バーベキュー 犬。 岡山県の犬を連れて行けるキャンプ場とバーベキュー

岡山県の犬を連れて行けるキャンプ場とバーベキュー

バーベキュー 犬

アウトドア活動は、山や海などの自然で家族や友人とさまざまな経験ができ、楽しい時間を過ごしリフレッシュできます。 「余暇にはアウトドアを満喫する…!」なんていう楽しみ方をする人も多いものですよね。 そんなアウトドアというと思い浮かべるのがバーベキュー。 明るい太陽の下で、家族や友人たちと食べる食事は一層美味しく感じます。 そこに愛犬の姿があったら…!と思う愛犬家の皆さんも多いことでしょう。 愛犬をお留守番させずに連れて一緒に楽しみたいと思う反面、連れて行っても大丈夫かなという気持ちも入り混じるのが正直なところかもしれませんね。 そこで、今回の記事では、愛犬と一緒に楽しめるペットOKのバーベキュー場のご紹介も交えながら、愛犬とのバーベキューでの注意ポイントなどをまとめてみました。 ペットと一緒にバーベキューを楽しめるスポット 野外でのバーベキューというと、コンロやテーブル、イスなど準備するものが多いイメージです。 食材も持参していくとなると、かなり多くのものが必要なものですよね。 でも、最近は食材や器材を持って行かずにバーベキューを満喫できる「手ぶらプラン」が充実しているスポットも多数。 昔よりも気軽にバーベキューが楽しめるようになっています。 荷物が少なくて済むのは、ペットの外出グッズが多い愛犬家の皆さんには、嬉しい魅力ですよね。 ペットと一緒にバーベキューが楽しめるスポットは、全国各地にたくさんありますが、今回は東京から何ヵ所かをピックアップしてご紹介します。 駅から10分以内で行くことができるアクセスの良さも魅力のひとつです。 実は、手ぶらで行ってもバーベキューが楽しめるスポットです。 事前に予約をしておくとコンロセットやテーブル、いすという器材だけでなく、食材セットも用意してもらえるのが嬉しいポイント。 荷物の持ち運びがないので、「バーベキューを楽しみたいけれど準備が面倒…」なんていう方にも「超お気軽」なBBQが楽しめます。 ペット同伴OKのスポットなので、愛犬連れの方にも喜ばれています。 広場や売店、レストランなど園内はとても充実していて、幅広い世代の方に親しまれていますよ。 園内にあるバーベキュー広場ですが、完全予約制なので事前に手配しておくことが必須です。 慣れている人なら、器材や食材を自分達で持ち込みバーベキューを計画するのも楽しみのひとつですよね。 でも慣れていない人も大丈夫。 食材と器材を持ち運びしなくてもいい手ぶらプランも好評です。 たくさんのプランがあるので、自分たちにあったものを選ぶといいかもしれませんね。 さわやかな海風のなか愛犬と一緒に過ごす時間は、かけがえのない思い出になりそうです。 4haという広大な敷地の西東京いこいの森公園。 自由に動き回れる広場、バスケットができるボール広場、子供の遊具が設置されている子ども広場、自然を観察できる自然観察池などいろんな楽しみ方ができ、多くの人に親しまれています。 園内のなかでも最も面積が広い「原っぱ広場」の一角にあるのがバーベキューコーナーです。 バーベキューの機材を自分達で準備するとき、あるいはレンタルするときでも、事前に予約をするようにしましょう。 また、食材も予約が可能です。 自分達のお好みの食材&重い機材をレンタルにすれば、気軽にバーベキューが楽しめますよ。 なんとゴミの回収サービスもあるので、帰りがとても楽になります。 気軽に楽しいバーベキューが楽しめそうです。 ペット同伴OKのバーベキュー施設ですから、もちろん愛犬もお留守番させなくても大丈夫。 ただ、園内ではリードを離さないなど、しっかりとマナーを守りましょう。 季節に応じて色とりどりの花々が見られるので、季節ごとに違った雰囲気が楽しめます。 年間を通じて、さまざまなイベントも開催されていて、多くの人から人気のある公園。 広々とした芝生広場や日本庭園、すがすがしい池、スポーツエリアと楽しみ方が一つだけでないのも魅力点です。 犬の入場もOKなので、愛犬と一緒に遊びにも行くことができます。 ただ、日本庭園やレストラン、遊具施設など、犬の入場がNGなところもあるので事前にチェックしておきましょう。 バーベキューガーデンは、手ぶらプランもあります。 自然に親しみながら、太陽の下での食事を愛犬と一緒にできるのが嬉しいですね。 周囲への配慮も忘れずに楽しい時間を過ごしましょう。 愛犬と一緒の楽しいバーベキューのために気をつけたいポイント 自宅のお庭でバーベキューをするのと違って、自分達のグループの人以外にもバーベキュー場には多くの人が出入りしています。 犬同伴のバーベキューでは、いろいろと細かい注意点があるようです。 ここでは、犬をバーベキューに連れていくうえでの、一般的なマナーについてお話していきたいと思います。 また、リードの長さにも注意しなければなりません。 長過ぎるリードだと、自分達のエリア以外の遠く離れた場所にも行くことができます。 バーベキュー場では、隣のグループに近いこともありますので、ロングリードを着けていたため周囲の人のもとに愛犬がおじゃましてしまう可能性もあります。 犬が苦手なひともいますし、他の犬とケンカになってしまうケースもあります。 それに、他のグループの料理に手を付けてしまうと大変です。 周囲への気配りを大事に、短めのリードを持つようにしましょう。 バーベキューは「火」など、犬にとって見慣れないものに触れてしまう機会でもあります。 火に近づいた犬がケガをしてしまうと大変です。 必ずリードを着けてあげてくださいね。 また、リードをテーブルやイスなどに繋いでいても、力の強すぎる犬だと気づかないうちに外れてしまっていた…なんていうこともあります。 リードを着けるだけでなく、誰かが目を離さないように愛犬を見ているなどの注意も必要です。 そのため、普段、しつけができていてお利口さんの犬も、外に行くとかなりテンションがあがってしまうこともあります。 火を扱うバーベキュー場では、コンロなどヤケドのリスクが高まります。 また、野菜や肉を刺した「串」が下に落ちたときに、愛犬がケガをする可能性もあります。 犬たちは、何が起こるか予測できないので、人間たちが愛犬にケガをさせないように気をつけなければならないのです。 特に、小さな犬だと立っている人間からは見えにくいものです。 調理中や食事中など、手の空いている誰かが抱っこしておくのも安全のためにはいいでしょう。 バーベキュー場に行ったら、見知らぬ犬達に遭遇してしまうことも多々あります。 相性が良ければ穏やかな時間を過ごせますが、何かがきっかけでケンカが勃発してしまうことも結構あるようです。 これを未然に防ぐには、やはりリードです。 ドッグランと違って、バーベキュー場は穏やかに食事を楽しむ場所です。 広い範囲を動けないように、リードの長さには注意してくださいね。 それを食べてしまったために犬の体調が悪くなってしまうこともあるので、落とさないように十分な配慮が必要です。 犬達には、犬が食べてもOKな食べ物を専用に用意してあげましょう。 食べている近くで、犬がオシッコやウンチをしているのは周囲の人も気分が良くありませんよね。 愛犬がトイレをしたそうな雰囲気が見られたら、少し離れたところに連れていくなどのマナーも大事です。 ワクチンの接種証明書が必要ならば、忘れないように持参していくようにしましょう。 また、基本的なしつけができていない犬も断られるケースが多いようです。 事前にバーベキュー場の入場規制を確認しておくといいでしょう。 水分を飲ませるようにするのはもちろん、時々日陰で風通しの良い場所に連れていくなどして、熱中症にならないように配慮してあげてくださいね。 逆に、急な天候の変化が起こることもあります。 突然の雨で、被毛が濡れて体温が低下してしまうこともあります。 万が一のときに備えて、タオルを何枚か用意していきましょう。 楽しいバーベキュー!愛犬には何を食べさせる? 人間だけが美味しいお肉を満喫し、愛犬がよだれを垂らしながら「美味しそうだワン…」とそばで見ているだけなんてかわいそうですよね。 せっかく楽しい時間を一緒に過ごすなら、愛犬にも美味しいものを食べさせてあげましょう。 ただ、野外でのお肉はそのままあげるのはNGです。 食べさせてもOKなものが多いですが、脂身の少なめなものにしましょう。 また、注意したいのは鮮度です。 新鮮な美味しいお肉をあげましょうね。 それと、愛犬が欲しがるからとたくさん食べさせ過ぎないように注意してあげてください。 生焼けの肉を与えたことにより食中毒や寄生虫からの感染症の危険もあるので、しっかり焼いたものを与えましょう。 また、塩やこしょう、タレなどの調味料が混じったものは、犬に食べさせるのはよくありません。 使いはじめの綺麗な網で素焼きをしたものを愛犬用にしましょう。 バーベキューでお馴染みの「キャベツ」なら、生のままでも食べさせても大丈夫です。 食べやすいように小さく切ってあげてくださいね。 みずみずしいトマトも抗酸化作用があって犬にもおすすめの野菜です。 気をつけたいのは「タマネギ」「ネギ」などのネギ類です。 中毒症状が起こることが多いので、与えないように注意しましょう。 まとめ 夏が近づくとアウトドアが恋しくなる方も多いかもしれません。 楽しいバーベキューには、愛犬も一緒に連れていくと、さらに楽しい時間になりそう。 今回の記事で紹介したバーベキュー場なら犬と一緒に行っても大丈夫なスポットです。 手ぶらで行くバーベキューも人気になっています。 ただ、愛犬連れのバーベキューは注意するポイントがいくつかあります。 「人がいっぱい」「見知らぬ犬もいっぱい」といつもと違った様子に、 戸惑う犬も多いです。 公共の場所ということを覚えておき、飼い主さん自身が周囲への配慮を欠かさないようにしましょう。 予約が必要なことが多いので、 事前リサーチをしておき、愛犬との楽しい時間を過ごしてくださいね。 — おすすめ記事 —.

次の

栃木県の犬を連れて行けるキャンプ場とバーベキュー

バーベキュー 犬

アウトドア活動は、山や海などの自然で家族や友人とさまざまな経験ができ、楽しい時間を過ごしリフレッシュできます。 「余暇にはアウトドアを満喫する…!」なんていう楽しみ方をする人も多いものですよね。 そんなアウトドアというと思い浮かべるのがバーベキュー。 明るい太陽の下で、家族や友人たちと食べる食事は一層美味しく感じます。 そこに愛犬の姿があったら…!と思う愛犬家の皆さんも多いことでしょう。 愛犬をお留守番させずに連れて一緒に楽しみたいと思う反面、連れて行っても大丈夫かなという気持ちも入り混じるのが正直なところかもしれませんね。 そこで、今回の記事では、愛犬と一緒に楽しめるペットOKのバーベキュー場のご紹介も交えながら、愛犬とのバーベキューでの注意ポイントなどをまとめてみました。 ペットと一緒にバーベキューを楽しめるスポット 野外でのバーベキューというと、コンロやテーブル、イスなど準備するものが多いイメージです。 食材も持参していくとなると、かなり多くのものが必要なものですよね。 でも、最近は食材や器材を持って行かずにバーベキューを満喫できる「手ぶらプラン」が充実しているスポットも多数。 昔よりも気軽にバーベキューが楽しめるようになっています。 荷物が少なくて済むのは、ペットの外出グッズが多い愛犬家の皆さんには、嬉しい魅力ですよね。 ペットと一緒にバーベキューが楽しめるスポットは、全国各地にたくさんありますが、今回は東京から何ヵ所かをピックアップしてご紹介します。 駅から10分以内で行くことができるアクセスの良さも魅力のひとつです。 実は、手ぶらで行ってもバーベキューが楽しめるスポットです。 事前に予約をしておくとコンロセットやテーブル、いすという器材だけでなく、食材セットも用意してもらえるのが嬉しいポイント。 荷物の持ち運びがないので、「バーベキューを楽しみたいけれど準備が面倒…」なんていう方にも「超お気軽」なBBQが楽しめます。 ペット同伴OKのスポットなので、愛犬連れの方にも喜ばれています。 広場や売店、レストランなど園内はとても充実していて、幅広い世代の方に親しまれていますよ。 園内にあるバーベキュー広場ですが、完全予約制なので事前に手配しておくことが必須です。 慣れている人なら、器材や食材を自分達で持ち込みバーベキューを計画するのも楽しみのひとつですよね。 でも慣れていない人も大丈夫。 食材と器材を持ち運びしなくてもいい手ぶらプランも好評です。 たくさんのプランがあるので、自分たちにあったものを選ぶといいかもしれませんね。 さわやかな海風のなか愛犬と一緒に過ごす時間は、かけがえのない思い出になりそうです。 4haという広大な敷地の西東京いこいの森公園。 自由に動き回れる広場、バスケットができるボール広場、子供の遊具が設置されている子ども広場、自然を観察できる自然観察池などいろんな楽しみ方ができ、多くの人に親しまれています。 園内のなかでも最も面積が広い「原っぱ広場」の一角にあるのがバーベキューコーナーです。 バーベキューの機材を自分達で準備するとき、あるいはレンタルするときでも、事前に予約をするようにしましょう。 また、食材も予約が可能です。 自分達のお好みの食材&重い機材をレンタルにすれば、気軽にバーベキューが楽しめますよ。 なんとゴミの回収サービスもあるので、帰りがとても楽になります。 気軽に楽しいバーベキューが楽しめそうです。 ペット同伴OKのバーベキュー施設ですから、もちろん愛犬もお留守番させなくても大丈夫。 ただ、園内ではリードを離さないなど、しっかりとマナーを守りましょう。 季節に応じて色とりどりの花々が見られるので、季節ごとに違った雰囲気が楽しめます。 年間を通じて、さまざまなイベントも開催されていて、多くの人から人気のある公園。 広々とした芝生広場や日本庭園、すがすがしい池、スポーツエリアと楽しみ方が一つだけでないのも魅力点です。 犬の入場もOKなので、愛犬と一緒に遊びにも行くことができます。 ただ、日本庭園やレストラン、遊具施設など、犬の入場がNGなところもあるので事前にチェックしておきましょう。 バーベキューガーデンは、手ぶらプランもあります。 自然に親しみながら、太陽の下での食事を愛犬と一緒にできるのが嬉しいですね。 周囲への配慮も忘れずに楽しい時間を過ごしましょう。 愛犬と一緒の楽しいバーベキューのために気をつけたいポイント 自宅のお庭でバーベキューをするのと違って、自分達のグループの人以外にもバーベキュー場には多くの人が出入りしています。 犬同伴のバーベキューでは、いろいろと細かい注意点があるようです。 ここでは、犬をバーベキューに連れていくうえでの、一般的なマナーについてお話していきたいと思います。 また、リードの長さにも注意しなければなりません。 長過ぎるリードだと、自分達のエリア以外の遠く離れた場所にも行くことができます。 バーベキュー場では、隣のグループに近いこともありますので、ロングリードを着けていたため周囲の人のもとに愛犬がおじゃましてしまう可能性もあります。 犬が苦手なひともいますし、他の犬とケンカになってしまうケースもあります。 それに、他のグループの料理に手を付けてしまうと大変です。 周囲への気配りを大事に、短めのリードを持つようにしましょう。 バーベキューは「火」など、犬にとって見慣れないものに触れてしまう機会でもあります。 火に近づいた犬がケガをしてしまうと大変です。 必ずリードを着けてあげてくださいね。 また、リードをテーブルやイスなどに繋いでいても、力の強すぎる犬だと気づかないうちに外れてしまっていた…なんていうこともあります。 リードを着けるだけでなく、誰かが目を離さないように愛犬を見ているなどの注意も必要です。 そのため、普段、しつけができていてお利口さんの犬も、外に行くとかなりテンションがあがってしまうこともあります。 火を扱うバーベキュー場では、コンロなどヤケドのリスクが高まります。 また、野菜や肉を刺した「串」が下に落ちたときに、愛犬がケガをする可能性もあります。 犬たちは、何が起こるか予測できないので、人間たちが愛犬にケガをさせないように気をつけなければならないのです。 特に、小さな犬だと立っている人間からは見えにくいものです。 調理中や食事中など、手の空いている誰かが抱っこしておくのも安全のためにはいいでしょう。 バーベキュー場に行ったら、見知らぬ犬達に遭遇してしまうことも多々あります。 相性が良ければ穏やかな時間を過ごせますが、何かがきっかけでケンカが勃発してしまうことも結構あるようです。 これを未然に防ぐには、やはりリードです。 ドッグランと違って、バーベキュー場は穏やかに食事を楽しむ場所です。 広い範囲を動けないように、リードの長さには注意してくださいね。 それを食べてしまったために犬の体調が悪くなってしまうこともあるので、落とさないように十分な配慮が必要です。 犬達には、犬が食べてもOKな食べ物を専用に用意してあげましょう。 食べている近くで、犬がオシッコやウンチをしているのは周囲の人も気分が良くありませんよね。 愛犬がトイレをしたそうな雰囲気が見られたら、少し離れたところに連れていくなどのマナーも大事です。 ワクチンの接種証明書が必要ならば、忘れないように持参していくようにしましょう。 また、基本的なしつけができていない犬も断られるケースが多いようです。 事前にバーベキュー場の入場規制を確認しておくといいでしょう。 水分を飲ませるようにするのはもちろん、時々日陰で風通しの良い場所に連れていくなどして、熱中症にならないように配慮してあげてくださいね。 逆に、急な天候の変化が起こることもあります。 突然の雨で、被毛が濡れて体温が低下してしまうこともあります。 万が一のときに備えて、タオルを何枚か用意していきましょう。 楽しいバーベキュー!愛犬には何を食べさせる? 人間だけが美味しいお肉を満喫し、愛犬がよだれを垂らしながら「美味しそうだワン…」とそばで見ているだけなんてかわいそうですよね。 せっかく楽しい時間を一緒に過ごすなら、愛犬にも美味しいものを食べさせてあげましょう。 ただ、野外でのお肉はそのままあげるのはNGです。 食べさせてもOKなものが多いですが、脂身の少なめなものにしましょう。 また、注意したいのは鮮度です。 新鮮な美味しいお肉をあげましょうね。 それと、愛犬が欲しがるからとたくさん食べさせ過ぎないように注意してあげてください。 生焼けの肉を与えたことにより食中毒や寄生虫からの感染症の危険もあるので、しっかり焼いたものを与えましょう。 また、塩やこしょう、タレなどの調味料が混じったものは、犬に食べさせるのはよくありません。 使いはじめの綺麗な網で素焼きをしたものを愛犬用にしましょう。 バーベキューでお馴染みの「キャベツ」なら、生のままでも食べさせても大丈夫です。 食べやすいように小さく切ってあげてくださいね。 みずみずしいトマトも抗酸化作用があって犬にもおすすめの野菜です。 気をつけたいのは「タマネギ」「ネギ」などのネギ類です。 中毒症状が起こることが多いので、与えないように注意しましょう。 まとめ 夏が近づくとアウトドアが恋しくなる方も多いかもしれません。 楽しいバーベキューには、愛犬も一緒に連れていくと、さらに楽しい時間になりそう。 今回の記事で紹介したバーベキュー場なら犬と一緒に行っても大丈夫なスポットです。 手ぶらで行くバーベキューも人気になっています。 ただ、愛犬連れのバーベキューは注意するポイントがいくつかあります。 「人がいっぱい」「見知らぬ犬もいっぱい」といつもと違った様子に、 戸惑う犬も多いです。 公共の場所ということを覚えておき、飼い主さん自身が周囲への配慮を欠かさないようにしましょう。 予約が必要なことが多いので、 事前リサーチをしておき、愛犬との楽しい時間を過ごしてくださいね。 — おすすめ記事 —.

次の

県立秦野戸川公園 バーベキュー場

バーベキュー 犬

愛犬とアウトドアを楽しみたい!そんな愛犬家の方におすすめしたいのが愛犬とのBBQです。 バーベキューができるロケーションは緑が多かったり河川敷の近くだったりと、自然の中でのアクティビティも一緒に楽しめる場合が多く、思いっきりアウトドアを楽しめます。 さらに機材や食材の用意が不要な手ぶらプランがあったり、最近はとても手軽にバーベキューが楽しめるようになっているバーベキューサイトも増えています。 バーベキュー場にはいくつか種類があるのでそれぞれタイプ別に徹底解説し、おすすめのスポットをご紹介します。 ロケーション選び バーベキューを企画するのにあたってまず重要なのがロケーション選びです。 もちろんですが、ペット同伴可能なバーベキューサイトにしかわんちゃんを連れていけません。 そういった規定はバーベキューの公式ウェブサイトに記載されているか、もし分からなければ問い合わせするなどして、必ず事前に確認しましょう。 それではさっそくバーベキュー場の種類別にひとつひとつの特徴を解説していきましょう。 バーベキューサイト バーベキュー専門に利用できる施設です。 最新の器具や海外製のグリル、キャンピングさながらの設備が使える場所もあります。 各区画の面積も広かったり、そのサイトならではのバーベキュー食材プランも充実しています。 屋根完備の所もあるので、天候を気にせず企画できます。 ノーリードで愛犬とアウトドアを楽しめるBBQサイトです。 それぞれのエリアは木柵で囲われているのでプライベートな空間でバーベキューが楽しめます。 そしてなんと、器材・ゴミ回収付きなので最後の片づけはしなくても大丈夫。 完全に手ぶらでBBQを楽しみたい場合は、愛犬と焼き肉が楽しめる『肉菜工房うしすけ』プロデュースの食材セットを別途予約することも可能です(有料)。 機材もColemanのテントやコンロなど、最新でオシャレな物がばっちり用意されていたりヤシの木が植えられていたりととても素敵な空間になっています。 愛犬や友人、ご家族と楽しいアウトドアを楽しんでください。 【住所】東京都江東区夢の島3-2-2• 【定休日】5・6・9月以外の平日 公園の中にあるバーベキュー場 公園の中にあるバーベキュー場の特徴は、機材や食材を自前で持ち込めば無料でバーベキューが楽しめます。 適度な自然に囲まれつつ、しっかり整備された区画の中でバーベキューをしたり、公衆トイレも必ずある点も公園ならではの大きな利点です。 武蔵野の緑に包まれた、森と丘と水辺のある府中の森公園内にあるバーベキュー場です。 自前の機材や食材を持ち込み、無料で愛犬とBBQを楽しめます。 ちなみに園内には広々とした芝生のエリアもあり、そちらでピクニックをするのもよし。 春には桜を眺めながらのお花見バーベキューを楽しむこともできます。 【住所】東京都府中市浅間町1-3-1• 【営業時間】10時~16時(火気使用時間)• 【定休日】年末年始 河川敷や海水浴場エリア内で行うバーベキュー 一番アウトドアの醍醐味を感じられるのが河川敷や海水浴場の横に設置されたバーベキュー場です。 愛犬と川遊びやハイキング、海水浴を楽しむ傍バーベキューで食事休憩、なんて理想的なアウトドアを実現できそうです。 奥多摩の秋川渓谷にあるペット同伴可能なバーベキューサイトです。 渓谷での川遊びはもちろん、施設内にある釣り堀でニジマスのつかみ取りなどのアクティビティーも。 食材や機材を持ち込めば無料でBBQを楽しめますし、機材セットのレンタルもできます。 水洗トイレも完備なので安心です。 【住所】東京都西多摩郡檜原村樋里4426• 【営業時間】8時~17時• 【定休日】不定休 キャンプ場で行うバーベキュー テントなどを持ち込みキャンピングを楽しむキャンプ場でも、場所によっては日帰りバーベキューだけの利用が可能です。 キャンプでの宿泊となると大掛かりな行事になってしまいますが、日帰りバーベキューなら気軽にキャンプ気分を楽しめます。 あきる野市にあるログハウスとオートキャンプ場があるアウトドア施設です。 オートキャンプ場ではリード着用で全てのエリアにて愛犬の同伴が可能です。 ログハウスでは1階部分のみ同伴可能で、宿泊はもちろん日帰りでバーベキューを楽しむことも。 森で遊んだり川で川遊びをしたり、自然の中でのアウトドアを愛犬と堪能できます。 【住所】東京都あきる野市網代字西峰312• 【営業時間】予約受付時間:11時~18時 日帰り利用:A. 9:00~P. 5:00 宿泊:P. M2:00~アウトA. M11:00• 【定休日】要問い合わせ レストランがやっているバーベキュープラン ペット同伴も可能なテラス席にてバーベキューを楽しむプランを提供しているレストランもあります。 レストランが用意してくれる本格食材を使ってバーベキューができるのが魅力です。 そのレストランの看板メニューが含まれている場合もあり、美味しい料理をおトクな内容で堪能できるプランで楽しめるのも魅力です。 奧原宿と呼ばれる神宮前2丁目エリアにある、お肉料理が堪能できるレストラン。 こちらのテラスでペット同伴にて手ぶらBBQが楽しめます。 カントリーミュージックが大好きな店長さんおすすめテキサスBBQが看板メニュー。 屋根つきテントなので雨の日も大丈夫。 柵で囲まれたテラスなのでノーリードで愛犬とのBBQが楽しめます。 【住所】東京都渋谷区神宮前2-17-6 神宮前ビルB1• 【営業時間】12時~21時(電話受付時間:12時~24時)• 【定休日】日曜日 アウトドアをするにあたって、一番注意したいことは周囲の方々への配慮と愛犬自身の安全の確保です。 周りにいる人の中には犬が苦手な方もいるかもしれません。 そういった方々の迷惑にならないよう、そして大切な愛犬が火傷や誤飲、接触事故にあわないようにもしっかりとリードを着用して安全にアウトドアを楽しみましょう。 愛犬が落ち着いて過ごせるように使い慣れたクレートや敷物などを持参するのもおすすめです。 そして何より、暑い時期にバーベキューをする場合は必ず熱中症対策をした上で臨みましょう。 愛犬とのバーベキューにおすすめなのは涼しい春から初夏にかけて、秋から冬にかけての時期です。 人も犬も楽しく気持ちよくアウトドアをエンジョイできるかは、飼い主さん次第です。 犬といけるBBQ場をもっと探す 犬といけるBBQ場をもっと探すならいぬちずのも参考にしてみてください。 は愛犬と一緒にいけるスポットを愛犬家同士で教えあうサービスです。 愛犬と一緒にいけるカフェ・レストラン・ドッグラン・公園などが掲載されていますのでぜひチェックしてください。

次の