ヤりたい仕事が見つからない診断 転職。 当たる適職診断テストツールまとめ!転職や就職に無料で使えるおすすめ10選│ジョブシフト

やりたい仕事がない大学生のあなたへ|就活どうしますか?

ヤりたい仕事が見つからない診断 転職

仕事は、 大学の事務員です。 住まいは、両親と同居で3人暮らしです。 元々なりたくてなったという仕事という訳ではありませんでした。 ただ、なんとなく、、といった感じです。 自分が大学生だったころも、大学の事務所の方たちはどんな仕事をしているのかもわかりませんでしたし。 実際の仕事内容ですか? 学生のレポート試験の受け取り、教室の変更、試験前のプリント印刷などを行っていました。 教員に部屋の鍵を渡したり、卒業生の証明書を投函したり、各学科からのレシートを見て伝票を作成することなどもしていました。 あと、職員へのお茶だしもありましたね。 ケーキなどをもらったときには、事務所の裏で包丁でケーキを切り、お皿において15時に机に置いてまわりました。 数年経って、非常に良くしていただいた先輩が退職されて。 こんな風にフワフワしていた私に、かなり丁寧に教えてくれる方でした。 どんな仕事かもわからず、かといって積極的な行動がとれないでいた私に対して、その先輩は完璧なまでにしっかりと仕事の進め方を教えてくれまして。 例えば、「 封筒に糊付けするときの楽な方法」とか、そんな細々したところまでもです。 あるときは職員の方に呼ばれて教室の機材のメンテナンスをしにいったときにも、心配してあとを追いかけてきてくれました。 そんな頼りにしていた先輩が辞められた後は、 空虚感はどんどん大きくなっていきました。 何といえばいいのでしょうか。 ・・・そんな状態なのです。 でも、そんな状態の繰り返しのままでは良くないということは、自分でもわかっていました。 ハローワークだけではなく、やにもサイト登録をして、とにかく沢山情報を見るようにしました。 情報に沢山触れていくうちに、いずれ「これだ」と思えるものに出会えるかもしれない…と。 その作業は、まさに「 自分と向き合う」為の行動で、正直、とてもつらかったですね。 調べれば調べるほど、私は世間から必要とされていない存在であることが露呈されるような、まるで「 カテゴリー・エラー(あなたはカテゴリ外です)」と言われているような、そんな気分の日々でした。 あるとき、 私が通っていた病院の事務員募集の求人情報が目に入って。 転職先の新しい職場にて、配属された部署は新人私1人のみで、皆が先輩でした(当たり前ですけどね笑)。 ですが、 先輩の皆は年齢的には私よりも年下で。 勿論仕事は私よりも圧倒的にできます。 加えて私は業界自体も未経験なので何も知らない状態でしたので、皆私に教えづらそうにしていました。 あと、こちらの職場では二人一組でペアで仕事を進めるのですが、 私のペアの人がかなり年配の、院内で有名なほど癖のある方でした。 機嫌が悪いと仕事を一切しなくなったり、逆に機嫌が良いと息がかかるくらい私に寄り添うようにしてきたりして、、、苦労しました。 それでも、課長や係長の方々はそんな私のことを大変気にかけてくれて、ペアの人とのコミュニケーションを気にかけて面談してくれたり、いろんな業務を丁寧に教えてくれたりしていただきました。 あと、事務室内で、毎月1,000円ずつお金を集めて誰かが誕生日を迎えるとその人にプレゼントを渡すという習慣がありまして。 転職して数か月経ち、その頃には職場の居心地も大分よくなり、話す人も多くなりました。 そして給与は、それに対する報酬ですよね。 外来フロアを歩くと、場所を聞かれたり、順番はまだかと怒られたり、自分とは担当が違っても制服を着ているだけで患者さんにいろいろ声をかけられます。 ですので、( 自分の部署以外のことも、少しぐらい応えられるようにしないと)と、いつも勉強をしています。 そうして患者さんとのコミュニケーションを重ねていくうちに、仕事のやりがいが少しずつ感じられるようになって。 「 自分のことをもっと知らないと、向き合わないと」と考えてもなかなか出てこなかったのに、こうやって周囲の人たちのことに目を向けているうちに、「 自分には何ができるか」ということを考えて、 それが自然と自分のやりがいのこと、つまり自分との向き合いへと変わっていったのです。 そう思うと、一社目の大学の事務職員時代と比べたら、少しは成長出来たのかもしれません。 まだまだ、全然周囲と比較できるレベルではありませんが。 あ、でも、前職と変わらずに思うこともあります。 それは、立派に思われる職業の方々って、内面はどうしようもなく劣っているケースが多いんだな、ということですね。 前職の時は大学教授でしたが、今回は「 お医者様」です。 自分が患者の場合は「 この医者とは気が合わないな」とか、「 何この人、すごく偉そう」と感じることも多かったのですが、職員になるとそれは更に顕著に見えてきます。 常に上から目線、自分の身の回りのことを自分でしない、提出物は出さない、医者は偉いから事務員とはレベルが違うと思っている、それが見え見えな医者があまりに多くて。 医者という肩書きはすごいかもしれないけれど、人間としては最悪だと感じることも多いです。 仲良くしてもらっている同僚の事務員さんとは、良くそんな話もします。 「 本当に、あの人信じられないよねー」って笑。 社会人として、どうステップアップしていけば良いか。 最近はいつもそんなことを考えています。 今まで、自分が何をしたいかも分からずに生きてきました。 そしてようやく、「 人の役に立つ」ということがどういうことなのかが分かりかけてきて。 更にその理解を深めるために、きっと私はもっと努力をしていかないといけないのでしょう。 医療事務のお仕事への転職をご検討中の方は、併せてこちらもご確認ください。

次の

ヤりたい仕事が見つからない診断|自分に合った仕事が見つかる!│ジョブシフト

ヤりたい仕事が見つからない診断 転職

今の生活のままでは不満もあれば不安もある。 だけどやりたいことが見つからない・・・ 30代になれば、20代のようにはいかないこともありますね。 ですが、 30代は 人生に迷う年代でもあります。 それは、 これまで20代の頃は、我武者羅にやってきたことも、 30代では、落ち着き始めたり将来のことを考えるようになったりと、 今の 自分自身を見つめるようになってくるからです。 今までは、目の前の現実ばかりに目がいっていたのが、 友人が起業した、凄い先生に出会った、身近な人の生死に直面したなど、 身の回りの変化によって、自分自身を見つめはじめていきます。 そのときに気づくのです。 「自分は、 本当はなにがしたいのだろう?」 やっと気づきはじめたのですが、なにをどうしていいのか分からない。 まるでサバンナのど真ん中に、丸腰で立たされているかのような、 そんな無防備で生きていた自分に気づかれます。 今回は、やりたいことが見つからない30代の自分の見つけ方をお伝えいます。 (前回は、 にて、 やりたいことがないと嘆く人へ、やりたい仕事を見つけるヒントを紹介しました。 ) [ad co-1] 記事の目次• 人生は有限 20代の頃と、30代の頃との時間の流れは違います。 20代では無条件に自分の可能性を信じて行動ができました。 それは、 やはり「20代はやり直しがきく」と世の中で言われているからです。 事実、仕事を辞めるにしても30代ほど悩みません。 ある程度は、好奇心で臨んでいけることも許されるところも多いです。 転職という、仕事の業種そのものを変えることさえ、 30代のように深刻には、さほどならないものだったと思います。 ところが、 30代では、抱く夢や希望も現実てきになります。 30代は人生の中盤になっていくので、ある程度の時間が見えてくるのです。 「俺はこのままサラリーマンを続けるのか・・・」 ふとこのような思いになってしまうのは、 人生が有限であることを、リアルに感じはじめたからこそです。 それもはっきりとではなく、何となく感じはじめた感じではないでしょうか。 人生は有限だと気づくこと。 それは自分の本当の生き方を見つけるためのスタートとも言えます。 それが「自分探しの旅」のはじまりです。 どんな40代になりたいですか? 僕も20代はサラリーマンをしていました。 スポンサーリンク そして30代になった今は、脱サラしてフリーランスになりました。 この2つを経験して明らかに違う点があることに気づきました。 それは、 どんな40代に なりたいかです。 40代をどんな風に過ごしたいのか、 いえ、40代をはじめとした今後の 人生の設計図です。 「俺はこのままサラリーマンを続けるのか・・・」 という状態では、未来など描けていないのは明らかです。 決してサラリーマンに将来がないと言っている訳ではありませんし、 独立しても将来に不安を抱えて生きることに変わりはありません。 ただ、僕個人としてはこの2つの違いを経験しました。 今、やりたいことが見つからないと感じているなら、 40代ではどんな風に過ごしてみたいのかをイメージしてみてはいかがでしょうか。 今ある現実は一切無視して、自由に思い描いてみるのです。 大自然の美しい風景を見たときに、 「自分の悩みなんて、ホントちっぽけなもんなんだな・・・」 と思えるくらい、 心に何かを感じるものを見つけることです。 自分探しの旅とは、そのような 情熱に出会うことなのです。 頑張りすぎて自分を犠牲にしない 精神的に辛いとか、心が苦しくなってうつ病になってしまうとか、 仕事ばかりに集中することは人生のムダ遣いと同じです。 それが自分の人生を心から充実させてくれるのなら構いません。 もし30代を充実して過ごしているなら、あなたはとても素晴らしいと思います。 もしそうでないとするならば、以下のことを意識しましょう。 他人の目を気にし過ぎない• やりたいことを見つけたら1年以上は継続する• 30代だからと安全な道ばかりを選ばない• 仕事ばかりに時間を費やさない• 自己投資をして違う生き方を模索する• チャンスを掴むため受け身の姿勢にならない• 理屈だけじゃなく経験にお金を掛けて腑に落とす そして、• 年齢を言い訳にしないこと この中からピンときたものだけで構いません。 今から、生き方を変えるために意識してみてください。 やりたいことが見つけるために やりたいことを見つけるために僕が言えることは、 今までの生活とは、 まったく異なる経験をすることです。 僕は27歳になってNLP実践心理学を学びました。 その後はコーチングを学び延べ300人とセッションをしました。 まったく異なる経験をし続けることは、 もの事の見方や考え方が自然と変化していきます。 つまり、 同じ経験でも感じ方が変わってくるので、 結果として自分の生き方にピンときやすいのです。 行動しているので、それだけアンテナを貼るようになるからです。 やりたいことが見つからない30代は多いです。 人生に迷いを感じはじめたときが自分を変えるチャンスだと思います。 そこででは、 やりたいことを見つけるための知られざる 視点についてお伝えしています。 35歳を区切りに自分の生き方を変えたい人にぜひお勧めです。 30代で自分をみつけられることを祈っています。 スポンサーリンク.

次の

やりたい仕事がない20代・30代・40代のための転職成功術

ヤりたい仕事が見つからない診断 転職

【このページのまとめ】• ・世間の目を気にしすぎたり、自分を理解していなかったりすると、やりたいことが見つかりにくくなる ・やりたい仕事がないときは、自分の本音と向き合うことがポイント ・仕事選びは、好き嫌いではなく、やってみたいかどうかで判断するのも一つの方法 ・仕事をするうえで何が一番大切なのかを優先順位をつけて考えるのもオススメ ・仕事に結びつかないようなことでも好きなことを挙げることで、やりたいことが見えてくることもある 就職や転職活動をする際に、どのような基準で仕事選びをしていますか? 向き不向きで選ぶ人もいれば、趣味や特技を活かせる職業・企業を選択する人もいるでしょう。 しかし、中には「やりたい仕事がない」という人もいます。 どうすればらやりたい仕事と出会えるのか。 いつ見つけられるのか。 そのような悩みを抱えている方は、当記事を読んで自分の「やりたい仕事」について改めて考えてみませんか? コンテンツ目次• 「やりたい仕事を見つけられるまでフリーターとして働く」という道を選んだ人や、「やりたい仕事に必要なスキルを身につけるために、今の会社で正社員として働いている」という人など、さまざまな形があるでしょう。 やりたい仕事を選んだ人が必ず充実感を味わえるとは限りませんが、それを見つけたほうが人生において幸せを手にできる可能性は高くなります。 しかし、将来のビジョンが明確な人ばかりではなく、「自分が何をしたいのかわからない」という悩みを解消できないまま就職活動をしている人も少なからずいます。 就職することへの不安や、自分の長所を見つけられないなど、やりたい仕事が見つからない原因は人それぞれ。 次項でその原因について詳しく解説していきます。 【自分を理解していない】 就職活動で一番重要なのは、自分自身を理解することです。 自分のことがわかっていないと、仕事に活かせる強みやアピールポイントを見つけることができません。 結果的に何をしたいのかわからなくなり、自己評価の低下にも繋がってしまいます。 【将来を不安に思っている】 仕事を選ぶ時に、将来のことを考えすぎていませんか? 「この収入で生活は大丈夫だろうか」「人間関係でトラブルはないだろうか」など、仕事探しの際に不安に思うことは人それぞれ。 しかし、そのような将来への不安ばかりに考えが及んでしまうと、自分が本当に求めていることが見えなくなってしまいます。 将来のことを考えるのは大切なことですが、それが就職活動に支障をきたすようであれば、一度除外したほうがいいでしょう。 【世間の目を気にしすぎている】 家族や友人など、表面的な世間体を過度に気にすることも、やりたい仕事が見つからない一因です。 「周りの人が安心するから」「否定されたくないから」という理由で、倍率の高い大企業や自分の希望から外れた仕事を選んでいませんか? 身近な人に心配をかけたくない気持ちはわかりますが、最終的に自分の道は自分自身にしか決められません。 周囲のことばかりを気にせず、自分が持っている軸を大切にしましょう。 【現状に不満がある】 たとえば、「とにかく今の職場が嫌で逃げ出したい」「自分にはもっと相応しい場所がある気がする」など、現状に何らかの不満があり、その状況から脱することばかりに気を取られていませんか? 現状への不満ばかりに目が行ってしまうと、本当にやりたいことがわからなくなります。 もちろん転職することは悪いことではないですが、行動に移す前に転職後どうしたいのか、本当に職場を変えることでその問題が解決できるのかを一考しておくのが無難です。 上記4つはほんの一部の例ですが、少しでも心当たりがある方は、一度自分の気持ちと向き合ってみましょう。 その見つけ方の具体例の一部を、下記で紹介します。 「やりたい仕事がなかなか見つからない……」という方は、参考にしてください。 【意思を強く持つ】 まず大切なことは、「やりたい仕事を見つける」という強い意思を持つことです。 目標を設定することで、進むべき道を明確にできるでしょう。 「自分には見つけられない」「私にはこんな仕事はできない」とはじめから諦めてしまっては、せっかくのチャンスを逃してしまいます。 就職活動では、自分の本音としっかりと向き合うことも大切です。 【好き嫌いで仕事を選ばない】 仕事を選ぶときに気をつけるポイントは、好きか嫌いかで判断しないこと。 特に経験のない仕事を好き嫌いだけで判断するのは避けたいものです。 「自分の好きなことを仕事にしたい!」と明確な意思を持っている人は問題ないでしょう。 しかし、やりたい仕事が明確ではない場合は、「こんな仕事は好きかも」という安易な気持ちで選ぶのは避けるのが無難です。 気持ちがハッキリしないまま仕事を決めてしまうと、入社後にミスマッチを起こす恐れがあります。 好き嫌いで選ぶのではなく、やってみたいかどうかを自分自身に尋ねてみるといいでしょう。 【「やりたくない」仕事を考えてみる】 「やりたい仕事がなくてどうしようもない…」という場合は、やりたくない仕事を挙げてみるのもおすすめです。 たとえば、「立ち仕事は体力的に無理」「コミュニケーションが苦手だから、接客はやりたくない」「パソコンが得意ではないから事務職は避けたい」といったように、自身の気持ちに耳を傾けてみましょう。 やりたいことよりも、やりたくないことのほうが多く挙げることができ、整理しやすい場合もあります。 このように、消去法でやりたくない仕事を仕分けていけば、今まで気づかなかったやりたい仕事を見つけられる可能性があります。 【とにかく人生経験を積む】 やりたい仕事がわからない場合は、興味のあることはとにかくチャレンジしてみるのも一つの方法です。 経験は人生の大きな宝。 人生経験の豊かさによって、数多くの知識やスキルを身につけることができます。 それらを身につけることによって人として成長でき、仕事に対する意欲や願望が湧いてくる、具体的なビジョンを描けるようになるといった効果が期待できるでしょう。 【将来を深く考え過ぎない】 夢を抱いて働く人もいますが、生活していくことを一番の目的として仕事をしている方もいます。 それは決して悪いことではなく、働く理由の1つとして成り立つことです。 「将来に大きな夢や目標を掲げ、やりたい仕事をするのが格好いい生き方」「ただ食べるためだけではつまらない」というような先入観にばかりとらわれていては、今を懸命に生きるのが苦しくなってしまう可能性があります。 将来を深く考え過ぎず、今の自分が生きていくために何をすべきか知ることも大切です。 自分ができそうな仕事を選ぶことで、ストレスを最小限に抑えることができ、心に余裕を持つことができるでしょう。 将来と向き合うのは、それからでも遅くはありません。 上記にご紹介した方法以外にも、さまざまな見つけ方がありますが、その中でも自分に一番合ったなやり方でトライするのがオススメです。 何がしたいのかわからない状態になってしまったときには、自己分析をしてみてもよいでしょう。 その方法については、次項で紹介します。 そのような場合は、自己分析を徹底的に行えば、自分の強みや適性を知ることができます。 まずは、自分の過去を振り返り、うれしいと感じた出来事や何かを成し遂げた体験などを、思い出せるだけノートに書き出してみましょう。 そのエピソードを「なぜこう思ったのか?」「なぜうれしかったのか?」というように、ひとつひとつ掘り下げていきます。 深掘りした情報を基に、「どのような仕事にやりがいを感じられそうか」「どのような仕事に苦痛を感じるのか」といった視点で考えていくと、ある程度選択肢を絞りやすくなるでしょう。 このように自分自身と向き合うことで、少しづつ見えてくるものが増えていきます。 仕事をする上で大切にしていることに、優先順位をつけていく方法も有効です。 待遇や職場環境、やりがいの有無など、自分の中で特に優先度が高い項目を挙げていきます。 ただし、挙げていった条件だけで「この企業は合わない」「この仕事はできない」というような決めつけをしないように注意しましょう。 仕事探しの妨げにならないよう、その条件が本当に重要か再考し、取捨選択していくことが大切です。 自分が仕事に求めていることの優先度を探り、目的を明確にする持つことで、やりたい仕事に出会えるを見つけられる可能性が高まるでしょう。 また、色々と考えすぎてやりたいことが分からなくなってしまった時は、一度自分の感情に素直になり、気持ちをリセットするのも一つの手です。 その状態で改めて考えを整理していくと、意外な発見に繋がる可能性もあります。 自分に合った仕事を見つけるために大切なことは、何も決まっていないまま無闇に転職しないことです。 転職することで何を変えたいのか、何をしていきたいのかをはっきりさせておかないと、せっかく新しい仕事を見つけても再び同じ失敗を繰り返してしまいます。 長く働ける職場に巡り会うためにも、自分の考えを固めてから就職・転職活動をスタートしましょう。 しかし、「本当に好きな仕事をしながらで生活していけたら、これほど幸せな人生はない」と考えている人もいます。 好きなことを仕事にしたいという思いで会社を選ぶ人もいますが、入社後に必ずしも希望通りの仕事ができているとは限りません。 たとえば、本が好きで出版業務に携わりたいと思い入社したが、実際は販売促進の業務からのスタートだったというケースもあるようです。 そこから「やりたい仕事に繋がるなら」と頑張って続けていく場合もあれば、ミスマッチだと感じて退職してしまう場合もあるでしょう。 仕事を見つたらそこがゴールではなく、その後働き続けることができるかどうかが重要です。 やりたい仕事がないという人は、上記のことも踏まえた上で、ひとまず自分の好きなことを探してみましょう。 「自分に何もない」という先入観を捨て、今までのことを思い返してみることが大切です。 どんな趣味や特技であっても構いません。 一見仕事に結びつかないと思えるようなことに、思わぬ可能性を見出だせることもあります。 まずはその第一歩を踏み出すことで、一つ前進できるでしょう。 割り切って業務をこなせる人もいますが、好きな仕事でないと続けるのが難しいと感じることもあります。 そのような人が苦手な仕事を無理に毎日続けるのは、ストレスの原因になりかねません。 もしあなたが「これからやりたい仕事を見つけたい!」と思うのであれば、プロのアドバイザーを頼ってみるのもいいのではないでしょうか。 就職エージェントを利用することで、自分に合った職種や業界を見つけることができます。 また、希望に沿った企業を紹介してもらうことも可能です。 ハタラクティブでは、プロによる適職診断やカウンセリングなどを通じて、一人ひとりに合った企業紹介を行っています。 「やりたいことが分からない」と悩んでいる方や、社会人経験がない方も心配無用です。 未経験者向けの求人も常に2300件用意しているので、あなたのやりたい仕事がきっと見つかります。 応募書類の書き方や面接対策、面接日程の調整など、他にも幅広い就職・転職サポートが受けられるので、安心です。 これらのサービスはすべて、何度でも無料で利用できます。 将来にお悩みなら、一度ハタラクティブに相談してみませんか?.

次の