楽天カード 楽天銀行 メリット。 【無料】楽天証券×楽天銀行×楽天カードは最強!

楽天デビットカードとは? メリット・デメリット

楽天カード 楽天銀行 メリット

楽天銀行カードとは 楽天銀行カードとは、楽天カード(クレジットカード)と楽天銀行のキャッシュカードが1枚になったカードです。 楽天銀行カードのメリット 「クレジットカードとキャッシュカードの2枚持ちをしなくてもいい」 これに尽きます。 普段、楽天カードをよく利用し、かつ楽天銀行(ATM)の入出金をよく行なうのなら、楽天銀行カード1枚を持ち歩けばいいので、とても便利です。 私がこのカードを作った目的も、これでした。 楽天銀行カードのデメリット 1、電子マネー、ポイントカードは搭載できない 通常の楽天カードは、楽天edy・楽天ポイントカード付帯が一般的です。 しかし楽天銀行カードは、楽天edyや楽天ポイントカードを搭載することはできません。 なので、リアル店舗で楽天edyや楽天ポイントを利用する人、ポイントを貯める人は、別にカードを持ち歩かなければいけません。 2、国際ブランドが JCB しかない 楽天銀行カードのブランドは、JCBのみです。 以前は、JCBのみnanacoへのチャージでポイントが貯まったのでそれなりにお得だったのですが、現在はそれが終了。 すると、一気に魅力が色あせてしまいました。 楽天銀行カードか楽天カードか 私はいま、けっこうな楽天ユーザーです。 ネットはもちろん、リアル店舗でも楽天ポイントを貯めたり使ったりしています。 そのため、楽天銀行カードと、edy-楽天ポイントカードを持ち歩いています。 つまり、結局は楽天銀行カードとedy-楽天ポイントカードの2枚持ちなわけです。 楽天銀行を頻繁に利用するなら現状でもいいのですが、最近はATMを利用して楽天銀行から入出金する機会がなくなりました。 資金移動はほとんどオンライン上でします。 ということで、それならばedy・楽天ポイントカード付き楽天カードのほうが使い勝手がよさそう。 さらに、つい最近、Kyashというサービスを利用しはじめました。 これに紐づけられるクレジットカードは、VisaとMastercardのみ。 ということで、楽天銀行カードから楽天カードに変更することにしました。 折しも、最近カードが不正利用されたため利用を停止しており、再発行が必要なタイミングでしたから。 楽天カードへの切り替え方 1、楽天銀行カードデスクに電話 通常の楽天カードと違って、楽天銀行カードの発行元は楽天銀行。 なので、楽天銀行のカードデスクに解約の電話をする必要があります。 住所や生年月日を告げて本人確認をし、「カードを解約したい」と告げます。 解約の理由を聞かれますが、「国際ブランドを変更するため」と言うと、それ以上は聞かれませんでした。 楽天側からすると、引き続き楽天カードを利用するということで、なにも追及する必要ないでしょうね。 カード解約は、その場ですぐに済みます。 2、楽天銀行キャッシュカードを発行 楽天銀行カードを解約すると、クレジットカードとともに銀行のキャッシュカードも利用できなくなります(オンライン上で銀行のサービスは利用できます)。 キャッシュカードは、楽天銀行カード解約の電話後、すぐにインターネット上から発行を申請できます。 3、楽天カードの新規発行 クレジットカードは、カード解約の連絡後、3営業日ほど経てば申し込みができます。 カード申し込みには再度、審査を経なければいけません。 楽天銀行カードか楽天カードかは、やはりATMを頻繁に利用するかどうかでしょう。 とはいえ、わたしもカードの利用停止・再発行の必要がなければ、楽天銀行カードを使い続けていたと思います。 ということで、さほど大差ないということです。

次の

楽天銀行のメリットは?ポイントのお得な貯め方、使い方を徹底解説

楽天カード 楽天銀行 メリット

楽天銀行は、日本最大級の総合インターネットショッピングモール「楽天市場」を運営する株式会社楽天のグループ銀行であり、クレジットカードを扱う楽天カードやその他グループ企業と多角的に連携しています。 グループ間の取引を通じて、楽天ポイントが大きく貯まるのもこのグループの特徴で、楽天経済圏などとも呼ばれますね。 例)楽天カード利用の引き落としを楽天銀行に設定する。 利用の度合いが大きければ大きいほどポイントが貯まるようになっていて、貯まったポイントは再び楽天グループ内で利用できます! とくに楽天銀行の個人向け普通預金口座は、この銀行の基本口座として他の金融商品との連携に使えるだけでなく、他のグループ内企業の提供するサービスにも利用できます。 この記事に書いてあること• 最大のメリットは楽天ポイントを貯められること!楽天銀行口座開設6つのメリット 楽天銀行に口座開設をすることで大きく分けて6つのメリットが得られます。 1.楽天ポイントを貯めたり使うことができる 開設口座を給与の受取・振込・口座振替(公共料金等)に利用すれば利用ポイントが貯まり、そのポイントは振込手数料にも使えます。 銀行を使えば使うほど、 「ポイントがガンガン貯まる」ので、楽天銀行を使う最大のメリットだと思います。 2.コンビニATM等で24時間365日利用可能 セブン銀行、イオン銀行、みずほ銀行、三菱東京UFJ銀行、ゆうちょ銀行他の提携先銀行、コンビニATMなど約90,000台で入出金取引ができます。 3.ATM利用手数料0円(最大月7回まで) 新規口座開設で6ケ月間ATM利用手数料が月5回まで無料になり、楽天銀行が実施している優遇プログラム「ハッピープログラム」にエントリーすると、ATM利用手数料の無料回数はさらに2回増えて最大で月7回まで無料になります。 4.他行振込手数料0円(最大月3回まで) 楽天銀行同士の振込手数料は回数に関係なく常に無料です。 さらに、ハッピープログラムへ事前に登録して、楽天銀行の口座を給与・ボーナス・年金の受取口座に指定すると、他行振込手数料を最大月3回まで無料にできます。 参考記事: 5.来店不要、パソコンやスマホで銀行サービスが利用できる パソコン・スマホを使って手元で口座の残高照会や振込等、自在に利用できます。 6.預金金利が他行に比べて高い 楽天銀行は実店舗を持たないので、その運営コストを預金等の金利やサービスの拡充に回すことができます。 総じてネット銀行の預金金利はメガバンク等、一般銀行のそれより高いのが特徴です。 このマネーブリッジを利用するためには、楽天証券に申し込む必要があります。 ですが、楽天証券に申し込むことで楽天銀行の口座開設もできるので、一石二鳥なんです! 株をやっている方はもちろん、ぼんやりと資産運用を考えている方にも、楽天証券と同時申込がおすすめです。 投資とかやる予定ないけど、少しでも特をしたい方には楽天カードとの同時申し込みをオススメします。 今なら1000ポイントをゲットできます。 楽天銀行口座を作る予定なら、 持ってなければ カードも作ることで、より楽天ポイントが貯まりやすくなりますよ。 もちろん楽天会員にならなくても口座開設はできますが、楽天の会員になることで銀行取引を通じて楽天グループ内の連携した色々な特典が得られます。 口座開設の流れ 楽天銀行の口座開設のはとても簡単で、流れにすると以下の様になります。 楽天会員、会員以外かを選択して申し込む• 氏名などの個人情報を入力• カードタイプを選択• 本人確認手段の選択• 入力はここまで• ThankYouレター・初期設定ガイドが送られてくる• 本人確認書類の送付 申込から利用開始まで、郵送期間を含めて約2週間かかるとのことなので、申込みだけ速く済ませておいたほうがいいでしょう。 3,楽天カード一体型も選択可能!キャッシュカードを選択しよう 普通預金口座開設に当たり、付属機能として以下の各種カードを選ぶことができます。 現在発行されているカードは以下の3タイプ計8枚です。 銀行口座だけ欲しいのであれば、一番下の「キャッシュカード」で問題ないでしょう。 デビット機能付きキャッシュカード• 楽天銀行パンダデビットカード(JCB)• 楽天銀行デビットカード(JCB)• 楽天銀行ゴールドデビットカード(Visa)• 楽天銀行デビットカード(Visa) クレジットカード機能付きキャッシュカード• 楽天銀行カード(JCB)• 楽天銀行ジョーヌカード(Visa)• 楽天銀行セディナカード(Visa) キャッシュカード• 楽天銀行キャッシュカード ここでデビット機能というのは、お店のショッピングや食事等でこのカードを決済に利用すると、決済と同時に即日で楽天銀行の本人口座から代金が引き落とされる機能の事です。 口座の残高範囲内で利用可能なもので、決済額が残高を超えていると利用できません。 カードのタイプは、• デビット機能付きカード• クレジットカード付きカード• シンプルなキャッシュカード に分けられますが、それぞれの機能を利用することで所定のポイントが貯まります(普通のキャッシュカードでは貯まりません)。 年会費はカードにより無料・有料と色々ですが、クレジットカード一体型カードの「楽天銀行カード」は クレジットカード利用で1%分のポイントが貯まる上、年会費も永年無料なのでオススメです。 通常はキャッシュカードとして利用できます。 キャッシュカードについては、年齢制限なく誰でも利用できますが、デビットカードとプリペイドカードは16歳以上、その他のカードは18歳以上(高校生不可)と年齢制限があります。 豆知識 デビッドカードには、それぞれJCBやVISAのクレジットカードのブランドが付いているのですが、クレカでもないのになぜカードブランドが必要かと疑問に思う人も多いと思います。 調べて分かったことは、• 日本デビットカード推進協議会加盟の金融機関が発行する「J-デビットカード」• JCBやVISAカード会社が運営する「ブランドデビット」 と、日本にはデビットカードが2種類あるのです。 4,本人確認の手段を選ぼう 次は申込人が本当に本人であるかどうかを銀行が公的書類等で確認する手続きです。 楽天銀行専用アプリを使うと2日~2週間程度、本人確認で郵送(配送)を利用した場合は約2週間で完了します。 専用アプリの場合 銀行のサイトからスマホ等に専用アプリをダウンロードし、本人確認書類を撮影して送信すると、2日~2週間程度で「口座開設完了」を知らせる「ThankYouレター・初期設定ガイド」が自宅に簡易書留で送られてきます。 これで本人特定事項の確認は終了です。 本人確認書類をアプリで送付すると、郵送対応より約5日も早く口座開設ができます。 すぐに取引をはじめたい人にはこちらがおすすすめです。 その後、問題なければ、口座開設完了を知らせる「ThankYouレター・初期設定ガイド」が1~2週間程度で自宅に届きます。 郵便物受け取りには配達員に本人確認書類の呈示が必要です。 5,入力情報確認ページで、前ページで入力した内容をもう一度確認し、「申込み情報に誤りがないか確認し、規定等に同意して申し込む」をクリック これで入力は終了です! ここまで、わずか3分ほどで申込み完了です。 普通預金金利を5倍にする方法は簡単 マネーブリッジ(楽天銀行口座と楽天証券の連携サービス)を利用すれば、 普通預金金利が通常金利の5倍になります。 口座開設の申し込みが完了すると、入力したメールアドレスに申し込みの「登録番号」と申し込みの修正等に利用する「アクセスキー」が記載されたメールが届きますが、これは後に必要な場合があるので大切に保管して下さい。 楽天カードを別に作る 先述したとおり、口座開設と同時に楽天カードを作りたい場合は、楽天銀行カード クレジット機能付き)があります。 ここで紹介するのは、キャッシュカードとは別に楽天カードを持つという選択です。 クレジットカードとキャッシュカードを別に持ちたいという方もいるのではないでしょうか。 それでは楽天銀行カードと通常楽天カードの違いを見ていきましょう。 国際ブランド 楽天銀行カードがJCBしか国際ブランドを選べないのに対して、楽天カードはJCB、VISA、Mastercard、アメックスの中から国際ブランドを選べる点です。 他カードとの一体型機能 楽天銀行カードキャッシュカードとクレジット機能のみですが、楽天カードは楽天Edy、楽天ポイントカードとの一体型機能があります。 楽天銀行から毎月の楽天カード利用分の引き落としをするだけで、翌月の 普通預金金利が2倍になります! クレジットカードとキャッシュカードと別に持ちたい方は、楽天カードを申し込んでおくことをおすすめします。 初期設定(ログイン)手続き 送られてきた「ThankYouレター・初期設定ガイド」に沿ってパソコン・スマホ等から楽天銀行のパソコン・スマホの各専用サイトにログインして、必要な初期設定を行います。 初期設定が済めば、続けて銀行取引の開始です。 身分証明書の種類 本人確認に用いる身分証明書は以下の通りです。 専用アプリの場合• 運転免許証• カード型保険証(併せて本人名、住所が記載されている公共料金等の領収書)• マイナンバーカード• 住民基本台帳カード• 特別永住者証明書 楽天銀行から返信用封筒が届いた場合• 運転免許証• 運転経歴証明書• 健康保険被保険者証(併せて本人名、住所が記載されている公共料金等の領収書)• パスポート• 住民票• 住民基本台帳カード• マイナンバーカード• 印鑑登録証明書(原本必須、コピー不可)• 各種年金福祉手帳• 在留カード・特別永住者証明書 口座のセキュリティ ネット銀行の取引の場合、全て取引がネットで行われるので、セキュリティ対策は万全でなければなりません。 不正送金、フィッシング詐欺に会わないためにも、楽天銀行が用意している各種セキュリティを十分熟知して活用して下さい。 このパスワードは本人確認も兼ねているので、うまく使いこなせば他人に重要な取引で不正使用されることはまずありません。 合言葉は本人しか知らない言葉を登録しておけば、確実に不正利用は防げます。 さらに、その他の制度として楽天銀行では、各種認証機能を使ったにも関わらずネット被害に合ってしまった場合に備えて、インターネットバンキング被害補償制度も準備しています。 利用者が他人に推測されやすい番号・記号でパスワード登録したり、カードやパスワードをずさんに取り扱うことは厳に慎まねばなりません。 しかしセキュリティをきちんと活用できている限り、ネット取引は簡単に不正使用されることはありません。 積極的に活用していきましょう。 ATM利用手数料・振込手数料 楽天銀行のカードは全国の提携銀行・コンビニATM、約90,000台で利用できます。 また特に新規口座開設した顧客の場合、口座開設月とその翌月から6ケ月間、毎月5回ATM利用手数料を無料で利用できるなど、この期間しか利用できない特典なのでぜひ活用して下さい。 それとは別に、ここで楽天銀行における、通常の提携先ATM利用手数料、振込手数料のうち、サービスで汎用性の高いものと判断したものを中心に一覧表にまとめました。 楽天ポイント・手数料優遇等 口座開設と同時に楽天会員として登録し、楽天銀行の実施しているハッピープログラムにエントリーすれば、その取引具合によってどんどん優遇が受けらます。 ハッピープログラムの優遇一覧をまとめました。 この優遇措置により、上記の通常なら取引において有料となる提携先ATM利用手数料や振込手数料が、取引ステージ毎の優遇範囲において毎月無料で利用できるようになります。 楽天銀行を使うのならぜひ活用したいものですね。 通常は100円の利用に対し1ポイント付き、還元率1. また口座入金、給与口座指定などの条件をクリアすることで、最大3,300円ゲットできます。 以下、続々とキャンペーン展開中です。 キャンペーンには期間限定のものも多数ありますので、公式サイトで確認してみて下さいね。 メリット・デメリットまとめ 最後に楽天銀行の口座開設に関し、メリット・デメリットをまとめました。 メリット• ネット銀行口座なので、時間を気にすることなく24時間365日利用可能• 提携先ATMが90,000台と多く入出金等の利用で場所を探す手間が掛からない• 新規口座開設時のATM利用手数料無料サービスが厚く、さらにハッピープログラムの利用で他行宛て振込手数料も無料となり、使用頻度に合わせてどんどん利用価値が上がっていく• 楽天銀行の口座と楽天グループの各サービスをリンクさせることで、どんどん楽天ポイントが貯まっていく デメリット• 利用回数や口座残高が少ないと、無料で使える部分が少なくなる• 定期預金金利の高さが他のネット銀行と比べてそれほど高いとも言えない• ネット利用やパソコン・スマホの操作に慣れた人でないと、楽天銀行の口座は使いづらい 楽天銀行の口座は、楽天グループ内で色々な目的に使えば使うほど、スーパーポイントや各手数料無料回数の増加となって帰ってくるお得な口座です。 楽天カードも同時に作ればさらに獲得ポイントがアップしますよ!.

次の

楽天カードの引き落としを楽天銀行にする6つのメリット

楽天カード 楽天銀行 メリット

名前は似ているが、実は少し仕様が異なるんじゃよ。 どれ、違いを詳しく説明しよう。 楽天市場をはじめとし、様々なオンラインサービスを提供している楽天。 お世話になっている方も多いのではないでしょうか? さて、その楽天が発行しているクレジットカードに、楽天カードと楽天銀行カードというものがあります。 「 え、同じなんじゃないの?」 とそんな声も聞こえてきそうです。 確かに名前は非常に似ていますが、 それぞれのカードの仕様は全く異なるのです。 そこでここでは、楽天カードと楽天銀行カードの違いをテーマにし、メリット・デメリットを比較しながら解説を進めていきたいと思います。 あなたは、どちらのカードと相性がいいのでしょうか? 発行できる国際ブランドが違う まず、発行できる国際ブランドに目を向けてみます。 楽天銀行カードがJCBのみであるのに対し、楽天カードはVISA・MasterCard・JCB・AMEX から選ぶことができます。 「 国際ブランドなんて別に気にしません」 という方もいるかもしれませんが、国際ブランドによってはクレジットカードが適用できない場面があるのも事実ですし、チャージできる電子マネーの種類も国際ブランドによって異なってきます。 実際に、私はJCBのクレジットカードを利用していますが、とあるオンラインサービスではVISAかMasterCardのクレジットカードでしか決済できず、急いで別のクレジットカードを作成したことがあります。 どんなに素晴らしいスペックだとしても、よく利用している店舗やサービスで使えなかったら本末転倒ですよね。 ちなみに利用できる店舗やサービスの多さでいうと、VISA、MasterCard、JCBの順になりますので、参考にしてみてください。 楽天カードの国際ブランドの選び方は『』の記事で更に詳しく解説しています。 チャージできる電子マネーが違う 各国際ブランドに応じ、以下のようにチャージできる電子マネーが異なってきます。 楽天EdyやモバイルSuica、SMART ICOCAなどをお使いであれば、国際ブランドを気にする必要はありません。 どのブランドにおいてもチャージが可能な上、ポイントもきちんと還元されます。 逆に、 au WALLETへクレジットカードからダイレクトにチャージする場合は、楽天カードのMasterCardを選択することになります。 JCBブランドのによるポイント付与は、残念ながら2017年10月までで終了してしまいました。 ちなみにへのクレジットチャージでポイントが付与されるカードには、(還元率0. 一体化している機能が違う 楽天カード、楽天銀行カードの双方に、クレジットカード以外の機能が付随しています。 そして、 活用できる店舗の幅が一気に増えることです。 特に、楽天ポイントの中には、通常の楽天スーパーポイント以外に、期間限定のポイントというものが存在し、この期間限定ポイントをうまく消化していく上で、楽天ポイントカードの機能が付随しているのは非常にありがたいことなのです。 たとえば、楽天ポイントカードの機能がついていることによって、以下のような店舗においても期間限定ポイントを使うことができます。 楽天カードには、楽天Edyが必ず付いてくるのかニャ? は、クレジットカードに付帯するかどうかは選択することができます。 ちなみに無料で楽天Edyを付帯することができる上、500円分のEdyがチャージされた状態で届くといったキャンペーンが開催されている場合もあるので、楽天Edy一体型にしておいて損をすることはないでしょう。 なお、 楽天カードから楽天Edyへのクレジットチャージによって、0. 一方、楽天銀行カードにはキャッシュカードの機能が含まれているため、それぞれのカードを別々で持つ必要がなくなります。 もちろん、万が一の紛失の際は、両方の機能が一度に使えなくなってしまうので注意が必要です。 引き落とし口座に指定できる銀行が違う 楽天カードと楽天銀行カードでは、引き落としに指定できる銀行が異なってきます。 楽天銀行カードの場合は楽天銀行一択のみとなりますが、楽天カードの場合は主要なメガバンクの他、以下の通り多様な銀行口座を指定することができます。 三菱東京UFJ銀行• 三菱UFJ信託銀行• りそな銀行• みずほ銀行• みずほ信託銀行• 三井住友銀行• 三井住友信託銀行• ゆうちょ銀行• あおぞら銀行• イオン銀行• シティバンク銀行• 新生銀行• ジャパンネット銀行• 住信SBIネット銀行• セブン銀行• ソニー銀行• 各地銀、信金、信組、農協、漁協、漁連、労金 楽天銀行以外の銀行を引き落とし口座として使用したいのであれば、自動的に楽天カードを選択することになりそうですね。 楽天カードのメリット・デメリット さて、ここからはそれぞれのクレジットカードに焦点をしぼった上で、メリット・デメリットをまとめていきたいと思います。 大切なのはメリット・デメリットの数ではなく、自分に関わってくるメリット・デメリットにどのようなものがあるかを把握することです。 まずは、楽天カードのメリット・デメリットからみていきましょう。 電子マネーの話をするのであれば、au WALLETへダイレクトにチャージできるのはMasterCardのみです。 また、 店舗によってはJCBブランドでは決済できない場合もある為、国際ブランドにこだわる方にとっては、選択肢の広い楽天カードに軍配が上がるでしょう。 楽天ポイントカードとEdyの機能を付帯できる 楽天ポイントカード機能の付帯で嬉しいのはやはり、期間限定ポイントを効率よく消化していけることです。 節約効果をあげていく上では、こうしたちょっとした部分をおろそかにしない姿勢が肝要と言えます。 また、楽天Edyの機能も無料でつけることができるので、1枚で3役をこなすスマートなクレジットカードとなることも魅力ですね。 幅広い引き落とし口座を指定できる 楽天カードは楽天銀行とは異なり、幅広い選択肢から引き落とし口座を指定することができます。 楽天銀行でも構わないという方にとっては、特にメリットとなる項目ではありませんが、楽天銀行以外を選択したい方にとっては大切なポイントと言えます。 こだわりの口座がある場合や、特定の口座に引き落としを集約させている方は、楽天カードを選ぶと良いでしょう。 キャッシュカードは別で持つ必要がある 楽天カードは1枚で3役をこなすスマートなクレジットカードではありますが、キャッシュカードとしての機能は備えていません。 ほとんどの支払いをクレジットカードで済ませる方であれば、キャッシュカードを常に持ち歩く必要はないかもしれませんが、いつ現金が必要になるかわからないのも事実です。 楽天カードを発行するのであれば、キャッシュカードは別で持っておかなければいけないことに留意しておきましょう。 今度は楽天銀行カードについてもメリットとデメリットを説明しよう。 続いて、楽天銀行カードのメリット・デメリットをみていきます。 メリットの数としては前述の楽天カードに遅れをとりますが、楽天銀行カードならではの強みがあるのも事実です。 また、自身に関連のないデメリットであれば無視することができるので、デメリットの数もさほど気にすることはないでしょう。 国際ブランドがJCBのみ• 楽天ポイントカードとEdyは別で持つ必要がある• 引き落とし口座の選択ができない 一つひとつ、次項で解説していきましょう。 キャッシュカードの機能が付帯 いくらクレジットカードでの支払いが様々な場面で可能になったとはいえ、思わぬタイミングでキャッシュが必要になることもありますよね。 そんな時に、クレジットカードとキャッシュカードが一体化していることに一層感謝できるものです。 お金の支払いに関してはこれ一枚で事足りると考えれば、非常に機能性の高いカードと言えますね。 楽天銀行の普通預金金利が2倍になる 楽天銀行から毎月27日(27日が土日祝であれば、翌営業日)に、楽天銀行カードのクレジット決済分の引き落としがかかると、翌月の楽天銀行普通預金金利が2倍となります。 楽天銀行カードは引き落とし口座は自動的に楽天銀行となるので、自然に享受できる特典ですね。 ただし、27日のタイミングで正しく引き落としがされなければ、金利優遇の対象とはならないため、楽天銀行の口座残高には注意が必要です。 国際ブランドがJCBのみ 特にブランドにはこだわりがありません。 という方であれば気にならないとは思いますが、時にJCBでの支払いができない場面というのもあります。 実際に私も、JCBで決済ができず、不便を感じる経験を今までに何度かしているのが事実。 普段使いしている店舗やサービスにおいて、JCBが適用できるかどうかを事前に確認してから発行するのが無難でしょう。 楽天ポイントカードとEdyは別で持つ必要がある 楽天系列にお世話になっている方や、楽天ポイントを積極的に貯めていきたい方にとっては、楽天ポイントカードの機能が付随していないのはデメリットとなってしまいます。 ただし、財布をかさばらせることなく、楽天ポイントカードや楽天Edyの機能を使うことは可能です。 楽天ポイントや楽天Edyのアプリをインストールしましょう。 ちょっとした最初の手間さえ乗り越えれば、スマホ内で管理ができるため、デメリットはキレイに克服できますね。 引き落とし口座の選択ができない キャッシュカードと一体化になっているということを考えれば当然ではありますが、 楽天銀行カードは、引き落とし口座として楽天銀行しか指定することができません。 楽天銀行の口座を開設していながらも、引き落としは他の口座にしておきたい方であれば、必然的に楽天銀行カードは選択肢から消去となります。 クレジットカードの切り替え方に関しては、次項で紹介していきますね。 いいや、楽天カードと楽天銀行カードはどちらか一方しか持つことができないんじゃよ。 もう片方のカードに切り替えたいという方のために、切り替え方も解説しよう。 それぞれのデメリットを埋めるために、両方のクレジットカードを発行すればいいのでは? と考える方もいるかもしれません。 ところが先ほども少し触れたように、楽天カードと楽天銀行カードを同時に所有することはできないので、あくまでもどちらか一方を選択して持つ必要があります。 そこでここでは、クレジットカードの切り替えをしたいと思った際に、どのように手続きを進めていけば良いかをまとめてみました。 楽天カードから楽天銀行カードへ切り替える 「 やっぱりキャッシュカード機能付帯が良い…」 こんな時に頭をよぎるのが、楽天カードから楽天銀行カードへの切り替えです。 手続きはどのように進めればいいのでしょうか?以下にまとめてみましたので、参考にしてみてください。 VISAかMasterCardを選択したい人 VISAもしくはMasterCardは世界中のありとあらゆる場面で決済が可能な国際ブランドです。 海外によく行く方や、JCBブランドでは決済のできない商品やサービスを利用したい方には、楽天カードがオススメです。 また、MasterCardであれば電子マネーのau WALLETへダイレクトにチャージすることで、ポイントの還元を受けることができるため、チャージからのポイントの2重取りが非常にスムーズ。 au WALLETを普段使いしている方であればぜひ、楽天カードのMasterCardと組み合わせて活用していきましょう。 家族カードを合わせて発行したい人 楽天銀行カードからは、家族カードを発行することができません。 自身でクレジットカードを所有しつつ、家族カードの発行も合わせてしたい方であれば、楽天カードを選んで間違いないでしょう。 家族会員の方が利用した分は本会員のポイントとして反映されるため、ポイントがザクザク貯まっていくのも嬉しいですね。 ちなみに年会費無料の通常の楽天カード以外(、、、など)でも、家族カードの発行は同様に可能です。 楽天ポイントカードや楽天Edyの機能を付随させたい人 楽天ポイントカードや楽天Edyはスマホアプリでも利用することはできますが、 あくまでも一枚のクレジットカードにそれぞれの機能を集約させたい方には、楽天カードがオススメです。 なんといっても1枚3役のクレジットカードは魅力的ですよね。 特にもともと楽天ポイントカードや楽天Edyカードを所有していた方にとっては、お財布の中身や支払いが非常にスマートになり、ストレスフリーで買い物ができてしまいます。 楽天銀行以外の口座を引き落とし先に指定したい人 既に楽天銀行以外の口座で、諸々のお金の管理を集約している場合、クレジットカード利用分の引き落としもその口座に指定したい方もいることでしょう。 また、楽天銀行を指定した場合、預金金利が2倍になるメリットを享受できますが、それ以上のメリットが得られる引き落とし口座がある場合なども、楽天カードを選択するのがオススメと言えます。 キャッシュカード一体型として所有したい人 楽天銀行カードの強みと言えばやはりこの点に尽きます。 一体型として所有できるということはつまり、クレジットカードとキャッシュカードを別々で発行するよりも、かなりスムーズに申し込みの手続きを進めることができることも意味します。 メインで使うキャッシュカードが楽天銀行であるという方は、楽天銀行カードを選ぶと発行〜所有までの手間を軽減できるでしょう。 国際ブランドや銀行口座にこだわりがない人 選択肢の広さに魅力を感じる方がいる一方で、どれを選んでいいかわからなくなってしまう方もいるかもしれません。 カード発行手続きの際に、そうした部分でいちいち悩みたくない方であれば、 国際ブランドや引き落とし口座に選択の余地がない楽天銀行カードを選べば、スムーズに情報の登録を進めることができますよ。

次の