宛先各位。 bccでの一斉送信の例文3選|マナーを押さえたメールを送ろう

宛先「各位」「各位様」「皆様」どの書き方が正しい?

宛先各位

メールや手紙を送る際に気を付けたいのが、「様」「御中」「行」「宛」「各位」「殿」など宛名の敬称の使い方。 特に、ビジネスシーンでは使い方を間違えると「社会人としての基本が身に付いていない」と、相手に良くない印象を与えてしまいます。 ここでは、知っておくと役に立つ敬称の正しい使い方を参考例と共に解説。 また、転職活動や就職活動でよく使う宛名の敬称や、注意するポイント、敬称を間違えてメールを送ってしまった場合のお詫び例文などを併せて紹介します。 <INDEX>• /////• ビジネスシーンでよく使う宛名の敬称と使い方 ビジネスシーンでメールや手紙を送る際に使う宛名の敬称には、さまざまな種類があります。 それぞれの違いや正しい使い方を見ていきましょう。 「様」の使い方 プライベートで手紙を送る場合はもちろん、ビジネスシーンでも頻繁に使われる宛名の敬称の一つが「様」。 「様」は、個人を宛先として送る場合に使用します。 相手が目上、目下にかかわらず、個人であればどんな人に対しても使うことができます。 ビジネスシーンの宛名で「様」を使う場合には、漢字で「様」と表記するのが一般的。 「さま」や「サマ」などひらがなやカタカナの表記でも問題はありませんが、少し砕けた印象になるため、友人や親しい間柄でのやりとりを除いては避けたほうが無難でしょう。 <「様」の使い方例>• <「御中」の使い方例>• 組織や団体の場合は「御中」を使います 組織や団体と個人名両方の場合• 郵便物を送った相手から何らかの返信が欲しい場合や、書類送付を依頼する場合、同封する返信用封筒やハガキの宛先として企業や部署などの団体名と「行」を記載します。 それによって、返信する相手が送り先を書く手間が省けます。 「行」を消す際、縦書きの場合は縦の二重線、横書きの場合は横の二重線で消します。 ただし、二重線が見えづらそうな時には斜めの二重線で消しても問題ありません。 二重線で「行」を消したら、縦書きの場合は下か左側に、横書きの場合は右側に、「御中」もしくは「様」と記入します。 また、返信用封筒の宛先に企業名や団体名に加えて個人名の印鑑が押してある場合があります。 その際は、印鑑の名前はそのままにして「様」を付け加えて送るのが良いでしょう。 一般的に印鑑を二重線で消すのは失礼にあたると言われていますので、印鑑を消して新たに名前を書き直す必要はありません。 「宛」の使い方 「宛」は「行」と同様、返信用の宛先として使われる敬称で、返信してほしい宛先が個人の場合に使用します。 自分が受け取った返信用の封筒やハガキに「宛」と記載されている場合には、「宛」を消して「様」と記載しましょう。 「各位」の使い方 「各位」は複数の人に対して敬意を表す場合に使う敬称で、「皆さま」や「皆さま方」という意味があります。 相手が目上の人でも目下の人でも使うことができます。 <「各位」の使い方例>• 正:取引先各位• 誤:取引先各位 様 「各位」には「様」という意味が含まれるため併用はできません• 正:お客様各位• 正:お得意様各位• 誤:お客各位 「お客様」や「お得意様」などの場合のみ、「様」と「各位」の併用ができます• 正:株主各位• 誤:株主様各位• 現在は堅苦しいイメージに捉えられてしまうこともあり、ビジネスシーンで使われる頻度は少なくなっているようです。 もし「殿」を使う理由がなければ、「様」で代替するのが良いでしょう。 <「殿」の使い方例>• 正:営業部 営業部長 鈴木太郎 殿• 誤:営業部 殿 組織名や団体名に「殿」は使用しません 敬称の併用はNG これまで紹介した敬称を使うにあたり、すべてに共通するルールは敬称の併用は原則してはいけないということです。 企業名と個人名どちらにも敬称を付けたほうが丁寧だと感じるかもしれませんが、それをすると「ビジネスマナーがなっていない人」と思われてしまうでしょう。 組織や団体宛の場合は「御中」のみ、個人宛の場合は「様」のみと、敬称を適切に使い分けましょう。 ただし、先に紹介した「各位」を使うケースなどで、お客様やお得意様といった「様」を取ってしまうと不自然になる宛名の場合に限り、「お客様各位」などと敬称の併用ができます。 転職活動・就職活動でよく使う敬称は「御中」と「様」 ビジネスシーンで使われる敬称を紹介してきましたが、この中で転職活動・就職活動でよく使う敬称は「御中」や「様」です。 例えば、履歴書を郵送する場合や、面接の日程調整を行うために企業の採用担当者とメールで連絡を取る場合など、ほとんどの場合「御中」か「様」を宛名の敬称に使うことになります。 郵送、メールにかかわらず、基本的には企業や人事部などの部署宛に送る場合は「御中」、採用担当者個人宛に送る場合は「様」を使います。 採用担当者宛に送りたいものの、個人名が分からない場合は、「採用ご担当者様」としても問題ありません。 すでに採用担当者とやりとりや面識があるにもかかわらず、担当者個人ではなく企業や部署宛に「御中」で送ることは失礼だと捉える人もいます。 担当者が分かっている場合は、担当者の個人名を記載して送るのが良いでしょう。 <転職活動・就職活動でよく使う敬称の例>• 採用ご担当者様• 鈴木太郎 様 宛名や敬称を間違えてしまったら? 【お詫びメール例文あり】 履歴書やメールを送る際に、宛先・宛名や敬称を間違えてしまったらどうするのが良いでしょうか。 提出前に履歴書の封筒に書く宛名や敬称を間違えたことに気付いた場合は、修正液や取り消し線で直さず新しい封筒に初めから書き直しましょう。 また、メールを送った後に宛名や敬称を間違えたことに気付いた場合は、追ってお詫びメールを送ります。 担当者の名前に敬称を付けるのを忘れてしまった場合や名前の漢字を間違えてしまった場合も同様です。 間違えてしまった旨を伝え、謝罪します。 苗字 名前 と申します。 先程のメールにて、宛名を間違えてお送りしてしまいました。 大変申し訳ございません。 今後はこのような不手際がないよう、重々注意いたします。 メールにて恐れ入りますが、 お詫びを申し上げます。 また、「敬称を付け『忘れた』」という表現はあまり印象が良くないため、使わないほうがベターです。 郵便物もメールも、一度送ってしまうと取り消しができません。 送る前に相手の名前や敬称の間違い、本文含め誤字脱字がないかなど、しっかり確認することが大切です。 まとめ ビジネスシーンで一般的に使われる宛名の敬称、それぞれの使い方や気を付けるポイント、転職活動・就職活動でよく使われる敬称などを紹介してきました。 これらは基本的なビジネスマナーで、社会人であれば正しく使えて当たり前とされる内容です。 転職・就職活動では、企業(団体・学校など)や部署宛の敬称は「御中」、採用担当者個人宛の場合は「様」を使用します。 「御中」や「様」などの敬称は併用しない、などポイントを押さえ、間違った使い方をしないよう気を付けましょう。 マイナビ転職 編集部 あした転機になあれ。 豊富な転職・求人情報と転職ノウハウであなたの転職活動を支援する【マイナビ転職】。 毎週火・金更新であなたの希望の職種や勤務地、業種などの条件から検索することができます。

次の

「各位様」は正しい? 社内メールで使う「各位」の正しい使用法

宛先各位

メールで「御中」を使う場合の正しい使い方 まずはじめに「御中」の正しい使い方を紹介します。 「御中」は会社や組織などの団体とその部・課に宛てる敬称 「御中(おんちゅう)」とは、団体や会社などと、その部・課のあて名に添える語のことです。 「中の人へ」という意味があり、個人を指定せず、その組織の中にいる不特定多数の人、もしくはその中の誰でもよいので読んでほしい時に用います。 メールの宛先が「事務局」や「センター」の場合は「御中」で問題ない 人事部や管理課などの部署名ではなく、「事務局」や「センター」あてにメールを出したい時なども「御中」を使って問題ありません。 個人ではなく、組織にあてる場合はどのような組織でも「御中」が使えます。 社内メールで「御中」は部・課・チームに宛てる時に使う 社内メールで「御中」を使う時は、部・課・チームなどに宛てる時に使います。 但し、その中の人の誰でもよいので確認してほしいメールは「御中」でもよいのですが、その中の人全員に送るメールは「各位」を使う方が意図がわかりやすいといえます。 「〇〇部 各位」などと書き、「〇〇部の皆様」という意味になります。 メールでよくある「御中」の間違った使い方 メールの件名・タイトルに「御中」は好ましくない ビジネスメールの件名は、受け取った側がそのメールの用件を一目でわかるように書くのがマナーです。 そのため、メールの件名を「会社名+御中」とするのはビジネスマナー上は好ましくないといえます。 「御中」はメールの宛先が個人の場合には用いない 「御中」は組織のあて名に添える語であるため、個人には使えません。 個人の敬称は「様」を用います。 「殿」は公式の手紙や書状などで用いられますが、一般的なビジネス文書では「様」を用いるのが一般的といえます。 「御中」と「様」の併記は誤り 「御中」と「様」の併記はできません。 「御中」と「各位」「様」はメールでどのように使い分けるか 「御中」との違いを明確にするために「各位」と「様」の使い方を紹介します。 メールの宛先が個人の場合は「様」、複数の個人の場合は「各位」 個人へ宛てる時は「〇〇様」と書きますが、複数の個人へ宛てる時は「各位」と書きます。 「各位」は「皆様」と同じ意味です。 「社員 各位」「〇〇事業部 各位」などとします。 メールの宛先が「係」の場合は「様」を使う 業務係あてにメールを出したい時は、係は一般的に組織ではなく個人を表すため、「御中」ではなく「様」を用います。 その時、名前がわからない場合は「〇〇係様」ではなく、「〇〇係 ご担当者様」とします。 (付録)メールで迷いがちな「宛名の敬称」いろいろ 宛名の敬称を迷う時があります。 いろいろなシチュエーション別に敬称の用い方を説明します。 担当者がわからない時は「ご担当者様」と書く 特定の担当者にあててメールを送りたいが、担当者名がわからないという時は、「〇〇部 御中」とするよりも、「〇〇部 〇〇ご担当者様」とする方が丁寧です。 「御中」は、誰でもよいのでその中の人に対応してもらいたい、という意味でもあるため、特定の担当者がいることが分かっている場合に「御中」にすると、雑な印象を与えてしまう可能性があります。 就職活動中などに、採用担当者あてにメールを送りたい時は、「人事部 御中」よりも「人事部 採用ご担当者様」とした方が丁寧です。 対応してくれる担当者がそのメールを受け取るわけなので、名前がわからなくとも「様」という個人の敬称が付いている方が受け取った側も気分がよいといえるでしょう。 退職や新任の挨拶などでは「各位」「皆様」を使う 退職や新任の挨拶などで部署全体にメールを送る時は、「御中」ではなく「各位」を使うのが一般的です。 先に説明したとおり、「御中」はその中の人の誰でもよいので確認してほしいという意味があるためです。 全員に挨拶をしたい時は「〇〇部 各位」や「〇〇部の皆様」とするのがよいでしょう。 まとめ 会社や団体やその課などの組織に宛てたメールを送る時の宛名は「御中」を使います。 ただし、特定の業務を行う担当者がいることが分かっているが、名前が分からないというような時は、部署全体に「御中」とするよりも「ご担当者様」とした方が丁寧です。 また、どちらにしてよいのか迷ってしまい「〇〇部御中 ご担当者様」などと併記してしまうと、宛名の意味が不明となり、相手に迷惑や不快感を与えるばかりか、適当な仕事をする人だという印象を相手に与えてしまうことになります。 基本の使い方をしっかり押さえてから業務にのぞみましょう。 会社名や役職の書き方などを含めた「宛名」の書き方については、以下の記事で紹介していますので参考にしてください。

次の

【ビジネス】BCC送信と失礼な間違い|マナー・送信方法・エラー

宛先各位

しかし相手の名前が分からない、名前は分かるけれど漢字を知らないという状況では、宛名を書くことができません。 そのような場合に、宛名として使うのが「ご担当者様」です。 2.「ご担当者様」の使い方 「ご担当者様」は、宛名として書く相手の名前が分からない場合に使いますが、 単に「ご担当者様」だけ表記してはいけません。 ビジネスシーンで「ご担当者様」を使う際は、以下の点を理解した上で正しく使用しましょう。 【誤用例】• 様 御中 対象 人や個人名に対して 会社や部署に対して 宛名として書く場合 宛名が「人」で終わる時 宛名が「会社、部署」で終わる時 「御中」も「様」と同様、敬語表現になるため同時に使用することは二重敬語になります。 一方、会社全体や部署全体というように、特定した個人宛てではない時は、「御中」を使います。 では「様」と「御中」の使い方を、以下の例で確認してみましょう。 「Sir」は相手が男性の場合に敬意を込めて呼ぶ呼び方で、「Madam」は相手が女性の場合に使います。 相手の性別が不明な場合には「Sir or Madam」と表記します。 ただし「Dear Sir,」や「Dear Madam,」で始めた手紙には「Sincerely yours,」の代わりに「Yours faithfully,」を使うのが一般的です。 「Yours faithfully,」は面識のない相手に敬意を表す結びの言葉で、「Sincerely yours,」などより更にフォーマルな表現として扱われています。 それでは以下の例文で、「ご担当者様」の英語表現を確認してみましょう。 Dear Sir, ——- Yours faithfully, Taro Yamada (ご担当者様 —— 敬意を込めて 山田太郎より)• Dear Madam, ——- Yours faithfully, Hanako Yamada (ご担当者様 —— 心より 山田花子)• Dear Sir or Madam, ——- Yours faithfully, Akiko Sato (ご担当者様 —— 敬意を込めて 佐藤明子)• Dear Customer Service, —— Sincerely, Ziro Sato (カスタマーサービス御中 —— 心より 佐藤次郎)• Dear Sales departure representative, ——- Sincerely yours, Mari Tanaka (営業部ご担当者様 —— 心より 田中真理) 4.その他のビジネスでの正しい宛名の書き方 宛名を書くときのビジネスマナーは、社内宛てなのか、社外宛てなのかで違いがあります。 宛名の書き方を、社内宛てと社外宛てに分けて詳しく説明するので、ぜひ参考にしてみましょう。•

次の