舟券 買い方。 舟券の買い方と種類を紹介!

【予想屋直伝】競艇予想のコツと仕方!舟券買い方のポイントや攻略法とは?

舟券 買い方

競艇での舟券の購入方法、買い方をご紹介 ボートレース(競艇)の舟券(勝舟投票券)には多種多様な購入方法が存在します。 舟券は全部7種類あり、買い方次第で勝率や的中率、収支などが変わります。 この記事では、舟券の購入方法や場所について、また予想レースの舟券の買い方についてを記事にしてまとめています。 初心者の方や、舟券が当たらずに悩んでいるベテランの方も読んでくださいね。 舟券の購入方法や購入場所 舟券の購入方法は大きく分けて3つあります。 競艇場で購入• ボートレースチケットショップで購入• インターネットや電話で購入 舟券は全国24か所ある競艇場で購入することができます。 また場外舟券発売場であるボートレースチケットショップでも購入できますし、テレボート会員になればインターネットや電話での購入も可能となります。 「競艇場」での購入 最も一般的で普通の人が頭に思い浮かぶ舟券の購入方法が、競艇場での購入です。 競艇場(ボートレース場)は全国に24か所あり、実際のレースも生で観戦する事ができます。 生のレースの迫力はとても凄いです。 ボートのモーター音も聞こえて大迫力ですし、外で風を感じながら間近でレースを見る事もできます。 また、空調の効いた室内でゆっくり観戦を楽しむこともできます。 「場外発売所」での購入 競艇場が近くになくてもご安心ください。 ボートレースチケットショップという場外舟券発売場も全国に存在し、ここでも舟券を購入することができます。 全国のボートレースチケットショップ(外部リンク) 「電話投票・インターネット投票」 競艇場もボートレースチケットショップもご自宅の近くに無い場合でも安心してください。 インターネット投票や電話投票で自宅にいながらでも、全国24か所のボートレース場の全てのレースの舟券を購入することができます。 競艇の舟券を自宅から購入するには、 テレボートというサービスの会員になる必要があります。 テレボート会員には「ネット投票会員」と「電話投票会員」という2種類の会員が存在します。 テレボート会員の登録は下記URLから可能です。 ポイントクラブに会員登録をして、テレボートにて投票をすることで、自動的にポイントが貯まっていきます。 ただし殆どのポイントクラブでは「単勝」「複勝」「ワイド」の舟券はポイント追加の対象外となりますのでご注意ください。 ここで貯まったポイントは景品や現金と交換することができます。 また、ポイントとは別に定期的にカタログが送られてきて好きな商品を1点無料でプレゼントしてくれるサービスや、各ボートレース場のカレンダーなどが送られてくるサービスもあります。 テレボート会員になり、インターネット投票や電話投票をする場合には、このポイントクラブにも登録しておくほうがお得ですね。 ただし、殆どのポイントクラブのポイント有効期限は1年間となります。 せっかく貯めたポイントが有効期限で失効した、なんてことにならないように細心の注意を払っておきましょう。 回収率アップのために!どんな買い方が良い? 競艇(ボートレース)は、同じ公営ギャンブルの競馬や競輪やオートレースと違い、ボートを使用するモータースポーツです。 馬や人と違いスタミナ切れを起こさないため、最初から最後まで全速力で駆け抜けることができるのが特徴の一つです。 その特性上、最初にコーナーを曲がる可能性の高い1コースや2コースのイン寄りの艇が強くなります。 また、ボートレース場や選手ごとにも特徴や強みがあり、知れば知るほど奥深い公営ギャンブルです。 予想をするうえでの要素が非常に多い競技なのです。 ここからは、舟券の当たりやすい買い方や買い方毎の的中率と配当について検証していきましょう。 1~6号艇の勝率について 前の項目でも記載しましたが、競艇はモータースポーツですのでイン(内側)の1コースや2コースが圧倒的に有利となります。 1コースに進入した艇が1着になる確率は約45%で、2コースに進入した艇が2着になる確率は約27%となります。 ただし、1号艇が1コース、2号艇が2コースに必ずしもそのまま進入するわけではありません。 しかし、殆どのレースではそのまますんなりと進入することが多くなります。 つまり1号艇と2号艇は勝率がかなり上がやすくなるので、オッズも低くくなりやすいのです。 1号艇の勝率:39. 0%~59. 6号艇の勝率:1. 4%~3. 5% 上記の数字を比較すると分かように、1コースに進入しやすい1号艇と、大外の6コースに進入しやすい6号艇では勝率にかなりの差が生じます。 もちろん各ボートレース場や節やレーサーによっても、勝率の数字は変わってきますが、1号艇と2号艇のインに入りやすい艇の勝率が圧倒的に高いという事は覚えてきましょう。 競艇の基本となります。 高配当を狙うには外側の艇を予想にからめる必要あり 競艇(ボートレース)は、インに進入しやすい1号艇や2号艇がの勝率が高くなります。 ただし、勝率が高く有利なのは競艇ファンなら誰しもが知る事ですので、人気が集中しオッズは低く配当金も少なくなります。 高配当を狙うには、どうしても外側のコースに入る4~6号艇をからめる必要が出てきます。 もちろん、無理にからめることで舟券を外してしまっては元も子もありません。 外側の艇が着にからみそうなレースを見極める必要がでてきます。 外側に強いレーサーが出走するレース、インに入りそうな艇がデビューしたての新人レーサーなど、インの艇が飛んでアウトの艇が連に絡みやすくなるレースを見極め、様々な要素を考えて予想していくことが高配当を狙う秘訣となります。 3号艇を予想に入れるかどうかの判断 レースの予想に3号艇をからめるか否かは、非常に判断が難しいところです。 3コースに進入しやすい3号艇は、1着でゴールしなくても2着・3着の連にからんで来ることも多々あり、安易に切り捨てることはできません。 3号艇に乗るボートレーサーがどのような展開でレースをするのかを考慮して、そのレースの予想をしていかなければなりません。 舟券の種類別でみる的中率と配当について 競艇(ボートレース)の舟券は全部で7種類あります。 それではここから買い方別に見る的中の確率と、どのくらいのその舟券の種類でどのくらいの配当が付くものなのかを検証していきましょう。 66% 単勝は1着でゴールする1艇を選ぶというシンプルな舟券となります。 66%)で的中となります。 一番分かりやすい舟券ですが配当は低く見返りは小さくなります。 33% 複勝は2着以内にゴールする1艇を選ぶ舟券となります。 選んだ1艇が1着でも2着でゴールしても的中となります。 33%)で当たります。 全舟券の中で一番当たり舟券となりますが、その分単勝よりもオッズは低くなり、1. 0倍と元本が返ってくるだけの場合も多いです。 あまり買う事がない舟券ですね。 33% 2連単は2艇を選び順番通りに1着2着でゴールすれば的中と言う舟券となります。 33%)で的中します。 1着と2着を順番通りに当てるので、当たる確率は低く非常にシビアな舟券です。 その分、配当も良いので高額の払い戻しに期待が持てます。 例えば1号艇と4号艇を選んで、1-4でも4-1の着順でも的中となります。 66%)で当たりとなります。 当たりやすく配当もまずまず良いので、初心者に最もオススメできるバランスの良い舟券です。 83%)で当たりです。 一番的中させるのが難しい舟券となります。 確率が全舟券中で最も低い分、高額の払い戻しの配当金が期待できます。 競艇の売上のほとんどが3連単の舟券となります。 競艇に慣れてきたらこの舟券に挑戦してみましょう。 例えば1号艇と3号艇と6号艇を選び、1-3-6、1-6-3、3-1-6、3-5-1、6-1-3、6-3-1の着順の全てが当たりです。 00%)で当たりです。 2連複同様、当たりやすさと配当のバランスが良い舟券となります。 3連単の舟券で高配当を狙う前にこの舟券で慣れておくようにしましょう。 競馬でいうところのワイド馬券と一緒で、非常に当てやすい舟券の一つです。 00%)で当たりとなります。 単勝よりも的中しやすいので、初心者にはオススメの舟券となります。 ただその分配当はかなり少なく1倍台も多くなるので、見返りは少ない舟券です。 確率と配当のバランスでベストな買い方は? 競艇(ボートレース)は100円から舟券を購入することができます。 競艇は自分の懐具合で賭け金を変えらることができるのも大きな魅力の一つですね。 そして、大きく配当金を得たいのか、それとも的中を楽しみたいのか、自分自身のその時の状況によって買い方は絶えず変化します。 舟券の確率や配当を考えた時に自分にとって最上な買い方とは何になるのでしょうか。 買い方の考察もしていきましょう。 2連単・2連複・3連複の舟券がベター? まず最初に考えるのは舟券の種類です。 配当の低い 「単勝」「複勝」「拡複勝」と、的中しづらい 「3連単」を切り捨てるという考え方があります。 的中しやすくオッズもまずまず良く高配当も出やすい 「2連単」「2連複」「3連複」に絞って勝負するという方法もあります。 これがベストとは言えませんが、ベターな戦略であると言えるでしょう。 実力が明らかなレースは単勝購入もあり 明らかに一人だけ実力が図抜けているボートレーサーがいる場合や、勝つ条件がかなり整っているレースの場合は単勝での勝負も考えてみましょう。 ただし、そのような条件が整っている場合はオッズも低く設定されてしまうことが多いので、賭け額も大きくしないと、そのレースで勝負する意味もあまり無くなってしまいます。 その自分の閃きを信じて大きく張れるかどうかが、単勝の舟券での勝負の鍵となりますね。 荒れるレースの連複でプラス収支を狙う 基本的に競艇のレースは、人気薄の艇が着順に入り荒れれば荒れるほど、オッズが高くなり高額の払い戻しが期待できるようになります。 一般の人が予想しやすいようなレースで、人気順のゴールが決まるような展開のレースになると、オッズは低くなり払い戻し金には期待ができません。 荒れると言われるレースの一例としては、アウトからの進入になりやすい5号艇や6号艇が着順に絡んで来るレースがあげられます。 当日の風向きや、1コースの艇が1着になりづらいボートレース場、アウトに進入するであろうレーサーの選手のタイプなど、様々な要素を見極め荒れるレースを狙い、5. 6号艇を絡めて、連複の舟券を購入することでプラス収支を狙っていくという戦略もあります。 オッズの変動を考え締め切りギリギリまで待つ 舟券の購入のスタート開始から、購入が終了する時間までの間は、オッズは絶えまなく変化しつづけます。 競艇における舟券のオッズの算出方法はここでは省きますが、オッズは常時変動するものと覚えておいてください。 あまりに早く、舟券を購入して予想よりもオッズが下がり計算が狂う場合も多々あります。 レース開始直前、舟券購入の締め切りギリギリまで、オッズの変動を待ってから、舟券を購入するという戦略も、シビアに勝ちを拾にいくなら必要になる時があります。 まとめ 競艇(ボートレース)は、舟券の種類・買い方で収支が大幅に変わってきます。 まずは種類や買い方を一通り覚え、自分に合った買い方を模索していきましょう。 的中率と配当のバランスを考えて、自分がどれくらい的中させたいのか、どれくらいの配当金が欲しいのかを見極め、舟券を選んでいくのが勝利への近道です。 初心者の方の場合は、最初から3連単で高配当を狙ってみるよりも、まずは連複系の舟券でコツコツと的中させていくのがオススメとなります。 少しずつボートレースに慣れながら自分に合った買い方を見つけてみてくださいね。

次の

競艇で勝つ舟券の買い方

舟券 買い方

インターネット経由で舟券を購入することができる• 365日いつでも購入可能• サービスに対応している銀行口座が必要• テレボート用口座と即時入出金が可能• いつでも入出金が可能• 会員専用サイトでオッズ、直前情報を確認できる ネット経由で365日いつでも舟券を購入することができる ネット投票会員はその名の通り、インターネット経由で舟券を購入することができるサービスです。 パソコンや携帯電話、スマートフォンなどインターネットに接続ができる機器から365日いつでも投票することができます。 ネット投票会員になるには サービスに対応している銀行のネット口座が必要になりますが、ネット口座さえあれば簡単な申込だけで即利用可能になります。 ネット投票会員は 、 、 、三菱UFJ銀行、三井住友銀行、りそな銀行、埼玉りそな銀行、福岡銀行、広島銀行、スルガ銀行、au の口座を持っていれば登録できるサービスで、保有している口座を使ってテレボート口座という舟券購入用の口座と入出金して、舟券を購入することになります。 三菱UFJ銀行• 三井住友銀行• りそな銀行• 埼玉りそな銀行• 福岡銀行• 広島銀行• スルガ銀行• au テレボート用口座と即時入出金が可能 対応銀行の口座さえ持っていれば即日利用可能な点が特徴で、後に出てくる電話投票会員のように専用の口座を開設する必要がありません。 テレボートの口座と銀行のネット口座感の入出金は即時で反映しますので、払戻金を即日引き出すことができます。 また銀行の入出金には制限がなく、レース当日でもコンビニのATMなどから入金をして舟券を購入することができます。 ネット銀行であればコンビニATMの入出金は無料なところがほとんどですので、無駄な手数料を支払うことなく入出金をすることができます。 会員専用サイトでオッズ、直前情報を確認できる またネット投票会員になると、会員専用の情報サイトを利用することができ、 オッズや 直前情報などレースの予想に役立つ情報をチェックすることができます。 投票内容・結果を確認することもできるので、自分の収支管理もすることができます。 電話投票会員と比べると、サービスの利便性はネット投票会員の方が上ですので、どうしても電話投票会員が良いという人以外はネット投票会員として登録するのが良いでしょう。 上述した通り、ネット投票会員になるにはサービスに対応している銀行口座を開設する必要があります。 そのため、サービス対応銀行の口座を持っていない人はまず対応銀行の口座を開設しましょう。 すでに対応している銀行の口座を持っている人は以下のページから会員申込をすることができます。 (非対応銀行:りそな銀行、埼玉りそな銀行、auじぶん銀行) サービスの申込自体は 15分程度で完了し、完了次第すぐに利用することができますので、その日のうちに舟券の購入まですることができます。 電話投票会員のサービスの特徴• プッシュホンから舟券を購入することができる• インターネットからも舟券を購入することができる• 舟券を購入するには専用銀行口座の開設が必要• 専用銀行口座はレースの前日からレース終了まで入出金ができない プッシュホンから舟券を購入することができる 一方、電話投票会員はプッシュホンから舟券を購入することができるサービスです。 電話投票会員という名前ですが、インターネット経由で舟券を購入することもでき、投票はインターネット経由と電話の両方で注文が可能になっています。 舟券を購入するには専用銀行口座の開設が必要 専用の銀行口座が必要になり、電話投票会員になる際には、テレボート指定の18の銀行の中から舟券購入用の専用口座を開設します。 テレボート指定の銀行は都市銀行、地方銀行がメインですので、ネット銀行では専用口座を開設することはできず、 ネット銀行では電話投票会員になることはできません。 また専用口座の 口座開設には1~3か月かかります。 専用口座を開設しないといけないのは面倒ですが、専用口座であることで入出金が把握しやすくなり資金管理が簡単になるというメリットもあります。 レースの前日からレース終了まで入出金ができない もう1点注意点として、専用銀行口座はレースの前日には口座がロックされ入出金ができなくなります。 そのため舟券を購入するには購入資金の 入金を前日までにしておく必要があります。 払戻金を出金できるのもレースの翌営業日からになります。 このように電話投票会員には口座や入出金に制限があり、ちょうど中央競馬における即PATとA-PATとの違いと同じで、よほど電話で注文がしたいという方以外はネット投票会員になった方がよいでしょう。 ネット投票会員 電話投票会員 対応銀行 ・住信SBIネット銀行・楽天銀行・ジャパンネット銀行・三菱UFJ銀行・三井住友銀行・りそな銀行・埼玉りそな銀行・福岡銀行・広島銀行・スルガ銀行・auじぶん銀行 投票方法 ・PC・スマートフォン・携帯電話 ・電話・PC・スマートフォン・携帯電話 申込から利用までの期間 即日 1カ月半~3カ月程度 入金 当日の入出金が可能 投票日直前の銀行営業日まで 出金 当日の入出金が可能 翌銀行営業日以降 ネット会員になる際に必要になる銀行口座はネット銀行の口座を作っておくと、 入出金の手数料がお得なのでおすすめです。 競艇用の口座を作っておくと収支管理が楽になり、競馬や競輪などのネット投票にも使えて便利なので、ネット投票に対応しているネット銀行はどれか作っておくと便利です。 特に 住信SBIネット銀行、 楽天銀行、 ジャパンネット銀行の3銀行は競艇以外にも、競馬やオートレースなどの公営競技への投票をネットから行うことができます。 別の記事で紹介していますので参考にしてください。

次の

【競艇初心者】ルールとおすすめの勝ち方!舟券の予想と買い方のコツを解説 2020年7月

舟券 買い方

ただし悪天候などで危険が及ぶ場合、競艇場の判断でレースの距離を2周にするなど例外もあります。 競艇初心者がわかりにくい競艇のスタート方法 ボートレースのスタートは、陸上競技のように「位置についてよーいドン」というスタート方式とは違い、 決められた時間内にスタートラインを通過する「 フライングスタート方式」が採用されています。 競艇スタートフライングと出遅れとは 競艇のスタートは非常に難しくて0秒から1秒までの間に通過しなければダメで、大時計が ゼロになる前にスタートラインを通過すると フライング(F)となり、逆に 1秒を超えてしまうと 出遅れ(L)となり、どちらも欠場になります。 スタートラインまでの助走距離は、インコース側がスローと言われ「 100m前後」、アウトコース側がダッシュと言われ「 180m前後」となります。 スタートラインでタイミングを合わせなければいけないので、 ボートレーサーは大時計を見ながら自分の感覚を頼りに加速させていきます。 競艇初心者は6つの勝負の決まり手を覚えておく ボートレースでは殆どのレースで「 スタートから1周1マークのターン」で勝負が決まります。 これは競艇の大きな特徴で、1周1マークのターンを1番で旋回すると、 他の艇の引き波(走っている艇の後ろにできる波)の影響を受けにくくなり、より早く走れたり安定した旋回ができるからです。 ビッグレースと言われるSG(スペシャルグレード)やG1(グレードワン)のようなボートレースでは、勝負を諦めない選手もいるので、途中で順位が変わることもありますが、 一般戦のようなレースでは大体1周1マークで順位が決まるのが特徴です。 競艇初心者が覚えておくべき、 舟券の種類と 舟券の買い方をここで詳しく紹介します。 競艇初心者の舟券の買い方とは まず最初に結論を言ってしまうと、競艇初心者の場合には 舟券を当てたいなら「 単勝」か「 二連単」に絞っておくことが大事です。 この理由は、 単勝や二連単はオッズは低いけれど的中確率が高いので、 競艇初心者でも比較的当てやすい舟券です。 競艇は6艇で着順を決めるレースですので、 単勝の的中確率は1/6、 二連単の的中確率は1/30となり、二連単で1着になる艇を固定して2着を総流しにすれば、 競艇初心者でも的中させやすいのが特徴です。 競艇初心者なら 高配当よりも「 まずは的中」を目指すべきで、舟券がいつまでも当たらないと楽しさが半減して結果的に競艇の面白さに気づく前にやめてしまいます。 69 50. 6 69. 6 80. 0 02 戸田1コース 7. 14 43. 2 61. 9 73. 1 03 江戸川1コース 7. 22 43. 3 63. 1 75. 8 04 平和島1コース 7. 17 44. 4 62. 4 73. 6 05 多摩川1コース 7. 64 51. 1 68. 2 78. 5 06 浜名湖1コース 7. 62 50. 5 68. 9 79. 1 07 蒲郡1コース 7. 86 54. 2 72. 8 80. 7 08 常滑1コース 7. 87 56. 2 72. 6 80. 9 09 津1コース 7. 99 57. 6 74. 7 82. 0 10 三国1コース 7. 79 53. 0 72. 0 80. 5 11 びわこ1コース 7. 57 50. 1 68. 8 77. 8 12 住之江1コース 7. 93 56. 3 72. 5 81. 7 13 尼崎1コース 7. 98 56. 0 73. 6 82. 7 14 鳴門1コース 7. 52 50. 0 67. 6 77. 5 15 丸亀1コース 7. 78 52. 5 70. 8 80. 7 16 児島1コース 7. 92 57. 0 73. 4 81. 1 17 宮島1コース 7. 93 57. 4 73. 3 81. 8 18 徳山1コース 8. 36 63. 9 78. 9 85. 9 19 下関1コース 8. 06 57. 6 75. 4 83. 7 20 若松1コース 8. 05 56. 8 75. 5 83. 7 21 芦屋1コース 8. 27 61. 4 77. 6 85. 5 22 福岡1コース 7. 71 50. 7 68. 9 79. 4 23 唐津1コース 7. 78 52. 8 71. 6 80. 8 24 大村1コース 8. 59 67. 8 82. 5 88. 1 平均値 全国平均 7. 81 53. 9 71. 5 80. このデータを見ると1着率では「 ボートレース大村67. 8%」「 ボートレース徳山63. 9%」という数字になっていますので、 イン逃げの確率が高い競艇場を選んで舟券を買うのもおすすめの買い方です。 オッズは買い目が決まってから観る 競艇初心者の場合、 オッズを先に見てしまうと迷いが出てしまい、結果的に 的中する可能性が低い高配当の舟券を買ってハズレてしまうパターンが多くなります。 「イン逃げ」で買うと決めて、 1号艇の単勝を見て買うか二連単を買う• 二連単の場合は 1着は1号艇で、 2着は総流しで買う。 最後に二連単のオッズを見て、 的中してもマイナスにならないように購入金額を調整• もし調整してもマイナスになる場合は 舟券を買わずに次のレースを待つ このように 競艇初心者のおすすめの買い方は、まずイン逃げで勝つための レース選定をマスターすることです。 自分でイン逃げするか分からかったり、配当が安くて利益が出ないというレースは、 舟券を買わずに見送る判断を養うことも重要です。 競艇歴が長くなっても 全てのレースで勝つことは不可能ですので、自分のルールと合わないレースは 舟券を買わないことを守れるメンタルも必要になります。 競艇初心者を卒業する予想のコツ ここからは「 競艇初心者を卒業するために必要な知識」となる「予想のコツ」を詳しく解説していきますね。 級別 定率 2連対率・3連対率・勝率 事故率 最低出走回数 A1級 20% 2連対率30%以上、3連対率40%以上で勝率上位者 0. 70以下 90回以上 A2級 20% 2連対率30%以上、3連対率40%以上でA1級を除く勝率上位者 0. 70以下 70回以上 B1級 50% 勝率2. 00以上で、A1級とA2級を除く勝率上位者 0. 70以下 50回以上 B2級 A1級、A2級、B1級以外の者 ボートレーサーの階級で 最上位が「A1級」で全選手の上位20%程度となり、ボーダーラインの勝率は「 6. 20前後」となることが多く、毎年1月と7月の年2回、 半年に一度更新されます。 賞金額も賢威も最高峰の SG競争(スペシャルグレード競争)には、原則として A1級でないと出場できないなどのルールもあり、出場できるレースや日程も左右されるのが「 級別」の階級になります。 競艇初心者が出走表で最初に注目すべき点は「 階級」と「 所属支部」をチェックすることね! フライング数と平均スタートタイミングを観る 次に競艇初心者が出走表をチェックする項目は「 フライング数」と「 平均スタートタイミング」になります。 「 F数」はフライング数、「 L数」は出遅れ数のことで、フライングを持っているボートレーサーは再度フライングをしないように「 スタートタイミング」を慎重に行く傾向になります。 もし1号艇がフライングを持っていたら、 スタートが慎重になり外側の艇より遅れて、まくられる恐れもありますので注意が必要になります。 また「 平均ST」は平均スタートタイミングのことで、その選手の スタートタイミングの平均値になります。 平均スタートタイミングが小さい選手ほど、スタート感がよく、 いいスタートを決める指標になりますので、1号艇の平均STもチェックしておくと良いでしょう。 全国勝率と当地勝率を観る 次に「 全国勝率」と「 当地勝率」をチェックしておくことも、 イン逃げが成功するかのひとつの指標になります。 全国勝率とは1年間の 全競艇場での勝率を算出した数字になり、当地勝率とは1年間の 開催地だけの勝率を算出した数字となります。 出走表で 1号艇のモーター2連対率が高ければ、 イン逃げの可能性が高いと予想できます。 開催実績があれば前日までの成績を観る 出走表には「 今節成績」という欄があり、初日以外であれば 前日までのボートレーサーの成績が記載されています。 ここでチェックできるのは、前日までの「 枠番」「 進入コース」「 STタイミング」「 着順」で、当然ですが 着順で1着が多ければモーターや艇の乗り心地もよく、 イン逃げの確率が高いと予想ができます。 脱・競艇初心者の予想のコツ「展示航走」をチェック 競艇初心者を卒業するために予想のコツとなる「展示航走」をチェックできるようになりましょう。 展示航走には、「 スタート展示」と「 周回展示」と呼ばれる2種類の展示がある。 スタート展示でチェックするポイントになるのが「 ピットアウト」「 進入」「 スタートタイミング」で、競艇では艇番と進入コースが異なることが多いので、 舟券の予想をする上では欠かせない直前情報となります。 ただ レーサー間の勝負の駆け引きがある場合には「スタート展示」と「本番レース」では スタートコースが違ってくる場合もあります。 また スタート展示でのフライングはあまり関係なく、ボートレーサーはスタート展示でフライングした場合でも 本番のレースまでにはスタートタイミングを修正してきますので、あまり気にすることはありません。 人気の記事はこちら• 2019年3月19日 に投稿された 6 投票, 平均点: 4. 67, 総合点: 28 評価済• 2019年3月19日 に投稿された 2 投票, 平均点: 3. 50, 総合点: 7 評価済• 2019年2月5日 に投稿された 38 投票, 平均点: 4. 37, 総合点: 166 評価済• 2019年2月7日 に投稿された 16 投票, 平均点: 4. 25, 総合点: 68 評価済• 2019年3月19日 に投稿された 2 投票, 平均点: 4. 50, 総合点: 9 評価済• 2018年11月28日 に投稿された 13 投票, 平均点: 4. 15, 総合点: 54 評価済• 2019年4月11日 に投稿された 3 投票, 平均点: 4. 33, 総合点: 13 評価済• 2019年3月6日 に投稿された 8 投票, 平均点: 4. 13, 総合点: 33 評価済• 2019年3月15日 に投稿された 4 投票, 平均点: 4. 25, 総合点: 17 評価済• 2019年3月27日 に投稿された 2 投票, 平均点: 4. 00, 総合点: 8 評価済.

次の