フレッツ 光 電話 料金。 光回線を契約せずにひかり電話のみを利用することはできる?

フレッツ光の料金確認方法は二通り!いますぐ明細を確認しよう

フレッツ 光 電話 料金

光電話にしても使っている電話機はそのまま使えます。 果たして本当に固定電話より安い?確認しましょう。 光電話とはインターネットの光回線を利用した電話のことです。 通常の電話ならば、皆さんご存知の通り電話線を使用しますが、光電話では光ファイバーケーブル(光回線)を利用します。 光電話にすると使用する「線」は変わりますが、電話機の買い替えなどは必要ありません。 今まで使用していた電話機を同じように使って電話をすることができます。 もちろん、 今まで使用していた 同じ電話番号を引き続き使用することができます。 光電話は、単体での申し込みはできません。 をしている人がオプション(追加)として契約をします。 つまり、現在、インターネットが光回線でない人で、光電話にしたい場合は、まず光回線のネット申し込みをしなければなりません。 また、光電話の契約はオプションですから、光回線インターネットを利用していても、光電話は利用していない、という人ももちろんいます。 この光回線を利用した光電話、固定回線の電話よりも安いと言われます。 本当でしょうか?どれくらい安いのでしょうか。 実際に検証してみましょう。 固定電話にかかる料金 光電話は固定回線より本当にに安いのか比較するために、まず固定電話の料金を初期費用も含めて確認してみます。 まず新規に固定電話を導入した場合の初期費用をみてみます。 「加入電話」を選んだ場合、施設設置負担金が36,000円かかることがわかります。 一方、「加入電話・ライトプラン」は、新規に契約する場合の施設設置負担金(昔の電話加入権)はかかりません。 その代わり、月額基本料金(回線使用料)が「加入電話」よりも高く設定されています。 めでたく固定電話が導入されて以降、毎月かかる電話代は、1. 月額基本料金(回線使用料)と 2. 「通話料金」を合計したものになります。 「月額基本料金(回線使用料)」は、ダイヤル式かプッシュ式か等条件によって少し異なりますが、加入電話ならば、毎月1,450-1,700円かかります。 (最終的な額はNTTに確認が必要です。 ) 2. 「通話料金」は、通話時間ごとに課金されます。 長く話せばその分料金はあがるのは、皆さんご存知の通りです。 また、 距離が離れていると通話料が高くなる料金設定になっています。 市内同士の通話であれば、8. 5円で3分話せますが、60Km以上離れている相手に電話する場合は、10円で45秒です。 例えば30分通話したとして比較してみましょう。 85円と400円で大分料金が異なります。 ちなみに、以下の料金表では省きましたが早朝や深夜の電話代は少し割安になっています。 固定電話にかかる料金 費用/料金 加入電話 住宅用 加入電話・ライトプラン 住宅用 契約料(新規に契約する場合) 800円 800円 施設設置負担金 (昔の電話加入権に該当) 36,000円 0円 工事費(新規に契約する場合) 0円 2000円 月額基本料金(回線使用料) 1,450-1,700円 1,700円-1,950円 通話料 固定電話同士(市内) 8. 5円で3分 固定電話同士(市外-20Kmまで) 10円で90秒 固定電話同士(20-60Kmまで) 10円で60秒 固定電話同士(60Km以上) 10円で45秒 固定電話から携帯電話 17-20円で60秒 光電話にかかる料金 光電話の初期費用 続いて光電話を導入した場合のコストを見てみましょう。 まずは光回線には光回線ケーブルが必要です。 光回線インターネットを利用していない方は、まずは、光と次に光電話のための工事(設置業務)が必要になります。 どのくらい工事費がかかるのか、条件別に見てみましょう。 光回線の新規インターネット契約と一緒に光電話も申し込む場合 光回線ケーブルを引く工事費にプラス1,000円~3,000円で光電話のための工事をしてもらえます。 光回線の工事費は、プロバイダーや居住形態にもよりますが、18,000円から24,000円程度かかります。 追加料金3000円で土日の作業も行ってくれます。 すでに光回線インターネットを利用しており、後から光電話を導入する場合 すでに光回線のインターネット契約をしており、後から光電話を導入する場合は、3,000円~11,000円の工事費がかかります。 これら料金の幅は、工事に回線会社の派遣が必要かどうかと、今使用している固定電話の番号を光電話でも使用できるようにする(番号ポータビリティ)にするかどうかなどの条件によって変わります。 また、いくら光電話にしてもしなければ、二重に月額基本料金を払うことになり損してしまいます。 固定電話を休止する場合には、2,000円の手数料がかかりますので、ここでもコストの1つとしてあげておきます。 光電話の月額料金と通話料 実際に各プロバイダーの提供する光電話の料金を見てみましょう。 光電話の利用にかかる月額料金はどこも約500円です。 そして、通話量は全国一律、距離に関係なく8円/3分となっています。 固定電話の場合の市内同士の通話料金よりも安いことが分かります。 一方、光電話を利用するためには、専用のルーターをレンタルする必要があり、そのレンタル料がかかります。 NURO光の場合はルーターのレンタル料は不要です。 光電話にかかる月額費用と通話料 長距離電話を頻繁にかける人ならば光電話はお得です。 上記に主要な光回線プロバイダーの提供する光電話の料金をあげましたが、どこの光電話も月額基本料金は約500円となっています。 ただし、一部のプロバイダーでは光電話に必要な専用ルーターをレンタルしなくてはいけませんので、その料金も考慮する必要があります。 それでも、 固定電話の月額基本料金が1,450-1,950円ですから、基本料金はまず固定電話よりも光電話の方が安いことが分かります。 続いて、光電話の通話料は8円で3分となっていますので、固定電話の8. 5円で3分に比べるとわずかに光電話の方が安い程度。 しかしながら、固定電話の場合、距離が離れると通話料が高くなるのに比べ、 光電話は距離関係なく、いつでも8円で3分です。 つまり、 「頻繁に電話する」、さらに「遠距離に電話をする」という方であれば固定電話よりも光電話の方がかなり安くなるということになります。 固定電話 vs 光電話• 光電話の月額料金は、固定電話よりも安くなります。 光電話の通話料は、たくさん電話をする、長距離に電話する。 そんな場合には固定電話よりも安くなります。 逆にいえば、 「さほど固定電話で電話はしない、しかもそんな長距離に電話をする必要がない。 」という人ではあれば固定電話と光電話の料金差はほとんどないということになります。 光電話を契約すべき人・そうでない人 光電話にかかる初期費用と月額料金とその特徴について確認しました。 電話をかける頻度が多く、長距離に電話をすることが多い方ならば光電話で電話代を節約することができることが分かりました。 光電話はこんな人におすすめ 家の固定電話をよく使う、長距離電話をよくかける、という人は光電話はおすすめです。 光回線を契約予定の人。 (契約中の人。 ):光回線の導入と同時に申し込むと光電話の工事費が安くすみます。 新たに固定電話の契約が必要な人。 :固定電話より安く電話(家電話)が導入できます。 固定電話で頻繁に電話をする人(特に長距離の場合):光電話は距離に関係なく通話料金が一律。 上記の条件に当てはまる人方は 光電話のオプションを契約する価値があるといえるでしょう。 特に 商売・ビジネスで全国の顧客や取引先に電話をするような場合は光電話は最適です。 光電話がおすすめでない人• あまり家の固定電話を使用しない人: 光電話は固定電話より月額料金安いが、そもそもあまり電話しないならばお得になる「差」も小さい。 通話にはスマホを使う、LINEなどを使用するという人。 長距離電話をしない人:長距離でなければ通話料は光電話も固定電話も変わらない。 上記ような人は、わざわざ光電話を契約することで損をすることはありませんが、メリットはさほど大きくありません。 L 他にもこんな方法で電話代を安くすることができる 最近はほとんどの通話をスマホ・ケータイだけで済ませられるようになってきています。 また、やSkype等で音声通話をすれば、距離による料金差を気にする必要がそもそもありません。 このような傾向にともない家の固定電話を解約する人も増えています。 光電話は固定電話よりも安いですが、そもそも家で電話をしないならば、 家の電話自体を解約するという選択肢が一番安い(ゼロ円)ということは言うまでもありません。 またスマホの契約を大手キャリアからに契約を切り替えることによるコストダウンはより簡単で効果的ですので、 固定電話と光電話の料金の比較だけにとどまらず他の選択肢も広く見てみることで電話代・通信費を安くすることができるでしょう。 光電話の申し込み - どこの光回線インターネットを選ぶべば良い? 光電話サービスや料金はどの回線事業者を選んでも大きな差異はありません。 導入までのプロセスもほぼ同じです。 よってインターネットサービスとしての光回線を選ぶ基準、つまり月額料金や回線速度などを見て自分にあった光回線プランを選べば良いでしょう。 光回線の申し込み先(一例) 自社回線• 下り速度最大2Gpbs。 月額料金の中に無線ルーターが含まれる。 九州エリア :• スマホ・携帯にauを使っている人におすすめ。 プロバイダーを選ぶ必要があります。 「auひかり x So-net光」や「auひかり x GMO」などがあります。 フレッツ光 (光コラボ) から申し込む• NTT系列の老舗のプロバイダー。 光回線はフレッツ光を使用• セット割でひかりTVを安く契約することができる。 その他、多くのプロバイダーで光回線にフレッツ光を利用した「光コラボ」プランを提供しています。 から申し込む• セキュリティ「カスペルスキー」が永年無料• IPv6接続対応ルーターのレンタル料金12ヵ月間無料 から申し込む• 業界最安値。 光回線にはフレッツ光を使用。 契約期間の縛りがなく、解約手数料がない。

次の

プラン・料金|フレッツ光|法人のお客さま|NTT東日本

フレッツ 光 電話 料金

ひかり電話と同時に申し込みされた場合、各付加サービス交換機工事費は減額されます。 月額基本料 料金プラン 月額基本料 基本料金に含まれる通話分 基本プラン 500円(税抜) - ひかり電話A 1,500円(税抜) 480円分 の通話ができます。 <最大3時間相当> 安心プラン 1,400円(税抜) 1,280円(税抜)分の通話ができます。 他事業者、携帯電話等への通話は対象となりません。 また、最大通話時間は通話毎の通話時間により異なります。 2円/3分 携帯電話への通話 グループ 1-A 16円/60秒 グループ 1-B 17. 5円/60秒 グループ 1-D 10. 8円/3分 050IP電話への通話 グループ 2-A 10. 4円/3分 グループ 2-B 10. 5円/3分 グループ 2-C 10. 6Mbps超 100円/3分 国際通話 (音声) 各国の国際通話料はフレッツ公式ホームページ をご覧ください。 例 ・アメリカ合衆国(ハワイを除きます。 )への通話 9円/60秒 ・中華人民共和国(香港及びマカオを除きます。 ただし、「義援金募集番組」への通話は対象外となります。 グループ1の事業者名は以下のとおりです。 なお、4つ以上の付加サービスをご利用の場合は月額利用料の高い順に3つの付加サービスが自動的に「付加サービスセット割引」の適用となります。 ご利用には機器のお取り替えが必要です。 2円(税抜)の対象は、NTT東日本・NTT西日本の加入電話・ISDN・ひかり電話・ひかり電話ビジネスタイプとなります。 Bフレッツ マンションタイプまたはビルタイプををご利用の場合、ひかり電話対応機器(ルータ)利用料450円(税抜)が必要です。 県間通話、国際通話に関しては、本サービスのお申し込み時にあわせてお申し込みいただきます。 また加入電話等でご利用いただいている付加サービスをご利用いただけない場合があります。 ただし、番号の頭に「184」を付加し、ダイヤルした場合は非通知となります。 一部、現在ご利用中の電話番号をそのままご利用いただけない場合があります。 電話番号をそのまま利用する場合は別途工事費が必要です。 必要に応じてお客さま自身でサービス提供会社へ解約手続き等を行ってください。 利用の如何にかかわらず、料金が発生することがありますのでご注意ください。

次の

フレッツ光の電話料金の内訳は?無料キャンペーンってあるの?

フレッツ 光 電話 料金

目次 この記事でわかること• フレッツ光の電話料金の内訳 それではフレッツ光の電話サービス「ひかり電話」について、料金の中身がどうなっているのか、具体的に見ていきたいと思います。 出典: なお、フレッツ光の回線は戸建て用とマンション用とで金額が異なる上、さらに「ギガ」「スマートタイプ」「ファミリー」など細かくプランが別れています。 しかしひかり電話は、それらの契約回線速度の違いによって金額が変わることはありません。 フレッツ光であればどんな物を使用していても、電話の料金は同じです。 提供元: 比較ですので、どんな契約でもかかる「基本料」「通話料」を記載し、別途料金がかかる付加サービス(ナンバーディスプレイ、キャッチホンなど)は除外してあります。 また通話料も「一般電話への通話」を対象とし、携帯電話宛などの通話料は省略してあります。 また、最初にかかる契約料や工事費用などの初期費用も記載してあります。 初期費用は、現在の電話の利用状況や工事の内容により金額が変わってくるため、今回は 「すでにフレッツ光を契約済みで、電話は通常の電話線を使用している。 この電話をひかり電話に切り替える」というケースを例に記載します。 東日本の場合 まずNTT東日本の場合です。 それに対し、 ひかり電話で「基本プラン」を選択した場合は、基本料金が500円(税抜)ですので、安くおさえることができますね。 なおひかり電話への切り替えにあたっては、 今まで使っていた電話番号は継続して使用ができ、警察や消防などの緊急通報も従来どおり使うことができます。 提供元: フレッツ光のひかり電話では、利用状況に合わせてオプションサービスが付いた「ひかり電話エース」や、無料通話が最大4,800円分まで付けられるプランも選択できるようになっています。 また、一般の電話の通話料は距離によって高くなりますが、 ひかり電話であれば全国一律の通話料金であることもメリットです。 なお、ユニバーサルサービス料(数円)は上記から除外しています。 別途定められた電話番号あたりの費用(番号単価)が、電話料金とともに請求されます。 西日本の場合 NTT西日本を確認しましたが、東日本とまったく同じ料金となっていました。 無料通話などのオプションプランがない分、シンプルなものになっています。 実際、通話機器は固定電話よりも携帯電話が主流になり、通話手段も電話番号を使用した従来のものから、LINEやSkypeなどのインターネット通話に切り替わってきています。 固定電話の契約プランは充実していなくても問題はないかもしれませんね。 初期費用の合計額も、フレッツ光とほとんど同じとなっていました。 光電話料金が無料になるキャンペーンは今のところありません 今回、ひかり電話の料金についていろいろと調査しましたが、 料金が無料になるようなプランやキャンペーンは行われていませんでした。 では「光電話料金が無料になる」といううたい文句はなんなのか? どうやらこれは言葉の綾のようで、NTTの通常電話回線からフレッツ光のひかり電話に切り替えることで「NTTへの電話料金支払いはなくなる」という意味のようです。 当然、その分ひかり電話の基本料金が発生するのですから、実質的に無料にはなりません。 悪徳な勧誘業者のなかには、変更前後の料金の変化をご説明せず「無料になる」という部分だけを前面に出して契約を迫ってくるところもあるのだとか。 提供元: サービスを使用して、その対価が無料だなんて、そんな話があるわけないですよね。 不自然に得をするような話には裏があるものです。 引っかからないよう注意しましょう。 フレッツ光の電話料金の支払い方法 それではここであらためて、フレッツ光の電話料金の支払い方法について確認をしたいと思います。 請求金額はどのように確認するのか?支払い方法にはどんなものがあるのか? 固定費の支払い方法など、普段なかなか意識しない人のほうが多いと思います。 あらためて振り返ってみてください。 請求金額の確認方法 請求金額を確認する方法は、NTT東西のHP上で行うのが簡単です。 NTT東日本ならば「」、NTT西日本なら「」にて、それぞれ料金を確認できます。 提供元: 電話料金分のみではなく、フレッツ光の回線料金も掲載されていますので、インターネット通信料と合わせて確認ができて便利ですよ。 また、別途申し込みをすることで、電話料金に加えて通話明細を確認もできます。 日頃どこにかけることが多いのか、見直しをする時に役に立ちますね。 請求書による支払い 支払い方法は3つあり、1つめは請求書で支払う方法です。 毎月決まった時期に請求書が郵送で送られてきます。 そこに添付されている払込用紙を金融機関やコンビニエンスストアに持ち込んで支払います。 提供元: お金を支払ったことを最も実感できる方法ではありますが、毎月支払いのために銀行やコンビニエンスストアに行く必要があるため、手間がかかる方法ともいえます。 この方法を選択する場合は、支払いが遅れたら延滞利息がかかってしまう点にご注意ください。 口座振替による支払い 支払い方法の2つめは、口座振替による支払いです。 提供元: あらかじめ申し込みを行うことで、毎月決まった時期に銀行口座から自動で料金が引き落とされます。 料金の支払い漏れをなくすことができますし、最初に手続きをば以降は自動で支払われるため、手間がかからないのがうれしいですね。 こちらの方法を採用する際は、毎月の料金確認を確実に行って、引き落とし金額に誤りがないかをチェックすることをお忘れなく。 また、銀行口座にはあらかじめ余裕を持って入金しておき、残高不足で支払えなかったということがないようご注意ください。 クレジットカードによる支払い 支払い方法の3つ目は、クレジットカードでの支払いです。 こちらも口座振替と同様、あらかじめ申し込み手続きを行い、引き落とし用のクレジットカードを決めておくという方法です。 提供元: クレジットカードの請求にひかり電話の料金も載ってきますので、合わせて支払うだけです。 すでにクレジットカードを持っている方であれば、この方法が最も手間がかからず支払い忘れもない方法かと思います。 クレジットカードによっては、料金支払いによってポイントがたまるものもありますので、そういった点も踏まえると 最もお得な支払い方法といえるでしょう。 東日本の場合、ポイントを支払いに利用できる NTT東日本で契約をしている方は、料金支払いをさらにお得にできる方法があります。 NTT東日本のフレッツ光を契約すると、「フレッツ光メンバーズクラブ」に加入ができ、毎月のフレッツ光の利用状況などに応じてポイントがたまります。 提供元: この ポイントを、月々の料金支払いに充当できるのです。 しかもポイントは1ポイントから使用できるため、いつでも使用できますし、余らせてしまうこともありません。 すでに東日本で契約していながら、ポイントを意識していなかった人は、ご自身のポイント数をチェックしてみてください。 フレッツ光のひかり電話の解約方法 さて、フレッツ光のひかり電話が不要となった人、あるいは光回線を別のサービスに切り替えることになった人は、ひかり電話の解約が必要です。 どちらの場合であっても、 解約手続きは電話で行います。 窓口の電話番号は0120-116-116です(東日本も西日本も同じ番号です) 提供元: 上記電話番号に電話し、オペレータに対し「ひかり電話だけ解約」「光回線と一緒に解約」のどちらかを伝えます。 ( 光回線を解約し、ひかり電話だけ残すということはできませんのでご注意) あとはオペレータの指示に従い、必要な情報を伝えて手続きを行うことで、解約を行うことができます。 なお、 フレッツ光を解約し、他の光回線サービスへの切り替えを検討している場合は、「光コラボレーション」がオススメです。 提供元: フレッツ光よりも利用料金を安くおさえることができる上に、回線はそのまま転用できるため工事費用も節約できるのです。 料金面でフレッツ光に不満がある方は、料金比較を行ってみてください。

次の