川越 市民 プール。 川越水上公園のプール料金割引で格安なチケットクーポンはコレ!

初雁公園プール

川越 市民 プール

ご了承ください 【中学生の皆さんへ】 チケット窓口で入場券をご購入いただく際に、生徒手帳の原本またはコピーのご提示が必要になりました。 生徒手帳をお忘れの際は、大人料金でご購入いただき後日、半券と生徒手帳をチケット窓口へお持ちいただければ、差額をご返金いたします。 皆様のご理解を賜りますようお願い申し上げます。 【65歳以上の方へ】 埼玉県の方針に基づき平成25年7月1日から夏季プール入場料について65歳以上の方の利用が有料となりました。 皆様のご理解を賜りますようお願いいたします。 なお、当川越水上公園では、毎週木曜日を「シニアデー」として、65歳以上の方に無料で、ご利用いただけます。 【川越公園放射能濃度の検査結果について】 プール水の放射性物質濃度の測定を実施いたしました(令和元年7月2日に採水)。 その結果、放射性ヨウ素134、放射性セシウム137はいずれも検出されませんでした。 【小型無人機について】 川越水上公園内での小型無人機の飛行は禁止しています。 以下のコンビニでプールチケットが購入できます。 コンビニ店内の端末で、 のマークが目印です。 トップページの「レジャーチケット」をタッチしてください。 あらかじめ、JTBのウェブサイトで商品番号を調べておけば、コンビニ端末に数字を入力するだけになり、更に簡単です。 また、払い戻しは できません。

次の

川越水上公園 - 川越水上公園の夏は遊びきれない水のパラダイス!!!

川越 市民 プール

川越市初雁公園プール。 供用開始は昭和26年。 いかに川越市が時代に先駆けて市民福祉の向上のために走っていたかがわかる。 川越水上公園は昭和63年開園。 もうそんな時間がたってしまったという感が強い。 川越水上公園開園前は年間5万人の市民が利用した初雁公園プール。 開園後その数は50%以下の2万人に。 なぐわし公園温水利用型健康運動施設(ピコア)などの充実もあり、現状の利用者数は1万人ほどに。 そこで、川越市では「6月最終土曜日にプール開きをしているが、その時期は梅雨の時期と重なり雨天の日も多い。 近隣市の公営プールも6月中にプール開きをしているところはない。 効率的な運営を実施するため運営方法を変更し、現状の6月最終土曜日のプール開きを7月第二土曜日に変更したい」という。 川越市は、運営に市民の意見を反映できるよう今回、「初雁公園水泳プールの供用期間の変更(案)」に対する意見を募集する。 意見を出せる人は(1)市内に住所を有する(2)市内事業所などに勤務する(3)市内学校に在学している(4)その他案に関して利害関係を有するなどの条件がある。 詳しくは川越市ホームページから、初雁公園水泳プールの供用期間の変更(案)に関する意見募集を検索。 さて、市民だれもが公平に使える公共施設。 地球温暖化にともない酷暑列島の日々が毎夏巡ってくる。 市民のためを思うなら従前通りがよいのではないか。 節電で涼むにはプールが一番と思っている子育て家庭にとっても。 アーカイブ•

次の

川越水上公園

川越 市民 プール

オアシスとは 川越市総合福祉センター「オアシス」は、ふれあいとやすらぎのある人間性豊かな福祉社会の実現を目指し、福祉の向上と地域福祉の促進拠点として主要な役割を担う施設です。 このセンターは、市内に住む障害者や高齢者の方々を主な対象とし、種々の研修・相談・訓練等を通じて自立を支援し、創作活動・レクリエーション等への参加交流を通じて生きがいのある生活と豊かな文化を創造し、併せてスポーツの場・入浴サービス・給食サービス等を提供することにより健康の維持増進を図り、もって福祉の向上を推進することを目的に平成7年7月にオープンしました。 さらに社会福祉協議会事務局との連携により、広く地域福祉の向上を促進するための拠点となる施設でもあります。 愛称の「オアシス」は、一般公募により、「オ」…老いも若きも、「ア」…足腰きたえ、「シ」…しっかり健康、「ス」…スマイルでの頭文字をとって付けられました。 施設概要 敷地面積 5,721. 4% 容積率122. 9% 延床面積 6,523. 55m 最高軒高 12. 85m 駐車場等 場内 自動車 11台(うち、身体障害者用9台) 自転車置場 3ヵ所 場外 自動車 151台 事業概要 障害者福祉センター事業 身体障害者福祉センターを中心とし、身体障害児者、知的障害児者及び精神障害児者も利用できるものとします。 在宅の障害者に対して、通所の場を設け、創作的活動、機能回復訓練等各種事業を実施し、障害者の福祉の向上を図ります。 高齢者福祉センター事業 地域の高齢者に対して、各種相談に応じ、健康の増進、教養の向上等のための便宜を供与し、高齢者の福祉の向上を図ります。

次の