個人 番号 通知 カード 紛失。 マイナンバーカード、通知カードを紛失しても個人番号がすぐにわかる裏ワザ

個人番号通知書(通知カード)を紛失した場合の手続き|盛岡市公式ホームページ

個人 番号 通知 カード 紛失

マイナンバーカード(個人番号カード)は10年(未成年者は5年)、カードに格納されている電子証明書は5年の有効期限があります。 有効期限を迎える方に対し、有効期限の2〜3ヶ月前を目途に有効期限通知書が送付されます。 有効期限通知書に同梱のパンフレットに更新手続きのご案内があります。 【有効期限通知書に申請書IDの記載のある方】 申請書IDの右側に「交付申請用QRコード(URL)」があります。 QRコードを利用したスマホ申請を、ぜひご利用ください。 【有効期限通知書に申請書IDの記載のない方】 必要書類(有効期限通知書に記載)を持ち、市区町村窓口へお越しください。 マイナンバーカードの電子証明書の更新案内が届いた方に、代理で更新手続をすると言って、マイナンバーカードと暗証番号をだまし取ろうとする不審な電話に注意してください。 見知らぬ第三者にマイナンバーカード及び暗証番号を渡してはいけません。 マイナンバーカード交付申請用封筒の差出有効期限が切れている場合の対応について マイナンバー制度については、平成29年秋頃より情報連携やマイナポータルの本格運用が開始される予定であり、これに合わせ、これらマイナンバー制度の利便性及びそれらを支えるツールとしてのマイナンバーカードの利点について、より幅広く周知・広報に取り組むことが重要となります。 国においては、マイナンバー制度、特にマイナンバーカードについて、今後幅広い世代・対象に向けた周知・広報を展開していくこととしておりますが、各都道府県及び各市区町村においても、周知・広報及び申請補助等を幅広く展開するキャンペーンの実施及びマイナンバーカードの利活用の推進について積極的な取組みを以下の通知により依頼しました。 【地方公共団体の先進的な取組】 ・ ・ ・ ・• 【各地方公共団体の取組状況・予定】• 市区町村• マイナンバーカード利活用推進ロードマップについて マイナンバー総合フリーダイヤル TEL 0120-95-0178 (無料)• 「マイナンバーカード」、「個人番号通知書」、「通知カード」に関することや、その他マイナンバー制度に関するお問合せにお応えします。 平日9時30分〜20時00分、土日祝9時30分〜17時30分(年末年始(12月29日〜1月3日)を除く)• マイナンバーカードの紛失、盗難などによる一時利用停止については、24時間365日受け付けます。 1 マイナンバーカード・電子証明書・個人番号通知書・通知カードに関するお問合せ 「1番」• 2 マイナンバーカードの紛失・盗難について 「2番」• 3 マイナンバー制度・法人番号に関するお問合せ 「3番」• 4 マイナポータルに関するお問合せ 「4番」• 5 マイナポイントを活用した消費活性化策に関するお問合せ 「5番」• マイナンバー制度、マイナポータルに関すること 0120-0178-26• 個人番号通知書、通知カード、マイナンバーカード、紛失・盗難によるマイナンバーカードの一時利用停止 0120-0178-27 個人番号カードコールセンター(全国共通ナビダイヤル) TEL 0570-783-578• 全日8時30分〜20時00分(年末年始(12月29日〜1月3日)を除く)• マイナンバーカードの紛失、盗難などによる一時利用停止については、24時間365日受け付けます。

次の

【マイナンバー】個人番号カード・通知カードを紛失した時の対策|スモビバ!

個人 番号 通知 カード 紛失

通知カードについての重要なお知らせ 1.令和2年5月25日のデジタル手続法の一部の施行により、通知カードが廃止されます。 詳しくは(内部リンク)をご確認ください。 2.宛先なし等の理由で市役所へ返戻された通知カードは、 1年間保管したのち、廃棄いたします。 受け取られていない方は、以下の必要な書類を持参のうえ、市役所本庁舎1階の市民課7番窓口で、お受け取りください。 返戻された通知カードの受け取りについて 市役所へ返戻された通知カードのお渡しは、平日の午前8時30分から午後5時まで行っております。 (なお、個人情報保護のため、返戻の有無について、電話でのお問い合わせにはお答えできません。 ) 廃棄後に通知カードの再交付を申請する場合は、500円の手数料負担が必要です。 (令和2年5月24日をもって終了) 本人または同一世帯員が来庁する場合 本人確認資料(原本) (例)運転免許証、パスポートなど顔写真がある身分証だと1点 保険証、介護保険証、年金手帳など顔写真が無い身分証だと2点 代理人が来庁する場合 以下の3つ全て必要• 本人の本人確認資料(原本)• 代理人の本人確認資料(原本)• 委任状 通知カードについて 平成27年10月5日に住民票を有する全国民にマイナンバー 個人番号)が付番され、マイナンバーをお知らせするための通知カードを住民票の住所に送付しました。 八王子市においては平成27年11月14日から平成27年11月30日の間に、世帯主宛ての簡易書留(転送不要)で送付しました。 なお、新たにマイナンバーが付番された方(海外からの転入の方や、出生された方等)の通知カードについては、住民登録を行った2週間から1か月後に住民票の住所に送付されます。 (令和2年5月24日をもって終了) マイナンバーは、福祉・税分野の手続き(児童手当や生活保護の申請、確定申告など)の際に提出を求められることがあります。 通知カードは、マイナンバーの提示を求められた際に、本人確認資料と併せて提示して頂くカードになります。 (注意)お手元に通知カードが無い際は、マイナンバー入りの住民票で代用できます。 通知カードに記載のあるマイナンバーは、一生使う大切な番号になります。 通知カードは、失くさないようにしてください。 万一紛失・盗難等にあった際には、マイナンバー制度コールセンター(電話番号:0120-95-0178)までご連絡ください。 通知カードが送付される封筒(令和2年5月24日をもって終了) 封筒に入っているもの(全4点) 番号 入っているもの 1 宛名台紙(お問い合わせ先記載あり) 2 通知カード・個人番号カード交付申請書兼電子証明書発行申請書・音声コード台紙 (補足)世帯人数分(1通で最大8人まで) 3 説明用パンフレット(8ページ3つ折り) 4 個人番号カード申請書の返信用封筒 通知カードに関する注意事項• 通知カードは平成27年10月5日時点の住所に送付しました。 平成27年10月5日以降にお引越しをされた場合には従前の住所に送付していますので、ご注意ください(平成27年10月4日に南口総合事務所あるいは南大沢事務所でお引越しの手続きをされた方も、従前の住所に送付しています)。 通知カードを受領できなかった場合は、郵便局で7日間保管の後、市役所市民課に戻ります。 受領をご希望の場合は、必要書類等の案内がございますので市民課コールセンター(電話番号:042-620-7474)へご連絡ください。 通知カードを受領の後、お引越しをされた場合は、新しい住所を通知カードに記載する必要があります。 お引越しの手続きの際は、通知カードを忘れずにお持ちください。 (令和2年5月24日をもって終了)• 国外にお引越しされる際は、通知カードにその旨記載する必要があります。 国外へお引越しの手続きの際は、通知カードを忘れずにお持ちください。 個人番号カードの交付をご希望される方は、個人番号カードの交付と引き換えに通知カードを返納する必要がありますので、あらかじめご承知ください。 通知カードの再発行手数料は500円です。 (令和2年5月24日をもって終了).

次の

マイナンバーカードは、「通知カード」を紛失しても発行・受取できる!

個人 番号 通知 カード 紛失

通知カードとマイナンバーカードとは?何が違う? 通知カードとは、その名の通り各個人にマイナンバーを通知するために配布されたカードのことです。 あくまでマイナンバーカードの発行手続きをするまでの仮のカードです。 一方マイナンバーカードとは、本人の写真がついている正式な身分証明書です。 通知カードとマイナンバーカード(個人番号カードはマイナンバーカードの正式名称です)の違いは、詳しくはこちらの記事でご確認ください。 【通知カード】を紛失したら再発行までにやること 通知カードを紛失した場合は、以下のリストを参考にして再発行手続きを行ってください。 手続きから再交付されるまでには約3~4週間かかります。 自宅で紛失したと思われる場合 やること 通知カード紛失届、再交付申請書を住民登録している市区町村窓口(マイナンバー担当課)に提出 必要なもの• 通知カード紛失届(窓口に用意されている)• 通知カード再交付申請書(窓口に用意されている)• 再発行手数料500円• 身分証明書 外出先で紛失・盗難にあった場合 やること• 警察に遺失届を出す• 遺失届の受理番号を控える• 通知カード紛失届、再交付申請書を住民登録している市区町村窓口(マイナンバー担当課)に提出 必要なもの• 受理番号• 通知カード紛失届(窓口に用意されている)• 通知カード再交付申請書(窓口に用意されている)• 再発行手数料500円• 身分証明書 通知カードを紛失したら悪用される可能性は? 通知カードが第三者に盗まれたとしても、身分証明書として悪用される事はありません。 なぜなら通知カードだけでは身分証明書の機能を果たすことができないからです。 通知カードでマイナンバー確認をするためには本人確認も同時に行う必要があるため、運転免許証やパスポート等がなければ通知カードに書かれている個人番号を使用することができません。 また通知カードには有効期限はないため更新する必要はありません。 通知カードに書かれた個人番号は一生使い続ける番号であることから第三者による悪用が想定される場合は本人の請求、または市長村長の判断で新しい個人番号に変わることがあります。 しかし紛失前と同じ個人番号が再交付されるのが原則です。 【マイナンバーカード】を紛失したら再発行までにやること マイナンバーカードを紛失した場合は、以下のリストを参考にして再発行手続きを行ってください。 手続きから再交付されるまでには約3~4週間かかります。 紛失場所に関わらず やること• 個人番号カードコールセンターに連絡して一時利用停止を依頼する• 警察に遺失届を出す• 遺失届の受理番号を控える• 通知カード紛失届、再交付申請書を住民登録している市区町村窓口(マイナンバー担当課)に提出 必要なもの• 受理番号• 通知カード紛失届(窓口に用意されている)• 通知カード再交付申請書(窓口に用意されている)• 初回発行手数料無料(初回以降の再発行手数料500円)• 身分証明書 <個人番号カードコールセンター(全国共通ナビダイヤル)> 0120-95-0178 平日9:30~20:00、土日祝9:30~17:30(年末年始除く) 上記どちらも、マイナンバーカード(個人番号カード)の紛失・盗難によるマイナンバーカードの一時利用停止については、24時間、365日対応です。 マイナンバーカードを紛失したら悪用される可能性は? 先ほどの通知カードとは異なり、マイナンバーカードは顔写真が券面に記載されているため、単独で身分証明書類として使用することができます。 また電子証明書機能がICチップに内蔵されているため、コールセンターに連絡をしてマイナンバーの持つカード機能を停止させることで、第三者による悪用から回避できます。 再発行申請中にマイナンバーを知る方法 再発行申請中にどうしてもマイナンバーを知りたいという場合には、住民票を取得しましょう。 住民票には、本人が希望すればマイナンバーを載せてもらうことができます。 もしマイナンバーが変更になった場合の関連書類 先述したように、通知カードやマイナンバーカードを紛失しても、原則、個人番号自体は変わりません。 しかし、仮に第三者による悪用が想定され、本人の請求または市区町村長の職権で、新しい個人番号に変わった場合は、以下の書類のマイナンバー(個人番号)を変更する必要が出てきます。 事業主に関係のある書類• 所得税の確定申告書• 消費税の確定申告書 など 従業員や取引先に関係のある書類• 給与所得者の扶養控除等(異動)申告書• 給与所得の源泉徴収票(税務署提出用)• 退職所得の源泉徴収票(税務署提出用)• 報酬、料金、契約金及び賞金の支払調書不動産の使用料等の支払調書 など まとめ 通知カードやマイナンバーカードを紛失した場合の再発行までの流れは、下記のとおりです。 【通知カード】警察に遺失届を出して受領番号を控える(外出先で紛失した場合のみ)• 【通知カード】市区町村へ再交付申請の手続きをとる• 【マイナンバーカード】コールセンターに一時利用停止を依頼する• 【マイナンバーカード】警察に遺失届を出して受領番号を控える• 【マイナンバーカード】市区町村へ再交付申請の手続きをとる これを理解しておけば、通知カードやマイナンバーカードをなくした場合でも落ち着いて対応することができます。 店舗経営者であれば、従業員が紛失したとしても何の心配もなく対処できますね。

次の