いので、トイ・マンチェスター・テリアは初心者にも扱いやすい犬種です。 トイ・マンチェスター・テリアの性格 元気よく好奇心旺盛ですが、我慢強く穏やかな一面も持ち合わせています。 ネズミ狩りをしていた背景から小動物と接する際は注意が必要ですが、幼い子供と触れ合う際は良き理解者になってくれるでしょう。 家族の中で明るく振る舞い、飼い主の指示に忠実でまさに理想的な家庭犬です。 トイ・マンチェスター・テリアは臆病で神経質な場合があり、見知らぬ人や大型犬に出くわすと警戒したり飼い主の後ろに隠れたりしてしまう事もあります。 感受性豊かで、場の雰囲気を敏感に感じ取ることが出来ますので、伴侶犬としても十分役割を担ってくれます。 トイ・マンチェスター・テリアの飼い方 多頭飼いも可能ですが、慣れないうちは距離をとり怯える可能性がありますので、配慮した寝床を設けてあげましょう。 屋内飼育を行い、散歩や遊ぶ際に屋外へ連れ出す環境が最適です。 毎日30分前後の運動を行う事で、ストレスを軽減させる事が出来ます。 暑さや寒さに弱いため、その時期は家庭内での運動だけでも構いません。 寝床は暖かく柔らかなスペースを整えてあげましょう。 トイ・マンチェスター・テリアの体毛はなめらかで短毛ですので、時折ブラッシングをする事で汚れや抜け毛をチェックしてあげてください。 トイ・マンチェスター・テリアの健康面の注意点 トイ・マンチェスター・テリアは生まれつきの病気として、てんかん、フォンウィルブランド病が挙げられます。 そのほか、椎間板ヘルニアや水晶体脱臼にかかりやすく、定期的に動物病院で目や関節の検査を受けさせてあげましょう。 丈夫な体格を持っていますので、基本的には疾患にかかりにくい犬種です。 一見とても細い体つきですが、食事の量や質は適正の範囲内で行ってください。 また、関節や腰を痛める原因になりますので、フローリングにはマットを敷くなど安全な足元を心掛けましょう。 トイ・マンチェスター・テリアの寿命は長く16年前後となっています。 かかりやすい病気.

次の

ペットショップCoo&RIKU

マンチェスターテリア

準備中 トイ・マンチェスター・テリアをブリーダー直販のペットショップで購入する トイ・マンチェスター・テリアの性格 トイ・マンチェスター・テリアは、活発で好奇心旺盛な性格をしています。 家族に対して愛情深く、賢さも備えているためしつけをしやすい犬種です。 一方、寂しがり屋で神経質な面もあります。 依存心が強いところがあり、飼い主と離れて過ごすのは苦手です。 分離不安による体調不良などを避けるためにも、甘やかしすぎないように気をつけながら、独立心を養っていきましょう。 子犬のうちからほかの犬と触れさせて社会性を養ったり、一人の時間も安心して過ごせるよう留守番の練習をさせたりして、自信をつけさせることが大切です。 ドッグショーの開催や血統証明書の発行を行っているによると、トイ・マンチェスター・テリアは19世紀中頃のイギリスで、ブラック・アンド・タン・テリアを小型化することでつくられました。 当初はネズミを捕る目的で繁殖されていましたが、現在では愛玩犬として親しまれています。 イギリスでは、イングリッシュ・トイ・テリアとも呼ばれる犬種です。 トイ・マンチェスター・テリアは温和な性格ではありますが、狩猟犬であった気質が多少残っています。 ネズミやウサギなどの小動物に対しては、過剰に反応して追いかけてしまうこともあります。 一緒に飼育する場合は室内で放し飼いにはせず、目を離さないようにしましょう。 散歩の際にも、追いかけてしまわぬよう注意が必要です。 トイ・マンチェスター・テリアの平均寿命 トイ・マンチェスター・テリアは小型犬です。 平均寿命は15〜17年ほどといわれています。 一般的な小型犬よりも長いのは、命に関わるような遺伝的疾患がほとんどないためだと考えられています。 長生きしてもらうためにも安全で快適な飼育環境を用意し、十分な運動を心がけるなどしっかり健康管理をしていきましょう。 トイ・マンチェスター・テリアの平均体重 トイ・マンチェスター・テリアの 体重は、オス・メスともに2. 7〜3. 6kgが理想的とされています。 軽量ですがバランスがよく、すっきりと引き締まった体格です。 トイ・マンチェスター・テリアの平均体高 トイ・マンチェスター・テリアの 体高は、オス・メスともに25〜30cmが理想的とされています。 体高よりも体長のほうがやや長く、背中がわずがにアーチを描いているのが特徴です。 トイ・マンチェスター・テリアの毛色(カラー) ジャパンケネルクラブで認められている毛色は、ブラック&タンのみです。 被毛は滑らかで光沢のあるスムースコートで、目の上や顎、喉や尻尾の下にマーキングがあります。 ホワイトの斑が入るのは好ましくないとされています。 ブラック&タン トイ・マンチェスター・テリアが成犬になるまでの期間 トイ・マンチェスター・テリアは、生後約8〜10カ月で成犬になります。 運動量が特別多い犬種ではありませんが、成長期には適切なエネルギー摂取と運動の確保をして、丈夫な骨格を形成できるように心がけましょう。 トイ・マンチェスター・テリアの鳴き声 トイ・マンチェスター・テリアは 警戒心が強いことから、よく吠える犬種です。 神経質で音やニオイに対しても敏感なところがあるため、子犬のころから無駄吠えのしつけをしっかり行う必要があります。 家族以外の人やほかの犬と触れ合ったり、さまざま経験をさせたりすることで、社会性を養うようにしましょう。 トイ・マンチェスター・テリアがかかりやすい病気 病名 時期や症状 治療費 水晶体脱臼 目の水晶体が何らかの理由で正常な位置からずれてしまった状態。 眼圧が上昇し、緑内障を引き起こす場合がある。 不明 フォン・ヴィレブランド病 血液の凝固異常によって出血しやすくなる、先天性の病気。 重症化すると失血や貧血で命を落とす危険性がある。 不明 歯周病 歯垢の中の細菌が原因で、歯肉やその周囲に起こる炎症。 3歳以上の犬のうち約8割が歯周病であると考えられている。 10万円前後 椎間板ヘルニア 加齢や遺伝的な要因により椎間板に変性が生じる病気。 脊髄を圧迫し歩けなくなる。 気温が22〜23度、湿度が60%を超えてきたら熱中症に注意する必要があります。 短毛であるトイ・マンチェスター・テリアは 特別暑さに弱い犬種ではありませんが、暑い時間帯の散歩などは避けるようにしましょう。 犬と一緒に出かけることが多い場合に特に気をつけたいのが、車の中の気温です。 車中ではケージに保冷剤を入れたり、直射日光が当たらないようにしたりといった対策を行いましょう。 窓を開けたりエアコンをつけたりしていても、犬だけを車内に残しておくのは大変危険です。 わずかな時間でも、必ず目の届く場所に一緒に連れて行くようにしましょう。 トイ・マンチェスター・テリアの体臭 トイ・マンチェスター・テリアは短毛でつやつやとしたスムースコートを持つため、 汚れがつきにくく体臭も少ない犬種です。 ただし、歯周病や歯の病気になりやすい傾向があります。 口臭予防だけでなく、健康管理のためにも日頃からデンタルケアをしっかり行うようにしましょう。 トイ・マンチェスター・テリアの飼い方 トイ・マンチェスター・テリアは寒がりです。 夏場以外は身体が冷えて免疫力が下がってしまうこともあるので、室内での飼育が基本になります。 落ち着いて過ごせる場所に、暖かい寝床を用意してあげるとよいでしょう。 小型犬で運動量もそれほど多くないため、トイ・マンチェスター・テリアは部屋の中でも比較的飼いやすい犬種です。 ただし、フローリングなどの硬くて滑りやすい床は、足の関節などに負担をかけてしまいます。 カーペットを敷くなどして、滑りにくい環境を整えてあげてください。 また、本能的に小さな動物を追いかけてしまう習性があることにも注意が必要です。 ネズミやウサギなどと同じ場所での放し飼いは避けたほうがよいでしょう。 ドッグフードの量・回数 犬の健康を維持するためには、食事が大切です。 犬に必要な栄養は人間とは異なりますので、犬の身体にあわせてバランスよく栄養素を配合した総合栄養食のドッグフードを選びましょう。 フードの種類によって給餌量は異なりますが、子犬の場合は1日摂取量を3〜4回に分け、ふやかして与えます。 成犬になれば基本的に1日2回に分けて与えます。 健康的な成長のために、愛犬のライフステージに応じたフードを選ぶようにしましょう。 フードは、適正な量を守って与えることも大切です。 トイ・マンチェスター・テリアは、肥満が原因で椎間板ヘルニアになってしまうこともあります。 健康を維持するためにも、飼い主が責任をもってカロリーコントロールをするよう心がけましょう。 食べさせてはいけないもの 犬が食べてはいけない食べ物 ネギ類全般(にんにく、ニラ、玉ねぎなど)・ぶどう類全般・チョコレート・キシリトール・生の魚介類(魚、イカ、タコ、エビ、カニ)・鶏の骨・アボガド・ナッツ類全般 犬は避けたほうがいい食べ物 ほうれん草・生肉・香辛料・にぼし・のり・生卵・生野菜・牛乳・ココナッツオイル・干しあんず 上記は代表的な食べ物を記載していますが、もっと詳しく知りたい方は、以下の記事を参考にしてください。 柑橘類• スパイス類• クセのある葉物野菜 上記の食べ物も控えたほうが無難でしょう。 抜け毛の量 トイ・マンチェスター・テリアの被毛は短いスムースコートで、 抜け毛は比較的少ないほうです。 ブラッシングは、週に1〜2回程度を目安に行えばよいでしょう。 皮膚を傷つけないよう、短毛種はラバーブラシを使用してください。 お風呂の入れ方 皮膚の健康を保つには、いつも清潔にしていることが大切です。 しかし、犬はシャンプーをしすぎると、かえって皮膚トラブルのもとになってしまいます。 お風呂に入れるのは、月に1回程度にするのがよいでしょう。 どうしても汚れが目立つときは、固く絞った濡れタオルで身体を拭いてあげるようにしてください。 準備中 トイ・マンチェスター・テリアをブリーダー直販のペットショップで購入する トイ・マンチェスター・テリアのしつけ方法 トイ・マンチェスター・テリアは家族と過ごす時間が大好きで、賢くしつけをしやすい犬種です。 しかし、飼い主への依存心が強い面があるため、つい甘やかしてしまうと独立心が育たなくなってしまいます。 できる限り子犬のうちから社会的な経験を積ませながら、飼い主と離れているときでも落ち着いていられるように、自信をつけさせていくことが大切です。 犬のしつけでは、ときには心を鬼にして厳しくしなければならないこともあります。 しかし、 怒鳴ったり叩いたりといったことが必要になることは決してありません。 最初はできないこともたくさんあるかもしれませんが、愛情をもって気長にトレーニングを積んでいきましょう。 トイレのしつけ方 トイレは、子犬のうちにしつけをしたほうが早く覚えてくれます。 といっても、方法自体は子犬の場合も成犬になってからしつけ直す場合も変わりません。 できる限り失敗させないようにしながら、繰り返し褒めて教えるのがポイントです。 犬が吠えるのには、不安や恐怖、欲求不満などさまざまな理由があります。 まずは、なぜ吠えているのかを飼い主が考え、できる限り根本原因を取り除いてあげることが先決です。 吠えることで何かを要求するのをやめさせたいときは、無視をするのが一番です。 甘やかしてしまうと「吠えれば望み通りになる」という学習をさせてしまいます。 何かを警戒して吠えているときは、さりげなく音を出して気をそらせます。 吠えるのをやめることができたら、その行動を褒めてあげましょう。 子犬のうちから家族以外の人やほかの犬種と触れ合う機会をつくり、社会性を育んでいくことも大切です。 見知らぬ人をむやみに警戒しない心を育てていきましょう。 噛み癖のしつけ方法 犬の噛み癖は、子犬のうちは大丈夫だからと甘くみていると、いつか人に怪我をさせてしまう恐れのあるものです。 きちんとしつけをして、噛み癖がつかないようにしましょう。 噛み癖のしつけのポイントは、噛んでよいものといけなモノの区別を教えることです。 噛んで遊んでもよいものとして、ガムやおもちゃを与えておきましょう。 噛み癖をつけないためには、環境が大切です。 噛むと危険なものや噛まれると困るものは、犬から見えない場所にしまっておきましょう。 一緒に遊んでいる間に手が犬の歯に触れたときは、すぐに手を引っ込めて、犬が落ち着くまで遊びを中断します。 これは、「人の手とおもちゃは別のもの」ということを教えるためです。 歯が生え替わる時期は乳歯がムズムズするため、ものを噛もうとします。 この行動は歯が生え揃えば落ち着くので問題ありません。 待てのしつけ方法 「待て」ができるようになれば、犬が衝動的な行動をとろうとしたときに抑止しやすくなります。 トイ・マンチェスター・テリアの場合は、散歩中に小動物をみつけた際などに「待て」で落ち着かせれば、危険を回避できるでしょう。 また、犬にとっては「待て」のトレーニングそのものが、自分自身に歯止めをかける練習にもなります。 訓練しだいでは、本能的な行動もある程度抑えられるようになるでしょう。 犬を「お座り」させた状態で、正面にしゃがみます。 「待て」と声をかけ、そのまましばらく待たせます。 「よし」と声をかけ、よく褒めてあげましょう。 犬が待ちきれなくなって、お尻をあげてしまう前に声をかけるのがコツです。 最初のうちは、1秒でも待てれば十分です。 少しずつでよいので、待たせる時間を長くしていきましょう。 留守番のしつけ方法 トイ・マンチェスター・テリアには飼い主への依存心が強い傾向があり、 寂しがり屋なため留守番は苦手です。 家をあける時間はできる限り短くし、一人でも安心して過ごせるように快適な環境を整えてあげましょう。 また、留守中に不安で鳴き続けたり、体調を崩してしまったりというケースも珍しくありません。 一人でも留守番ができるように、子犬のうちからしっかり慣れさせておくことも大切です。 飼い主の留守中は危険な場所へ立ち入らないよう、ペットサークルの中で留守番をさせるのが基本です。

次の