サンチュ 栽培。 レタスの栽培方法・育て方のコツ

サンチュ栽培中!お水替えしました

サンチュ 栽培

基本情報 種類 科目 適正土壌pH 連作障害 栽培難易度 サンチュ キク科 6. 0~6. 概要 キク科 サンチュはレタスやリーフレタスの仲間でキク科の一年草です。 葉をかきとるように収穫したり、丸ごと株を切り落としたりして収穫、栽培していきます。 有効根群域は40cm程度で浅根性の植物です。 科名属名:キク科アキノノゲシ属(ラクトゥーカ属)• 原産地:地中海沿岸地方から中近東• 分類:耐寒性の一年草• 日照条件:日なた• 水やり:乾燥が激しいときはたっぷり水やり• 樹高:草丈(10~20㎝)• 種まき期:2月中旬~4月上旬 8月中旬~9月中旬• 植え付け:4月~5月上旬 9月中旬~10月中旬• 収穫期 5月中旬~6月 10月中旬~翌年の3月• 植えつけから収穫までの期間 タネまきから60日。 植え付けから30日 栽培のコツ 栽培期間や適正気温 サンチュの栽培期間は短く、季節によりますが通常種まきから60日以上植え付けから30日で収穫できます。 また、日の長い日が続くとトウ立ちして花が咲いてしまいますので、栽培適期は春と秋です。 真冬まで栽培が長引いた場合はトンネル栽培冬越しできます。 連作障害 サンチュはキク科の野菜です。 他のキク科の野菜を含めてキク科の栽培後は、 1年から3年はあけたほうがいいです。 栽培スケジュール 畑の準備 土つくり• 種まきの2週間ぐらい前に畑に苦度石灰をまき土壌を中和し、よく耕します。 適正土壌pHは6. 0~6. 5です。 さらに7日から10日前までに、元肥を施し深く耕します。 堆肥の目安は1㎡あたり約2kgの完熟たい肥です。 同時に化成肥料を施肥しておくといいでしょう。 畑の石や木片など根の障害になるようなものは取り除いておきましょう。 畝立て• 水はけを良くするために、幅60cm高さ10cmほどの畝を立てマルチを張ります。 マルチを張ることで土の跳ね返りによる病気を防ぎ、土を保温し生育を促進んしてくれます。 栽培管理 種まき、植え付けと株間• 種まきはポットにパラパラとまいて軽く土をかけます。 たっぷり水をやり、 段階的に間引きを行い草丈10㎝くらいで1本立させます。 畑への植え付けの際は、 株間を15cm~20cmぐらい確保して、マルチに穴をあけて植えつけます。 成長すると葉の大きさが25cm、株の直径が40cmほどに成長します。 深めの プランターでも栽培しやすい野菜です。 トンネル• 害虫から守るためにネットや不織布でトンネルを作っておくと、冷間対策や鳥よけ害虫対策にもなります。 特にヒヨドリの被害には気を付けてください。 追肥 サンチュは、肥料切れしないように随時条間に追肥してください。 栽培初期には除草もかねて軽く土寄せしておくとすくすく育ちます。 その後は生育を見て2週間後くらいおきに条間に施肥します。 収穫は10月~冬越えした1月から4月ごろまでです。 大きく育った外葉を随時収穫していくか、ある程度大きくなった株を根元からはさみで切り落としたりして丸ごと収穫します。 コンパニオンプランツ 〇 混植に適している植物 good 野菜類 アブラナ科の植物(虫よけ)• チンゲン菜• 小松菜• キャベツ• カブなど 花類 ハーブ類• マリーゴールド(虫よけ)• サルビア(虫よけ)• カモミール(虫よけ 野菜を元気にする)• ミント(虫よけ)など• バジル類(連作障害を避ける) 〇 前作に植えるとよい植物 good• トウモロコシ• マリーゴールドなど.

次の

サンチュの育て方

サンチュ 栽培

サンチュの育成条件 日当たり:日なた 土壌酸度:中性 植えつけ:収穫期で株間30㎝前後 サンチュの種まき・苗の管理 種は 春蒔きと秋蒔きができます。 寒さ対策さえ行えば、年を超えての収穫も可能です。 種は箱などに筋蒔きにします。 光が当たらないと発芽しないので、土はかけないで手で軽く抑える程度でよいです。 乾燥防止のために新聞などをかけておきましょう。 発芽したら順次間引きを繰り返し、 苗が本葉4~5枚位に成ったら畑に植え替えましょう。 畑の植え替えは株間30㎝が目安です。 【【チマ・サンチュ】焼肉レタス(緑)】 サンチュの定植適期 苗が本場4~5枚の株に育ったら畑に植え替えましょう。 秋まきだと徐々に気温が低下してくる頃です。 霜に当ててしまうとその後の生育は期待できません。 寒くなる前に収穫を終えるか、ビニールトンネルで防寒するとよいですね。 定植は株間30㎝程の間隔にします。 成長すると茎は20㎝~30㎝位まで伸びていきます。 収穫を続けると茎が太くなりさらに立ち上がっていきます。 ある程度で収穫は終了となります。 春ならば4月上旬~5月下旬・ 秋なら9月上旬から10月上旬までが適しています。 時期を逃すと真夏の収穫や冬入り後の収穫になります。 また、生育の適温の関係で思ったほど収穫が伸びません。 冬植え付けのサンチュも栽培可能となります。 トンネル栽培になりますが、種まきが10月・植え付けが11月・収穫は2月~3月の寒い時期です。 年を超えての栽培と収穫になります。 サンチュ栽培の土作り 【住友化学園芸 マイガーデンベジフル】 サンチュの定植時期になる前に土作りを始めましょう。 サンチュは生育期間が長いので 元肥には良質な堆肥を十分施して、追肥も行っていきます。 追肥が重要となります。 畝の幅は50㎝で溝は左右20㎝、合計90㎝が目安です。 畝の長さで元肥の目安を表します。 畝の長さ1m当たり• 堆肥:5~6握り• 油粕:大さじ5杯• 化成肥料:大さじ5杯 サンチュのマルチ張り 【穴あき黒マルチ9230 】 定植前に畝を作りポリマルチを行いましょう。 秋まきの場合は冬にかかる収穫期なので、土の保温効果も期待できます。 マルチとビニールトンネルで真冬に野菜の収穫を期待できます。 また、マルチをすることで 雑草の生育を防止することになります。 雑草が少なければ、サンチュの成長の栄養素が阻害されないで済みます。 定植のポイント 株間30㎝程で 苗が真っ直ぐ伸びるように定植しましょう。 定植したときは葉がクターとしていても、土にしっかり根を張ると茎が伸びてしっかりします。 根株が真っ直ぐになるように地面に植えましょう。 定植当日にマルチに苗鉢よりやや大きめの穴を開け、苗を移し替えていきましょう。 土が乾いているようならしっかりと穴に水を流し込むようにします。 植え付け後にも水を与えましょう。 害虫の心配が少ない野菜なのですが、 ビニールトンネル又は寒冷紗で害虫を防ぎましょう。 流行ってしまうと手の施しようがありません。 スポンサーリンク サンチュの特性 発芽から60日位で茎が20㎝~30㎝に伸びたころ、下葉から順次かき取り収穫するので、 長い期間収穫が続けられます。 冬の野菜不足防止の解決にも貢献します。 玉レタスに比べて 耐寒性・耐暑性が強く、高温下の収穫もできるので家庭菜園に適した野菜です。 サンチュの水やりについて 水を好む野菜なのでしっかり水分を与えましょう。 ただし、 冬場の水やりは注意が必要で、日中に与えるようにしましょう。 気温低下が始まってからでは厳しいですね。 夏のプランター栽培は注意が必要です。 晴れていたら毎日水やりが必要です。 毎年の悩みがプランター栽培の水やりです。 雨が降らないと1日で水切れとなります。 旅行の計画を立てたら、水やりを近隣にお願いしなくてはなりません。 やはりポリマルチの大切さが実感できます。 夏場は畑から水分が蒸発して、夕方には乾燥状態です。 一方で、ポリマルチをしている畑は根元のあたりの乾燥はしていますが、畑全体の乾燥ではありません。 サンチュの栽培管理 【ビニールトンネル】 病害虫は少ない野菜ですが、夏蒔きならば真夏の日差しを避けるためにも 寒冷紗ネットがおすすめです。 冬場は寒さを防ぐためにも ビニールトンネルにすると良いでしょう。 スポンサーリンク 病害虫について キク科のサンチュは 連作をすると生育が悪くなります。 一度育てたら、同じ場所では3年くらいサンチュ・キク科の植物を育てるのは止めましょう。 葉物野菜なのでアブラムシが付くことがあります。 寒冷紗ネットやビニールトンネルでの栽培は、アブラムシの防止に役立ちます。 またアブラムシは光沢・光物が苦手な性質があります。 サンチュは 病害虫が少ない野菜なので、家庭菜園向きの野菜です。 サンチュの追肥手順 植え付け後2~3週間目から2~3回。 2週間に1度行いましょう• マルチをまくる。 溝で混ぜておいた土(溝の長さ1mあたりお化成肥料大さじ3杯 油粕大さじ5杯)をサンチュの根元に施す。 マルチを戻す。 サンチュの収穫時期と収穫方法 種まきから60日ごろから収穫期に入ります。 茎が20㎝~30㎝に伸びたら、下場から順次かきとりましょう。 葉の長さの目安は15㎝位に伸びたら収穫していきます。 1回の収穫で2~3枚以内の葉を根元の方から収穫していきます。 とり過ぎは今後の生育に悪影響です。 栽培が10株位あると1回の収穫量がちょうどよいです。 茎が20㎝~30㎝に伸びてきたら、下葉から順次収穫をしていきましょう。 手でかき取ってもよいです。 ハサミで切って収穫をしても良いのですが、アブラムシの介在を手助けすることにつながることもあります。 しかし、ハサミで収穫した方が楽ですね。。。 おわりに サンチュの育て方について、種まきや定植についてお話してきましたが、いかがでしたか? 今回は畑での栽培を中心にお話しましたが、 サンチュはプランター栽培も可能です。 マンションのベランダや一軒家の空いたスペースでも栽培できますので、ぜひ美味しいサンチュを作ってくださいね。

次の

サンチュとレタスの違いとは?栄養価に大きな違いあり?

サンチュ 栽培

サンチュの生態と特徴 種まきのタイミング 雪さえなければ一年中可能。 春の中頃秋の初めが望ましい。 種まき時の深さ 好光性種子なので発芽に光が必要。 5mm程度土をかけ、軽く押し固めると良い。 発芽率 非常に高い。 日陰でも育つ。 収穫まで 約2ヶ月。 日光の強さや肥料により早まることもある。 収穫の方法と回数 必要な時に葉を一枚一枚か、株元から丸ごと。 普通は一枚一枚収穫する。 その場合は下の葉から摘み取る。 収穫の目安 草丈20〜30cmになった頃が良い。 食用にできる部位 葉・茎 越冬(降雪地方) 可(ただし発芽から1ヶ月程度の若芽のみ) 越冬(非降雪地方) 可(一年草なので一定期間育つと枯れるが寒さには強い) スポンサードリンク 予想される病害 モザイク病 予想される害虫 アブラムシ コナガ ハモグリバエ 最近ようやくスーパーでも買えるようになってきたサンチュ。 これ美味いんですよ。 よっしゃ焼肉専用だー!と思って育ててみたものの、家庭事情が想像以上に貧しくて、 焼肉なんぞぜいたく品な我が家には消費の機会がありませんでした。 ところがサラダに使ってみてびっくり。 これ、レタスより美味いかもですYO。 そしてレタスよりも収穫量が多い!不思議! レタス同様、虫がつきづらい野菜です。 おそらくレタス以上に虫がつきにくいと思います。 よって初心者向けの野菜と断言できます。 葉野菜共通。 また、夏まきだと幼虫などが激増するので注意。 ばら撒きでもいいのですが、葉が横に広がるあげく絡まりやすい形状なので、 やはり点蒔きがいいでしょう。 1つの点に3つずつタネを蒔きます。 気温や地温が低いと日数が前後します。 成長が早く、1日〜2日で隣り合った葉が重なりますので、間引きが大変かもです。 ちなみに、こみあったまま放置すると徒長してヒョロっこくなり、大きく育ちません。 その後は随時、葉が重ならないように間引きを繰り返します。 アブラムシがいた場合、または虫喰いがある場合は加熱しましょう。 摘心ではありませんが、トウ立ちしたら早急に摘み取りましょう。 花が咲くと全体が硬くなり、食べにくくなります。 サンチュの間引き菜は半端なく美味いです。 熟した実を切り取って乾燥させた後、あるいは切り取らないまま自然に枯れた後に、 手のひらに載せて軽く指でチカラを加えると、簡単に実が割れて種が出てきます。 というよりは、望ましくないという程度です。 害虫などの被害が増えると予想されるため、避けると吉。 他の葉モノ野菜と比べると病気にも虫にも耐性があります。 ですがコナガ系の夜活動する毛虫はやっぱりたまに発生するので、見つけ次第すぐ退治しましょうね。 徒長しないように間引きを徹底しましょう。 <園芸用語辞典> 葉野菜 コナガ 耐性 アブラムシ サラダ、チャーハン。 基本はレタスと同様の使い方ができる野菜です。 おもしろ野菜で使用させて頂いている土、肥料一覧 アイリスオオヤマ様が開発した、 野菜栽培に適した粒状の培養土です! アイリスオオヤマ様とお仕事をする際、 好意で譲って頂きました!ひゃっほう! 当サイトではこの土のみを利用しています。 アイリスオオヤマ様に頂いた際、 5階まで運送屋さんがヒィヒィ言いながら これを運んでくれました。 すごい体力です。 水もちと水はけが良く、根のはりがすごい! 優れた水はけで虫もわかず、衛生的です。 天然肥料なのに、粒状で土にまくだけで手軽! 微生物も入っていて、土が豊かになるのです。 水に溶かせば一週間で液肥にもなります。 どんな野菜にも有効なので、簡単です。 化学肥料が嫌いな方にオススメです! 左のバイオゴールドの元肥バージョン。 土に混ぜ込んで使用します。 元肥ですから。 驚くのは、入れすぎても過多にならない事。 それで虫が多くつく事もないですし、 根に触れても枯れません。 アサツキの育て方• パセリの育て方• ハクサイの育て方• ツマミナの育て方• フユナの育て方• アブラナの育て方• ナスの育て方• トマトの育て方• 中球トマトの育て方• 小カブの育て方• 赤カブの育て方• ニンニクの育て方• セージの育て方.

次の