転職 人事。 人事の採用担当者が転職する際に押さえておくべきポイントについて

【人事歴10年が語る】人事の転職に有利な資格おすすめを厳選

転職 人事

人は、四大経営資源「ヒト、モノ、カネ、情報」の中で最も重要な資源ですから、強い組織を構築するためのカギを握る存在と言えます。 そんな人事の仕事といえば、「新しい人材の採用」などをイメージする人が多いかもしれません。 でも、それはほんの一部。 大きく4つに分けられます。 採用の仕事 各種媒体への求人情報の出稿、求人票の作成、求人へ応募があった際の書類選考、面接、採用が決まったあとの入社に関する手続き…などなど。 就職イベントへの参加や、会社説明会の企画・実施も役割です。 人事配置の仕事 企業が事業目標を達成するために、適材適所に人員を配置すること。 その人が持つポテンシャル、業務適性、仕事観、経験などを踏まえた上で、配属先を決めたり、評価制度にもとづいて人事異動の計画を立てたりします。 就業規則の作成や、入社・退職に関わる手続き、勤怠管理、給与計算などです。 専任ポジションを置く企業もありますが、人事がカバーすることも多いです。 教育の仕事 社員の教育や研修に関する業務です。 たとえば、新入社員や中途社員向けに研修を実施したり、スキルアップに必要な講習を企画したり。 新人研修、入社3年目研修、マネジメント研修など、内容はさまざまです。 上述のように、仕事の領域は多岐にわたります。 そんな人事の魅力といえばやはり、一つは企業の経営に貢献できることでしょう。 従業員一人ひとりが力を発揮できるように組織運営を行なう、いわば縁の下の力持ちです。 また、従業員一人ひとりと深く関わっていけるのも醍醐味。 採用した人が少しずつ成長し、企業に欠かせない人材になっていく。 業績アップに貢献し、社内で評価されていく。 その過程を見守り、時に一緒に喜べるのです。 人事の志望動機のポイントは? 人事の志望動機を書く際のポイントは、求められるスキルや、企業貢献の仕方と結び付けることが大切です。 人事に役立つスキルをアピールしよう 幅広い業務に携わる人事職には、コミュニケーション能力、企画力、そして情報収集能力の3つが求められます。 (1)コミュニケーション能力 どの職種にも共通して求められるスキルではありますが、人事の場合は特に大事。 というのも、採用・労務・教育などは、どれも社員とのコミュニケーションが重要だから。 コミュニケーションが得意であることが分かるエピソードがあれば、しっかり伝えていきましょう。 (2)企画力 「採用に関する、こんなイベントをやったらどうか」「社員のモチベーションを高めるために、こんな評価制度を整えたい」などなど。 採用イベントや評価制度の立案に携わるため、新たな企画を立てて実行できそうか?も採用側が知りたいポイントです。 自分で新しいことを考えて実行に移したり、または、企画力を養うために行なっていること(読書など)があればそれをアピールしたりするといいでしょう。 (3)情報収集能力 業界の動向や市況などを把握することで、的確な採用活動を進められます。 例えば最近では、「働き方改革」や「派遣法改正」などがホットな話題ですよね。 「今の労働に関する法律改正はどうなっているのか?」など、社会的な動きにもアンテナを張りましょう。 面接時に問われた際は、答えられるようにしておくのが理想的です。 経営への貢献の想いを伝えよう 人事とは、人材育成や組織改革を通じて経営戦略の実現に貢献していく存在。 つまり、会社や従業員に貢献したい気持ちを持っているかどうかが問われます。 この時、他社と比較し、独自の制度や戦略に魅力があると感じた場合は、その理由とともに記載するとよいでしょう。 ポイント 「人を評価する側になりたい」「採用って面白そう」など、自身を主体とした一方向的な理由は、人事職の一端しか見ていないと判断される恐れがあります。 人事の志望動機サンプル(例文) 志望動機の文例 「経験者の場合」 これまで流通会社にて5年間、人事総務として勤務してきました。 携わってきた業務は新卒・中途採用を中心に、人材育成、研修、その他総務業務など多岐にわたります。 採用業務においては、入社後のミスマッチをなくすことを重視し、会社の良い面ばかりでなく「繁忙期は終電帰りが続く」「売上ノルマがある」といった点もきちんと説明することを心がけました。 結果、毎年採用目標人数を達成し、さらにこの5年で採用した社員32名の定着率は95%以上を達成しています。 今後はさらに規模の大きい組織で採用業務に携わっていきたいと考えていた際に、貴社の求人を知りました。 年間で300名近くの採用を行なっている貴社で採用業務だけに専念できる今回の求人に大きな関心を抱いております。 これまで築いてきた実績をもとに貴社においても即戦力として貢献していきたいと考えております。 ポイント・解説 人事と言っても、会社によって担当する業務内容が異なります。 これまでどのような人事業務を経験してきたのか、まずは端的に説明しましょう。 その上で「仕事を進める上で気をつけてきたこと」についても言及することで、さらにあなたの魅力を伝えることができます。 また、人事の場合、分かりやすく評価の指標とされているのが、「採用目標人数を達成できたのかどうか」という点。 この点も具体的な数値を添えてアピールできると良いでしょう。 さらにライバルと差をつけるため、たとえば「自分が採用した社員は長く定着している」といったエピソードも付け加えられるとGOODです。 その中で、アルバイトスタッフや店長の採用業務も担当、これまで採用した従業員の数は100名以上を超えます。 また、定着率を向上させるため、全スタッフが参加できる社内イベントやインセンティブキャンペーンを企画し、仕事へのモチベーションUPも図りました。 採用業務がどれだけ店舗の成長に影響を与えるのか身をもって知ることで、人事業務に関心を抱き、今回貴社への人事職に応募させていただきました。 同じ飲食業界ということもあり、スピーディーに貴社の業務を理解していくことができると自負しています。 人事としては未経験ではありますが、自分の役割に徹し、真摯に仕事に取り組んで参ります。

次の

人事の採用担当者が転職する際に押さえておくべきポイントについて

転職 人事

人事の仕事内容とは? 人事の仕事は、人材採用、労務、教育研修、人事制度設計・運用に大きく分かれます。 そのなかで未経験歓迎の求人が多いのは人材採用と労務の領域です。 人材採用 新卒採用、中途採用、アルバイト・パート・派遣採用など、会社の人材採用活動の全般を担う仕事です。 経営陣や各部門責任者などから人材ニーズを聞いて、部門・職種ごとに年間採用数の目標を策定します。 その後、求人メディア・人材紹介会社の選定、求人要件・求人票の作成、学校訪問、会社説明会の企画・運営、応募者対応、書類・面接選考の段取り、内定者フォローなどを実施し、人材の募集から採用・入社に至るまでのプロセス全体を担当します。 労務 社員の欠勤・遅刻・早退などを管理する勤怠管理、および勤怠データにもとづいた給与計算、健康保険・厚生年金・労災保険・雇用保険などの加入・退出手続きを担います。 労務関連の業務を外部委託会社へアウトソーシングしている場合は、委託先とのデータ共有や進捗管理などのやりとりを行います。 教育研修 新入社員研修、専門スキル研修、階層別研修、マネジメント研修などを企画・実施します。 外部の教育研修企業へ委託する場合は、委託先との窓口となってカリキュラムの企画・実施を遂行します。 人事制度設計・運用 評価や給与など、社員の処遇や働き方のルールを定める制度の企画・設計や構築、導入や運用を担います。 会社の経営状況や従業員のニーズ、労働法の改正などに応じて人事制度の企画や見直しを行い、経営層とも相談しながら作ります。 これらの制度によって社員の意欲・能力を向上させたり、異動・転勤・昇進などの配置転換が行われるため、企業活動の基幹と言っても良いでしょう。 人事のやりがい・向いている人は? 「入社時に相談に乗ってくれたお陰で希望職種に就き、研修でスキルアップできています」、「意欲の高い営業メンバーを迎え入れたことで、新規事業を順調にスタートできたよ」など社員や各部門から感謝の言葉が届き、社員の生き生きと働く姿を目にする度にやりがいを実感できる仕事です。 企業が優れた商品・サービスを生み出すには、その担い手である「人」の成長と活躍が欠かせません。 また、商品・サービスを顧客に提供するのも社員である「人」です。 つまり、「人」は企業にとって重要な経営資源であり、その採用や教育、モチベーションアップを担うのは人事の大きな役割です。 会社の業績や社会的価値を左右するといっても過言ではないのです。 人事は、「人」と向き合う仕事のため、「人が好き」「人の活躍を支えたい」といった「人への思い」が欠かせません。 時には経営層と現場社員との板挟みになったり、人事評価や給与制度に対して不平・不満を投げかけられたりすることもあるでしょう。 そうした困難に対しても、改善に努め、社員の前向きなモチベーションを引き出さなくてはなりません。 それらもすべて「人への思い」がベースとなるでしょう。 人事になるために求められるスキルや資質は? コミュニケーション力 就活生、学校関係者、求職者、経営層など、社内外のさまざまな立場の人と接する仕事のため、コミュニケーション力が必要不可欠です。 それだけではなく、学生や求職者に自社の魅力を伝えるプレゼンテーション力や、経営層や現場社員が抱える課題を掘り下げて、人事面から解決策を見つけ出していくヒアリング力も重要なスキルになります。 目標達成意欲 特に採用業務では、「この期日までに何名を採用する」という具体的な数値目標を達成することが大きなミッションとなりますので、営業職のように目標達成への強い意欲が求められます。 どうすれば応募者を増やせるのか、現場ニーズに叶った人材の入社を後押しするにはどうアプローチすればいいかなどを考え抜き、プロセスの立案、実行、効果分析、改善というPDCAサイクルを回し続け、目標達成に向けてコミットする意欲と姿勢が大切になります。 調整力 人事の業務は、さまざまな場面で調整力が求められます。 採用業務では経営層や各部門責任者と募集条件をすり合わせたり、求人メディアと広告出稿手続きをしたり、応募者と面接する社員との選考スケジュールを組むなど、日々調整業務があります。 労務においても勤怠について、単にデータを処理するのではなく、現場社員と確認・調整する場面があります。 教育研修では講師・受講者との調整が不可欠で、人事制度の設計・運用では、更に会社全体を俯瞰した視点からの調整ごとが日々発生します。 また、経営層や現場の希望をすべて受け入れるだけではなく、双方の意向を調整し、お互いに納得のいく提案を出すといった解決力も重要になります。 守秘義務の徹底 人事部門は、社員の給与情報や評価内容、応募者の個人情報など、機密性の高い情報を取り扱いますので、守秘義務を徹底することが大前提として求められます。 未経験から人事へ転職するためのステップ 未経験から人事を目指すには、未経験者が応募可能な求人が多い人材採用または労務にチャレンジするのが良いでしょう。 選考の際に重視されるのは、「なぜ人事として働きたいのか」という志望動機です。 「前職のチームで目標達成に向かう業務を通じて、人の成長を支える人事の仕事に興味を持った」など、自身のエピソードを交えながら人事として働くことへの強い意欲を表現できるように、志望動機を整理しておくことが第一歩となります。 現職中の方であれば、社内外のさまざまな人とコミュニケーションを取り、調整力を磨くなど、説得力をもってコミュニケーション力・調整力をアピールできる経験を培っておくと良いでしょう。 人事には会社組織に対する理解も必要になりますので、現職の会社にどんな部署・役割があり、どんな人員構成で成り立っているのかといった観点から会社全体に視野を広げておくこともプラスになります。 また、人材採用業務では目標達成意欲が重視され、目標達成の実績があれば強いアピールポイントにできます。 例えば、営業職として「こんな工夫をし、売り上げ目標を達成した」という実績が目標達成の裏付けになりますので、そうした実績づくりに励んでおくことが人事に転職するためのステップにもつながります。 未経験から人事になるための自己PR例 飲食店の店長としてアルバイト・パートタイムスタッフの採用・育成に力を入れてきました。 新人育成に関するマニュアルを作成し、店内のどのスタッフも教育に携われるようにしたところ、新人スタッフの早期戦力化やモチベーションアップにつながり、退職者がなくなっただけでなく、全店舗中2位の売り上げを達成することができました。 こうした経験を人材の採用・教育に生かしたいと考えています。 POINT• 人事の実務経験がなくても、店舗やチームでの人材育成や労務環境改善などの取り組みを実績と共に伝えることで、人事への意欲と適性を効果的に伝えることができます。 人事で求められるスキルを自己PRでどう書く?• 人事未経験の人が転職しやすい業界や企業は? 中小・ベンチャー企業では、人材採用担当者の求人が増えていて、未経験者採用を積極的に行う企業も多くあります。 新規ビジネスや組織拡大が活発なため、大規模な年間採用計画が進行し、それに伴って、採用業務の担い手である人材採用チームの増員が行われているからです。 未経験から人事を目指すなら、こうした成長段階にある中小・ベンチャー企業に応募してみてはどうでしょうか。 業界で見ると、人事未経験者の採用を積極的に行っている業界は、IT業界と人材業界が挙げられます。 IT業界ではエンジニアの人材不足のため、各社で採用業務の強化が進められています。 人材業界では各職種において未経験採用が活発で、人事部門においてもポテンシャル重視で採用・育成するケースが増えています。 労務については、労務部門社員の未経験者採用は比較的少ないですが、企業から労務全般を請け負うアウトソーシング会社では未経験者を積極採用しています。 未経験から労務のスペシャリストを目指すなら、アウトソーシング会社への転職も一つの選択肢になるでしょう。 また、乗客対応を担ってきた経験から人に対するホスピタリティやストレス耐性も認められ、人事部門での採用が決まりました。 未経験から人事へ転職する時の注意ポイント 多忙ゆえ、体力や健康管理が大事 人事などの社内管理部門はワーク・ライフバランスを取りやすい仕事だと思われがちですが、実は採用活動が重なる時期にはある程度のハードワークになるという覚悟が必要です。 人事の業務はデスクワークだけではなく、支社や支店、店舗を訪れて、現場とのリレーションを築いたり、新卒採用の際には全国各地の学校訪問、合同企業説明会に参加することもあります。 常に健康管理に注意することが大事です。 マイナビ転職 編集部 あした転機になあれ。 豊富な転職・求人情報と転職ノウハウであなたの転職活動を支援する【マイナビ転職】。 毎週火・金更新であなたの希望の職種や勤務地、業種などの条件から検索することができます。

次の

人事の求人・転職情報

転職 人事

人事の採用担当者に向いている人の特徴は4つ! 転職の際には、自分のアピールポイントを見つけておくことが大切です。 人事の採用担当者には、どのような特徴や能力が求められているのでしょうか。 ここでは、人事の採用担当者に向いている人が持つ4つの特徴を説明します。 コミュニケーションスキルがある人 人事の採用担当は、ほとんどの求職者と初対面から始まり、どのようにコミュニケーションを取っていけるかが採用成果を左右します。 求職者だけでなく、社内の経営陣や人材を迎え入れる部署の社員などと密にコミュニケーションを図っていかなければなりません。 また、説明会やイベント開催時や人材サービス会社利用時など外部の人との接点も多いです。 採用業務をスムーズに進めるには、コミュニケーションスキルは欠かすことができません。 変化に迅速に対応できる人 人事の採用担当者の業務の多くが、相手(人)があって成り立ちます。 求職者、社内外の人など多くの人と関わりながら仕事を進めるのです。 それぞれの相手とスケジュールを合わせながらも、変化や変更は日常茶飯事です。 採用業務の状況は常に動いていくものですし、たとえば、求職者の求職活動の状況も刻々と変化していくものだからです。 そのため、人事の採用担当者には、その変化に柔軟に適切に対応する能力が求められます。 調整力がある人 採用業務は、多岐にわたります。 各業務で必要な人と連携しながら、複数の求職者とやり取りをしていかなければなりません。 一定のルールやマニュアルがあったとしても、一辺倒なやり方では対応しきれない場面も頻繁に起こります。 面接などのスケジュール調整、求人や選考内容の調整、採用コスト全体を踏まえた交渉で待遇や条件を変更することもあります。 人事の採用担当者には、臨機応変に調整する力が必要です。 周りを巻き込める人 職種ごとに必要なスキルや適性があります。 しかし実は、現場ごとに求める人物像は微妙に異なるものです。 新入社員の活躍の場は現場であり、ともに働くのは現場の社員たちですから、現場の意見を汲み取ることも大切になってきます。 求職者にリアルな現場の姿を伝えることや、自社や自社の求人を多くの人に知ってもらうためにも、社員の協力が欠かせません。 優秀な採用担当者は、常に周りをうまく巻き込んで採用活動を進めているのです。 人事 採用担当者 に転職したい人が持っていると有利になる資格はこの3つ! さまざまな資格がある中で、すべての資格が有効なアピールにつながるとは言えません。 取得している資格が職種にフィットしていることが大切です。 人事の採用担当者に転職したい人が持っておくと有利になる3つの資格を紹介します。 メンタルヘルス・マネジメント検定 良い人材を採用するのが人事の役割ですが、人材が心身ともに健康でなければ能力は発揮されません。 ストレス社会といわれる現代、ストレス過剰からメンタルの不調に陥ってしまう労働者の増加が懸念されています。 メンタル不調による休職や離職も少なくありません。 職場の雰囲気が悪くなったり、組織の生産性にも影響を与えたりする可能性も出てきてしまいます。 メンタルヘルス問題は、多くの企業が抱える課題であり、メンタルケアの知識や対処法を心得た人事人材のニーズは高まっています。 メンタルヘルス・マネジメント検定は、メンタル不調を防止するための対策やメンタル不調が発生した場合にも適切に対処する知識があることを証明できる資格です。 人事総務検定 人事総務検定は、人事や総務の業務知識レベルを証明することのできる資格です。 3級から1級までの等級が設定されており、3級で人事総務の現場担当レベル、2級が主任レベル、1級が課長レベルとなっています。 出題範囲は多岐にわたります。 たとえば、採用を含めた人事や労務に関する法律知識、就業規則についての基本知識、労働時間や給与・待遇関連の知識など習得が必要です。 また、非正規社員の雇用管理、職場の安全衛生など人事業務を網羅した内容となっています。 3級と2級では特別講習を受講したあとに、確認テストの受験とレポート提出が必要です。 1級には、特別講習はありませんが、受験には2級取得が要件となっています。 社会保険労務士 国家資格である社会保険労務士(社労士)の資格を取得していることも、人事への転職には有効になるかもしれません。 難易度の高い資格としても知られており、社会保険労務士の業務と人事が携わる業務には密接な関わり合いがあります。 官公庁への提出書類、就業規則の準備、事業主代行などを遂行できます。 国の法規定の変更が激しいときなどは、社会保険労務士の知識が必要とされるものです。 社内に資格を持った専門家を配置できることは企業にとっても心強いメリットとなります。 人事業務を遂行するにあたり、必ず必要な資格というわけではありませんが、転職時には、大きな効力を持つ資格といえます。 人事の採用担当者で採用以外の業務もしたい場合は小規模の会社やベンチャー企業を考えよう! 特に大企業では、人事部門の人数も豊富に確保されていることが多いです。 役割分担が明確に区切られているため、経験できる業務が限定される傾向にあります。 転職をして採用以外の業務に携わりたい人は、小規模の会社やベンチャー企業を転職先として視野に入れてみてはいかがでしょうか。 これらの企業の場合、人事部門といっても少ない人数で構成されていることが多いため、人事業務の幅を広げられる可能性が高くなると考えられます。 人事の採用担当者が転職する際には会社経営者の考えと自分の考えが合うかどうかをチェックしよう! 人事の採用担当者の業務は、主に「求職者」が仕事の対象になるかもしれません。 しかし、採用業務には企業側(経営側)が大きな影響力を持ちます。 採用戦略や計画は、経営戦略や事業計画など経営側の方針に従って策定しなければなりません。 経営者の考えや方針が自分の考える採用の在り方や価値観に合っていないと、常に採用業務に不満を持ちながら仕事を進めなければならない可能性が高くなってしまうのです。 ですから、転職先を選ぶときには、経営者と自分の考えが合うかをしっかりチェックしておくことをおすすめします。 採用に対してどのようなビジョンを持っているのか、採用業務や負担に対してどれくらい理解があるかなどもポイントです。 業界未経験者が人事の採用担当に転職したい場合は年齢に注意! 業界未経験の人が人事の採用担当に転職したい場合は、年齢に注意しておく必要があります。 通常、人事の採用担当は、どの業界の企業にも必要とされるポジションです。 業界未経験でも即戦力が求められるため、若手ほど採用は難しくなります。 一方、人事職や採用業務が未経験という人の場合は、ニーズが異なってくるようです。 30代以上での転職であれば、年齢が高くなるほどそれまで経験してきた企業と同じ業界の企業を狙うことで成功できる可能性が高まります。 現場で培った専門知識を採用業務に活かすことができるのです。 人事の採用担当者が転職するなら転職に有利になる資格や調査すべきポイントを押さえよう! 人事の採用担当者への転職では、求められる特徴を押さえて有効なアピールにつなげてください。 メンタルヘルス・マネジメント検定、人事総務検定、社会保険労務士などの資格があると有利です。 経営者の考えや方針も確認しましょう。 他の人事業務に携わりたいのであれば、小規模企業やベンチャー企業をおすすめします。 未経験の人は年齢を考慮して、転職先を選定しましょう。 転職に際しては転職エージェントを活用することで、転職先企業の詳細情報を知ることができたり面接対策もしっかり行ってくれるので、情報源の一つとして有効活用するのも手です。 転職エージェントに興味のある方は以下もご参照ください。

次の