タケシ スプリンクラー。 #2 ニビジムでの激闘!サトシvsタケシ!!

イワークとは (イワークとは) [単語記事]

タケシ スプリンクラー

[chapter:お前は] 初めて会った時の事を覚えてるか? あの頃は俺はまだここのジムリーダーだったな あの頃は親父とお袋が家を出ていて俺があの二人の変わりにジロウ達の面倒を見ていたな そんな時にお前はジムに来た。 最初は無鉄砲な奴だなと思った だがポケモン想いな奴だと思ったよ 最初はお前はリタイアした。 そして親父に修行して貰って再びリベンジに来た。 かなりパワーアップしてたな。 イシツブテが電撃で負けるぐらいにな そしてイワークが相手になった時またお前はリタイアしようとしていた。 俺はイワークの攻撃を止めた。 ピカチュウを苦しめたくなかったから それでスプリンクラーが故障した。 俺は負けたと思った。 それでイワークを守ろうとジロウ達がお前の邪魔をしてたな?ごめんな。 みんな俺想いだから でもお前はイワークにトドメを刺さなかった。 あの時俺はお前の一言から何かを感じた それで一緒に旅をした。 色んな地方回ったよな?オレンジ諸島は・・・いや何でもない お前はどんどん成長した それで俺にも夢が出来た。 ポケモンドクターって夢がな そしてお前はシンオウ以降も大きく成長した。 とても楽しいぞ サトシ [newpage] [chapter:前夜] 夕方 トキワの森を抜けたサトシ達一行はニビシティに到着した 「何か久しぶりだな〜ニビシティとタケシの家は」 「ピカチュ〜」 「僕も久しぶりだよ。 ニビシティは」 色んな地方を飛び回るサトシとヒロシにとってニビシティは久しぶりだ 「今日着く事はジロウ達に伝えてるからな。 それに今日はご馳走するからな。 それに家に泊れよ」 「やったぜ!」 サトシは喜ぶ 「・・・」 「カスミ?傷痛むの?」 「・・・大丈夫」 サトシは心配する。 トキワの森の騒動でカスミは怪我をしている 「ごめんな」 「・・・謝る事ないよ」 この二人を見て 「あの二人回復してきましたね」 「ああ」 ヒロシとタケシはサトシとカスミの仲が戻りつつある事に気がついた そしてタケシの家に着いた 「ただいま〜」 「「「「「おかえり〜!タケシ兄ちゃん!」」」」」 タケシの弟、妹達が出迎えた 「みんな久しぶりだな」 「こんにちは」 サトシとカスミは久しぶりにタケシの弟、妹達に会った 「あ!サトシさん!久しぶり!」 「カスミさんも!」 「テレビ見てたよ!」 「かっこよかったよ!」 みんなはサトシとカスミの周りに集まる 「あ!ヒロシ選手だ!」 「レオンもいる!」 タケシの弟達はヒロシとは初対面だ 「みんなタケシさんそっくりですね」 「ピカチュ〜」 ヒロシとレオンは驚く 「あれ?タケシ?親父さんは?」 サトシはタケシの両親がいない事に気がついた 「お袋と旅行に行ったんだよ。 明日には帰ってくるけどな」 「あたしの姉さん達見たいね」 「さあ!これから夕飯の支度するからな」 タケシは料理モードになった 「みんなは準備してくれ」 「はーい!」 みんなは準備を始め、そして夕飯の時間になった。 ジロウ達はサトシの旅の話やバトルの話を聞いた 「サトシさんまたカントーリーグに挑戦するんですね」 「ああ。 だから明日ジム戦を申し込みたいんだ」 「わかりました。 明日戦いましょう」 「ああ」 サトシはジロウとジム戦の約束をする 「・・・」 タケシは何か考え事をしていた 「タケシ?どうしたの?」 カスミが聞く 「いや・・・別に」 「ねえカスミさん。 もしもし」 『やあサトシ』 「シゲル」 シゲルからの電話だった 『君がポケギア手に入れたって聞いて試しにかけてみたよ。 ニビシティに到着したぐらいだろ?』 「ああ」 『メンバーはどうするんだい?交代するかい?』 「いやニビシティ出る時に交代するよ」 『そうか。 そうだ。 トキワの森の一件聞いたよ。 どうやら人災らしいね』 「ああ。 ポケモン達が電波でおかしくなったんだと思う。 ヒロシも言ってたよ」 『うん。 君達の考えは正しいよ。 さっき研究所にも報告があってね。 野生のカイロスとスピアーがメガ進化したとも聞く』 「ああ。 でも何でだ?」 『恐らく特殊な電波の影響だと思う。 電波でおかしくさせてポケモン達の怒りのパワーでメガ進化させたって言うのが僕の考えだ』 「そんなの酷すぎるよ。 トレーナーとの絆がないメガ進化だなんて」 サトシはジャービスを思い出す。 あれも酷すぎた 『あとタケシとヒロシから聞いたよ。 君のピジョットとヘラクロスが同時にメガ進化したんだって?』 「ああ。 君とポケモン達に何かあるんじゃないか?て言うか君に何かあるんじゃないかって思うよ』 「そうかな?」 『気をつけるんだよサトシ。 これからの旅、何かあると思うから』 シゲルはサトシの心配をする 「ああ」 『そう言えばカスミとはどうなの?仲直りできた?』 「え・・・あ・・・いや」 『できてないのかい?』 「・・・何とも言えないよ」 『でも君はカスミの事が好きなんだろ?』 「・・・ぅん」 サトシは頷いた 『頑張れよサ〜トシ君。 そこどいてよ」 「ごめん」 サトシは通路を開けた 「・・・」 「なあ?まだ怒ってるの?」 「・・・怒ってないよ」 「本当にセレナとは何もないからな」 「・・・」 カスミは風呂場へ行ってしまった 「カスミ・・・」 サトシは少し虚しい気持ちになった すると 「・・・ねえ?」 カスミが立ち止まり声をかけた 「何?」 「明日・・・頑張りなさい。 ジム戦」 「!」 「それじゃあ・・・」 そう言ってカスミは風呂場へ向かった 「・・・」 「サトシ。 カスミさんはわかってると思うよ。 君がセレナの事を何とも思ってない事ぐらい。 唯迷ってるだけだと思う」 ヒロシが現れサトシに言う 「・・・うん」 サトシはカスミを信じたい。 それにパーティーの時に言ってた『これだけは忘れないで・・・サトシの事は嫌いじゃないから』と 『カスミ・・・信じてるよ?俺』 その頃ニビジムのバトルフィールドでは ジロウは明日の試合の準備をしていた すると 「ジロウ」 「タケシ兄ちゃん」 タケシが来たのだ 「頼みがあるんだ」 「え?」 [newpage] [chapter:決戦!] 翌日 サトシは朝食を済ませニビジムの前に来ていた。 ジロウは先にジムに向かったと聞いている 「よし。 行くぞピカチュウ!」 「ピカチュ!」 サトシとピカチュウはジムに入った だが 「あれ?真っ暗?」 明かりがついてないのだ すると 座っている人影が見えた 「なあジロウ?どうしたの?何で暗いの?って君・・・ジロウ?」 すると明かりがついた そこに座っていたのは 「!?タケシ!」 タケシだった! 「よく来たなサトシ。 ジム戦をやろう」 「タケシ!?ジロウじゃないの!?」 「昨日ジロウに頼んだ。 勝負を決められなかった。 ちゃんとバトルをしたいんだ。 俺も全てをぶつけるからな」 サトシは自分のゾーンへ向かう 「兄ちゃんのジム戦なんて久しぶりだね!」 「頑張って〜!」 サブロウ達は応援する 「サトシとタケシさんの真剣勝負か。 これは面白い試合になるな」 「ピカチュ!」 ヒロシとレオンは期待する 「・・・」 カスミは二人を見守る そしてフィールド 「これよりジムリーダー代行タケシとチャレンジャーサトシの試合を始めます!使用ポケモンは2体!尚ポケモンの交代はチャレンジャーのみ認められます!両者ポケモンを!」 ジロウが二人に指示を出す サトシとタケシはモンスターボールを取り出す 「行け!ゴローニャ!!」 「ゴローニャ!!」 「ゴローニャか。 ならこっちは ピジョット!君に決めた!!」 「ピジョォォォォォォォォ!!!」 サトシはピジョットを繰り出した 「ピジョット・・・サトシまさか」 「再現をしようとしているのか。 よく知ってるさ。 だからこそお前は面白い奴なんだ。 相性ではゴローニャが有利なのにここまで戦えるとは』 『凄いよタケシ。 流石だよ。 ご苦労さん」 「戻れピジョット。 ゆっくり休んでくれ」 タケシとサトシはゴローニャとピジョットを戻した 「やるなサトシ」 「タケシもな。 流石だよ」 サトシとタケシは笑みを浮かべる 「だがそう簡単にグレーバッジは渡さないぞ」 タケシは最後のモンスターボールを取り出す 「わかってる。 だから俺も全てをぶつける!そしてグレーバッジをGETするぜ!!」 サトシは宣言する 「それでいい!俺の最後の一体はこいつだ!行け!ハガネール!!」 「ネェェェェェル!!」 タケシはハガネールを出した! 「やっぱりハガネールか。 なら ピカチュウ!君に決めた!!」 「ピッカァァァァァァ!!」 サトシはピカチュウを出した 「やっぱりピカチュウか」 タケシにはわかっていた 「サトシはピカチュウか。 サトシとタケシの事が 「タケシ。 スプリンクラーは大丈夫だよな?」 「ああ。 この戦法は 「そう。 大きく成長したサトシ君とのバトルを楽しんでいる。 あいつがジムリーダーだった頃でもこんなバトルは見られなかった。 だが最高の友との対決にタケシは楽しんでいる。 友としてジムリーダーとして」 「あんな楽しそうなタケシ初めて」 いつもはだらし無いタケシの両親も真剣にサトシとタケシのバトルを見守っていた 「タケシは大きく成長したな〜」 ムノーはタケシに感心する 「・・・」 カスミもサトシとタケシのバトルを見守る 『タケシ・・・サトシ・・・』 その間にもピカチュウとハガネールは激しい攻防を繰り広げていた 「ピカァァァァァァァァ」 「ガネェェェェェル」 ピカチュウとハガネールはお互いを睨む。 互いに体力は消耗していた。 だがハガネールの方が有利に見える 『これ以上の長期戦は厳しいな。 そして笑みを浮かべた すると 「ネ・・・ネェェェェェル」 バコーン!! ハガネールが倒れた 「ハガネール戦闘不能!ピカチュウの勝ち!よって勝者はチャレンジャーサトシ!!」 「やったぁぁぁぁぁぁ!ありがとう!ピカチュウ!!」 「ピッカチュウ!」 サトシとピカチュウは喜ぶ 「流石はサトシとピカチュウだ。 相性をひっくり返した」 「ピカチュ!」 ヒロシとレオンはサトシとピカチュウの勝利に喜ぶ 「タケシ兄ちゃん負けちゃったよ」 「でもタケシ兄ちゃん嬉しそうだよ」 「タケシ兄ちゃんはやっぱり凄いよ!」 弟、妹達はサトシとタケシの試合を絶賛していた 「よく頑張ったわねタケシ」 「うんうん」 両親もタケシの成長を感じていた 「ハガネールよくやったな」 タケシはハガネールに近寄る 「ガネェェェェェル」 ハガネールは申し訳なさそうにタケシを見つめる 「落ち込むなよハガネール。 俺は満足している。 またこの場所でサトシと全力のバトルをする事ができたからな。 ありがとうなハガネール」 タケシは感謝しハガネールを撫でる 「タケシ」 サトシとピカチュウが近寄る 「成長したなサトシ」 「タケシこそ強くなってるよ」 「漸く決着が着いたな」 「ああ。 ありがとうタケシ。 最高のバトルだったよ」 「ああ。 これがニビジムのシンボル、グレーバッジだ。 受け取ってくれ」 タケシはグレーバッジを取り出す 「ああ!」 サトシはグレーバッジを受け取り 「よーし!グレーバッジGETだぜ!!」 「ピッピカチュ!!」 恒例のセリフを言った タケシはそれを嬉しそうに見守る 『ありがとうなサトシ』 すると 「タケシ」 「!親父!?帰ってたのかよ!?」 ムノーがフィールドに降りてきていた 「お前も大きく成長したな。 次はあたしの番・・・』 カスミは次は自分の番だと悟った 『カスミ・・・』 サトシは観客席にいるカスミを見つめた [newpage] [chapter:ハナダへ] 翌日 タケシの家族が見送りに来た 「ジロウ。 ジムの事頼んだぞ?」 「任せてよタケシ兄ちゃん」 「偶には電話してね」 「ああ。 親父とお袋が変な事をしようとしてたら力づくで止めろよ?」 「わかってるって」 「もうタケシったら心配し過ぎよ〜ただこのお土産をジム全体に飾ろうと」 「それが余計なんだ!!」 タケシがツッコミを入れる 「タケシ頑張れよ」 「わかってるさ親父。 それじゃあな」 「タケシ兄ちゃん!サトシさん!頑張ってね〜!!」 ジロウ達は手を振ってサトシ達を見送った 「良かったなタケシ。 親父さんに認められて」 「ああ。 何か久しぶりだな〜最後に褒められたのは俺が初めてジムリーダーになった時だったかな〜」 「そっか」 「とりあえずサトシ。 次のジムは何処だい?」 ヒロシは聞く 「・・・ハナダジム」 サトシはカスミを見る 「・・・」 「カスミ・・・あのさ」 「・・・わかってる。 ちゃんと答えは出すから」 「・・・ああ」 タケシの熱い激闘を制したサトシはグレーバッジをGETした。 次のジムはハナダジム・・・果たしてカスミは答えを出してくれるのか?だがその前にオツキミ山だ! オツキミ山 「サイホーン!!」 一体のサイホーンが暴れていた 「よし。 注入しろ」 「はっ!」 ブスッ! 「サイホーン!?」 サイホーンは何かを注射された。 サイホーンは苦しみながら 「サイドン!!」 サイドンに進化した! 「八宝斎博士!実験は完全に成功です!」 「八宝斎ではないナンバである!」 「失礼しました!ナンバ博士!実験は完全に成功です!!」 「そうか!よしこれをオツキミ山のポケモン達に注射するんじゃ!!」 「はっ!!」 「ナミヘイ博士!」 「ナミヘイではないナンバである!」 「失礼しました!ナンバ博士!こちらのピクシーとピッピ、ピィは?」 檻の中には怯えているピクシーとピッピ、ピィが沢山いた 「うむ。 ヘリでクチバシティに送れ」 「了解しました!」 何かが行われていた 続く.

次の

日常_13【ポケモンジムの建築用途を確認審査機関にヒアリングしてみた】|なかむラテ【一級建築士】|note

タケシ スプリンクラー

(左:初代、右:HGSS) ウニのような逆立った髪型とが特徴。 髪の色はメディアミックスによって黒や茶髪など定まっていない。 『』では 上半身裸だったが、『』ではの無印期に使用していた服装をしている。 そして『』ではTシャツ姿、リメイク版の『』では好青年風なデザインに変更されている。 使用ポケモン 赤緑青黄バージョンで最初に戦うジムリーダーである。 タケシの際立った特徴として 進化させたポケスタ金銀を除き ポッポ以下のHP、ピカチュウ以下のこうげき、オタチと同値のとくぼうなど涙を誘う能力しかないをエースにしていることが挙げられる。 いわタイプのジムリーダーは続編にもいるが、その中でも際立って弱い。 しかし、楽に倒せる相手かというとそうでもなく、むしろ強敵だったという意見が多く、初見プレイヤーにとっては ・詰みポイントになりうる。 タケシの使用するいわタイプのポケモンは、ノーマル技のダメージが半分しか効かないタイプ相性であるため、手持ちのポケモンがノーマル以外の技を覚えるまである程度育てる必要がある。 RPGのよくある一種のレベルキャップであるため、道中の戦いを避けてばかりいると最初のジムリーダーであるタケシにどうしても勝てない。 しかし、さらに不利な状況は続く。 赤緑青はシナリオで相棒をを選んでいる場合、また、相棒がピカチュウ固定の黄バージョンの場合、レベルアップで覚えるほのおタイプはいわ・じめんタイプには効果が薄く、でんきタイプに至っては全く効かないため苦戦を強いられる。 このため、草むらでいわタイプに有利なポケモンをゲットしなければ進めないという、このゲームの方向性を学ばせる演出がなされている。 一応ほのおタイプのわざでやけど状態にする事が出来れば攻撃力低下と継続ダメージを与えられる…が、即なんでもなおしを使って回復される事があるのでやはりタイプ有利なポケモンの確保は必要になってくる。 そして困ったことに赤緑青の場合、 野生かつレベル10前後でいわタイプに等倍を取れる技を使えるのが エスパー技の しかいないため、どうしてもレベル上げ作業を強いられる。 このせいで特にヒトカゲやピカチュウを選んだプレイヤーは いきなり大きな壁にぶち当たることになる。 またもを覚えるのがLv. 13のため、道中のバトルを避けガンガン進めてしまうとダメージがなかなか与えられず同じように苦戦する。 ピカチュウ版は「」を覚えられるを序盤で捕まえられる他、ニドラン系列も「」を早いレベルで覚えられるよう修正されたため、赤緑青よりかは苦労しない。 が、これらのポケモンは寄り道マップ(22番道路)にしか登場しないため気付きにくい。 (ちなみにこの寄り道マップではが登場、対戦する運びとなるのだが、そこで勝ってしまうと) ちなみに上記の話は低レベルのままサクサク冒険を進めてきた場合であり、レベリングさえきちんとしておけば地獄を見ることもない。 特にヒトカゲ選択の場合、ほのお技でゴリ押しすれば相手のとくしゅが低いおかげでダメージがちゃんと入る。 しかも、実は初代タケシは いわタイプのジムリーダーなのにいわ技を覚えさせておらず、初代タケシの得意技が解かれるタイミングにさえ気をつければ逆転KOされる心配もない。 タイプ相性とは一体。 GBAリメイク版ではヒトカゲが序盤で「」を覚えられるようになり、自力で対策ができるようになった……ように見えるのは実は罠である。 高いぼうぎょを誇るタケシのポケモンに対して物理技不一致抜群程度焼け石に水。 むしろタケシが遂に タイプ一致いわ技「」を覚えさせてしまい、ヒトカゲはおろかバタフリーすら対策にならなくなってしまった。 大人しくかくとうタイプのマンキーを用意して対策すること。 ではが変わっており、LPに、LEに、レア枠でが登場する上、割と早い段階からニドランやピカチュウが「にどげり」を覚えられるようになっているため、相手の弱点をかなり狙いやすくなっており、 レベルさえ上げておけば攻略にはさほど苦労しなくなっている。 オリジナルの方で散々タケシに苦労させられた往年のプレイヤーの中にはあまりにあっさり突破できるようになっていたことに拍子抜けした方も多かっただろう。 また、PWTに出場した際のイワークはそのポテンシャルを最大限に生かした 完全なガチ仕様になっており、意外と侮れない。 赤・緑・青・黄・FR・LG・ピカブイ• イワーク Lv56• Lv56• Lv56• Lv56• Lv57 ポケモンスタジアム2 ジムリーダーの城 表• イワーク• ジムリーダーの城 裏• イワーク• ゴローニャLv55• Lv54• オムスターLv55• カブトプスLv56• Lv57• イワーク Lv61 ポケモンスタジアム金銀 ジムリーダーの城 表• イワーク エース• ゴローニャ• カブトプス• オムスター• プテラ• PWT・ワールドリーダーズ• イワーク エース• ゴローニャ• カブトプス• 他媒体でのタケシ 声優は。 詳細は 「」の記事を参照のこと。 ポケットモンスターTHE ORIGIN 赤緑を舞台としたオリジナルアニメ『』にも登場。 声優は。 衣装はをもとにした衣装であり、少しアレンジされている。 原作通りニビジムのジムリーダーで岩タイプの使い手で、使用ポケモンはと。 ポケモントレーナーとしてまだまだ未熟なにジム戦を通じてポケモンの基礎的なことを教えた。 (これはポケモンシリーズをあまり知らない人のためのチュートリアルも兼ねていると思われる。 ) また、バトル中、イワークに「がまん」を指示するときにのを叫んでいた。 恐らく担当声優のアドリブであると思われる。 主人公と共にチームを組む初期バディーズの一人としてカスミと共に加入する。 普段はFRLG同様服を着ているが、バディーズわざを発動すると いきなり初代の上半身半裸の姿になる。 実は1年ほど前に同様の演出がアニポケでなされており、それを参考にしたと思われる。 それだけでなく冒険を進めていくと……? 余談 まさかの「あの姿」でのフィギュア化 2015年6月、プレミアムバンダイにてもっとも過去にフィギュア化されたことがないわけではなく、「SRシリーズ」でアニメデザインのフィギュアがカプセルトイで出た事はある。 しかしながらこれはもちろんただのフィギュアではない。 やなど なフィギュアを沢山輩出してきたHGシリーズの例に漏れず 赤緑時代のあの上半身裸の姿でのフィギュア化である。

次の

【初代アニメ】圧倒的な威圧感を誇る脅威のイワヘビ!タケシのイワークの戦歴を紹介する!【トレーナー戦のみ】|ポケメディア

タケシ スプリンクラー

人物 ボイスチェッカー に載るタケシの項目は以下の通り。 なにを しているひと? かたくて がまん づよい! つかうのは いわ タイプ ばっかりだ! どんなひと? ニビジムの タケシくんが てつだってくれる ことも あるよ どんなひと? タケシ から へ この ひろい よのなか つよい は かずおおく いるんだろうな おれたちも もっと もっと つよく なろうな! ゲームにおけるタケシ ジム戦に勝つと、とわざマシンをもらえる ではバッジのみ。 では 所持ポケモン 赤・緑・青 タケシ 1386円 手持ちポケモン1体につき、なんでもなおしを5回まで使用 Lv. 12 - - Lv. 14 - ピカチュウ タケシ 1188円 手持ちポケモン1体につき、なんでもなおしを5回まで使用 Lv. 10 - - - Lv. 12 ポケモンスタジアム2 タケシ 表 Lv. 50 Lv. 50 Lv. 50 Lv. 50 Lv. 50 Lv. 50 タケシ 裏 Lv. 50 Lv. 50 Lv. 50 Lv. 50 Lv. 50 Lv. 42 ポケモンスタジアム金銀 タケシ 表 () Lv. 14 - ハートゴールド・ソウルシルバー に勝った後に毎日までの間にで会って電話番号を登録後、・・の17~20時にディグダのあなでタケシの持つの(つのこ)を交換してもらえる(こちらはをあげる)。 このサイホーンはタマゴわざのを覚えている。 再戦の申し込みは土曜日の夜に可能。 57 ブラック2・ホワイト2 PWTの仕様として、レベル50フラット、性別・特性はランダム(を除く)。 基礎ポイントは、510を配分する箇所の数で割っただけ分割り振られている。 57 対策 ・ 最初のジムリーダーとなる。 ・を選んだならそれぞれ・(でもよい)を覚えさせて連れて行くと簡単に倒せてしまう。 フシギダネの場合はつるのムチを覚えるレベルに達していなくてもとで粘って倒すことも可能。 の場合は第一世代なら最初になきごえを連打すると倒しやすくなる。 FRLGでもと併用すれば倒すことも可能。 特殊耐久が薄いのでに進化させてでごり押しするチャートも考慮される。 FRLGならが有効だが、なきごえを使わない場合はリザードに進化させた上での攻撃上昇に頼ることになる。 一方、だとかなり苦戦するので が高いポケモン(を覚えたが代表的)を連れて行くかわざを覚えたポケモン(が代表的)を連れて行くとよい。 なお、ゲームシステムの仕様上、初代ではタケシのポケモンをやのスリップダメージで倒すことができない。 タケシのAIは行動順が回ってきたタイミングで行動内容を決定しており、プレイヤーが先攻で状態異常をかけた場合、タケシは後攻でを必ず使用する。 初代ではNPCのアイテム使用回数に上限がないため、何度にかけても必ず回復されてしまう。 ただし、なんでもなおしは初代のみこんらんには効果がないのでねんりきの追加効果で混乱させられれば運良く相手が自滅して勝てることもある。 では、の効果が変わっているので、の重いに有効。 ただしバタフリーで挑む場合、敵のが4倍弱点となるので、撃ち漏らした後の返り討ちに注意。 タイプで戦うときはやに注意すること を使う・・の3匹に注意。 はを使うので、で攻撃する方がいい。 ・ HGSSで強化後のを除き、くさタイプで4倍の弱点を突ける。 全体的にが高いので特殊技で攻めた方がいい。 やを倒し切れないと返り討ちにあうので充分注意すること。 カントーリーダーズ とくこうの高いやの高いを連れている。 返り討ちや先制攻撃に気をつけながら、こちらも耐久やすばやさの高いポケモンで挑みたい。 イワークとはくさやタイプ、その他はタイプのポケモンを連れて行けば有利に戦える。 先発は主にイワークが出てくるが、攻撃は高くないのでそれほど苦戦することはないだろう。 ブラック2・ホワイト2 ワールドリーダーズ・タイプエキスパート プテラの他にやといった強者も出てくる。 いわ統一でありながら、先発のイワークはで耐久を上げている、プテラはで元々高い素早さをさらに上げているなどバランスの取れた構成になっているので、特にタイプエキスパートでは思いのほか苦戦する。 くさタイプやはがねタイプのポケモンで挑みたい。 くさタイプの場合はプテラ、バンギラス、ドサイドンの持つわざやゴローニャのに、はがねタイプの場合はプテラなどの持つやわざに注意しよう。 Let's go! ピカチュウ・Let's go! イーブイ トキワのもりなどで()やを捕まえて挑めばあまり苦戦しない。 また、相棒のピカチュウ()でもLv10(ピカチュウはLv9で覚える)まで育てるとを覚えるのでそれを使うのも手。 特性がんじょうはないので弱点を突いていけば苦労しないはず。 地方 ジムリーダー - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - イッシュ - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - アニメにおけるタケシ で初登場。 無印編(オレンジ諸島編除く)・AG編・DP編のの旅の仲間としてレギュラー出演していた。 詳細は を参照。 ポケットモンスター THE ORIGINにおけるタケシ タケシ 英語名 Brock 出身地等 年齢? 職業 声優 ニビジムのジムリーダー。 に負けたにジムに来るように諭した。 手持ちポケモン• を一旦退けたが、に倒された。 レッドのポケモンを立て続けに倒した。 マンガにおけるタケシ ポケットモンスターSPECIALにおけるタケシ の硬派なジムリーダー。 タイプの使い手。 半裸でバトルしている。 ジム内部をプロレスのリングのように作り変え、そこでジムバトルをする。 物語初盤にとのバトルになるが、を切り札として温存しておきながらの電撃を喰らって倒されるという情けない負け方をする。 タケシにはいつでも誰でも挑戦できるという訳ではないらしく、定期的にジムでトーナメントが行われ、その勝者のみがリーダーと戦える。 イワーク以外の手持ちポケモンは、6匹()と。 やと並んで正義のジムリーダーと呼ばれる。 この節はに関連した書きかけです。 して下さる協力者を求めています。 ピカチュウにおけるタケシ のジムリーダー。 アニメとは異なり、の旅に同行するのはで再会してからであり、では同行していない。 ヤマブキシティのジムリーダー、とは古い友人らしい。 ポケモンカードゲームにおけるタケシ 「」は、タケシのポケモンを中心としたスターターセットである。 このスターターセットおよび拡張パック「」「」にタケシのポケモンのカードが収録されている。 その後でも第二世代のタケシをモチーフとしたタケシのポケモンのカードが登場したほか、アニメのタケシをモチーフとしたカードも存在する。 タケシのポケモンのカードについては、を参照されたい。 その他、タケシと名のつくトレーナーカードとして以下が登場している。 また、にもカツラのクイズに悩んでいる姿が登場している。 ポケモンマスターズにおけるタケシ トレーナーとして登場する。 が声優を務める。 この節はに関連した書きかけです。 して下さる協力者を求めています。

次の