ディズニー 名曲。 思い出の曲はどれ? ディズニーソング厳選20【ドラマティック編】

ディズニー名洋楽厳選20曲!YouTubeで集めてみた

ディズニー 名曲

Be Prepared(ライオンキング) ディズニーヴィランズ 悪役 界1セクシー 当社調べ なスカー様。 セクシーなおじ様が好きなあなたへ送りたい1曲。 手下のハイエナたちも個性豊かでいい味を出している。 I Wanna Be Like You(ジャングルブック) サルのくせにおしゃれな歌うじゃないか、と毎回思わされる。 意外といい声しているところもまたむかつく(いい意味で) 歌詞よりもメロディーが印象に残る1曲。 ついつい口ずさんでしまう・・・!! I won't say I'm in Love(ヘラクレス) ゴスペルのハモリが心地よい曲。 ヘラクレスの挿入歌はゴスペル多めだが、中でもメインボーカルとのハーモニーが素晴らしいのがこれ。 ちなみにメインボーカルのメガラ(メグ)の声優はあの 工藤静香さん。 どおりで上手い訳ですね!! Color of the Wind(ポカホンタス) ポカホンタスを見たこなくても、この曲は聞いたことあるとい人もいるかも知れない。 歌うま選手権的なテレビ番組でもたまに歌われるこの曲。 ミュージカル性が強く、ポカホンタスの表現力に注目していただきたい。 歌詞も考えさせられる内容なので、こちらにも注目。 I'll make a man out of you(ムーラン) シャン隊長のイケボにドキドキする。 気合を入れたい時にぜひとも聞いていただきたい。 シャン隊長が喝を入れてくれること間違いなし。 The Siamese Cat Song(わんわん物語) ベラノッテで有名なわんわん物語に登場するヴィランズの曲。 ヴィランズのくせにかわいらしい容姿と歌声でクセになる1曲。 振り回されるレディもかわいい。 Heffalumps and Woozles(くまのプーさん) 幼少期に見て聞いて、トラウマになっている人も多いこの曲。 ダンボのピンクのぞうと並ぶトラウマソング。 ズオウもヒイタチも愛嬌のあるキャラクターなので大人になった今、ぜひ映像も合わせて見ていただきたい。 Kidnap the Sandy Claws(ナイトメアビフォアクリスマス) ハロウィン期間にディズニーランドのホーンテッドマンションで流れている。 聞いたことある人も多いのでは。 ラーラララララと繰り返されるフレーズが耳に残り思わず口ずさみたくなる。 Twas brillig(ふしぎの国のアリス) ズオウとヒイタチやピンクのぞうと似た雰囲気の気味の悪さがクセになる。 意外とアリスの映画を見たことがない人が多いらしいが、チシャ猫はこんな声で結構上手に歌う。 作品の雰囲気がギュッと詰まったような1曲。 Love is an Open Door(アナと雪の女王) アナ雪といえばレリゴーが真っ先に思い浮かぶだろうが、作中で3番目くらいに有名なこの曲。 アナとハンスの掛け合い、ハモリがとても綺麗。 カラオケで異性とデュエットしたい曲No1。 おまけ ジャニーズ好きなあなたは最後の堂本剛の表情までしっかり見ていただきたい。 Following The Leader(ピーターパン) 呪文のようなフレーズが印象的。 歌はもちろんかわいいが、 これは映像がとてもかわいい。 ロストボーイズもマイケルもテディベアもみんなかわいい。 Scales and Arpeggios(おしゃれキャット) 子供声が好きな人にぜひ聞いていただきたい。 あの有名なマリーが歌っているこの曲。 微妙に可愛らしく下手なところがポイント。 動いているマリーを見たいという人もこちらをどうぞ!! When Will My Life Begin(塔の上のラプンツェル) 最後は有名なこの曲。 ラプンツェルのオープニングで流れる。 家事や仕事をしながら聞きたい歌いたい1曲。 以上でディズニーソングおすすめ特集は終了です!! もしもこの記事で興味を持って他にも聞いてみたい場合は、一気に聴けて音質が良いアルバムをオススメします。 私が実際に買った中でのオススメを貼っておきまのでご参考にどうぞ!!

次の

ディズニー名洋楽厳選20曲!YouTubeで集めてみた

ディズニー 名曲

ディズニーの名曲の数々をクラシックギターのソロ演奏でお楽しみください! 誰もが知っているディズニーの名曲を、クラシックギターで演奏するのにぴったりな豪華なアレンジに仕上げました! 収載曲はどれもディズニー映画などでおなじみの人気曲ばかり。 オリジナルの雰囲気や曲調を生かしたアレンジで弾きごたえも十分! 思う存分ギター演奏を楽しみましょう。 また、付属のエムカードで全曲の模範演奏をストリーミング再生できるので、スマホやタブレットでカンタンにお聴きいただけます。 模範演奏とともに編曲者による演奏ポイントを参考にして、独習にお役立てください。 模範演奏の音源を「自分のパソコンに保存したい! 」「音楽プレーヤーに入れて楽しみたい! 」という方は、スコアのタイトルページにある「mysound マイサウンド 」のQRコードから、スマートフォンでかんたんに楽曲をご購入いただけます。 クラシック・ギターで楽しむディズニー名曲集30【模範演奏CD付】」 ISBN: 9784636918083 を再編集したものです。 加えて、本書は付録CDが除外されて、そこに収録されていた模範演奏曲は、ネット経由でのストリーミング再生に移行しています。 具体的には、各曲にQRコードが添えられており、そのリンク先に模範演奏曲が用意されています。 但し、そのQRコードは小さくて、丁度製本の谷間で凄く読み取り辛く、更に曲の提供は有料と言う三重苦で、手軽には利用出来ない代物です。 一応、本書には対応する【エムカード PINコード 】が付属していますが、その有効期限も半年と短い上に、CDが除外されたので本書価格は安価になっているのかと思いきや、なんと価格は逆据え置き 同額 で実質的に値上げみたいです。 そんな中で書面は、旧版書同様にTAB譜で記されており、著作権料でガチカチ固められた、ディズニー譜面を欲している方には有用です。 ただ、上述改訂出版経緯がある為か、曲によって譜面の印刷形式が微妙に異なり、線が細過ぎて読み辛い譜面や、逆に黒々としている譜面も混ざっており、何だか乱視の検査を受けている気分です。 一方で、巻末には纏めて各曲演奏アドバイスが添えられており、この辺りは流石の【ヤマハ】と感じます。 総じて、上述通りに旧版書の焼き直しの上に、物理音源であるCDからネット配信に以降したものの、高額な著作権料を搾取されているので安価にはなっておらず、寧ろ利便性が損なわれています。 愛好家にとっては、プレミア価格でも旧版書を求めた方が良いと思える程の内容であり、何の為に出版したのか理解不能な、満足出来ない譜面集でしたので低評価とします。 amazon. その旧版との曲目の違いを目次で比較してみました。 もしそれが、踏み倒しが当たり前の音楽界で著者が印税が正しく受け取るために是非必要な手続きであるなら一定理解できます。 とはいえ、譜面を購入する側からすれば正直言って多少値が上がってもCD付にしていただきたかったというのが本音です。 編曲は江部賢一氏のほか、同じYAMAHA音楽教室の講師でもある高木哲也氏によるもの。 他人のアレンジ譜にほんの少し音を足したり引いたりして「自編」と称する図々しい輩が絶えないため、出版譜は部分的に音を変えておくのが普通です。 ライブでの音の足し引きは当たり前ですし出版譜が最小公約数のメモにすぎないのはプロのお約束ですが、江部氏のアレンジについてはそのまま弾いても十分なクオリティであるのがポイントだと思います。 「星に願いを」はチェット・アトキンスのアルモニコス引用がある編曲も見たことがありますがこの冊子ではそこを実音で表現。 また、どの曲も音数を減らして初〜中級向けに易しくアレンジされていながら、いぶし銀のような渋い美しさを放っていると感じました。 付属品は演奏のストリーム配信にアクセルするためのPINコードが記されたエムカードです。 クラシックギター1本アレンジ集で、タブ、コード進行付き、曲によっては明らかに弾きやすさ重視のものもあり 初学者にも向けられた、譜面自体は親切なものだと思います。 運指図まではないのですが代表的なコードを押さえられるようになっていればだいたいわかるレベルです。 初期の名曲から『アナと雪の女王』のような最近のヒット作まで網羅されています。 ディズニーの名曲の数々はそのままジャズなどのスタンダードナンバーでもあるので名手による名演の数々が既にあって 格好良く弾くのはなまじ弾ける人ほどハードルの高さを感じるものですが 押さえやすい簡単な曲でもコードワークなど無理ないレベルで洗練されており、アレンジはとても良いです。 模範演奏の演奏や録音も素晴らしいです。 ただ模範の音源がネット経由でコードを入力してストリーミング再生する形なのですが、半年の期限付きです。 別途ダウンロード購入は可能ですが、短い曲が30あることなど利便性や価格的には正直いかがなものかと思います。 弾きたいという気持ちは良い音に触れる機会が多いほど維持しやすいものだと思うので 厳重に鍵を掛けすぎるのはかえって勿体ない気がしますし、動画公開などするレッスンが多いなか逆行している印象です。 ディズニー映画でお馴染みの有名な曲ばかり収録されています。 この本にはCDの付属がなく、Mカードを使用してネット環境を使用しストリー ミングが聴けます。 有名な名曲ばかりなのでYOUTUBEなどでも曲自体を聴くことはできますが、 アレンジによっては全然違うので一度聞いてから始めるとスムーズに入り込める と思いました。 ストリーミングの期限なしにしてくれたら、忘れたころにちょっと弾いてみよう と腰を上げても練習しやすいのに…と感じました。 (CD版を改めて購入するべきか…) 昨年、子供と見に行ったリメンバーミーも収録されているので、秋の夜長に練習 して子どもと歌いたいと思います。 ディズニーのよく知られた曲30曲がTAB譜として収録されています。 この手のTAB譜本にはCDがついていて模範演奏が聴けるようになっているものがあります。 模範演奏は練習の支えになりますので,個人的には必要なものだと思っています。 本書にはCDがついていません。 その分裏表紙の裏についているカードを用いてネットのストリーミングが聴けるようになっています。 CDが邪魔になることもあるので,なるほどと思いましたが,欠点は登録して半年しか有効でないというところです。 ダウンロード購入ができるようにはなっているのですが,追加料金がかかります。 半年で30曲が弾けるようになるかというとそうはうまくいかない人もいるでしょうから,半年と言わず1年聴けるとよいと思いました。

次の

盛り上がること間違いなし!ディズニーの名曲おすすめ18選 | 大学生の困った!を解決するCampus Magazine

ディズニー 名曲

目次 ・ ・ - - - - - ・ - - - - - ・ - - - - - ・ - - - - - ディズニーの音楽のジャンル 一口に「ディズニーの音楽」といっても、様々な種類があります。 それぞれのジャンルにどのような音楽があるのか、詳しく見ていきましょう。 どんな曲なのか気になったら、YouTubeで聴いてみてくださいね。 ディズニーの音楽 1 :ディズニー映画 「ディズニーの音楽」と聞いて、まず思い浮かべるのは、ディズニー映画の曲ではないでしょうか? 音楽を聴けば、映画の名前だけでなく、使われているシーンをすぐに思い出すことができるほどです。 映画の名前が分からなくても、「この曲知ってる!」というような音楽がたくさんあるはず。 プライド・ランドの王であるムファサの息子・シンバが成長し、プライド・ランドに平和を取り戻すストーリーになっています。 ブロードウェイでロングラン公演され、日本でも劇団四季が1998年から上演を続けていますね。 有名な歌手であるエルトン・ジョンが作曲した「Circle of Life」。 印象的な冒頭はズールー語です。 が歓迎パーティーで小人たちにせがまれ、王子への想いを歌っています。 ポップスやジャズなど、様々なアーティストにカバーされてきた大変人気のある曲です。 映画同様、古さを感じさせない魅力がありますよね。 プリンセスとして人気の高いや、(悪役)のが出てくる作品です。 「Once Upon a Dream」が流れるのは、森の中でオーロラ姫とフィリップ王子が愛を込めて歌うシーン。 音楽は、「」「」などで知られるアラン・メンケンの作曲です。 「I See The Light」は、ラプンツェルとの美しいデュエット曲。 実の両親がラプンツェルの誕生日に放つたくさんのランタンが輝く中で、ボートに乗って歌う2人の姿が印象に残ります。 この作品は、ジャングルで動物たちに育てられた少年・モーグリの冒険と成長の物語です。 キング・ルイを演じたのは「Sing, Sing, Sing」で有名なルイ・プリマです。 ディズニーの音楽 2 :洋楽 続いてご紹介するディズニーの音楽は、洋楽です。 洋楽は、ディズニー映画の原曲や、外国のアーティストによるカバー曲などが該当します。 原曲は、聴くだけで映画のワンシーンが浮かんでくるような迫力があります。 歌詞がわからなかったとしても、映画の感動が蘇りますよね。 ディズニー映画の名曲は、多くのアーティストにカバーされています。 アーティストによってアレンジが違い、聴き慣れた曲を新鮮に楽しむことができます。 ここでは、ディズニーの音楽から、アカデミー賞を受賞した珠玉の洋楽を5曲紹介します。 ディズニーの音楽の中でも特に有名で、ディズニーを代表する曲と言えるでしょう。 様々なアーティストや楽器のアレンジによってカバーされており、よく知られているのはルイ・アームストロングですね。 キラキラしたサウンドや優しい曲調は、聴いている人たちを幸せな気持ちにしてくれます。 陸の世界に憧れるアリエルの気持ちを海に向けようと、海の世界の素晴らしさをセバスチャンが歌ったのが「Under the Sea」です。 セバスチャンはアリエルの父・トリトンに仕える宮廷音楽家のカニです。 トリトンの命でアリエルが陸に行かないよう監視役をしていましたが、アリエルのエリックへの想いや陸に対する憧れを理解するようになり、エリックとの恋に協力していきます。 実写とアニメーションが融合した作品で、メリー・ポピンズをジュリー・アンドリュースが演じたことも広く知られています。 「Chim Chim Cher-ee」はメロディを聴くと切ない印象を受けますが、「メリー・ポピンズ」らしい前向きさがある曲です。 大変な仕事の煙突掃除も「屋根の上の眺めは最高!」と、楽しいラッキーなものに思えてきます。 ポカホンタスの歴史的な逸話、同時代の民話や伝承をもとに作られました。 「Colors of the Wind」は、とても美しいサウンドが印象的です。 風や自然の色が鮮やかに浮かんでくるような、ポカホンタスの住む世界を感じられる名曲です。 アラン・メンケンが作曲した「A Whole New World」は、王子に変装したアラジンが、ジャスミンと魔法のじゅうたんで空を飛ぶ場面で流れます。 アラン・メンケンは前年の「美女と野獣」でもアカデミー賞の歌曲賞を受賞しており、連続受賞となりました。 ディズニーの音楽 3 :日本語版の名曲 続いてご紹介するディズニーの音楽は、日本語版の名曲です。 ディズニー映画の日本語版で使用されている劇中歌や主題歌もたくさんあるんですよ。 日本語版は、歌詞の意味をしっかり理解することができるので、ディズニー映画の世界にじっくり浸ることができます。 日本ではエルサを演じた松たか子が歌って大ヒットしました。 「Let It Go」は、エルサが王国の人たちに強力な魔法の秘密を知られ、逃げ出した直後に歌われます。 氷のお城を作りあげていくシーンと力強い歌声は圧巻です。 劇中で、エルサの性格や背景がよく伝わってくる1曲だと思います。 8週連続でベストテン入りを果たした大ヒットとなりました。 「夢はひそかに」の日本語版は、吹き替えでシンデレラを演じた高畑充希、王子を演じた城田優がデュエットしています。 実写映画のエンドソングがデュエットだったのは日本だけでした。 海のリアルで美しい描写が素晴らしいディズニー映画です。 「モアナと伝説の海」が映画デビュー作となります。 日本でも大ヒットとなったことは記憶に新しいところ。 エンディングソングの「美女と野獣」は、日本語吹き替えキャストとしてベルを演じた昆夏美と、野獣を演じた山崎育三郎が歌いました。 ミュージカル俳優として高く評価されている2人のデュエットは、映画の余韻を感動的に演出してくれます。 魔法のランプをこすると現れ、3つの願いを叶えてくれる陽気なジーニー。 そんなジーニーの吹き替えを担当したのは、声優の山寺宏一です。 山寺宏一の声優としての実力は、誰もが知るところ。 たくさんの声のトーンを使い分ける「フレンド・ライク・ミー」でも、彼の素晴らしい演技と歌声を堪能できますよ。 ディズニーの音楽 4 :東京ディズニーリゾートの音楽 最後にご紹介するディズニーの音楽は、ディズニーランドとディズニーシーのショー・パレードの曲や、各エリアで流れているBGMです。 長年親しまれているものからイベントだけで流れるものまで、パークの音楽はたくさんのゲストにハピネスと感動を与えてくれます。 2017年7月11日(火)にリニューアルされ、LEDを採用するなどさらに輝きを増しています。 パレードルートをキラキラと通っていく様子が印象に強いこのパレード。 長年ディズニーランドで親しまれているだけあって、音楽も有名です。 ベースになっているのは、電子音楽の先駆者・ペリー&キングスレイが1967年に発表した「Baroque Hoedown(バロック・ホウダウン)」です。 この曲をメインに、ディズニーの名曲が組み込まれています。 2007年に「シンドバッド・セブンヴォヤッジ」からリニューアルオープンして以来、親しまれています。 「コンパス・オブ・ユア・ハート」は、ディズニー映画「アラジン」の「A Whole New World」などを作曲したアラン・メンケンが手がけました。 繰り返される、力強く壮大なメロディが印象的な曲です。 ディズニーの音楽作家・シャーマン兄弟が1962年に書き下ろした「小さな世界」は、ディズニーを代表する音楽のひとつとなりました。 日本でも童謡として歌われ続けていますね。 朝からお昼と夜では、異なる音楽が使われていることが特徴なんですよ。 朝から昼にかけてはオーケストラによる壮大な音楽、夜はシンセサイザーの落ち着いた雰囲気の音楽が流れます。 日中はディズニーシーを訪れた高揚感を高め、夜は楽しい思い出を胸に帰宅する余韻に浸ることができます。 音楽が異なることによって、同じ場所なのに違った印象を持つほどです。 今度ディズニーシーに行ったら、アクアスフィア付近で流れる音楽にも耳を傾けてみてくださいね。 ファンファーレが鳴り響き、壮大でドラマチックな展開が冒険への期待を高めていくかのようです。 最近では、2017年に開催された東京ディズニーシーの15周年を締めくくるショー「クリスタル・ウィッシュ・ジャーニー~シャイン・オン!~」にアレンジして使用されました。 まとめ 好きな曲や思い出の曲はありましたか? ディズニーの音楽は、耳に残るすてきな曲ばかりですよね。

次の