木村 花 テラス ハウス 発言。 山里亮太、木村花さん訃報に後悔の念「一生かけて考え続ける」 誹謗中傷への自分なりの対策を語る【主な発言掲載】

テラスハウス 木村花さん ネット炎上を「使える」と利用したフジテレビ

木村 花 テラス ハウス 発言

テラスハウスはリアリティー番組というジャンルで、台本がない事が売りで、「番組冒頭で台本は一切ございません」とアナウンスされるようです。 アメリカでもこのタイプの番組は大人気な事から、アメリカで流行っているものを日本にもってきたのではないかと思います。 海外では台本はなくても、一部の出演者に対して「悪役にまわるように」や、「特定の発言を促す」といった演出があるとの事。 ドキュメンタリーといわずにリアリティー番組というのは、演出が多少入っているからではないかと思います。 木村氏が亡くなったというニュースの後から、誹謗中傷をしていたSNSアカウントが一斉に削除されるなどの動きがあります。 本当に痛ましい話です。 香港では新型コロナ対策で9人以上の集会を禁止されており、デモ活動も自粛していました。 64天安門。 つまり、新型コロナ封じ込めを理由に、天安門事件の追悼集会も禁止するという当局の思惑が働いている。 香港国家安全法の法案は全人代最終日の28日に採決され、来月に再び開かれる会議で詳細が詰められる見通し。 外国とはいえ、海をはさんですぐ近くの香港で起きている事です。 これこそ本物の民主主義の危機、三権分立の危機です。

次の

「『テラスハウス』にヤラセはないと思う」小倉智昭の発言に失笑!「あれをリアルだと思ってんの?」「フジテレビだから庇うのか」と反感の声|日刊サイゾー

木村 花 テラス ハウス 発言

お笑いコンビ・南海キャンディーズのが、27日深夜放送のTBSラジオ『水曜JUNK 山里亮太の不毛な議論』(毎週水曜 深1:00)に出演。 自身がスタジオメンバーとして出演する、恋愛リアリティー番組『テラスハウス』に出演していた女子プロレスラー・さん(享年22)が23日に亡くなったことを受けて「本当にショックです。 ひたすら残念です。 悲しいです」と追悼した。 番組冒頭で、山里は今回の訃報について触れ「みなさんと同じところまでしか知らないです。 それが合っているかどうかわからない中で、何かを発するというのは、誰かを傷つけてしまうかもしれない」と報道を知った直後の心境を吐露。 「何をするべきなのか、これから何を考えるべきか、何していくべきかっていうことを、これからずっと一生かけて考え続けていこうと思っています」と語った。 27日夜には『テラスハウス』の公式サイトおよびツイッターが更新され、現在放送中の『TERRACE HOUSE TOKYO 2019-2020』について、制作を中止することを発表。 「この度、番組に出演されていた、木村花さんがご逝去された事について、改めてお悔やみ申し上げます。 またご遺族の方々にも深く哀悼の意を表します」とのコメントを寄せていた。 山里は時折声をつまらせながら、現時点の情報をもとに自身の考えを話していった。 山里の語りを通して、その意図は伝わってくるが、今回のことを受けて、今後の誹謗中傷への向き合い方などが提案されていたので、言葉の要旨をまとめたものを以下に掲載する。 番組の様子は放送後1週間以内は「radiko」で聞くことができる。 謹んでお悔やみ申し上げます。 ひたすら残念です。 悲しいです。 僕もみなさんと同じところまでしか知らないです。 それが合っているかどうかわからない中で、何かを発するというのは、誰かを傷つけてしまうかもしれない。 初めて情報を聞いて、もう本当に何か真っ白になってしまって、何を言ったらいいのかって、とことん悲しかったけど、それをオレが言っていいのかとか。 現時点で、ニュースとかで言われている情報の中では(木村さんの)とてつもない苦悩に気づけなかった。 なんでだろう、なにかできることはなかったかなと。 僕はずっと芸能の世界で、たくさんの誹謗中傷というものを受けてきたので、自分の体の中に傷跡としてわかっている方の人間だったのに、それに気づかずに何もできなかったことは、もっともっと考えるべきじゃないか。 かといって、自分の未熟さで発信することの難しさ。 伝わり方が自分の中で難しくて。 SNSに関しても、最初に今回のことについてお話して、その後にどう触れていいかわからない中で、リスナーであったり、僕のことを見ている人が心配の言葉をかけてくださって。 日常をもう1回SNSでつぶやくことで、心配とかを解消するように役に立つのかなと思って、日常をつぶやきました。 そうすることでよかったという反面、不快に思われる人もいる。 SNSって、それぞれ向き合い方がバラバラなんで、答えが出せないと思うんですね。 難しいことなので。 今回のことを受けて、自分がメディア・SNSに関わらせていただく人間で、いち視聴者として、何をするべきなのか、これから何を考えるべきか、何していくべきかっていうことを、これからずっと一生かけて考え続けていこうと思っています。 やっぱり、難しいことなんだけど、言葉をお仕事としてさせていただく人間として、これからずっとずっと考え続けていくって思っています。 本当に、僕もSNSでバンバン攻撃される時期があって(そういった攻撃に)悩むっていう人もいると思うんですけど、僕のその時の解決策なんてここで言っても…。 もし、今悩んでいる人がいたらっていうことですけど、僕は不毛チームのグループLINEとかに立ち寄って、言葉を発する元気がなくても、そこになにか(言葉を)入れたら、状況を考えたスタッフが自分の方を見ていることで2〜3やり取りしてくれることで、楽しい人たちと交換しているだけで、少し嫌な刃がパッと消えていくっていう感覚があって。 あとは、何も言わず親とかに電話したりとか。 結婚させてもらっているので、奥さんに話を聞いてもらうなり、植物を見たりするだけでもよくて。 一番いいのは見ないっていう。 こんなにも防御になるんだって気づきましたね。 本当に自分の好きなことに目・耳を傾けるっていうことで、シンプルに、雑音・悪口はかき消されるんだなって。 ここで言うのはあれですけど、オレはラジオでした。 (今回の訃報が)本当に悲しくて、本当に残念で、アンタッチャブルさんの『JUNKアンタッチャブルのシカゴマンゴ 最終回スペシャル』を聞いたんですよ。 その時にめちゃくちゃ心が落ち着いたんですよ。 もちろん、もっといろんなことを思う人たちはいっぱいいて、オレが悲しいっていう権利はないっていうくらい、悲しい思いをしている人がたくさんいる中で、すごいラジオのブースの中でしゃべっているアンタッチャブルのお2人のコメント。 10年ぶりに帰ってきたことを喜んでいるラジオリスナー。 このラジオの中ですごい幸せそうな雰囲気が、目とか心を悪口とかに釘付けになっているのを、耳を強制的に引っ張ってくれて、そっちについていったら、何も見なくてよくなって、すごい救われたっていうか。 違うかもしれないけど、救われたんです。 その時になんて楽しいラジオなんだ、空間なんだって思って。 面白いラジオをやる人ってすげーなと。 『シカゴマンゴ』の最終回に感じた恩というか。 こういう風な気持ちになる人間が僕以外にいたと思うんです。 その時に、ラジオでしゃべらせてもらうことって、すげーことなんだなと。 この時間まで起きていて、いろんな嫌な気持ちがあって、運命的にこのラジオに傾けた人が、嫌なものから目を背け続けるものになったらいいなと。 そういう場所になれるようにやっていくことが精いっぱいのことなのかなと。 僕は一生思っています。 ずっとずっと悩みながらいきますし、考え続けます。 改めて、木村花さんのご冥福を心よりお祈り申し上げます。

次の

テラスハウス 木村花が無理 嫌いという人も急増 愛華(えみか)の陰口?

木村 花 テラス ハウス 発言

テラスハウス・木村花のプロフィール 本名:木村 花. (きむら・はな) 生年月日:1997年9月3日 出身地:神奈川県横浜市 身長:164cm 体重:58kg 『木村花』は、女子プロレスラーとして将来を期待されている選手のようです。 『ヒール役』を担い、見た目とは裏腹に『悪役』を演じる事が多かったそうです。 ですので 『勘違いされる行動』をするのは良く無いと木村花は、愛華に伝え口論にな発展したようです!! この一件を木村花は、別の同居人である凌 りょう に伝え 『愛華に対する陰口』を言っていた事が視聴者からのアンチコメントが湧く原因になってしまいました。 気になる動画は、上の貼ってあります!!• 『愛華の評価を下げ、意中の男性を取ろうとしている』• 『本人のいない所での悪口に引いた』 このような発言でネットリンチにあっていたようです・・・・・・・・・。 あくまでも、テレビ番組であるはずなのに・・・・・現実であるように感じてしまう視聴者にも疑問を持ちます・・・・・・。 みたいなところ個人的にはツボだったんだですけど。 花は自分がプロレスラーだからモテないって言ってたけどそれは勘違い。 女として魅力が無いわけでもない。 言い合いになった時にすぐ手が出るような人だから怖がられてるだけ。 男でも女でも暴力は良くない。 嫉妬と悔しさが溢れてしまい・・・・・感情をコントロールできなかった事で『涙』に繋がってしまったのは仕方無いかと筆者は思います。 亡くなった木村花さんへのリプライ、ほんのほんの一部でこれ…。 なぜ剥き出しの悪意を当事者にわざわざぶつけるのだろうか。 有名人は反論すると「炎上」とメディアに書かれるリスクから反論しづらい。 それをいいことにサンドバッグにしてないか。 — 徳重辰典(ライター、ウェブ編集者) tatsunoritoku Twitterでのアンチコメントは削除されていて実際の所は、どの程度の中傷があったかの実態は分かりかねますが・・・・・・一部のコメントがTwitterに残っていたようなので記載します!! とにかく、人格から根こそぎ否定する形になっていて見るに耐えるものばかりです・・・・・・。 Twitterは、匿名性が高い事から使用の仕方を間違えると『言葉の凶器』になる事が分かります・・・・・。 instagram. 用意したのは、素敵なお家と素敵な車だけです。 台本は一切ございません』 この文言を言葉通りに認識してしまう『若年層』の暴走が、今回の『木村花へのネットリンチ』に繋がったと考えられます!! このコンセプトは、番組作成上は最高な演出であるが『諸刃の剣』である事が、今回更に露見したと筆者は感じます!! 木村花は本当は繊細かつ心優しい女性! on May 22, 2020 at 11:15am PDT では、実際の『木村花』は番組同様に『性格が悪い存在』だったのでしょうか? 筆者の見解としては、『性格は真面目、そして純粋』であったと筆者は感じます!!今回のネットリンチに対して『木村花は心身的に追い詰められていた事』がSNSの投稿からも明らかです!! 『プロレスコスチューム洗濯事件』の放送後に投稿したインスタグラムのストーリーには、以下のようなコメントを残しています!! 生きててごめんなさい 良い人じゃなくてごめんなさい 嫌な気持ちにさせてごめんなさい 消えてなくなったらゆるしてくれますか? どうやったら消えられますか? 消えたらみんなに愛してもらえますか? わたしはみんなのことが好きです 更に、現在は投稿を消去されているようですが精神的に追い詰められ 『リ〇トカットしている腕を投稿』していたとの情報もありました!! 『純粋で傷つきやすい性格』だった事は明らかです!!むしろ、これだけのネットリンチに合えば誰でも精神を病むと考えられます!! 知人らは、『木村花の性格』に対して 『表向きは突っ張って見えるけど、性格が繊細だからそう見せていたところがあったと思う』との発言もしています!! 今後の番組の在り方についても、しっかりと考え、今後の方針を示して頂きたいものです!! まとめ ・木村花のテラスハウスでの様々な事件が世間からの 『バッシング』の対象になってしまった事が判明!! ・木村花に対する『アンチコメント』は、 度を越えたものが多く完全に『ネットリンチ』である事が判明!! ・木村花へのバッシングの理由は、 テラスハウスの『番組コンセプト』を真に受けているネット民の『情報リテラシーの無さ』が原因で起こったと推測!! ・木村花の本当の性格は 『繊細かつ真面目、誠実』であったと考えられる!!.

次の