オール アンカー 強度。 金属拡張系アンカー強度計算プログラム

あと施工アンカーについて質問です。ケミカル材を使用した場合と、打ち込み式アンカーを用いた場合、どちらのほうが、引抜き強度は強くなりますか。

オール アンカー 強度

名前 必須 姓をご入力ください。 名をご入力ください。 ふりがな 必須 姓(ふりがな)をご入力ください。 姓(ふりがな)は機種依存文字、半角カタカナは禁止されています。 名(ふりがな)をご入力ください。 名(ふりがな)は機種依存文字、半角カタカナは禁止されています。 会社名 必須 法人格を選択してください。 会社名をご入力ください。 会社名は機種依存文字、半角カタカナは禁止されています。 事業所名 事業所名は機種依存文字、半角カタカナは禁止されています。 部署名 部署名は機種依存文字、半角カタカナは禁止されています。 国内外 必須 国内 海外 郵便番号 必須 郵便番号をご入力ください。 正しい郵便番号をご入力ください。 住所 必須 住所をご入力ください。 住所は機種依存文字、半角カタカナは禁止されています。 住所 国名 を選択してください。 電話番号として認識できません。

次の

ユニカ株式会社 [UNIKA CO., LTD.] アンカー技術資料

オール アンカー 強度

<考察> 短期荷重として いったいどんな荷重を想定しているのか・・・不安 死荷重は たいしたことはないのでしょうか。 オールアンカーは施工の技量により 強度の信頼性が左右される 人が乗る可能性があるなら ケミカルが良い 計算上はOKであるが やはりM12以上が望ましい・・ (ボルト間隔65はやはり狭いので大きいボルトサイズが欲しい) 以上 個人的な所見でした。 まず、質問文と添付図からは使用するアンカーボルトの材質(ネジ部強度区分)と正確な荷重点が不明なので、JIS B 1220、JIS B 1221(アンカーボルト規格)に準拠した製品中、一番強度の低いSS400で、中空断面欠損の無いグリップアンカータイプ、荷重点は金物フランジとコンクリート垂直面に限りなく近いと仮定して回答します。 上、仮定条件に拠れば、荷重1000kgの殆どがアンカーボルト剪断荷重になり、アンカーボルト引き抜き方向の荷重は僅少と考えられます。 アンカーボルト製造者(メーカー)で強度計算根拠を公表している者の多くが「剪断荷重強度は規定しないが、およそ引張強度の60%」としていますので、これに従います。 以上から、SS400・M10ボルトの剪断荷重は最小でも870kg以上であり、質問文添付図通りの1000kg垂下静荷重(1本当たり500kg)に耐えられます。 (但し、安全率や地震時の動荷重は考慮していない) なお、オールアンカー等の中空ボルトの中心に拡径ピンを打ち込むタイプのアンカーボルト強度はJIS・M10ボルト強度の半分程度なので注意して下さい。 露出するネジ部が同じなら、ケミカルアンカー>グリップアンカー>オールアンカーの順に強度が低くなります。 (商品名を出しましたが他意はありません。 構造上の分類です).

次の

アンカーの種類と特長 【通販モノタロウ】

オール アンカー 強度

ケミカルアンカーと金属アンカーは単純に比較できません。 まず、理由として穿孔長さが違います。 D13の場合、金属アンカーは55mmですが、ケミカルの場合110mmです。 アンカーはコンクリートの破断強度が関連するため深さが倍であれば 強度は4倍以上になります。 それとケミカルと金属アンカーでは抜けなくなる原理が違います。 金属アンカーは穴の中で拡張することによって抜けにくくなりますが ケミカルは接着で抜けなくなると思われがちですが、 実際はそうではなく、コンクリートにコンクリートドリルで穴を開けると コンクリートの中にある砂利を避けながら穿孔するために 微妙に穴が蛇行しています。 その穴の中にケミカルで樹脂を硬化させるために埃の多い穴内面でも 穿孔形状で固まるために抜けなくなります。 当然金属アンカーを併用してもあまり意味がありません。 (深さ55mm程度では蛇行が少ないので、抜けやすい) またケミカルアンカーはコンクリート以外の石やレンガ・モルタルなど 穿孔蛇行しないものには使えません。 ナイス: 0.

次の