ベロニカ キャンベル。 ベロニカとは

ベロニカ・キャンベル=ブラウンとは

ベロニカ キャンベル

経歴 ジュニアの時代から頭角を現しており、のでは、との2種目で金メダルを獲得している。 翌には、で史上初めて100mと200mで2冠を達成した。 では、まず100mで銅メダルを獲得すると、200mでは、後のライバルとなるアメリカのを抑えて金メダルを獲得。 200mでは優勝候補と見られていたが、決勝ではカーブを曲がりきれずに外側のレーンにはみ出てしまった。 失格にこそならなかったものの、直線で()にかわされ、メダルを逃した。 の女子100m決勝では、長い写真判定の結果、2位の(アメリカ)と11秒01の同タイムながら、金メダルを獲得した。 また、200mはフェリックスに敗れて銀メダルであった。 2007年11月、時代の同級生で陸上選手のと結婚し、ベロニカ・キャンベルからベロニカ・キャンベル=ブラウンとなった。 結婚式には、や、ジャマイカ首相のらも出席した。 国内選考会の100mでは、10秒88という好タイムを記録するも4位に終わり、世界チャンピオンが国内選考会で敗れるという波乱の展開となった。 しかし、200mでは貫禄を見せて優勝。 タイムは21秒94の自己ベストであった。 迎えたではの旗手を務め、200mでは、自己ベストを大きく更新する21秒74で優勝した。 2013年6月、禁止薬物 の陽性反応を示した。 主な実績 年 大会 場所 種目 結果 記録 1999 () 100m 1位 11秒49 2000 () 100m 1位 11秒12 2000 世界ジュニア選手権 サンティアゴ(チリ) 200m 1位 22秒87 2000 () 4x100mR 2位 42秒13 2002 () 100m 2位 11秒00 2004 () 100m 3位 10秒97 2004 オリンピック アテネ(ギリシャ) 200m 1位 22秒05 2004 オリンピック アテネ(ギリシャ) 4x100mR 1位 41秒73 2004 () 100m 1位 10秒91 2004 IAAFワールドアスレチックファイナル モンテカルロ(モナコ) 200m 1位 22秒64 2005 () 100m 2位 10秒95 2005 世界選手権 ヘルシンキ(フィンランド) 200m 4位 22秒38 2005 世界選手権 ヘルシンキ(フィンランド) 4x100mR 2位 41秒99 2005 () 100m 1位 10秒92 2005 IAAFワールドアスレチックファイナル モンテカルロ(モナコ) 200m 2位 22秒37 2006 () 200m 2位 22秒72 2007 () 100m 1位 11秒01 2007 世界選手権 大阪(日本) 200m 2位 22秒34 2007 世界選手権 大阪(日本) 4x100mR 2位 42秒01 2008 () 200m 1位 21秒74 2009 () 100m 4位 10秒95 2009 世界選手権 ベルリン(ドイツ) 200m 2位 22秒35 2010 () 60m 1位 7秒00 2011 () 100m 2位 10秒97 2011 世界選手権 テグ(韓国) 200m 1位 22秒22 2011 世界選手権 テグ(韓国) 4x100mR 2位 41秒70 2012 () 100m 3位 10秒81.

次の

ベロニカ・キャンベル=ブラウン

ベロニカ キャンベル

大きく分けると穂状の花になるものと、這い性&小花を咲かせるタイプになります。 穂状の花になる代表種のスピカータとロンギフォリアは青〜青紫色の細かい花を咲かせます。 それ以外の花色もありますが出回る量はやや少ないです。 店頭に出回っている苗は矮性処理されたものも多く、次の年は大きくなってビックリすることもあります。 這い性種の代表のペドゥンクラリスの改良品種のオックスフォードブルーは、春に小さな一重の花を咲かせ、寒い時期には赤茶色に紅葉し青い花との対比が綺麗です。 他にもあまり背が高くなりませんが横に広がるオーストリアカやトウテイランなど様々な種類、品種が出回っています。 クガイソウの仲間のベロニカストルムも同じように栽培されています• 難易度: 〜 種類により差があります• 日照量: 〜 日向〜明るい半日陰で育ちます。 夏の西日はできれば遮光します• 水分量: 水はけのよい土を好みます。 とくに夏の多湿は苦手です• 耐寒性: 耐寒性は強いです ベロニカの育て方 日当たりから明るい半日陰で十分花が咲きます。 真夏の直射光は強すぎるので遮光するか午前中のみ当たるようにしますが、地植えで乾きすぎない土ならそのままでも大丈夫なことが多いです。 水はけ、水もち、風通しの良い場所が適地です。 高温期の多湿に弱く、夏の間は蒸れさせないように枝を間びいたり、鉢植えなら雨を避けたりします。 ただし、乾かしすぎもよくありません。 土は肥沃なものを好みます。 スピカータやロンギフォリア、オックスフォードブルーはそれほど気を使わなくても夏越ししますが、その他の種の中にはかなり暑さに弱い品種もあるので注意します• 管理:花後は枯れた穂を切ります。 調子が良ければ脇芽が伸びて二番花を咲かせます• 肥料:春と秋に緩効性肥料を与えます• 病害虫:ほとんど発生しません ベロニカのアレンジ 洋風や自然風の庭に合います。 高性種はボーダーガーデンに向きます。 矮性・ほふく性の種類は、寄せ植えの前方や水はけのよい涼しい場所のグランドカバーに向きます。 青紫の花は涼しげで、白花との相性はとてもよいです。 オックスフォードブルーは狭い場所のグランドカバーによく、あまり旺盛に横には広がらないので管理もしやすいです ベロニカの主な品種 多くの種類や改良品種が出回っています。 spicata) 穂状の花を咲かせる中〜大型種。 夏咲き。 大きくなると60cmくらいになります。 20〜30cm程度の小型種もあります。 longifolia) 穂状の花を咲かせる大型のベロニカ。 夏咲き。 鉢仕立てが出回り人気があります。 austriaca) 穂状の花を咲かせる中型種。 初夏咲き。 ornata) はい性、中型種で日本特産のベロニカ。 秋咲き種。 花は青紫で、やや短めの花穂をつけます。 prostrata) はい性、やや小型のベロニカ。 春に青い小花が咲かせます 「ミセスホルト」 プロストラータの改良品種。 はい性でやや小型。 peduncularis) はい性、小型のベロニカ。 春に青い小花が咲かせます 「オックスフォードブルー」 ペドゥンクラリスの改良品種で店頭でもよく見かけます。 花色は青。 冬は葉色がブロンズになります。 petraea) はい性、小型のベロニカ。 春に青紫の小花が咲かせます 「マダムマルシア」 ペトラエアの改良品種。 青紫の小花を咲かせます その他の写真 矮化剤を使ったと思われる苗。 妙に葉色が濃いので判別できます。 本当の矮性種が欲しいならスピカータの小型種を求めるとよいでしょう ベロニカの個人的な印象 オススメ度:75% 青〜青紫色の涼しげな花が魅力的。 種類によって様々な使い方ができます。 条件が悪いと夏越し時に枯れやすいのがマイナス コメント• 種類によって姿や性質がかなり異なるので、ラベルでよく確認しましょう。 ベロニカの仲間は大所帯な上、改良品種も多数存在するので有名品種以外の同定は難しいです。 特に難しいのがスピカータとロンギフォリアの違い。 両者の交配品種もあるため単純にどちらとは言えないケースもあります• 暖地では夏越しがポイント。 水はけと風通しの良い場所に植えましょう• 早春に咲くオオイヌノフグリの学名は「 Veronica persica」。 つまりベロニカの仲間です。 種は違いますがオックスフォードブルーの花とよく似ています。 ちなみにオオイヌノフグリはヨーロッパ原産の帰化植物です.

次の

ローリン・ウィリアムズ

ベロニカ キャンベル

獲得メダル 女子 金 200m 金 2004 アテネ 4x100mリレー 金 200m 銀 4x100mリレー 銀 4x100mリレー 銀 4x100mリレー 銅 100m 銅 100m 金 100m 金 200m 金 4x100mリレー 銀 100m 銀 4x100mリレー 銀 200m 銀 4x100mリレー 銀 200m 銀 100m 銀 4x100mリレー 銅 200m ベロニカ・キャンベル=ブラウン(Veronica Campbell-Brown、 - )は、の選手である。 で8つのメダルを獲得しており、特にでは、、と連覇している。 これは、()が、に達成して以来で、女子では史上2人目となった。 経歴 [編集 ] ジュニアの時代から頭角を現しており、のでは、との2種目で金メダルを獲得している。 翌には、で史上初めて100mと200mで2冠を達成した。 では、まず100mで銅メダルを獲得すると、200mでは、後のライバルとなるアメリカのを抑えて金メダルを獲得。 200mでは優勝候補と見られていたが、決勝ではカーブを曲がりきれずに外側のレーンにはみ出てしまった。 失格にこそならなかったものの、直線で()にかわされ、メダルを逃した。 の女子100m決勝では、長い写真判定の結果、2位の(アメリカ)と11秒01の同タイムながら、金メダルを獲得した。 また、200mはフェリックスに敗れて銀メダルであった。 2007年11月、時代の同級生で陸上選手のと結婚し、ベロニカ・キャンベルからベロニカ・キャンベル=ブラウンとなった。 結婚式には、や、ジャマイカ首相のらも出席した。 国内選考会の100mでは、10秒88という好タイムを記録するも4位に終わり、世界チャンピオンが国内選考会で敗れるという波乱の展開となった。 しかし、200mでは貫禄を見せて優勝。 タイムは21秒94の自己ベストであった。 迎えたではの旗手を務め、200mでは、自己ベストを大きく更新する21秒74で優勝した。 2013年6月、禁止薬物 の陽性反応を示した。

次の