イデアの日。 イデアインターナショナル:ライフスタイルをデザインするIDEA INTERNATIONAL

イデア

イデアの日

1:上の弱点を出現させて直殴りで攻撃• 2:1を繰り返してバハムートを倒す バハムートを攻撃する際は 上にある小さい弱点を狙うこと。 バハムートは直殴りと友情どちらもダメージが通るため、上の弱点を毎ターン出すことができればステージを楽に突破することができる。 バハムートの攻撃パターン 場所(ターン数) 攻撃内容 右 初回1ターン (次回2ターン) ランページレーザー(16本) 1本ヒット約2,000ダメージ 左 初回3ターン (次回2ターン) HP減少攻撃 1体ヒット10,000ダメージ 上 (6ターン) 落雷 全体ヒット55,000ダメージ 第2ステージ!ルーチーは小さな弱点を攻撃 攻略の手順• 1:ディアボロを片方倒す(どちらでもOK)• 2:中央に揃ったディアボロを同時処理 相互蘇生するディアボロ2体が出現。 ディアボロをまず1体だけ倒し、移動する際に2体が中央に揃うようにしよう。 2体が中央に揃ったら、縦軸にパネルを踏みつつ小弱点を攻撃して倒そう。 ゲージAB持ちがブロック間or上にいる場合は、狙ってみよう。 小弱点はパネル1踏みでOK ディアボロは弱点によって必要なパネルが異なる。 小弱点はパネル1踏みでダメージが通り、大弱点はパネル2踏みでダメージが通る。 第4ステージ!ボスは中央弱点を解除.

次の

【モンスト】イデア【究極】攻略と適正キャラランキング|轟絶

イデアの日

LAST IDEA(ラストイデア)の配信日(リリース日)はいつ? 2019年4月18日リリース! LAST IDEA(ラストイデア)の配信日(リリース日)は、 2019年4月18日です。 ラストイデアのダウンロードはこちら! LAST IDEA(ラストイデア)ってどんなゲーム? 【4月3日】実装予定の装備品の一部を先行公開! 『LAST IDEA(ラストイデア)』公式サイトにて、ゲームに実装予定の装備品の一部が先行公開されました。 また、「ゲームアプリ内の装備変更、スキル設定」と同等の機能が公式サイト上で使えるシミュレーターを現在準備中であることが明らかになりました。 スクエニの新作トレジャーハンティングRPG! 『LAST IDEA(ラストイデア)』は、スクウェア・エニックスがおくる 新作トレジャーハンティングRPGです。 本作では、新米トレジャーハンターである主人公が、仲間たちと共に成長し、やがて大きな陰謀の渦に巻き込まれていく、壮大なストーリーが展開されます。 すると突如、地響きとともに大地から 噴出した闇がまたたく間に空を覆い、 魔物の大群が眼下の「沈黙の城」を襲い始める。 お宝を諦めて引き返そうとする一行だったが、 城のバルコニーに今にも魔物に襲われそうな 一人の少女を発見、救出へ向かうことに…… 「スマコマ」アクションで爽快バトル 『LAST IDEA(ラストイデア)』では、「スマコマ」と呼ばれるシステムを搭載し、スワイプ、ピンチイン、タップなど、スマホならではの直感的な操作で、爽快バトルを楽しむことができます。 自由度の高いキャラビルド 『LAST IDEA(ラストイデア)』では、同じ装備品でも効果が違うなど、装備品それぞれの性能がランダムで決まります。 スキルは、スキルツリーの中から自分の好きなものをセットし、使用することができます。 また、キャラクターの顔、髪型、髪色、瞳色、肌色、さらには、ボイスまでカスタマイズすることが可能です。 最大4人同時マルチプレイでトレジャーハント 『LAST IDEA(ラストイデア)』では、最大4人の仲間と一緒に、トレジャーハントで装備品をゲットすることができます。 記憶を失っており自分の名前くらいしか覚えていないが、生来の前向きな性格で主人公の仲間に加わる。 価値あるお宝を求めて旅をしているが、もっぱらお宝を探しに出るのはドルゴスや主人公で自分は指示するだけ。 商才に長けており、パーティの財布を握っているため誰も文句は言えない。 現在では失われた幻のアイテム「レリック」を自らの手で作り上げることを夢見ている。 お宝を察知する占いの腕は確からしいが、その過酷なお宝までの道のりまでは予知せず、おっとりとした口調でいつも周りを窮地に追い込む。 80年以上前に絶滅したと言われる珍獣「イタチ猫」で、人語を話す。 LAST IDEA(ラストイデア)の事前登録・特典情報 2月22日〜事前登録開始!【事前登録終了】 2月22日よりLAST IDEA(ラストイデア)の事前登録が開始しました。

次の

【モンスト】イデア【究極】攻略と適正キャラランキング|轟絶

イデアの日

イデアの日 〜げーむのいりぐち〜 (スーパーファミコン編) げーむのいりぐち 説明書の中から、プロローグなどの基本設定だけを載せています イデアの日 <プロローグ> とある研究所で、1人の少年が過酷な実験に耐えていた。 10年前、少年の両親は、今この研究所で実験をしている博士らの仲間に殺されている。 そして、無惨にもその恐ろしい光景を目の当たりにした、当時わずか4歳だったこの少年は、その瞬間すさまじいパワーを炸裂させ、あたりをめちゃくちゃに破壊したという。 以来、その超能力パワーの秘密を解明するため、苦しい実験にさらされているのだ。 この少年こそ、物語の主人公すなわちあなた自身である。 その日は、より過酷な実験が行なわれた。 そしてその結果、ついに少年のパワーの秘密が明らかにされたのだが……。 しかしその時、またしても少年のパワーが炸裂し、周囲を破壊したのである。 この世に、理想郷を実現しようとするイデア。 イデアは、愚かなる人類が滅亡しない限り、真の理想郷は実現されないと、「ノア計画」なるものを発動させた。 地球上で様々な異変が起こり、人々はもがき苦しんだ。 このまま人類は滅亡してしまうのか? イデアとは、いったい何者なのか? そして、恐るべき「ノア計画」とは……。 少年の宿命の旅が今、始まる。 4歳の時、博士らによって両親を殺され、その怒りで超能力に目覚める。 以来、このパワーの秘密を解明しようとする博士の実験にさらされていた。 念火力、念冷力、念電力、念爆力など多くの特技を持つ。 カンが鋭く、隠し通路や隠し部屋などの発見が得意。 優秀な姉に対して、ずっとコンプレックスを持っていた。 彼の場合はこのひと言ですべてを表す。 チャンコ鍋を食べると、見る見るうちに太り出すのだ。 どんな鍵でも彼の手にかかったら、もう赤子同然という感じだ。 どんな装置でも作ってしまう。 アイテムの鑑定や敵能力の測定なども得意。 <敵キャラクター紹介> このゲームでは、とてもおかしなキャラクターがいっぱい登場します。 そのごく一部を紹介しましょう。 ハエ男 手をこすり合わせてコビを売られると攻撃できない。 アホドリ 悪口による精神攻撃や、ヘンな踊りで特力を奪う。 ブランコ父さん ふぶきで凍結するのもヤダけど、ブランコの音もヤダ。 アニメ女 コスプレ少女が剣で攻撃してくるのだ。 ゲロオヤジ ゲロを吐かれると、特に女のコは精神的ショックで動けなくなる。 ヒトゾンビ こいつにズタボロにされると「ゾンビ」になって味方を攻撃してしまうのだ。 Mr.クイズ クイズに正解すれば景品獲得。 でもはずれると…!!?? バブルオヤジ 口から吐くアワがはじけちゃったら、もう大変。 ちくわ女 ふぶき攻撃をまともに受けると凍結しちゃうよ。 ダザイはん 攻撃はしてこないけど、自殺の道連れにされないように気をつけて。 花ビラ娘 甘い香りで眠りを誘ったり、男性を骨抜きにするのだ。 てりゅうマン 頭がピューンと飛ぶとその後爆発して大ダメージを受けるのだ! <デザイナーズノート> プログラムの知識など皆無、、ましてやパソコンすら持っていない人間が、1本のコンピュータゲームのゲームデザインをやってしまうというのだから、まさに神をも恐れぬ暴挙といえよう。 例えて言うなら、免許も持たない、レーシングゲームぐらいしかやったことのない人間が、いきなりF1に出場し、爆死するようなものだ(爆死しては困るのだが)。 しかし逆に、向こうにしてみれば私は、まさに地獄からの使者でもあったわけだ。 今この原稿を書くにあたり、『イデアの日』の資料をひっくり返していたら、当初の開発スケジュールなるものが出てきた。 実に1年あまりも引っぱってしまったことになる。 私があまりにも遅いため、私がシナリオを書き進める作業と、それを渡された分からプログラムしていく作業が同時進行で進められ(キャラクターデザインに関しても同じような状況になった)、さらにシナリオが完成したのはいいが、何せ断片的に渡していたために、全体を通してみたときに矛盾が生じている。 加えて、これは本業のほうでもそうなのだが、「ここはこうしたほうがもっと面白くなる」というアイデアが、後から続々とわいてくる。 それでシナリオを最初っから全面的に書き直すことになる。 さらにそれはシナリオにとどまらず、システムやキャラデザイン、はては音楽にまで及んだ。 後から後から「やはりこうしたい、こう変えたい、こうしたほうがより面白くなる」……、悲鳴を上げたのは開発スタッフ、ことにプログラマーであった。 聞くところによると、徹夜でモニターと格闘しながら、ときにウトウトしては「相原、死ねー」と寝言を繰り返していたという。 まったく最後の最後まで迷惑をかけとおしだったことを、この場を借りてお詫びし、かつ、そんな鬼のような仕打にも耐え、すばらしいゲームに仕上げてくださった開発スタッフの皆様に心からお礼を申し上げたい。 さて、この『イデアの日』を実際にプレイしてみて、相原コージが作った割には、思ったほどギャグっぽくないな、とお感じになる方もいるかもしれない。 だいたい私はRPGのギャグで笑ったことはほとんどない。 実はプレイヤーが当事者として物語に参加するRPGには、ギャグは不向きなんじゃないかとさえ感じているのだ。 例えば、バナナの皮ですべって転ぶというギャグがある。 これは第三者としてソイツを見ているから笑えるわけで、もしそれが当事者だったらどうか? バナナの皮ですべって転び、頭を打ってHPガクンと減りでもしたら、もうそれは笑うどころではなく、ただ腹が立つだけである。 よってストーリー展開上、強引に見せるようなギャグはかなり抑えた。 かわりに、ギャグはプレイヤー自身でつくってもらいたい、発見してもらいたい。 そういうスタンスでこのゲームを作ったつもりだ。 その時点での最強装備をさせるのも結構、感動的なシーンで泣くのも結構。 だが、キャラクターをフンドシ一丁にして、こんな感動的なシーンなのになんちゅーバカなカッコしてるんだ、と笑い転げるのも、また一興と思う。 それぞれが独自の自由な遊び方をして楽しんでもらえれば、幸いです。 相原コージ.

次の