仏教 経典。 経典の意味とは?経典とは何か、解説いたします|終活ねっとのお坊さん

仏教の経典とは

仏教 経典

代表的な仏教の経典の概要 代表的な仏教の経典の概要 またお経の含んでいる内容から、小乗経典、大乗経典、密教経典の3つに大きく分けられます。 小乗経典は主としてお釈迦様が直接弟子達に説かれた教えです (原始仏教経典ともいう)。 大乗経典は在家信者へも向けた内容が特徴となっています。 密教経典は、神秘的な傾向を持つのが特徴です。 これらのお経を総合的に集めたものは「大蔵経」「一切経」と呼ばれるお経全集です。 現在、日本で使われている大蔵経「大正新脩大蔵経」は、漢訳されたもので、全100巻もあります。 その中には3053部のお経が収められています。 「般若」とは智慧を、「波羅蜜多」とは「智慧で彼岸に渡る(さとりを開く)」ことを意味し、「すべての人々を彼岸へ渡らせる」と説いた大乗仏教をはじめて宣言した経典です。 日本で一般的にいう「般若心経」は玄奘訳のもので、玄奘が訳した全600巻から成る「大般若経」の中から、そのエッセンスを簡潔にまとめたものです。 ほかに般若訳、鳩摩羅什訳、法月訳、法咸訳など七種の訳本があります。 推古天皇の時代の609年にもたらされたサンスクリット語の般若心経が、日本最古のものとして法隆寺に残っています。 宗派は、 天台宗、真言宗、浄土宗、禅宗 「色即是空、空即是色」の一節で有名で、深遠なる「空」の境地を説いたものです。 それまで小乗仏教がこだわり、説いてきた煩悩克服の教えに対して、「一切こだわるな」と教えています。 煩悩を克服しようと執着する心を捨て、こだわりのない心を持ったなら、おのずと「空」の境地が開けてくる。 これこそが真理であり、一切の苦しみから解き放たれる道であると教えています。 小乗仏教の教えの対極にあって、しかも出家僧だけでなく、全ての人々に向かって説かれたことから、革新的な経典であり、大乗仏教の根本経典となっています。 漢訳では、鳩摩羅什の訳のものが最も多く用いられました。 全八巻二十八品からなり、大きく分けて「迹門」と「本門」の二つに分けられ、さらに序文・正宗分・流通分の三部に分けて解釈されることから二門六段といいます。 「迹門」は釈迦が久遠(永遠不滅)の仏であるという実体を明らかにする以前の教えで、「本門」は釈迦が久遠の仏であることを教え、この教えを信じ、実践する者に至福への道が明らかにされています。 え 「方便品」(ほうべんぽん) あらゆる事物の成り立ちについて、縁起の法則を詳しく述べ、だがこれさえも、究極の真理ではなく、人々を救いに導く方便(手段)であるとしています。 「自我偈」(じがげ) 釈迦の「久遠の成仏」を説いたものとして、「法華経」の真髄とされる如来寿量品第十六のなかでも特に重要な部分です。 「観音経」 観世音菩薩の名前を唱えるだけで、どんな災厄からも救われるという現世利益を説いています。 もとは単独の経典でしたが、後に法華経に組み入れられました。 毘盧遮那仏について書かれた経典で、釈迦が菩提樹の下でさとりを開いたときの、そのままの境地を説いたものとして非常に尊重されています。 (浄土三部経) 法蔵菩薩が一切衆生を救済するため仏陀となることを志し、その本願(誓い)として四十八願をたてます。 長い修行をへて、すべての誓願を成就させた法蔵菩薩は阿弥陀如来となり、荘厳なる西方極楽浄土が出現します。 そして極楽往生を願う人々に称名念仏を説いています。 ドラマチックな王位継承をめぐる骨肉の争いをベースにして、極楽往生するための具体的、実践的な方法論を詳しく説いています。 現在、浄土系各宗派の法事などでよく読誦される経典です。 簡潔、コンパクトにまとめてあります。 極楽浄土の荘厳な様子や、極楽浄土へ往生する方法を説いています。 宇宙の真理を体現する法身仏である大日如来が、菩薩の代表である金剛薩たの質問に答えるという形式で書かれています。 全七巻のうち第一巻は「悟りという仏の智恵とは何か」について語る理論編で、第二巻以降では、胎蔵曼荼羅の描き方など密教の儀礼が解説される実践編になっています。 「金剛頂経」は智恵の世界、金剛界を明らかにしています。 大日如来が一切義成就菩薩(釈迦)の質問に対して、悟りの内容とその悟りを得るための方法を説明するという形式で書かれ、全体が非常に実践的にできており、これが「金剛頂経」の大きな特徴となっています。

次の

原始仏教(初期仏教)とは?お釈迦様の教えとは?

仏教 経典

仏教 経典 の歴史と種類 : 般若心経 加東市より 仏教には様々な釈迦の教えを記した 経典 が存在しますが、実はこれらは全て釈迦が直接執筆した訳ではありません。 お釈迦様が仏教を説いていた頃は(紀元前5世紀ごろ)マガダ語という言葉が使われていて文字も普及していたそうですが教えを書き記すのは敬虔さを損なうと考えられていたそうです。 お釈迦様が亡くなられた後も弟子たちの間でしばらくは口伝で整理編集されていたそうです。 ここら辺はイスラム教とも少し似てますね。 ムハンマドが神様(アッラー)の使いである天使(ジブリール)によって伝えられた啓示は当初はムハンマドが文盲だった為に弟子に口伝で伝えられたそうです。 「経集 けいしゅう 」「法句経 ほっくきょう 」「長老偈 ちょうろうげ 」「阿含経 あごんきょう 」「ジャータカ」など。 これらの経典を小乗経典と呼びます。 1世紀頃に大乗仏教が成立すると、大乗経典という物が多く書かれるようになります。 [「釈迦の教えを忠実に守る」とした保守派を「上座部 じょうざぶ 仏教」、「今の時代に即して変化していこう!より多くの人達に悟りを開いてもらい救済しよう!」とした革新派を「大乗仏教 だいじょうぶっきょう 」と言います。 ] この大乗経典にはサンスクリット語(梵語)が使われ、中国で漢訳されて日本に伝わりました。 (「空」とは大乗仏教の根本的な教えで「あるはずのはずのものがない」という意味。 諸行無常、諸法無我、縁起など仏教の基本思想から発展したもの。 ) 日本で読まれている「般若心経」は、が漢訳したもので、奈良時代に日本に伝わったと言われています。 以来、「般若心経」は、重要な経典として、浄土真宗と日蓮宗を除く各宗派で、読まれ続けてきました。 今回はそんな「般若心経」が書かれた掛軸の仕立替を加東市にお住いのお客様よりご依頼いただきました。 お知り合いの書をされる方に書いていただいた物らしいですが質素な紙表装となっていたのをずっと気にされていたそうです。 折れジワも増えてきたのでここらで思い切って仕立替を行おうと決意されご依頼されたそうです。 「般若心経」 経典 の掛軸仕立替完了 スライドショーには JavaScript が必要です。 豪華な金襴裂地にて再表装いたしました。 折れも回復しました。 荘厳な雰囲気に仕上がって何よりです。 さっそくお客様のご自宅に納品にお伺いさせていただきました。 お客様は真言宗で毎朝この般若心経を唱えるのが日課だそうです。 完全に暗記されているそうです。 ご依頼ありがとうございました。 弊社では遠方の方のご自宅にでも出張相談承ります。 加東市にお住いのお客様で掛軸、巻物、衝立、屏風、額装など表装表具、修理修復などの事でお困りの方は是非ご相談ください。 般若心経の掛軸は真言宗の方からよくご依頼を受ける事があります。 こちらの記事も良かったらどうぞ。 あなたと掛軸との懸け橋になりたい 掛軸は主人が来客に対して季節や行事などに応じて最も相応しいものを飾り、おもてなしをする為の道具です。 ゲストは飾られている掛軸を見て主人のおもてなしの気持ちを察して心を動かす。 決して直接的な言葉や趣向ではなく、日本人らしく静かにさりげなく相手に対しておもてなしのメッセージをおくり、心をかよわせる日本の伝統文化です。 その場に最もふさわしい芸術品を飾り、凛とした空間をつくりあげる事に美を見出す・・・この独特な文化は世界でも日本だけです。 日本人が誇るべき美意識が詰まった掛軸の文化をこれからも後世に伝えていきたいと我々は考えています。 代表取締役社長 野村 辰二 閉じる ESC もしくは閉じるボタンで閉じます.

次の

仏教ってどんな宗教? 〜いつ、どこで、誰が作ったどんな宗教?仏教の基本と特徴をわかりやすく解説!〜

仏教 経典

分類 [ ] 仏典は、律・経・論に三分類され、ひとまとめにされたものが、それぞれ律蔵、経蔵、論蔵と総称される。 この三種を総称して「」と呼ぶ。 - (・: Vinaya ヴィナーヤ, ヴィナヤ)の総称。 修行者(・)が護るべき(・)及び(僧団)の運営規則。 - (梵: Sutra スートラ、: Sutta スッタ)の総称。 釈迦の教説であるの集成。 - (梵: Abhidharma アビダルマ)の総称。 律や経に対する研究、解釈をまとめたもの。 文化圏では、経典やの追加、段階的な伝播・翻訳過程によって、元々の「三蔵」の枠組みが壊れてしまった。 後に『』『』として仏典群を総集・再編し直したので、専らこれが仏典の総称として用いられる。 歴史 [ ] 結集と作成 [ ] 仏教の経典は、時代は釈迦が文書化を許さなかったため、暗記によって保持されたと伝えられる。 この時代のでは、文字は既に普及していたが、その使用は商用や法規の公布などに限られ、世俗の用件に用いるものではなかった。 ことに、書くことで自分を離れるから、聖典に対する敬虔さを失うと考えられて、文字に記すのではなく、体で覚えたわけである。 仏典が組織的に編まれたのは、釈迦の入滅後間もない時期である。 釈迦の入滅時に一人のが「もう師からとやかくいわれることもなくなった」と放言したことがきっかけで、これを聞いたが、釈迦の教説(法と律)を正しく記録することの大切さを仲間の比丘たちに訴え、聖典を編纂した。 しかし、ここでは現在我々が目にする仏典の成立ではなく、核とも言うべきものが作られた。 この編纂会議は、第一結集と呼ばれている。 その後も、仏典はおよそ二百年間は暗記によって保持され、文字に写されなかった。 [ ] 増広と伝播 [ ] インドの仏教史を見ると、釈迦を出発点とする時代、時代、時代の三つの時代を通して、経典は作成され続けており、さらにインドから仏教が伝播していく過程で、その渡来先のなどで作られた経典()もある。 したがって、仏典を研究する場合には出自調査は難しい場合が多い。 ことに経典は一般に釈迦の説法の記録の形式をとり、著作者名が記されることはない。 具体的に言うと、釈迦の死後数百年を経過して書かれたことが明らかな経典であっても、釈迦の教説を正しく継承しているという立場を標榜し、「このように私は(仏から)聞いている」(漢訳仏典では「如是我聞」)という出だしで始められており、経典自身には、いつ、どこで著述されたかは、明記されていない()。 出自が不明な経典の一例としては、「」の『』がある。 これはいまだにインドで作成されたものか、あるいは中国で成立したものか諸説あり、決着していない。 原典や訳が見当たらず、漢訳と(中央アジア系民族)文の断簡が存在するのみのため、その出自が判明していない。 これはほんの一例に過ぎないが、慣れ親しんだ経典でも出自が不明なものも少なくない。 現代 [ ] 各仏典は仏教の伝播先で書写され、現代では芸術品や文化財として重視されるものもある(日本のなど)。 また、や研究の対象となっている。 ただし、釈迦の教えとして仮託されて後世につくられた仏典も多く、その内容は相互に矛盾がある。 古代インドにあったを反映した「」「五障」「三従」といった思想・文言に対しては、現代において批判もある。 原典問題 [ ] 各国語に翻訳される以前の「原典」と呼ぶべき経典は、インドの言語による経典が中心になる。 釈迦の用いた言語は、 古代マガダ語と推定される [ ]ので、最初期の仏典もこの言語を使用したと考えられる。 現在残る経典で、最も古いのは、の聖典であると言われている。 パーリ仏典は経蔵が漢訳大蔵経の阿含部と共通していて、根本分裂以前の最も古い文献を保持していることが分かっている。 [ ] 漢訳仏典のサンスクリット原典が残っていないものが多く、また存在しても漢訳より年代を遡るものは少ない。 その理由としては、• 中国、インドいずれでも王朝の交替や宗教、思想の変遷により新たな支配層にとって不都合な記述のある原典が言論・思想統制で意図的に破棄された。 中国では漢訳仏典は写本により流布したが、サンスクリット原典は漢民族社会では需要がないため保存されなかった。 写本によらず、訳経僧が暗諳していた経典を漢訳したため、元から原本が存在しなかったケースの存在。 が考えられる。 いずれにしても梵本は、中国では用いられなかった。 脚注・出典 [ ].

次の