尼崎競艇 特徴。 ボートレース尼崎競艇場攻略!特徴や傾向まとめ

住之江競艇場のレースの特徴・傾向・予想のポイントについてご紹介

尼崎競艇 特徴

全24場1コース1着率 下記に各場の1着率と順位を記載します。 2018年3月1日~2019年2月28日参照 順位 開催場 出走数 1着率 1位 大村競艇場 2269 68. なぜこのように場によって差が開いてしまうのでしょうか。 ベスト6位までの場の特徴を紐を解いて記載していきます。 大村競艇場の特徴 大村競艇場は番組構成が大きく響いており、進入固定レースや、上位クラスが1号艇に乗る企画レースが多く組み込まれ、的中しやすい番組構成が見られる傾向にあり「堅いレース」が多く存在します。 また、1マーク付近の幅が広く、インコースの選手が全速でターンしやすいため、アウトコースのまくりが届かないケースが多いです。 更に、2マーク出口に波のうねりが発生しておりツケマイが決まりにくく、差し勝負の展開がほとんどですので、よっぽど外に膨れない限りは逆転が難しく逃げ切りが決まってしまうのも数値に反映されていると考えられます。 余談ですが、誕生日の選手に1号艇を与えるという番組担当者の粋な計らいもあるようです。 徳山競艇場の特徴 こちらの場は少々特殊で、時期にもよりますが斜め追い風が吹きやすく、また潮位が最大3. 5mと大きくスタートが決めづらく、さらに満潮時には2マークにうねりが発生し荒れ展開が増えます。 ですがこちらも大村競艇場と同じく企画番組が組み込まれており、A1級が1号艇、その他がB級で固めた「シード番組」が大きく数値に影響されています。 芦屋競艇場の特徴 こちらも徳山競艇場と同じく「シード番組」が多く組み込まれています。 ですが、1マーク周辺が広く全艇が全速で差し、まくりに行けることで上位2場と比べ少々数値が落ちています。 津競艇場の特徴 こちらも徳山、芦屋と同じく「シード番組」が多くありますが、1日を通して風向き、水質が変わりやすく少々荒れる傾向にあり、昨年度は1コース逃げ切りが目立ちましたがインが強いものの上位3場に比べれば穴決着も多く安定はあまりしていません。 下関競艇場の特徴 下関競艇場独特のスタートラインから1マークの間に幅が広がる状態になり、スタート後に外に寄せる事が出来、1コース艇は艇間を詰め最短のコーナーリングが出来るようになり、他の場より有利なレース展開が出来るようになります。 やはり企画番組や進入固定レースが多い場ほど数値に反映され、イン逃げが多く見られるようになっています。

次の

尼崎競艇予想を攻略する

尼崎競艇 特徴

もともと湿地帯であった場所を土地改良を行うために作られた人工池(プール)であるため、水質は淡水。 癖が少ないと言われ、広いコースはカマシを得意とする選手に好まれているみたいだ。 フライング警報装置であるSKS(スタートタイミング感知システム)が1995年(平成7年)6月29日より使われていたが、2006年(平成18年)4月1日をもって廃止されたぞ! 締め切り前のBGMはシューベルトの『野ばら』。 分を追うごとに曲のテンポも速くなっていき、ブザーが鳴ると本場締め切りとなる。 電車でのアクセス 車でのアクセス 近隣の駐車場 ボートレース尼崎駐車場1 駐車可能台数:25台 料金:平日のレース開催日および場外発売、専売日 当日1,000円/1 回 土、日、祝日のレース開催日 当日1,200円/1 回 ボートレース尼崎駐車場2 駐車可能台数:20台 料金:60 分:200円 (最大 500 円) ボートレース尼崎南駐車場 駐車可能台数:73台 料金:60 分:200円 (最大 400 円) 尼崎競艇場(ボートレースあまがさき )の水面状況 屈指の静水面として知られるボートレース尼崎。 水質は、淡水で硬めだが、技が利きやすく、スピーディーかつダイナミックなレースが数多く見られる。 季節を問わず、向かい風が吹くことが多いが、低気圧が近づいたり、雨天の際は、追い風に変化する。 それでも1~5メートル程度の風では、レース展開にそう影響はない。 5 16. 6 7. 8 6. 2 5. 9 4. 7 96. 4 0 0 0 3. 5 0 2コース 14. 6 25. 7 19. 5 17. 1 11. 8 11. 1 0 26. 5 65 0 8. 4 0 3コース 11. 3 22. 4 21. 8 16. 5 15. 8 11. 9 0 39 12. 5 40. 6 6. 2 1. 5 4コース 10. 2 20. 5 18. 3 21. 8 16. 1 12. 8 0 51. 7 27. 5 10. 3 8. 6 1. 7 5コース 4. 8 10. 1 15. 3 20. 4 27. 7 21. 5 0 29. 6 0 66. 6 3. 7 0 6コース 1. 5 6. 2 19. 1 19. 5 22. 5 31 0 11. 1 11. 1 44. 4 22. 2 11. 6 0. 3 0 0 0 0 2枠 0. 1 93. 9 4 1 0. 3 0. 5 3枠 0 2. 4 90 5 1. 3 1 4枠 0. 1 1 3. 2 83. 1 7. 6 4. 6 5枠 0 0. 8 1. 9 7. 6 78. 8 10. 7 6枠 0 1. 7 0. 8 3. 1 11. 8 82. 2 15. 4 9. 4 7. 2 4. 5 5 2コース 15. 1 25. 1 14. 5 16. 7 14. 9 13. 3 3コース 11. 5 24 20. 5 18. 8 13. 9 11 4コース 9. 9 17. 9 24. 7 17. 7 16. 8 12. 6 5コース 4. 2 12. 1 18. 8 22. 8 22. 8 19 6コース 1. 4 6. 2 13. 1 17. 5 26. 8 34. 2 16. 8 9 6. 8 6. 8 4. 2 2コース 15. 6 26 18 16. 4 11. 6 12. 1 3コース 11. 2 19. 5 17. 6 20 17. 2 14. 3 4コース 10. 3 21. 2 22. 1 17. 6 14. 5 14. 1 5コース 5. 3 11. 2 20. 3 20. 8 24 18. 1 6コース 1. 9 6. 2 14. 2 19. 5 26. 3 31. 7 7. 5 7. 8 6. 6 5. 1 2コース 14. 2 26. 8 17. 6 16. 7 12. 8 11. 7 3コース 13. 4 20. 9 23. 4 16. 7 13. 6 11. 8 4コース 9. 7 20. 3 19 21. 2 17. 4 12 5コース 6. 3 9. 2 16. 6 21. 5 26. 2 19. 9 6コース 1. 2 7. 2 17. 4 17. 2 23. 6 33. 9 17. 8 8. 7 8. 3 6. 3 3. 6 2コース 13 26. 4 18. 5 17. 2 13. 4 11. 2 3コース 13. 7 21. 7 19. 5 19. 9 14. 4 10. 6 4コース 9. 7 18. 9 20. 9 18. 1 18. 9 13. 2 5コース 8. 1 10. 5 18. 6 19. 9 23. 1 19. 5 6コース 1. 5 5. 8 15. 3 17. 4 24. 3 35.

次の

尼崎競艇場の特徴や傾向・予想のポイント

尼崎競艇 特徴

コース別成績・決まり手 尼崎競艇場のコース別成績・決まり手データです。 コース別成績 コース 1着率 2着率 3着率 1 56. 1 16. 7 8. 6 2 15. 1 25. 5 17. 3 3 11. 5 21. 5 19. 8 4 10. 3 19. 6 21. 0 5 5. 6 11. 0 18. 1 6 1. 5 6. 1 15. 5 集計期間:2019年1月~2019年12月31日 単位:% コース別決まり手 コース 逃げ 捲り 差し 捲り差し 抜き 1 96. 1 ー ー ー 3. 8 2 ー 22. 6 69. 2 ー 8. 1 3 ー 33. 2 13. 2 42. 6 10. 5 4 ー 47. 4 21. 5 20. 2 10. 1 5 ー 22. 1 8. 2 63. 1 6. 6 6 ー 20. 6 5. 9 55. 9 14. 7 集計期間:2019年1月~2019年12月31日 単位:% コース別成績 2018 コース 1着率 2着率 3着率 1 55. 9 17. 7 9. 3 2 14. 1 23. 8 17. 8 3 12. 3 21. 2 19. 5 4 10. 8 19. 0 22. 2 5 5. 5 13. 0 18. 6 6 1. 4 5. 8 13. 0 集計期間:2018年1月~2018年12月31日 単位:% コース別決まり手 2018 コース 逃げ 捲り 差し 捲り差し 抜き 1 96. 7 0. 0 0. 0 0. 0 3. 3 2 0. 0 24. 2 67. 0 0. 0 7. 9 3 0. 0 30. 5 12. 2 45. 9 10. 4 4 0. 0 42. 0 17. 7 28. 0 11. 5 5 0. 0 20. 2 8. 1 63. 7 5. 6 6 0. 0 12. 1 6. 2 63. 6 12. 1 集計期間:2018年1月~2018年12月31日 単位:% 条件別データ 優勝戦のコース別成績 2016-2019 コース 1着率 2着率 3着率 1 75. 4 13. 4 3. 0 2 9. 0 37. 3 20. 9 3 7. 5 18. 7 25. 4 4 5. 2 17. 2 20. 1 5 1. 5 9. 7 17. 9 6 1. 5 3. 7 12. 7 集計期間:2016年~2019年 優勝戦 単位:% 優勝戦のコース別決まり手 2016-2019 コース 逃げ 捲り 差し 捲り差し 抜き 1 97. 0 ー ー ー 3. 0 2 ー 41. 7 41. 7 ー 16. 7 3 ー 10. 0 20. 0 60. 0 10. 0 4 ー 28. 6 42. 9 28. 6 0. 0 5 ー 0. 0 0. 0 50. 0 50. 0 6 ー 50. 0 0. 0 50. 0 0. 0 集計期間:2016年~2019年 優勝戦 単位:% 記念レースデータ 記念レースでの成績は、2016~2019年に尼崎で開催された以下の8節です。 2016 SG 第43回 ボートレースオールスター G1 尼崎市市制100周年記念 尼崎センプルカップ G1 開設64周年記念 尼崎センプルカップ G1 第59回 近畿地区選手権 2017 G1 開設65周年記念 尼崎センプルカップ 2018 SG 第45回 ボートレースオールスター G1 開設66周年記念 尼崎センプルカップ 2019 G2 尼崎モーターボート大賞 尼崎 記念レースのコース別成績 コース 1着率 2着率 3着率 1 65. 3 13. 0 6. 9 2 10. 1 27. 4 18. 9 3 9. 9 20. 1 19. 6 4 7. 5 18. 9 20. 2 5 6. 3 12. 8 16. 8 6 1. 0 7. 6 17. 6 集計期間:2016年~2019年 尼崎開催SG・G1・G2 単位:% 尼崎 記念レースのコース別決まり手 コース 逃げ 捲り 差し 捲り差し 抜き 1 96. 3 ー ー ー 3. 7 2 ー 10. 3 82. 8 ー 5. 2 3 ー 38. 6 12. 3 36. 8 12. 3 4 ー 48. 8 27. 9 11. 6 7. 0 5 ー 13. 9 41. 7 36. 1 8. 3 6 ー 0. 0 66. 7 16. 7 16. 尼崎競艇場の特徴・傾向 ボートレース尼崎 「センタープール」の愛称を持つボートレース尼崎。 以前はセンターが利くと言われていましたが、現在はインが強い水面です。 主な特徴は、 尼崎水面図 水面特性より引用 尼崎の最大の特徴は、水面レイアウト。 2マークから1マークまで一直線に並び、ターンマークの振りがない唯一のレース場です。 これによりインの選手は直線に走って1マークに向かい、余裕を持ってターンできるのでインが有利。 加えて、十分なマイシロを確保しやすいことから、他場よりもターンのピークがバック側になり、 逃げが決まりやすい水面です。 また、 ターンマークの振りがない分、1マークホーム側は全国一の広さ。 これにより 艇と艇の間隔が広くなり、「まくり差し・差し」が決まりやすい水面です。 そして、 「まくり」はやや決まりにくく、まくられてもインが残りやすいのも尼崎水面の特徴です。 24場比較順位 決まり手 コース 捲り 差し 捲り差し 抜き 2 15位 6位 ー 15位 3 19位 8位 6位 16位 4 5位 7位 23位 9位 5 11位 8位 4位 21位 6 14位 23位 6位 14位 集計期間:2019年1月~2019年12月31日 ピット&2マーク 向かい風が多い尼崎では2マークが追い風となるため、握った艇が流れて逆転のケースも見られます。 風が強い時は周回展示2マークのターンに注目しておきたいですね。 尼崎の周回展示は最初に2マーク、次に周回展示リプレイで1マークの1・2周目が流れる構成となっています。 そして、ピットから2マークまでの距離が短く、 枠なり進入率は比較的高めで推移しています。 コース 1 2 3 4 5 6 1枠 99. 3 0. 6 0. 0 0. 0 0. 0 0. 1 2枠 0. 3 92. 8 5. 2 0. 9 0. 5 0. 2 3枠 0. 2 2. 2 89. 1 6. 2 1. 5 0. 8 4枠 0. 2 1. 0 2. 4 82. 9 9. 8 3. 8 5枠 0. 0 1. 3 1. 6 6. 4 78. 1 12. 5 6枠 0. 0 2. 3 1. 6 3. 8 10. 0 82. 3 集計期間:2019年1月~2019年12月31日 単位:% 番組傾向 インに水面の利がある尼崎ですが、 2019年の1コース1着率は24場中10位。 これは 番組の影響が大きく、他場ではイン優遇の企画番組を組んでいることが多いですが、尼崎では組まれていません。 一方、 実力者が揃うでは上位で推移しており、イン優位の水面を裏付ける結果となっています。 そして、長らく企画番組を組んでいなかった尼崎ですが、 2019年4月より1・6Rで開催されています。 「センタープール」の愛称通り、センターにA級選手が入る番組となっています。 風データ 風向きと風速によるコース別成績データです。 無風 無風時のコース別成績 2019 コース 1着率 2着率 3着率 1 53. 8 18. 6 6. 8 2 20. 3 22. 5 18. 2 3 8. 9 24. 2 22. 9 4 11. 0 17. 4 21. 6 5 4. 2 13. 1 14. 0 6 1. 7 4. 2 16. 5 集計期間:2019年1月~2019年12月31日 単位:% 無風時の1着率 2016-2018 1 2 3 4 5 6 無風 57. 7 15. 3 10. 8 9. 5 4. 9 1. 8 集計期間:2016年1月~2018年12月31日 単位:% 無風ではスリットが揃いやすく、 インと2コースの勝率が上昇傾向です。 向かい風 向かい風時のコース別成績 2019 コース 1着率 2着率 3着率 1 57. 7 15. 5 8. 6 2 12. 8 24. 6 16. 5 3 11. 7 21. 8 17. 6 4 10. 4 20. 0 20. 5 5 6. 0 11. 5 19. 9 6 1. 4 6. 6 16. 8 集計期間:2019年1月~2019年12月31日 単位:% 向かい風時の風速別1着率 2016-2018 風速 1 2 3 4 5 6 1m 52. 8 15. 8 13. 7 10. 6 6. 3 0. 7 2m 56. 0 12. 7 12. 1 12. 5 5. 3 1. 3 3m 56. 1 11. 8 13. 6 11. 0 5. 4 2. 1 4m 55. 8 13. 5 12. 0 11. 1 6. 1 1. 4 5m以上 54. 0 13. 0 13. 0 12. 1 5. 7 2. 2 集計期間:2016年1月~2018年12月31日 単位:% 年間を通して向かい風が吹くことが多く、半分以上のレースが向かい風で行われています。 イン勝率は全体で見ると低下傾向ですが、2〜4mはほぼ全国平均に近い数値です。 そして、 センター・ダッシュ勢の1着率が上昇傾向で、決まり手では3コースの「まくり差し」、カドからの「まくり」やそのマーク差しが増加しています。 追い風 追い風時のコース別成績 2019 コース 1着率 2着率 3着率 1 55. 1 17. 8 9. 0 2 16. 6 28. 1 18. 9 3 12. 3 19. 9 21. 9 4 8. 8 20. 1 21. 1 5 5. 1 9. 0 16. 3 6 2. 0 5. 1 12. 8 集計期間:2019年1月~2019年12月31日 単位:% 追い風時の風速別1着率 2016-2018 風速 1 2 3 4 5 6 1m 56. 1 17. 9 12. 6 6. 9 4. 9 1. 6 2m 55. 3 18. 2 10. 6 11. 6 3. 3 1. 1 3m 56. 8 17. 8 10. 1 10. 0 4. 9 0. 5 4m 59. 8 14. 8 7. 6 12. 9 4. 2 0. 8 5m以上 53. 8 19. 8 10. 9 6. 7 8. 0 0. 8 集計期間:2016年1月~2018年12月31日 単位:% 風向き別でインが最も強くなるのは、横風時。 右横風は先マイしたインが流されるケースがあり、2コースの「差し」が増加しています。 逆に、 左横風ではターン時にサイドが掛かり握って回ることができるため、4コースからの「まくり」や展開が向く5コースの「まくり差し」が増加傾向です。 また、2019年6月に1マーク側の旧スタンドが撤去されたので、今後は右横風が増える可能性があります。 コース別成績・決まり手分析 尼崎と他のレース場との比較順位です。 24場比較順位 コース別成績 コース 1着率 2着率 3着率 1 10位 18位 12位 2 9位 13位 22位 3 15位 10位 20位 4 17位 3位 12位 5 15位 22位 10位 6 15位 13位 4位 集計期間:2019年1月~2019年12月31日 24場比較順位 決まり手 コース 捲り 差し 捲り差し 抜き 2 15位 6位 ー 15位 3 19位 8位 6位 16位 4 5位 7位 23位 9位 5 11位 8位 4位 21位 6 14位 23位 6位 14位 集計期間:2019年1月~2019年12月31日 24場比較順位 コース別成績 コース 1着率 2着率 3着率 1 10位 13位 11位 2 16位 17位 16位 3 13位 10位 17位 4 13位 5位 4位 5 14位 8位 9位 6 21位 15位 17位 集計期間:2018年1月~2018年12月31日 単位:% 24場比較順位 決まり手 コース 捲り 差し 捲り差し 抜き 2 14位 5位 ー 22位 3 21位 17位 2位 20位 4 13位 16位 11位 6位 5 14位 15位 4位 24位 6 23位 20位 1位 13位 集計期間:2018年1月~2018年12月31日 単位:% コース別成績・決まり手分析 1コース 前述の通り、 全国でもトップクラスにインが強いレース場。 1マークの振りが無いことから、スリットが揃えばインが逃げ切れる確率が高く、実力者が揃うでも1コース1着率が上位となっています。 以下は、1アタマの占有率と回収率データ。 出目 回収率 占有率 1 — 2 — 3 85. 1 6. 44 -0. 28 1 — 2 — 4 79. 5 5. 16 1 — 2 — 5 72. 6 3. 36 -0. 14 1 — 2 — 6 66. 3 2. 11 1 — 3 — 2 74. 8 4. 46 -0. 37 1 — 3 — 4 73. 5 4. 23 1 — 3 — 5 83. 3 3. 31 1 — 3 — 6 65. 6 2. 05 1 — 4 — 2 81. 6 4. 55 1 — 4 — 3 80. 5 3. 33 1 — 4 — 5 76. 7 2. 45 1 — 4 — 6 70. 0 2. 47 1 — 5 — 2 68. 4 2. 03 1 — 5 — 3 71. 6 1. 12 1 — 5 — 4 75. 8 1. 22 1 — 5 — 6 66. 1 1. 08 -0. 01 1 — 6 — 2 74. 5 1. 08 1 — 6 — 3 63. 9 1. 17 1 — 6 — 4 57. 8 1. 10 1 — 6 — 5 68. 6 0. 12 インが強いので占有率は当然平均以上で推移しており、4コースの2着率が高いこともあって「1ー4ー全」の占有率が高くなっています。 イン回収率は比較的高く、2019年は平均以上。 1号艇にB級が入り、A級選手が中外枠に入るレースが尼崎では多く、しっかりスタートを決めたインの逃げ切りが回収率を上げている傾向があります。 2コース 例年1着率は平均程度でしたが、2019年データでやや上昇して9位。 2コースが利きにくい「向かい風」が半分以上を占めていることも影響しています。 決まり手は1マークの振りが無い分「まくり」が少なく、「差し」優位です。 2コースの狙い目はセオリー通り「追い風」「右横風」 先マイしたインが流れて2コースの「差し」が決まりやすく、この条件で絞ると「2ー1ー全」「1ー2ー全」の回収率は上昇しています。 「2コースの機力が劣勢ではない」「センターに強い攻め手がいない」などの条件も満たせば、積極的に狙いたいコースです。 「2コースが 差しで1着」時の2着率 コース 確率 2 — 1 61. 1 2 — 3 15. 8 2 — 4 11. 6 2 — 5 8. 5 2 — 6 3. 0 集計期間:2016年~2019年 単位:% 全国平均より上位の数値を赤、 下位の数値を青 「2コースが まくりで1着」時の2着率 コース 確率 2 — 1 8. 6 -1. 4 2 — 3 34. 4 2 — 4 30. 2 2 — 5 18. 2 2 — 6 8. 6 集計期間:2016年~2019年 単位:% 3コース 例年1着率は平均程度。 決まり手は「まくり差し」率が全国上位となっています。 狙い目としてはセオリー通り「向かい風」 特に3コースは上昇率が高いので注目です。 淡水で硬い水質なので、機力にも注意して狙いたいですね。 「3コースが まくりで1着」時の2着率 コース 確率 3 — 1 16. 5 -4. 4 3 — 2 12. 7 3 — 4 39. 7 3 — 5 21. 9 3 — 6 9. 2 集計期間:2016年~2019年 単位:% 全国平均より上位の数値を赤、 下位の数値を青 「3コースが まくり差しで1着」時の2着率 コース 確率 3 — 1 64. 5 3 — 2 12. 5 3 — 4 12. 2 3 — 5 8. 2 3 — 6 2. 7 集計期間:2016年~2019年 単位:% 4コース 例年1着率は平均程度。 注目は2・3着率の高さです。 番組の影響はありますが、記念レースでも3コースより高くなっています。 1マークの広さから、差す4コースが2・3着に入るパターンが多いので考慮しておきたいところです。 決まり手は「まくり」優位ながらもバランス良く決まっており、記念レースではやや「まくり」率が高め。 出目データでは4アタマの回収率が低く、過剰に売れている傾向があるので、オッズ妙味を考えて買いたいですね。 「4コースが まくりで1着」時の2着率 コース 確率 4 — 1 20. 8 -3. 6 4 — 2 17. 2 4 — 3 9. 2 4 — 5 38. 3 4 — 6 14. 5 集計期間:2016年~2019年 単位:% 全国平均より上位の数値を赤、 下位の数値を青 「4コースが まくり差しで1着」時の2着率 コース 確率 4 — 1 45. 1 4 — 2 11. 9 4 — 3 20. 6 4 — 5 15. 5 4 — 6 6. 7 集計期間:2016年~2019年 単位:% 5コース 1着率は平均程度で、記念レースでも同様。 決まり手は「まくり差し」率が全国上位です。 機力の裏付けがある、センターに攻め手がいるなど、条件が揃えば一考したいところ。 「5コースが まくりで1着」時の2着率 コース 確率 5 — 1 21. 1 -7. 1 5 — 2 15. 8 5 — 3 21. 1 5 — 4 16. 8 5 — 6 25. 3 集計期間:2016年~2019年 単位:% 全国平均より上位の数値を赤、 下位の数値を青 「5コースが まくり差しで1着」時の2着率 コース 確率 5 — 1 38. 9 5 — 2 12. 6 5 — 3 11. 7 5 — 4 27. 5 5 — 6 9. 5 集計期間:2016年~2019年 単位:% 6コース 例年1着率は平均を下回っています。 決まり手は「まくり差し」率が全国トップですが、 やはりコースの広さから大外からの1着は厳しい結果に。 2・3着率は平均程度あるので、条件次第ではフォローしておきたいですね。 季節毎の傾向 季節毎のコース別成績です。 コース 1着 2着 3着 4着 5着 6着 1 57. 7 19. 5 8. 7 4. 8 5. 1 3. 8 2 12. 9 21. 2 18. 5 19. 3 16. 3 11. 4 3 10. 9 20. 0 23. 0 20. 6 15. 7 9. 5 4 12. 0 19. 1 21. 1 19. 6 14. 5 13. 3 5 5. 5 15. 5 17. 3 19. 0 23. 1 19. 2 6 1. 5 5. 6 12. 7 17. 7 25. 5 36. 6 集計期間:2017年12月~2018年2月28日 単位:% 季節毎の傾向 春 3〜5月 風の影響が少ない時期 4月に新モーター 夏 6〜8月 「甲子園の浜風」により向かい風傾向 回転が上がりやすい場のため、夏場もインが強い 秋 9〜11月 風の影響が少ない時期 温水パイプ装着により機力に変化 冬 12月〜2月 「六甲おろし」により向かい風傾向 尼崎のレース情報 ボートレース尼崎の公式サイトは情報量が多く、節間の過去コメントや、3節前までのモーター短評なども公開されています。 より引用 淡水で硬い水質なので乗りづらいと言われる場なので、選手コメントは確認しておきたいですね。 地元の魚谷智之選手も「尼崎は難しいレース場だと皆が言っている」とインタビューで答えているのを目にしたこともあります。 また、 尼崎はモーターの回転が上がりやすい場とも言われるので、調整の部分でも走り慣れた地元選手にアドバンテージがありそうです。 まとめ.

次の