仰っていただく。 「ご要望」と「ご所望」の違いと正しい使い方

ご紹介いただく先生方へ|精神保健科

仰っていただく

「ご要望」と「ご所望」には、どちらも「望む」という意味が含まれています。 誰かが何かを望んでいるという部分では違いはありません。 「ご」が言葉の前についているので、敬語に属し、丁寧な表現が必要になる相手に対して使います。 また、読み方は「ご要望」は(ごようぼう)ですが、「ご所望」は(ごしょもう)となるので、違いと一緒に覚えておきましょう。 言葉が指す対象に微妙な違いがある 「ご要望」と「ご所望」の違いは大変微妙なものですが、対象の具体性に注目するとわかりやすくなるでしょう。 「ご要望」を使う際は、相手が望まれている全体的な部分が含まれています。 一方、比較的使用頻度の少ない「ご所望」ですが、使う際には「ご要望」とは違い、対象のものがあったり、絞られた領域であったり、ピンポイントな望みについて話したり、聞いたりするときに使われるのです。 したがって、2つの違いは言葉の指す対象にあると理解しておきましょう。 「ご要望」は方法や手段を望む場合に使う 「ご要望」と「ご所望」の違いを深めるために、言葉の使用例を紹介しましょう。 「ご要望をお伺いします」「ご要望を承りました」などで使われる要望の中身は、こちらからの行動での対応や処理が望みを叶えるのに必要になる場合が多いです。 「ご要望」は方法や手段を望む場合によく使われます。 この方法ですと「ご要望に沿った内容に近づくことが可能かと存じます」などとして使えるでしょう。 抽象的で複数を指す場合がある 「ご要望にお応えできるよう尽力いたします」とする場合、その望みを叶える方法や手段がひとつとは限らない場合もあります。 「ご要望がありましたら何でもおっしゃってください」「ご要望をお聞かせください」と言って受ける「ご要望」は、抽象的であったり、複数であったりする場合も考えられるでしょう。 これもまた、「ご要望」と「ご所望」の違いでもあります。 「ご所望」はピンポイントで使われる では、「ご所望」の使用例も「ご要望」との違いを理解するのに見ておきましょう。 「ご所望」は、「ご要望」とは違い、望まれたものに対してピンポイントで使われるのが特徴です。 「お客様ご所望のパンフレットをお持ちしました」「どのようなタイプのお召し物をご所望されていますか?」「どの部分の変更をご所望されていますか?」「一席の飽きがございますのでご所望の方がおられましたらご連絡ください」などの使い方をします。 物質的なものを望む場合にも使われる このように、ある特定のものを指して、相手の望みを表現するのが「ご所望」です。 また、「ご要望」との違いとして「物質的なものを欲する」場合に使われるのも、「ご所望」の使い方の特徴でしょう。 「お水をご所望ですか?」「ご所望の品をお持ちいたしました」「その曲をご所望でしたら演奏させていただきます」などのように使うと、自然な丁寧語になるでしょう。 「ご要望」は方法や手段を望む場合・「ご所望」は望む物にピンポイントで使う違いがある 「ご要望」と「ご所望」の違いについて、使い方から見ていきました。 ビジネスのシーンでは、比較的ご要望を使う頻度が高い傾向にあるようですが、特定の物質的なものについてご所望を使えるようになると、敬語や丁寧語をワンランクアップさせられます。 「ご要望」と「ご所望」の違いを把握しておけば、ビジネスシーンの会話やメールなどでも使えるでしょう。 くれぐれも自分の要望や所望するものについて、「ご」をつけてしまうことのないよう気を付けてください。

次の

「言ってください」の敬語とは?正しい言葉遣いについて

仰っていただく

スポンサーリンク 敬語の使い方は難しいものが多いです。 ルールも様々なものがありますが、特に多くの人が間違えるものに敬語を重ねてしまう二重敬語があります。 仰っていただくという言葉は間違えた使い方はしていないのでしょうか。 二重敬語とは 目上の人と話をする際に失礼が無いようにと意識しすぎると正しくない表現を使ってしまうことがあります。 特に必要以上にかしこまりすぎることで起こるのが二重敬語です。 一つの言葉に対して敬語を重ねてしまうと失礼になってしまいます。 「おっしゃられる」とか「お越しになられる」という表現はすでに敬語になった言葉に「れる」を付けることで二重になってしまう例です。 このような表現は気付かないうちに使っていることも多いです。 スポンサーリンク 仰っていただくは正しい使い方なのか 仰っていただく おっしゃっていただく も二重の表現になってしまっているように見えます。 しかし、これは正しい表現です。 この言葉の中にはおっしゃるといただくという2つの言葉が入っています。 そして、それぞれが尊敬語と謙譲語であるために二重表現に思えます。 しかし、一つの言葉に対して重ね得るのではなく、それぞれ違う種類の敬語が使われているので正しい使い方ができています。 仰っていただくというのは、自分に対して言葉を言ってもらうという状態であるために自分がへりくだる表現にするために謙譲語が用いられています。 しかし、自分をへりくだらせるのではなく言葉を発している相手を立てる場合には「仰っていらっしゃる」という表現をします。 これは仰るといらっしゃるという2つの敬う意味の言葉を使っていますが、同じく1つの単語ではなく2つの言葉を合わせているため二重表現にはならず、正しい使い方のできている言葉なのです。 正しい使い方をするためにも言葉にたくさん触れよう 目上の人と話をすると緊張するから話したくない、敬語が分からないと思われたくない、と思う人も多いです。 しかし、正しい言葉を覚えるためにはたくさん話して経験を積むしかありません。 話をしながら周囲の人の言葉を聞くことも勉強になります。 言葉がきれいな先輩が近くにいたら一緒に話したり、ほかの人との会話に耳を傾けたりして敬語の使い方を勉強する機会を設けてみましょう。 仰っていただくというのは相手を敬った正しい使い方のできている言葉です。 敬語は難しい表現が多いですが、積極的に目上の人と使って話す機会を作ったり、言葉のきれいな人の話している言葉をよく聞いたりすることで正しい知識が身につけられます。 スポンサーリンク.

次の

味噌ラーメン 雪ぐに@中田 ミソラーメン、ギョーザ(5個)

仰っていただく

社会人として敬語を使おうとする意気込みは素晴らしいものですが、 正しい敬語を使わないとかえって印象を悪くしてしまいます。 そのひとつが「 二重敬語」と呼ばれるものです。 二重敬語とは、ひとつの単語について、同じ種類の敬語を二重に使った間違いをいいます。 「おっしゃる」「お越しになる」「おいでになる」「ご覧になる」などは すでに敬語になっていて十分なのですが、さらに「... れる」という尊敬語を加えてしまう人が多くいます。 上司などの地位の高い人に対しては、丁寧に言おうとするあまりに、 つい敬語をいくつも重ねてしまいますが、それによって敬意が高まるわけではありません。 二重敬語を使ったからといって相手が不快に感じることはほとんどないと思われますが、 まわりくどい印象を与えてしまいます。 社会人であれば、言葉の区別をきちんとして正しい敬語が使えるようになりたいものです。 したがって、会長、社長、部長、課長、係長に「様」を付け加えて「社長様」というのも二重敬語になり誤りです。 慣例として定着している二重敬語の例 以下は二重敬語になっていますが、習慣または慣例として定着しているため、 使用してもよいと考えられています。 二重敬語ではなく、敬語連結の例 以下に紹介しているものは、二つ以上の語をそれぞれ敬語にして接続助詞「て」でつなげているため、 「二重敬語」ではありません。 このようなものは「 敬語連結」と呼ばれており、基本的に許容されています。 (個々の敬語の使い方も適切です。 ・お読みになってくださる 「読む」「くれる」をそれぞれ別々に尊敬語にしたものです。 ・お読みになっていただく 「読む」を尊敬語に,「もらう」を謙譲語にしたものです。 ・ご説明申し上げる 「説明」と「言う」をそれぞれ別 々に謙譲語にしています。  スポンサード リンク .

次の