ゼルダ スイッチ。 ニンテンドースイッチソフト(ライト)で、ゼルダの伝説ブレスオブ...

ゼルダの伝説夢をみる島スイッチ攻略wiki

ゼルダ スイッチ

*** Amazon(アマゾン)からの即時入手に失敗したので、発売日はNintendo Switchの入手のために多くの時間を費やしました。 GameStopの長蛇の列に並び…そしてSwitchとその最高のゲームとの生活を数日間満喫した今、これだけは言えます。 「 探し回ってまで買う価値はない」と。 『 ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』には探し回るだけの価値があります。 もはや、 RPG作品の最高傑作といってもいいでしょう。 ゲームデザインが素晴らしく、中毒性があり、ノスタルジーを掻き立てられ、プレイシステムも完璧。 ただし現時点では、ゼルダが据え置き機と携帯機の融合を目指したNintendo Switchを買う唯一の理由であることを言っておかねばなりません。 その悪い結果も含めて、ね。 Nintendo Switchは、明らかにタブレット端末です。 ちょっと太っちょなAmazon(アマゾン)のKindle Fireのようです。 タブレット端末として考えればSwitchは厚ぼったすぎるし、排熱を行なうこの 巨大なスリットはどう見ても不格好。 またバッテリーの駆動時間は2時間50分(ソフトによって異なる)でウェブブラウザは搭載されず、Netflixの再生もフェイスブックの更新の通知もできません。 Nintendo Switchの発表時、任天堂の君島社長は「最高のゲーム専用機にするために腐心している」と語りました。 そして、PlayStation 4やXbox Oneとは競合しない、リビングルームだけでなくアウトドアでも遊べるゲーム機になると。 なら、なぜローンチ時に9タイトルしか用意しなかったのでしょう? さらに、オリジナルタイトルは4タイトルだけ。 そのうち2つはパーティーゲームという有様です。 300ドル(日本価格は2万9980円)もするゲーム機で、これはいただけません。 ゼルダはたしかに最高なんですが、それだけでは300ドルを支払うのには十分ではありません。 Wii U版のゼルダの出来もSwitch版と同等ですし、さらにWii U版なら、プロセッサの処理負荷が高くなると画面がぎこちなくなるという問題を抱えていません。 ゼルダは美しい背景や画面上のオブジェクトをすべて読み込むため画面処理が重く、プロセッサをストップさせてしまうのです。 ゼルダは最新世代のゲーム機のために開発されたタイトルなのにNintendo Switchがその処理に苦慮するということは、 Switchはすでにその性能を使い切ってしまっているのでしょうか? マリオカートやスカイリムは大丈夫なのかな? しかし、それはただの懸念でしかありません。 PSPやPlayStation Vitaは美しいディスプレイやTVへのストリーム出力を実現し、素晴らしいゲーム群が登場しましたが、任天堂は30年以上の携帯ゲーム機の経験があります。 その素晴らしいファーストパーティゲームやバーチャルコンソール(Nintendo Switchには未対応)に、期待せずにはいられません。 問題なのは、 コントローラーの「Joy-Con(ジョイコン)」です。 Nintendo Switchには左右のJoy-Conが同梱されていて、本体の両脇に装着することでVitaのような(でもずっと大きい)携帯ゲーム機として遊べます。 この状態では確かにきちんと動作したのですが、巨大なゲーム機を握りしめる様はなんだか滑稽でした。 ただし、このJoy-Conは「Joy-Conグリップ」に装着することで単品のコントローラとしても利用できます。 たたし、このグリップにはバッテリーが内蔵されておらず(充電可能な「Joy-Con充電グリップ」は別売り)、なによりこの状態だとが存在するのです。 多分、これを解決するには「 Proコントローラー」を購入するしかないでしょう。 あとJoy-Conはバラバラの状態でも、Wiiリモコンのように 両手に握りしめて遊ぶことができます。 ゼルダのいくつかのパズルでは、このスタイルが有用でした。 また、Nintendo SwitchにはJoy-Conを活かしたゲームも登場しています。 例えば『1-2-Switch(ワンツースイッチ)』や『いっしょにチョキッと スニッパーズ』などなど。 1-2-Switchは50ドル(日本価格で4,980円)のJoy-Conのデモゲームといえばそれまでですが、Joy-Conはそのサイズにも関わらずモーションセンサーを搭載したコントローラーとしては素晴らしい実力があります。 しかし『いっしょにチョキッと スニッパーズ』を少しプレイしたあと、私は自問自答を繰り返していました。 「なぜ、このようなゲームが存在するのだろう」と。 任天堂はパワフルなゲーム機を作ろうとしながら、同時に10年前にWiiで集めた顧客を失わないようにしているようです。 しかし、このような方向は Nintendo Switchの目的、さらには存在意義を不明確にしています。 Nintendo Switchはいってしまえば、 なりたい目標がないのです。 リビングルームに据え置きにするゲーム機としてはパワー不足ですし、外出先で3時間ほど遊ぶ携帯機としては大きすぎます。 任天堂は据え置き機と携帯機のギャップを埋めようとして、フランケンシュタインのモンスターを作ってしまったのです。 据え置き機から携帯機へのスタイル変更はスムーズですが、PSPやPlayStation Vitaはほぼ同じ機能をより携帯機らしいサイズで実現していました。 Nintendo Switchがただのゼルダマシンでなく、またJoy-Conがマーケティング上のアイテムではないと思えた瞬間は、「 SwitchとJoy-Conを組み合わせて、ゲームへの没入感がより増したとき」というごく稀な瞬間だけでした。 たとえば、ゼルダのゲーム内のカメラ機能を利用してチキンのスケッチでいっぱいの部屋を撮影しようとしたとき、Nintendo Switch本体を動かしてカメラのアングルを操作しました。 まるで リンクと一緒の部屋に居るようにぐるぐる回したその操作は、少しの間ですが、たしかに素晴らしい瞬間でした。 まるで任天堂が我々の没入感に対する欲求を理解し、まぬけで高価なVRヘッドセットを利用しなくてもゲームの世界を覗ける窓を見せてくれたようだったのです。 残念ですが、そのような素晴らしい瞬間をこれからのソフトでたくさん提供できるまで、Nintendo Switchに十分な価値はありません。 もし、すでに買ってしまっていたら、300ドルのゼルダマシーンを存分に楽しみましょう。 そして まだ買っていなかったら、より多くのタイトルが揃うことを待ちましょう。 今こそ、任天堂の底力を見せつけるときです。 image: source: Alex Cranz - Gizmodo US[] (塚本直樹)• Tags :•

次の

スイッチ版ゼルダの伝説(ブレスオブザワイルド)のお役立ち・攻略記事まとめ

ゼルダ スイッチ

ゼルダの伝説は時のオカリナが神! 私が一番好きなゲームのジャンルはRPG。 ドラクエやFFのような、ロールプレイングが大好物です。 プレイした実感が一番あるんだよね。 敵を倒して、プレイヤーが強くなって。 物語にも引き込まれるし、長く遊べるし。 RPGが本当に最強。 基本的には、ロールプレイングしかやりませんが。 極まれに、アクションゲームもやります。 小さい頃、友達の家でやったゼルダの伝説。 かなり昔のゲームだけど、時のオカリナが衝撃的でした。 「3Dすげー」だし。 「ナゾ解きムズい」マジ試合放棄だし。 「BGM神」オカリナ欲しくなるし。 その後、ムジュラの仮面が発売されて。 3日後に月が落下してゲームオーバーという。 子供の私が震え上がるダークな設定に、なぜかワクワクして。 当時から、ゼルダの伝説はけっこう好きなんですよ。 任天堂64で発売されたゲームはどれも名作すぎて。 風のタクトも、トワイライトプリンセスもやったけど、時のオカリナは超えないよね。 そして、任天堂スイッチで新作ゼルダ「ブレス・オブ・ザ・ワイルド」が発売されて。 アマゾンの評価がめちゃくちゃ高いの。 ゲーム大好き友人もガチでオススメしてくるし。 で、遊んでみたら……。 私的にクソゲーで「騙された!!」って感じなんだけど。 なぜ、新作ゼルダがつまらないと感じたかレビューしますね。 想像を超えた冒険を期待して、ワクワクしたのに。 3時間くらいプレイして、スイッチ新作ゼルダ「ブレス・オブ・ザ・ワイルド」に絶望したPVはこちら。 公式さんのプロモーションビデオを見る限りさ。 広大な草原、未知なる敵、まあよく出来てるよね。 まず、このゲームはゼルダのようでゼルダじゃない。 だって、装備している武器や防具、弓には耐久性があって。 何回か使用すると、壊れるんだよ。 モンスターばっかのこの世界で、どゆこと? なんで耐久方式?? 強い武器を手に入れても、いずれ壊れるならさ。 もったいなくて、装備できまてーん。 代わりに、モンスターが装備やアイテムを落としてくれるけど。 敵を倒すメリットがないんだよね。 だって、武器が壊れるし。 そもそも、ゼルダシリーズは経験値という概念がないし。 ナゾ解き合間に、モンスターを無双して。 アハっ超爽快!!的なゲームじゃん。 シームレス形式を採用して。 見渡す限りの世界を旅できるのは、嬉しいけど。 マップが広大すぎて、ダレる。 肝心のナゾ解きも、別に大したことないし。 大きいダンジョン8つで、別にいいんだけど。 序盤から、ザコ敵なのに強い奴いて一撃で殺されるし。 プレイして1時間で、10回以上ゲームオーバーになったよ。 主人公リンクのスタミナ、最初はゴミで。 ダッシュしてもすぐにスタミナ切れで、時間もったいないし。 プレイして徐々にスタミナが増える仕様 全体的に、「面白い」と思える要素なし。 ゼルダ「ブレス・オブ・ザ・ワイルド」好評価なのが、納得できないもん。 スポンサーリンク つまらない理由• 武器が壊れて、イライラ。 スタミナ少なすぎで、イライラ。 マップ広くてだるい、イライラ。 リンク死にまくりで、イライラ。 やっぱり私的には、クソゲーです。 数時間プレイしても、全く面白くなかったから。 それから、永久に私の家に眠っていて。 もうね、遊ぶことはないね。 これ言うと、怒られるけど。 そもそも、オープンフィールド自体嫌い。 確かに自分で選択できる楽しさはあって。 「どこに行こうかしら」と、プレイヤーの腕しだいだよね。 でもね、私は大人だから時間がないんだ。 まあ、無職だから暇っちゃ暇だけど。 あまりにマップが広大でワチャワチャしてると、イライラしてくるんだよね。 「このルートで合ってる?」と悩む時間すら、私には惜しい。 サクっとクリアして。 サクっと売りたいんだよね。 お金、大事だし。 やっぱり、時のオカリナが一番! ゼルダの伝説は、時のオカリナがナンバーワンです。 スポンサーリンク.

次の

【朗報】『ゼルダの伝説BotW』、スイッチ版はWiiU版より音質が良い事がインタビューで明らかに。

ゼルダ スイッチ

ニンテンドースイッチのロンチタイトルとなる「 ゼルダの伝説 ブレスオブザワイルド」はシリーズ初となるオープンワールド RPG。 ゲームが始まったらどこに行こうが、何をしようがプレイヤー次第。 ゼルダの伝説シリーズ30周年を記念した書籍、2016年8月発売の第1集「」、2017年3月発売の第2集「」に続き、最後を締めくくる第3集「」が 好評発売中!「ブレスオブザワイルド」の公式設定資料集として、400ページを超える大ボリュームで、本作のファンは必見の1冊です。 基本編• 物語の紹介• 操作方法、セーブ、システム解説• ハイラルの地図• それぞれの塔の特徴、登る際の注意点• ロード画面で表示されるヒント一覧 攻略編• スタート〜カカリコ村〜英傑の服• 水の神獣〜炎の神獣〜マスターソード• 風の神獣〜雷の神獣〜ハイラル城 エリア(マップ、シーカータワー、試練の祠)• 始まりの塔、祠 x4、回生の祠• 双子山の塔、祠 x9、カカリコ村• ハテノ塔、祠 x7、ハテノ村• ラネールの塔、祠 x9、ゾーラの里• アッカレの塔、祠 x8、イチカラ村• オルディンの塔、祠 x9、ゴロンシティ• 森林の塔、祠 x8、コログの森• 丘陵の塔、祠 x7• 平原の塔、祠 x8、ハイラル城• タバンタの塔、祠 x6、リトの村• ヘブラの塔、祠 x13• 荒野の塔、祠 x12、ゲルドの街• ゲルドの塔、祠 x6• 湖の塔、祠 x6• フィローネの塔、祠 x8、ウオトリー村 ダンジョン攻略• ラネール地方、水の神獣• オルディン地方、炎の神獣• タバンタ地方、風の神獣• 南ゲルド地方、雷の神獣• 中央ハイラル地方、 チャレンジ• ストーリーが進むクエスト(全15個)• 隠れた祠が見つかるクエスト(全42個)• 報酬がもらえるクエスト(全76個) 追加コンテンツ• 有料 DLC の内容• マスターソードの力を引き出す試練• ハードモード• 英傑たちの詩、お宝のウワサ、古代の馬具• 導師ミィズ・キョシアの試練• 操作方法、燃料補給 データ• 試練の祠で手に入る魔法アイテムの紹介• ハートの器とがんばりの器• 実を集めて武器・弓矢・盾の所持枠追加• 馬の捕まえ方、操作方法、馬宿• 大妖精による防具パワーアップ• 防具のカラーチェンジ• ウツシエでコレクション• アルバムに残された12枚の場所• ミニゲームについて• テリーの売り物リスト• 素材の入手場所• 地名一覧• クリア後のやり込み• 対応 amiibo とその効果 ポーチで整理できるアイテム• 武器一覧• 弓矢一覧• 盾一覧• 防具一覧• 素材一覧• 料理一覧、レシピ集• 大事な物一覧 魔物関連• キルトンのマモノショップの解説• イワロック・マグロック・ガチロックの出現場所と倒し方• ヒノックス・スタルヒノックスの出現場所と倒し方• モルドラジークの出現場所と倒し方• ライネルの出現場所と倒し方• 炎の精霊の素材、出現場所• 氷の精霊の素材、出現場所• 雷の精霊の素材、出現場所• ガーディアンの倒し方 コログのミ(エリア別)• ミニゲーム(五十音順)•

次の