土浦 市 桜川 ライブ カメラ。 桜川桜橋ライブカメラ(茨城県土浦市田土部)

茨城県 土浦駅の雨雲レーダーと各地の天気予報

土浦 市 桜川 ライブ カメラ

【相澤冬樹】新緑から深緑に向かう今の季節は、鳥たちの動きが活発になる。 サギ類が大規模なコロニー(営巣地)を作ることで知られる土浦・桜川の大曲付近には、1000羽を超す各種のサギが集まって巣を作り、子育てを始めた。 これを待ちかねたように「鷺山(さぎやま)」と呼ばれる営巣地のわきの学園大橋には、側道に数人の愛鳥写真家が陣取って、超望遠レンズの放列を敷く。 カメラがこぞって狙うのはアカガシラサギという希少種だ。 河川敷のコロニーには5種のサギが集まってくる。 一般に白サギとくくられるが体躯の大きい順にダイサギ、チュウサギ、コサギの別があり、冬場は白一色だが夏羽になると頭から胸、背中にかけて橙色(亜麻色)となるアマサギもいる。 さらに暗灰色の羽毛を背負うゴイサギが混じっている。 ダイサギ、コサギは留鳥だが、チュウサギとアマサギは渡り鳥で、暖かくなるとフィリピンなどの越冬地から日本に渡り、「お彼岸からお彼岸まで」の間、営巣地を作って子育てをする。 今の時期だと求愛活動や抱卵の姿も見られ、にぎやかになっている。 ふ化から巣立ちまで、ひと夏を過ごす。 研究者によれば、県内には15~20カ所のコロニーがあり、土浦・桜川の鷺山は最大級の規模といえるそうだ。 子供が生まれると個体数は2000羽から3000羽になるという。 ここに集まってくる愛鳥写真家は毎日5、6人。 ほぼ同じ顔触れ。 足繁く通う土浦市の荒井知行さん(76)によると「アングルが絶好。 鳥は樹上にいるものだけど、ここなら見下ろすように撮れるのがいい」と学園大橋の側道に陣取る。 カメラの放列を敷く愛鳥写真家とサギの群れ=土浦・学園大橋 荒井さんが狙うのは、6種めのアカガシラサギ。 全長50センチ弱の小型のサギ。 特徴的な頭から首にかけての赤褐色の色彩が名前の由来になっている。 絶滅危惧種に指定されている鳥ではないが、全国的にも希少種で、荒井さんは4年ほど前から撮影に来ている。 写真仲間によれば7、8年前から見られるようになったという。 ところが、なぜかこのサギの飛来は毎年1羽だけ。 繁殖のための営巣地なのに番(つが)う相手がいないのだ。 雌雄同色なので、姿形からオスメスの判定が付かないが、「本能なのでしょうかね。 他のサギの子供にエサを与えているのを見たことがある」と荒井さん。 アカガシラサギは小型種のうえ普段はやぶの奥に隠れるように生活しているから、粘らないとなかなか撮れない。 荒井さんは今季の飛来を確認し、5月末に撮影に成功。 早速自身のインスタグラムやにアップした。 赤褐色の頭部の羽毛と背側の紫褐色の羽のコントラストが目を引く。 夏羽といわれる季節特有の羽毛で、婚姻色とみられる。 お色直しして恋の相手を待ち続ける風だが、今年の飛来も1羽だけのようだ。 毎年同じ個体かの確認はできていない。 実は、アカガシラサギのメスとコサギのオスとがつがいとなり、雑種とみられる1羽のヒナの巣立ちが観察されたことがある。 土浦の鷺山とは別の場所だが、茨城県内で2010年に見られた。 同じサギ科ながら異なる属間での繁殖行動、しかも野外での雑種形成の確認は世界で3例目という。 この報告をしたのが当時、筑波大学大学院生命環境科学研究科の博士課程にいた益子美由希さん。 この4月から農研機構中央農業研究センター(つくば市)に籍を移して鳥獣害研究に携わっている。 (つづく) 【鈴木宏子】つくば駅周辺、つくばセンタービルリニューアル基本計画策定費や中心市街地エリアマネジメント団体の出資金などが予算化され、市民説明会が開かれないまま、中心市街地をイノベーション拠点にしようという取り組みが始まっている。 これに対し市民は、中心市街地に何を求めているのか。 市は2017年から居住者や働く人の意向調査、オープンハウス、アンケートなどで市民の意見をたびたび求めてきた。 市民意向調査結果の方はホームぺージなどで公開されている。 調査の一つ、中心市街地居住者580人の意向調査結果では、住民は中心市街地に「商業や滞在型施設などが多く立地し活気にあふれている街」「文化施設や公共施設が多く立地する公的機能が中心の街」を求め、「インキュベーション(創業支援)施設」がほしいとの回答は14番目だった。 市民は生活者として中心市街地に、にぎわいや都市機能、文化を求めている。 昨年12月に出された市議会の「今後のつくば中心市街地まちづくりについての提言」も市民の意向に沿ったものだ。 今年3月策定の「中心市街地エリアマネジメント検討業務委託報告書」にも市民の意向について「文化・運動施設、商業施設、子育て施設を望む意見が多い。 その他高齢者、子供の居場所、市の窓口、業務機能、ホテル」などと記されており、市は市民の意向を把握した上で、今回のリニューアル案を出したことが分かる。 市の計画は民意と乖離(かいり)してないか。 3年半前の前回の市長選でも、中心市街地という場所は別にして、つくばに集積する研究機関のさまざまな資源を活用して科学産業をつくり雇用を増やす科学産業都市づくりを訴えたのは大泉博子候補だったが、市民が選んだのは、総合運動公園問題の完全解決を訴えた五十嵐現市長だった。 【鈴木宏子】つくば駅前「つくばセンタービルリニューアルの方向性案」を、市がホームぺージ(HP)で公表し、30日まで市民の意見を募集している。 具体案が市民に公開されたのは初めて。 センタービル1階アイアイモールの一部に市として2カ所目のイノベーション拠点(多様な働き方を支援する場)をつくること、ノバホール西隣のつくばイノベーションプラザなどに吾妻交流センター、市民活動センターと、国際交流、男女共同、消費生活などの機能を集めた市民活動拠点をつくることなどが柱だ。 センタービルのイノベーション拠点を運営し、さらに同駅周辺のまちづくりを担う、エリアマネジメント団体を新設することも検討されている。 出資金すでに予算化 一方、今年3月議会でエリアマネジメント団体を設立するための出資金6000万円と、センタービルリニューアルの基本計画策定費990万円などがすでに予算化され(3月9日付)、6月初めには同基本計画策定業務の委託業者が選定された。 工事が実施されればセンタービル建設以来のリニューアルとなるが、担当の市学園地区市街地振興室によると現時点で市民説明会を開く予定はなく、開くかどうかも決まっていない。 市はセンタービルや中心市街地で何をしようとしているのか。 意思形成過程や策定過程、考え方が分かるすべての公文書を情報開示請求した。 日本財団(東京都港区、笹川陽平会長)がつくば市南原のつくば研究所跡地に計画している新型コロナウイルス感染者の軽症者滞在施設について、同財団の尾武寿理事長が4月30日につくば市役所に来庁し、五十嵐立青市長と直接やりとりしたが、つくば市には同施設に関わる資料が一切ないことが分かった。 NEWSつくばが情報開示請求して分かった。 市担当職員の説明によれば「日本財団と市長の間で直接やりとりが行われた」が「日本財団からは資料の提供が全くなかった」。 「それ以降もない」という。 五十嵐市長と日本財団尾形理事長とのやりとりの議事録や音声データなどの関連する資料も存在しないため開示できないという。 日本財団は4月3日、同研究所跡地に9000人規模の新型コロナウイルス感染症の軽症者滞在施設を作る計画を発表した。 当初は7月末をめどに施設を設けるとしていた。 これに対しつくば市の五十嵐市長は同日夜、「寝耳に水」「住民の合意を得るのは難しい」とコメントを発表した。 4月6日の市長定例会見では「日本財団の構想について現在、日本財団に資料請求をしている」と表明していた。 その後、4月30日に日本財団の尾形理事長が来庁し計画を説明した。 5月1日に五十嵐市長は「県外からも多くの患者を受け入れる現在の計画は受け入れることはできない旨を伝えた」とするコメントを発表した。 一方、日本財団の笹川会長は5月1日の記者会見で「昨日、尾形理事長がつくば市長と会談し詳細を話し、原則了解をたまわったと認識している」と発言した。 これについて五十嵐市長は5月8日の定例記者会見で「現在の計画は受け入れることができないと(尾形理事長に)話した。 日本財団からは勝手に進むことはないという話だった」と笹川会長の発言を否定した。 その後日本財団は5月18日からつくば研究所の解体工事を開始した。 8月上旬までにさら地にする計画だ。 今後について同財団は、第2波、第3波の感染状況を見て開設時期や運営主体などを決めていくが、準備は進めるとしている(5月22日付)。 心肺蘇生の方法を伝えるイベントが27日、つくば市天久保のスーパー、カスミ筑波大学店フリースペースで開催される。 カラオケボックスではやりの曲に合わせて心肺蘇生をするイベントを開催している筑波大医学部5年の森陽愛子さん(2月7日付)が主催する。 イベントはカスミの公式フェイスブックや同筑波大学店ツイッターなどでもライブ配信され「リアルとオンラインの融合企画」を目指す。 主催の森さんは以前から「大学生や社会人に楽しみながら心肺蘇生を学んで欲しい」とカラオケボックスで体験イベントを開催している。 しかし、新型コロナウイルスの影響でボックスが使えなくなった。 「医学生としての病院実習も緊急事態宣言の影響で自宅待機となっていて、何かできることはないか考えていた」と語る。 今回はリアルで企画を行いつつオンラインで配信することで人が密集しないよう工夫をした。 企画は同店のフリースペースで開催されるが、ガラス張りなので外からも見学することができる。 当日は心肺蘇生に関するクイズを出したり、ペットボトルを使った心肺蘇生の体験などを行う。 ペットボトルを使う体験は、家で配信を見ている人や店舗で見学をしている人にも参加してもらう仕掛けだ。 実物大の模型を使った実演も行われる。 今回、カスミはただスペースを貸すだけでなく企画から配信の準備まで森さんをサポートするが、それにはきっかけがある。 森さんは今年4月にカスミ広報誌「Cha-ble」で同社の小濵裕正会長と対談した。 内容は森さんがコンテストで賞をもらった小論文「SDGsと企業」に関してだった。 その中で小濵会長から「今度はカスミと一緒に何かやりましょう!」という声掛けがあったことが、今回のイベントに繋がった。 「コロナ禍にあって、カスミとお客様との関係性をもう一度見直す必要がある」と語るのはカスミの担当者だ。 カスミではフリースペースなどを活用した地域の人々の交流イベントが次々に中止になっている。 しかし、海外ではシェフが料理をライブ配信で紹介したり、経営者がライブ配信を行ったりするなどの取り組みが行われており、それが参考にされた。 今回のイベントをオンラインで配信する目的の一つには、人々が容易に集まれない中で、地域が繋がっていくためのビジョンがあるという。

次の

茨城県 土浦駅の雨雲レーダーと各地の天気予報

土浦 市 桜川 ライブ カメラ

土浦駅(つちうらえき)は、茨城県土浦市有明町にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)・日本貨物鉄道(JR貨物)常磐線の駅である。 年表 1895年(明治28年)11月4日 - 日本鉄道土浦線の駅として開業、旅客・貨物営業を開始。 1906年(明治39年)11月1日 - 日本鉄道が国有化され、官設鉄道の所属となる。 1909年(明治42年)10月12日 - 線路名称制定により常磐線の所属となる。 1918年(大正7年)4月17日 - 筑波鉄道線土浦 - 筑波間が開業。 1928年(昭和3年)3月22日 - 常南電気鉄道が根崎 - 土浦駅前間を延伸し、乗り入れ開始。 土浦 - 阿見間を結ぶ。 1938年(昭和13年)2月28日 - 常南電気鉄道営業廃止。 1949年(昭和24年)6月1日 - 日本国有鉄道が発足。 1983年(昭和58年) 2月17日 - 3代目橋上駅舎完成。 4月 - 駅ビル「WING」開業。 1986年(昭和61年)11月1日 - 荷物の取扱を廃止。 茨城県 土浦駅に関するYouTube動画 茨城県 土浦駅に関するYouTube動画を表示します。 雨雲レーダーの見方・使い方 地図をドラッグして見たい位置に調整して、地図左上の「ー」「+」で縮尺を調整します。 雨雲のない場所には何も表示されないので、一度倍率を下げて全体像を確認することをおすすめします。 雨雲レーダーは5分間毎に自動更新されます。 拡大しすぎると雨雲が表示されなくなります。 降水量の見方 雨雲は色によって降水量を表示しています。 0~1• 1~2• 2~4• 4~8• 8~12• 12~16• 16~24• 24~32• 32~40• 40~48• 48~56• 56~64• 64~80• 80~• 地図(雨雲レーダー) 検索窓に住所・郵便番号を入力することで、地図(雨雲レーダー)の住所検索・郵便番号検索が行えます。 Yahoo! 地図では雨雲レーダーも見ることができます。 住所でYahoo地図検索(地図と雨雲レーダー).

次の

茨城県 土浦駅の雨雲レーダーと各地の天気予報

土浦 市 桜川 ライブ カメラ

【相澤冬樹】新緑から深緑に向かう今の季節は、鳥たちの動きが活発になる。 サギ類が大規模なコロニー(営巣地)を作ることで知られる土浦・桜川の大曲付近には、1000羽を超す各種のサギが集まって巣を作り、子育てを始めた。 これを待ちかねたように「鷺山(さぎやま)」と呼ばれる営巣地のわきの学園大橋には、側道に数人の愛鳥写真家が陣取って、超望遠レンズの放列を敷く。 カメラがこぞって狙うのはアカガシラサギという希少種だ。 河川敷のコロニーには5種のサギが集まってくる。 一般に白サギとくくられるが体躯の大きい順にダイサギ、チュウサギ、コサギの別があり、冬場は白一色だが夏羽になると頭から胸、背中にかけて橙色(亜麻色)となるアマサギもいる。 さらに暗灰色の羽毛を背負うゴイサギが混じっている。 ダイサギ、コサギは留鳥だが、チュウサギとアマサギは渡り鳥で、暖かくなるとフィリピンなどの越冬地から日本に渡り、「お彼岸からお彼岸まで」の間、営巣地を作って子育てをする。 今の時期だと求愛活動や抱卵の姿も見られ、にぎやかになっている。 ふ化から巣立ちまで、ひと夏を過ごす。 研究者によれば、県内には15~20カ所のコロニーがあり、土浦・桜川の鷺山は最大級の規模といえるそうだ。 子供が生まれると個体数は2000羽から3000羽になるという。 ここに集まってくる愛鳥写真家は毎日5、6人。 ほぼ同じ顔触れ。 足繁く通う土浦市の荒井知行さん(76)によると「アングルが絶好。 鳥は樹上にいるものだけど、ここなら見下ろすように撮れるのがいい」と学園大橋の側道に陣取る。 カメラの放列を敷く愛鳥写真家とサギの群れ=土浦・学園大橋 荒井さんが狙うのは、6種めのアカガシラサギ。 全長50センチ弱の小型のサギ。 特徴的な頭から首にかけての赤褐色の色彩が名前の由来になっている。 絶滅危惧種に指定されている鳥ではないが、全国的にも希少種で、荒井さんは4年ほど前から撮影に来ている。 写真仲間によれば7、8年前から見られるようになったという。 ところが、なぜかこのサギの飛来は毎年1羽だけ。 繁殖のための営巣地なのに番(つが)う相手がいないのだ。 雌雄同色なので、姿形からオスメスの判定が付かないが、「本能なのでしょうかね。 他のサギの子供にエサを与えているのを見たことがある」と荒井さん。 アカガシラサギは小型種のうえ普段はやぶの奥に隠れるように生活しているから、粘らないとなかなか撮れない。 荒井さんは今季の飛来を確認し、5月末に撮影に成功。 早速自身のインスタグラムやにアップした。 赤褐色の頭部の羽毛と背側の紫褐色の羽のコントラストが目を引く。 夏羽といわれる季節特有の羽毛で、婚姻色とみられる。 お色直しして恋の相手を待ち続ける風だが、今年の飛来も1羽だけのようだ。 毎年同じ個体かの確認はできていない。 実は、アカガシラサギのメスとコサギのオスとがつがいとなり、雑種とみられる1羽のヒナの巣立ちが観察されたことがある。 土浦の鷺山とは別の場所だが、茨城県内で2010年に見られた。 同じサギ科ながら異なる属間での繁殖行動、しかも野外での雑種形成の確認は世界で3例目という。 この報告をしたのが当時、筑波大学大学院生命環境科学研究科の博士課程にいた益子美由希さん。 この4月から農研機構中央農業研究センター(つくば市)に籍を移して鳥獣害研究に携わっている。 (つづく) 【鈴木宏子】つくば駅周辺、つくばセンタービルリニューアル基本計画策定費や中心市街地エリアマネジメント団体の出資金などが予算化され、市民説明会が開かれないまま、中心市街地をイノベーション拠点にしようという取り組みが始まっている。 これに対し市民は、中心市街地に何を求めているのか。 市は2017年から居住者や働く人の意向調査、オープンハウス、アンケートなどで市民の意見をたびたび求めてきた。 市民意向調査結果の方はホームぺージなどで公開されている。 調査の一つ、中心市街地居住者580人の意向調査結果では、住民は中心市街地に「商業や滞在型施設などが多く立地し活気にあふれている街」「文化施設や公共施設が多く立地する公的機能が中心の街」を求め、「インキュベーション(創業支援)施設」がほしいとの回答は14番目だった。 市民は生活者として中心市街地に、にぎわいや都市機能、文化を求めている。 昨年12月に出された市議会の「今後のつくば中心市街地まちづくりについての提言」も市民の意向に沿ったものだ。 今年3月策定の「中心市街地エリアマネジメント検討業務委託報告書」にも市民の意向について「文化・運動施設、商業施設、子育て施設を望む意見が多い。 その他高齢者、子供の居場所、市の窓口、業務機能、ホテル」などと記されており、市は市民の意向を把握した上で、今回のリニューアル案を出したことが分かる。 市の計画は民意と乖離(かいり)してないか。 3年半前の前回の市長選でも、中心市街地という場所は別にして、つくばに集積する研究機関のさまざまな資源を活用して科学産業をつくり雇用を増やす科学産業都市づくりを訴えたのは大泉博子候補だったが、市民が選んだのは、総合運動公園問題の完全解決を訴えた五十嵐現市長だった。 【鈴木宏子】つくば駅前「つくばセンタービルリニューアルの方向性案」を、市がホームぺージ(HP)で公表し、30日まで市民の意見を募集している。 具体案が市民に公開されたのは初めて。 センタービル1階アイアイモールの一部に市として2カ所目のイノベーション拠点(多様な働き方を支援する場)をつくること、ノバホール西隣のつくばイノベーションプラザなどに吾妻交流センター、市民活動センターと、国際交流、男女共同、消費生活などの機能を集めた市民活動拠点をつくることなどが柱だ。 センタービルのイノベーション拠点を運営し、さらに同駅周辺のまちづくりを担う、エリアマネジメント団体を新設することも検討されている。 出資金すでに予算化 一方、今年3月議会でエリアマネジメント団体を設立するための出資金6000万円と、センタービルリニューアルの基本計画策定費990万円などがすでに予算化され(3月9日付)、6月初めには同基本計画策定業務の委託業者が選定された。 工事が実施されればセンタービル建設以来のリニューアルとなるが、担当の市学園地区市街地振興室によると現時点で市民説明会を開く予定はなく、開くかどうかも決まっていない。 市はセンタービルや中心市街地で何をしようとしているのか。 意思形成過程や策定過程、考え方が分かるすべての公文書を情報開示請求した。 日本財団(東京都港区、笹川陽平会長)がつくば市南原のつくば研究所跡地に計画している新型コロナウイルス感染者の軽症者滞在施設について、同財団の尾武寿理事長が4月30日につくば市役所に来庁し、五十嵐立青市長と直接やりとりしたが、つくば市には同施設に関わる資料が一切ないことが分かった。 NEWSつくばが情報開示請求して分かった。 市担当職員の説明によれば「日本財団と市長の間で直接やりとりが行われた」が「日本財団からは資料の提供が全くなかった」。 「それ以降もない」という。 五十嵐市長と日本財団尾形理事長とのやりとりの議事録や音声データなどの関連する資料も存在しないため開示できないという。 日本財団は4月3日、同研究所跡地に9000人規模の新型コロナウイルス感染症の軽症者滞在施設を作る計画を発表した。 当初は7月末をめどに施設を設けるとしていた。 これに対しつくば市の五十嵐市長は同日夜、「寝耳に水」「住民の合意を得るのは難しい」とコメントを発表した。 4月6日の市長定例会見では「日本財団の構想について現在、日本財団に資料請求をしている」と表明していた。 その後、4月30日に日本財団の尾形理事長が来庁し計画を説明した。 5月1日に五十嵐市長は「県外からも多くの患者を受け入れる現在の計画は受け入れることはできない旨を伝えた」とするコメントを発表した。 一方、日本財団の笹川会長は5月1日の記者会見で「昨日、尾形理事長がつくば市長と会談し詳細を話し、原則了解をたまわったと認識している」と発言した。 これについて五十嵐市長は5月8日の定例記者会見で「現在の計画は受け入れることができないと(尾形理事長に)話した。 日本財団からは勝手に進むことはないという話だった」と笹川会長の発言を否定した。 その後日本財団は5月18日からつくば研究所の解体工事を開始した。 8月上旬までにさら地にする計画だ。 今後について同財団は、第2波、第3波の感染状況を見て開設時期や運営主体などを決めていくが、準備は進めるとしている(5月22日付)。 心肺蘇生の方法を伝えるイベントが27日、つくば市天久保のスーパー、カスミ筑波大学店フリースペースで開催される。 カラオケボックスではやりの曲に合わせて心肺蘇生をするイベントを開催している筑波大医学部5年の森陽愛子さん(2月7日付)が主催する。 イベントはカスミの公式フェイスブックや同筑波大学店ツイッターなどでもライブ配信され「リアルとオンラインの融合企画」を目指す。 主催の森さんは以前から「大学生や社会人に楽しみながら心肺蘇生を学んで欲しい」とカラオケボックスで体験イベントを開催している。 しかし、新型コロナウイルスの影響でボックスが使えなくなった。 「医学生としての病院実習も緊急事態宣言の影響で自宅待機となっていて、何かできることはないか考えていた」と語る。 今回はリアルで企画を行いつつオンラインで配信することで人が密集しないよう工夫をした。 企画は同店のフリースペースで開催されるが、ガラス張りなので外からも見学することができる。 当日は心肺蘇生に関するクイズを出したり、ペットボトルを使った心肺蘇生の体験などを行う。 ペットボトルを使う体験は、家で配信を見ている人や店舗で見学をしている人にも参加してもらう仕掛けだ。 実物大の模型を使った実演も行われる。 今回、カスミはただスペースを貸すだけでなく企画から配信の準備まで森さんをサポートするが、それにはきっかけがある。 森さんは今年4月にカスミ広報誌「Cha-ble」で同社の小濵裕正会長と対談した。 内容は森さんがコンテストで賞をもらった小論文「SDGsと企業」に関してだった。 その中で小濵会長から「今度はカスミと一緒に何かやりましょう!」という声掛けがあったことが、今回のイベントに繋がった。 「コロナ禍にあって、カスミとお客様との関係性をもう一度見直す必要がある」と語るのはカスミの担当者だ。 カスミではフリースペースなどを活用した地域の人々の交流イベントが次々に中止になっている。 しかし、海外ではシェフが料理をライブ配信で紹介したり、経営者がライブ配信を行ったりするなどの取り組みが行われており、それが参考にされた。 今回のイベントをオンラインで配信する目的の一つには、人々が容易に集まれない中で、地域が繋がっていくためのビジョンがあるという。

次の