脳波 検査。 脳波検査

検査科|TMGあさか医療センター 脳神経外科

脳波 検査

メンタルな病気は、とても複雑で分かりにくい、という印象を持たれていると思います。 分かりにくいことの理由の一つは、病気の「出どころ(原因)」がいろいろあるからです。 図1は、その病気の出どころについてご説明しようと考えて作った図です。 図1の最も下に「身体」と書かれていて、そこから矢印が上向きに描かれています。 この矢印は、「身体からの影響が、脳や精神に影響を与えることがある」ということを示しています。 身体の病気なのに、その症状として精神症状を出す病気はいくつもあります。 例えば、甲状腺の病気など、ホルモンの異常を呈する病気が有名です。 また、比較的粗大な脳の障害が関係する精神症状もあります。 例えば、てんかんや脳腫瘍、認知症などがあります。 これらの、「身体の病気の症状としての、精神症状」や「粗大な脳の障害が関係している精神症状」を、通常のメンタルな病気として治療してしまったら大変です。 良くならないばかりか、身体の病気や脳の病気が知らないうちに進行していって、取り返しのつかないことになってしまうかもしれません。 メンタルクリニックで、脳波検査や血液検査が必要となる理由は、まずそこにあります。 一見メンタルな病気に見えても実はそうではない病気を見逃さないために、検査を行います。 脳波検査をする意義 先に述べた、「身体の病気の一症状として」あるいは「脳の粗大な障害と関連して」精神症状が出ている場合、しばしば脳波検査で異常がみつかります。 一方、「脳の微細な障害と関連して起こる「うつ病」「躁うつ病」「統合失調症」などの病気では、脳波異常はみられません。 ですから、脳波検査をすると、それらの鑑別ができるわけです。 最近では、そういった鑑別をすべき病気の一つとして、「発達障害」も挙げられるようになってきました。 一見うつ病のようで、実は根底に発達障害が潜んでいる、という方が実際少なからずいらっしゃいます。 発達障害の方には、脳波異常が見られやすいことが知られているので、脳波異常を手掛かりに、鑑別ができることがあります。 そして、その正確な診断の下、新しい治療法に切り替えることによって、改善がみられることもよくあります。 脳波検査の実際.

次の

脳波検査:意識障害やてんかんが疑われるときに実施

脳波 検査

検査時間は、検査法により異なりますが、通常は約30分ほどです。 てんかんや頭部外傷を調べるとき重要な検査 脳の神経細胞の活動は、微細な電気的変動として現れます。 脳波とは大脳皮質表面の電気的変動を頭皮上に電極をつけて誘導し、増幅させて記録したものです。 てんかんでは、小発作、大発作、精神運動発作など発作の種類によって特徴的な波形を示し、診断上、脳波検査は重要です。 また、頭部外傷で脳の組織は壊れてはいないが働きが悪くなった場合でも、脳波の波形によって脳の活動の変化、脳の機能的異常を知ることができます。 その他、脳波の検査では脳動脈硬化症、脳血管障害、脳腫瘍、肝性 昏睡 こんすいなどが診断できます。 刺激を与えながら検査する シールドルームと呼ばれる電気的に隔離された検査室で行われます。 検査台にあお向けになり、頭皮に10数個の電極を、ペーストと呼ばれる糊をつけて固定したのち、脳波を測定します。 脳波検査の種類には、安静時の脳波を調べるほかに、深呼吸したり、目を開閉したり、光や音の刺激を与えたり、薬物を注射したり、眠ったり(睡眠薬による誘発睡眠や自然睡眠)して脳波を調べる検査(脳波 賦活 ふかつ法という)などがあります。 検査時間は、どの脳波賦活法を行うかによって異なります。 通常は30分程度ですが、2時間くらいかかることもあります。 突発性異常波は、異常興奮しているときに出現します。 検査前後は洗髪を 検査の前の飲食は、普段と同じでかまいません。 電極は糊で頭皮に固定するため、検査前には洗髪して清潔にし、終わったら糊を洗い流してください。 検査時間が長くなる場合に備え、トイレは済ませておいてください。

次の

脳波

脳波 検査

検査時間は、検査法により異なりますが、通常は約30分ほどです。 てんかんや頭部外傷を調べるとき重要な検査 脳の神経細胞の活動は、微細な電気的変動として現れます。 脳波とは大脳皮質表面の電気的変動を頭皮上に電極をつけて誘導し、増幅させて記録したものです。 てんかんでは、小発作、大発作、精神運動発作など発作の種類によって特徴的な波形を示し、診断上、脳波検査は重要です。 また、頭部外傷で脳の組織は壊れてはいないが働きが悪くなった場合でも、脳波の波形によって脳の活動の変化、脳の機能的異常を知ることができます。 その他、脳波の検査では脳動脈硬化症、脳血管障害、脳腫瘍、肝性 昏睡 こんすいなどが診断できます。 刺激を与えながら検査する シールドルームと呼ばれる電気的に隔離された検査室で行われます。 検査台にあお向けになり、頭皮に10数個の電極を、ペーストと呼ばれる糊をつけて固定したのち、脳波を測定します。 脳波検査の種類には、安静時の脳波を調べるほかに、深呼吸したり、目を開閉したり、光や音の刺激を与えたり、薬物を注射したり、眠ったり(睡眠薬による誘発睡眠や自然睡眠)して脳波を調べる検査(脳波 賦活 ふかつ法という)などがあります。 検査時間は、どの脳波賦活法を行うかによって異なります。 通常は30分程度ですが、2時間くらいかかることもあります。 突発性異常波は、異常興奮しているときに出現します。 検査前後は洗髪を 検査の前の飲食は、普段と同じでかまいません。 電極は糊で頭皮に固定するため、検査前には洗髪して清潔にし、終わったら糊を洗い流してください。 検査時間が長くなる場合に備え、トイレは済ませておいてください。

次の