パソコン 画面 録画。 【簡単】Windows7/8で画面録画をするフリーソフト5選とその使い方を紹介!

【2020最新版】PC画面録画フリーソフトおすすめ&無料でPC画面をキャプチャする方法

パソコン 画面 録画

効率的にWindows10画面を録画するソフト3選 これはWindows 10でスムーズに動作する専門録画ソフトで、画面上の動きを様々な形式で、しかも高画質で録画することができます。 また内蔵のエディタを使えば、録画時に画面にハイライトや注釈を加えることもできます。 タスクスケジューラ機能を使って録画予約もできるため、その場にいなくても自動的に画面を録画することができます。 Windows10動画キャプチャの方法は以下の通りです。 上のボタンをクリックしてApowerRECをダウンロードし、パソコンにインストールします。 メニューボタンの下の「設定」で録画設定を行います(ホットーキー、フレームレート、動画形式などが選べます)。 「オディオ入力」ボタンを押し、システムサウンド、マイク、または両方に必要な音声源を選択します。 お好みの録画モードを選択します(全画面録画またはデスクトップ上の特定部分を指定して録画することができます)。 録画範囲内の録画したいものを実際に操作します。 録画中、コントロールバーのアノテーション(描画)ツールを使って画面に注釈をつけることができます(コントロールバーが最小化されている場合は、F9を押して有効にします)。 「停止」ボタンまたはF7(初期設定)を押して録画を停止し、ローカルドライブに動画を保存します。 インターネット上に動画をアップロードしたい場合には、内蔵のビデオアップローダを使用することができます。 タスクリストの動画を右クリックして「アップロード」ボタンを押したら、YouTubeやFTPサーバなど、動画をアップロードしたいプラットフォームを選択します。 このプログラムには、と呼ばれるオンライン版もあります。 このウェブベースのプログラムはウェブサイトから直接アプリケーションを起動させることができ、非常に便利です。 ICECREAMスクリーンレコーダ ICECREAMスクリーンレコーダもまたWindows10画面録画に使えるツールで、ボタンがきちんと配置された美しいインターフェースが特徴です。 少し見るだけでその使い方がすぐに分かります。 このアプリケーションもまた、画質を落とさずに画面アクティビティを録画することができる優れたツールです。 録画が完了したら、動画は初期設定のディレクトリにMKV、AVI、またはMP4形式で保存されます。 使用方法は以下の通りです。 ICECREAMスクリーンレコーダをダウンロードおよびインストールします。 アプリケーションを起動させ、画面下の「設定」から録画設定を行います。 「ビデオキャプチャ」ボタンを押し、画面の録画範囲を調整します。 「ビデオキャプチャ」ボタンを押し、画面の録画範囲を調整します。 「停止」ボタンをクリックして録画を終了し、ハードドライブに動画を保存します。 このアプリケーションにはスクリーンショットツールも内蔵されています。 このツールを使えば、画面のスクリーンショットを撮って画像を編集することもできます。 注意点:このアプリケーションのトライアル版では、10分以上画面を録画することはできません。 Xboxゲーム用Windows10の録画ツール Windows 10には、ユーザがWindows10画面録画ができるゲームバーがついています。 この機能は、ゲーマーにとって間違いなく嬉しいニュースです。 この素晴らしい機能の使い方は以下の通りです。 このXboxアプリは、ゲームバーと呼ばれるツールが内蔵されたWindows 10向けのゲームDVRを開発しました。 このツールはウィンドウを検出し、それをMP4ファイルとしてローカルドライブに録画することができます。 しかし、録画できるのはウィンドウ1つだけで、デスクトップ全体を録画することはできません。 Windows10ビデオキャプチャの方法は以下の通りです。 メニューのXboxアプリを起動します。 録画したいウィンドウに移動します。 「Windows+G」を押してゲームバーを有効にし、録画アイコンをクリックします。 録画を停止したい場合は、「Windows+G」を再び押して停止ボタンをクリックします。 結論: ここで紹介した3つの方法を使えば、しっかり Windows10画面録画ができます。 結局は、どのくらい手の込んだ画面録画をしたいか、そして録画を何に使うか、によって選ぶツールが異なります。 皆さんはどうぞご自分のニーズによって好きなものを選んで使っててみてください。

次の

Windows10に標準搭載されている録画(画面キャプチャ)機能は優秀だよ

パソコン 画面 録画

範囲を指定してキャプチャ 画面キャプチャの開始 キーボードの『Windows』+『Shift』+『S』を同時に押します。 キャプチャの操作画面は黒い透明なスクリーンで覆われいて、上部に操作アイコンが表示されています。 キャプチャの実行 マウスを左クリックしたままカーソルを移動して、キャプチャする範囲を選択します。 クリックを放すと直ぐに画面キャプチャの操作画面が消え、クリップボードにコピーされ張り付けできる状態になります。 操作アイコンの説明• キャプチャ範囲を四角形で選択する。 キャプチャ範囲を自由に選択する。 全画面をキャプチャする。 キャプチャ範囲の選択後に、貼付け操作を行えば範囲を選択したキャプチャ画像を貼付けることができます。 クリップボードの履歴を有効にしていれば、キャプチャした画像やコピーしたものが保存されるので、直ぐに貼付けをしなくても後で履歴から操作することができます。 画面キャプチャできない 画面キャプチャができない パソコンやキーボードによっては、操作方法やキーの表記が違うことがあります。 『Print』キーの表記が、「Print Screen」や「Prt Sc」「Prt Scr」のように「Ptr」と表記されているキーボードがあります。 『Fn』キーの使用でキャプチャができる場合があるので試す。 『Fn』+『Alt』+『Print』• 『Fn』+『Print』• 『Fn』+『Shift』+『Print』 画面キャプチャが突然できなくなった パソコンを再起動します。 システムの不具合がなければ、ほとんどの場合再起動することで改善されます。 システムの修復は下記のページを参考にしてください。 動画キャプチャの操作 基本操作 ここでは、動画キャプチャの基本的な操作方法を紹介しています。 動画を録画する操作方法は、次項で紹介しています。 操作パネルを開く 動画キャプチャはキーボードの『Windows』+『G』を同時に押して、操作パネルを開きます。 実際に動画を録画するには、先にアプリの選択が必要です。 「次項参照」 動画のキャプチャの操作パネルは、Windows10 のバージョン、または環境により下図のように 2つのタイプがありますが、動画キャプチャの操作は同じです。 Type「1」で操作パネルが表示されていない場合は、パネルの表示ボタンをクリックすれば表示されます。 操作アイコンの説明 画面の動画を録画するだけなら「録画を開始」をクリックすればOKです。 スクリーンショット 静止画面をキャプチャして「キャプチャフォルダ」に保存する。 直前の30秒を録画する この機能を使うには「バックグラウンドの録画」を有効にする必要があります。 マイクの操作 マイクをオンにすると、マイクから外部の音が録音されるようになります。 ストリーミングの開始 この機能を使うには「Xbox Live」にサインインする必要があります。 キーボードから操作する方法• ゲームバーを開く• 録画の開始/停止• 画面のキャプチャ• マイクの有効/無効• 録画タイマーの表示/非表示• バックグラウンドの録画を保存 「ゲーム バー」に関する詳しい情報は、マイクロソフトの公式ページをご覧ください。 Windows10 標準搭載アプリで動画の編集 動画の必要な部分の切取り トリミング ができるアプリが、Windows10 に標準で入ってます。 複数の場面がトリミングができて結合も可能です。 操作方法は下記のページをご覧ください。 標準搭載アプリの動画編集機能は、トリミングの他にも動画に文字入れ テロップの作成 、エフェクト/3D効果、音楽やBGMなどの挿入ができます。 下記のページで、動画編集機能をまとめています。 動画を録画する ここではブラウザアプリの「Edge」を例に説明しています。 動画を撮りたいアプリのウインドをクリックなどして、アクティブウインド(最前面)にします。 キーボードの『Windows』+『G』を同時に押して操作パネルを開きます。 操作パネルにアプリの名前が表示されていいることを確認します。 操作パネルの 「録画を開始」をクリックすると、直ぐに録画が開始されます。 録画が開始されると、録画の停止用のパネルが表示されます。 画面をクリックすると「操作パネル」は消えますが、「録画の停止用パネル」は表示されているので、停止する場合はそれを利用します。 動画のキャプチャの操作パネルの表示形式が、Windows10 のバージョン、または環境により下図のように 2つのタイプがありますが、動画の録画操作は同じです。 録画しているアプリのウインドを閉じたり最小化すると、録画は自動で終了されます。 録画時に、録画する画面以外の音も録音する場合 ゲームバーの初期設定では、録画する画面(アプリなど)の音のみが録音されるようになっています。 パソコンから出ている全ての音も録音したい場合は、ゲームバーの設定で可能です。 また、設定方法もバージョンや環境により 2つのタイプがあります。 Type「1」 ゲームバーの設定アイコンをクリックすると設定が表示されるので、「キャプチャ中」をクリックし「録音するオーディオ」の「すべて」をクリックし選択します。 Type「2」 ゲームバーの設定アイコンをクリックし、表示されたゲームバー設定にある「録音するオーディオ」の「すべて」をクリックし選択します。 これで動画キャプチャの操作方法の説明は、終わりです。 次に初期値で動画が保存されている場所を紹介します。

次の

BD(ブルーレイディスク)の動画を録画する方法

パソコン 画面 録画

ほとんどのノートパソコンにはWebカメラが搭載されています。 一部のデスクトップパソコンには内蔵Webカメラがないけれど、その使用者の多くは外付けWebカメラを配置しています。 Windows(PC)またはMacにWebカメラが搭載されると、Webカメラからビデオを録画することができます。 必要なのはWebカメラ録画ソフトだけです。 この記事では、高画質のWebカメラ録画ソフト 「」を紹介させていただきます。 このレコーダーソフトを使えば、Webカメラ画面の録画・キャプチャー、Webカメラでの写真撮影、PCおよびMacでのWebカメラによる画面録画が全部可能になります。 本ツールはノートパソコンの内蔵Webカメラまたはパソコンに接続されたUSB Webカメラを利用して、ビデオを録画したり写真を撮ったりするWebカメラレコーダー機能もあります。 次には本ソフトの機能を紹介します。 Webカメラで音声付き(システム音とマイクの音声)のビデオを録画することが可能です。 BGMと自分の声をビデオに加えることができます。 録画中のボリューム調節が可能です。 チュートリアルビデオを作るためにご自分の顔とPC画面を同時に撮影・録画することができます。 さまざまなプラットフォームやデバイスと互換性のあるビデオを作成することができます。 WebカメラのビデオをMP4、WMV、MOV、F4V、AVI、TS、GIFファイルとして保存することが可能です。 Webカメラ管理画面ではポジション、明るさ、コントラスト、色相、彩度、鋭さ、透明性や解像度など、Webカメラに関する設定を自由に調整することができます。 スケジュール録画機能を使って特定の時間に自動的に録画を停止させることが可能です。 開始、停止、録画の一時停止、スクリーンショットなど、Webカメラのビデオ録画をコントロールするためのショートカットがあります。 そして一番注目すべきポイントは、このWebカメラ録画機能は今ダウンロード無料です。 下の「ダウンロード」ボタンをクリックして、PCに 「FonePaw PC画面録画」をインストールしてください。 本ソフトはWindows 10、8、7システムのノートパソコンやデスクトップPCに対応します。 まだこのソフトの使い方について疑問を抱えている場合、以下の手順に従ってください。 Webカメラからビデオを録画する手順: ステップ1、「FonePaw PC画面録画」を実行して 「動画レコーダー」に進みます。 ステップ2、「Webカメラ」の列で、下矢印ボタンをクリックして対象のWebカメラを選択します。 また、「管理」をクリックすると、Webカメラ管理ウィンドウを開くことができます。 管理ウィンドウで、 「プロパティ」ボタンをクリックしてください。 パネルが現れて、そこでWebカメラの明るさ、コントラスト、色相、彩度、鋭さを調整したり、解像度の横にある歯車アイコンをクリックして解像度を増減したりすることができます。 そして、変更を有効にするためには 「OK」ボタンをクリックしてください。 ステップ3、Webカメラのボタンをオンにします。 音声付きのビデオが必要な場合は、システムサウンドとマイクを有効にします。 パソコンの画面を同時に録画する必要がある場合は、 「DISPLAY」ボタンをオンにします。 準備ができたら、 「REC」ボタンをクリックして録画を始めます。 ステップ4、Webカメラの録画中に、システムの音声とマイクの音声のボリュームを上げたり下げたりすることができます。 録画したい内容を全部録画した後、 「停止」ボタンをクリックしてください。 録画したWebカメラのビデオを再生したり、保存したり、ワンクリックでYouTube、Facebook、Twitter、Instagram、Vimeoに共有することができます。 Webカメラのビデオをトリミング、クリップしたい場合、動画編集ソフト 「」を利用してビデオをさらに加工することができます。 Mac対応のWebカメラ録画ソフト: MacBookとiMacには、正面向きのFaceTimeカメラが内蔵されています。 facecamでビデオや写真を録画もしくは撮影するには、QuickTimeまたは 「FonePaw PC画面録画」(Mac版)を利用することができます。 ここでは、FonePawレコーダーを使ってWebカメラのビデオを録画する方法についてご説明します。 「FonePaw PC画面録画」は、WebカメラとMacの両方の画面を同時に録画できるための、もっと強力なソフトです。 QuickTimeでは、Webカメラでビデオを録画することはできますが画像を撮影することはできません。 しかし、FonePawは両方ができます。 ステップ1、「FonePaw PC画面録画」をMacにインストールします。 Mac OS 10. 9以降に対応しています。 ステップ2、レコーダーを起動してWebカメラを有効にします。 FaceTime Webカメラがアクティブになり、レンズの向こうにあるものをすべて映します。 ステップ3、表示アイコンをタップし、Webカメラのウィンドウにカーソルを移動してウィンドウを選択します。 「REC」をタップしてWebカメラビデオの録画を開始します。 Webカメラで写真を撮りたい場合は、カメラアイコンをタップします。 ステップ4、必要なものをすべて録画したら、 「停止」ボタンをタップして動画を保存します。 Webカメラレコーダーを使えば、ご自分の顔だけでなくお持ちのMacのスクリーン画面を同時に録画することができます。 チュートリアルビデオ、ゲームプレイなどの録画には最適なソフトです。 興味があれば、今ソフトの無料試用版をダウンロードして、試してはどうですか?.

次の