ウィル プライズ しつこい。 独自の査定で売却可能なCLOVER(クローバー)の評判は?|福島市の不動産売却

スタッフ紹介|株式会社ウィルプライズ

ウィル プライズ しつこい

おすすめポイント 豊富な実績と優れた独自システム、ノウハウが高評価 東京都内のさまざまな区分投資用マンション売却業者のリサーチを行った結果、私が 1位に選出したのは、東京都大田区の 「株式会社ウィルプライズ」です。 投資用マンションの売却のみならず、居住用マンションの売却も可能となっており、全47都道府県の物件の売却実績があります。 この会社のモットーは、 「お客様の意志(WILL)を尊重(Prize)する」ということ。 投資用マンションの売却というのは、業者の技術や知識によって大きく結果が異なってくる事柄です。 業者が顧客に対して真剣に向き合わなければ、顧客のその後の人生すら左右しかねません。 そうした「責任」の重大性を、このウィルプライズはとてもよく理解してくれているなと感じさせられました。 事実私は、豊富な実績に加え優れた独自システムやノウハウを有するウィルプライズを利用した結果、 着実な成果を挙げることができました。 もくじ• 47都道府県において5000件以上の実績があり、強い信頼性 ・東京の物件業者の中でも信頼のおける企業です マンションをはじめとする不動産の売却を行ってくれる業者を探そうと思っても、なかなか素人にはその良し悪しというのが分かりにくいものです。 ましてや物件の数が非常に多く、業者同士での競争率も高い東京という場所においては、業者の「質」は大きな開きが生じています。 私は今回のランキングを作成するにあたって、本当に数多くの不動産売却業者のリサーチを行いましたが、その中でもこのウィルプライズは本当に信頼のおける企業だと実感させられました。 ・実績面において文句のつけようなし 私がそのように感じたもっとも大きな要因は、その 実績です。 「過去にどのような仕事を手掛けてきたか」ということは、不動産業者選びに限らず重要なことではないでしょうか。 まだ一度も仕事を手掛けたことがない会社よりも、豊富な仕事をこなしてきた会社の方がよほど信頼がおけるはずです。 そういった観点から、このウィルプライズは信頼性において高く評価できる企業であると感じさせられました。 なにしろこのウィルプライズは、 47全国の都道府県において、実に5000件以上もの取り扱い実績を持っています。 これだけの実績があれば、その ノウハウも膨大なものであり、高い信頼性が期待できるといってもよいでしょう。 独自のマッチングシステムでスピーディな売却ができるから、利益の確保に最適 区分投資用マンションというのは成功すれば大きな利益獲得が期待できる反面、行動の判断やタイミングを誤ってしまえば、思わぬ 損失を抱えてしまいかねません。 そしてそれは、物件取り扱いのプロフェッショナルを謳う業者のミスによって引き起こされることも少なくないのです。 業者側の手落ちの事例としてかなり多いのが、その行動の鈍さ。 「書類を用意するのに時間がかかってしまった」「休業日を挟んでいたので日数が余計に経過してしまった」などの理由で売却すべきタイミングを逃してしまい、もっと早く動けば大きな利益の獲得ができたにも関わらず、みすみす指をくわえて見送ってしまったといったことが、意外と少なくないのです。 しかし、私がリサーチした結果として、このウィルプライズであれば、そうしたミステイクが発生するリスクはほとんどないと言ってもよさそうです。 なぜならば、この会社では他の業者が採用していない、 独自に開発したマッチングシステムを導入しているからです。 これによって、他の業者よりも数段早くスピーディに物件を売却することが可能となり、利益損失の最小化、 利益獲得の最大化が実現できるのです。 物件のプロが「どのような物件」であっても魅力を見つけ売却につなげてくれる ・「売れない物件」は悩みの種 マンション投資というのは、なかなかどうして失敗しやすい分野でもあります。 なにしろ、「売れる物件」を見つけるためには専門的知識や審美眼が求められますし、購入した当時は高く評価された物件であっても、その後の経済の動向や災害等で価値が大幅に下落してしまうなんてことも起こりかねません。 かなりの「眼」、そして豊富な物件知識を持つ人であっても、こうした不慮のトラブルによって、不良債権ともいえる売りづらい物件を手にしてしまうことがあります。 専門家ですらこうなのですから、 投資をかじっただけの素人の場合は、よりリスクが高いと言えるでしょう。 レベルの低い業者に頼んだとしても、一癖ある物件に対しては熱心に行動してくれず、こちらの希望を大幅に下回る条件を提示したり、最悪の場合役目を放棄することすらあり得ます。 ・物件の魅力を最大限に活用するウィルプライズ しかし、このウィルプライズは、そうした他業者が避けがちな物件に対しても 最大限の利益を上げる努力をしてくれます。 ウィルプライズの社員の専門知識や眼力はかなりのものがあり、一見価値が低いように思える物件であったとしてもその魅力を逃さず見出す、その点を最大限にアピールして、こちらが 驚くような良い結果を出してくれることすらあるのです。 居住用マンションも取り扱っているだけではなく、物件の運用方法についても相談可能 加えて、このウィルプライズという会社が優れているのは、投資用マンションだけを扱っているというわけではないことです。 ウィルプライズは投資用マンションのみならず、 居住用マンションも取り扱っています。 こうした複数事業に対しては「専門性が低い」と思われる方もおられるかもしれませんが、マンションの場合少々事情が異なるでしょう。 私は今回のランキング作成にあたってさまざまな投資用マンション売却業者をリサーチしましたが、それらを専門的に扱っている企業のいくつかは自社の理論やノウハウを高く評価しすぎ、誤った方向に行ってしまっているように見受けられました。 そうした点を考えれば、ウィルプライズのように複数の不動産関連事業を営んでいるのは、視野の広さという点で期待がもてます。 加えて、 入手した物件をどのように扱うかということに対して気軽に、かつ 具体的に相談ができるというのも非常に優れたポイントでしょう、きっと、不動産売却にあたって心強いパートナーとなってくれるはずです。 今回のランキングにおいてもっとも「信頼性」と「安心性」が高い 以上、株式会社ウィルプライズという会社について紹介をさせていただきました。 この会社のシステムやノウハウ、そして豊富な実績が高評価につながったのは先述した通りですが、 スタッフの対応も非常に好ましいものであったことを、この項目にて述べさせていただきます。 このランキングを作成するにあたって、私はさまざまな業者に投資用マンション売却に関する問い合わせを行いましたが、このウィルプライズがもっとも親切丁寧に、そして 具体的に解説してくれたのです。 そうしたユーザーフレンドリーな姿勢も加え、今回このウィルプライズを1位とさせていただきました。 株式会社ウィルプライズを利用した方の口コミ・評判を集めてみました! 誠実で安心 現在2回目の取引をさせていただいていますが、誠実で安心です。 遠方にもかかわらず、担当者の方が地元まで出向いて頂けたので、とても楽でした。 (数年前の取引のことも覚えていただいていたのでうれしかったです。 口コミのように数年前のことも覚えてくれる方もいて、そのような担当者の方だったら前回言ったことをもう一度言うなんてことにならず、安心していろいろなことを相談できそうですね。 そのようなスタッフの方々の実績は凄く、47都道府県での売買実績があり、その 実績数は5000件以上です。 数多くの実績を誇っているので、ノウハウを豊富に持っているので理想の物件を提案してくれるでしょう。

次の

(株)ウィルプライズの不動産投資(全て) 収益物件 一覧 【OCN不動産】

ウィル プライズ しつこい

CLOVER(クローバー) CLOVER(クローバー)の不動産売却の特徴 CLOVER独自の査定方法で高額売却が可能 福島市を中心とした不動産売買・仲介、不動産買取り、住宅会社紹介など、幅広い不動産ニーズに応えてくれる株式会社CLOVER(クローバー)。 まごころと誠意をこめたきめ細かなサービスを目指し、秘密厳守、しつこい営業もないので安心して相談することができます。 買取してくれる物件は土地、マンション、戸建てで、夜7時以降も営業しているので勤務帰りにも相談できます。 不要な不動産を何とかしたい人、売却中や売却後の負担を減らしたい人、確実に現金にしたい人、近所に内緒にしたい人、新居の手配が必要な人、引渡時期や残置物について相談したい人、なるべく高額売却をしたい人におすすめ。 CLOVER独自の高額査定方法で期待に応えてもらえます。 最新不動産情報ネットワークを使い最適な解決方法を提案 住宅ローンなどの返済が難しくなると 債権者である金融機関と債務者である借入金返済人が話し合って不動産を任意売却することになります。 ローンが残っている、売却スケジュールが限られている、住み替えを考えているなどの事情により最適な売却方法が異なります。 CLOVERでは最新不動産情報ネットワークを使って色々な悩みや相談について、不動産会社の観点から最適な解決方法を提案し、売買契約から引渡準備までの手続きについてもスムーズに進められるようにしっかりとサポートします。 相談は無料、不動産売買が成立した場合の報酬は国土交通大臣の定める報酬額規定によります。 なかなか物件が売れなくても買取保証システムがあるので安心 不動産の売却には仲介と買取の2つの方法があり、仲介は不動産会社が販促活動を行って第三者に売却する方法で買取は不動産会社が直接購入する方法です。 不動産物件を売りに出しても、なかなか売れないということも多いです。 その間、物件が古くなったり維持費などがかかったりしますが、すぐに現金が必要な場合には困ったことになります。 CLOVERには買取保証システムがあるので一定期間内に物件が売れなかった場合物件を買い取ってもらえるので安心です。 CLOVER(クローバー)の口コミ・評判 CLOVER(クローバー)の不動産売却についての口コミはみつかりませんでした。

次の

連鎖販売取引(ネットワークビジネス、マルチ商法)業者名鑑

ウィル プライズ しつこい

明るい未来の、お役にたちたい。 「中古ワンルームマンションの流通を加速する」ことで、不透明な業界に流通革命を起こします。 1でいらっしゃいます。 中古ワンルームのシェアを高められている理由をお聞かせください。 中古ワンルームに特化していることが要因にあると思います。 最近不動産投資ブームも手伝って投資不動産業者が増加していますが、一棟マンション・アパート・区分と幅広く取り扱う会社が大部分を占めています。 しかし、弊社は中古ワンルームに的を絞り、きめ細かく対応できる体制を強化することで、他社様との差別化を実施。 『中古ワンルームはきらめき不動産』というブランディングに力を入れており、業者間でも既知されています。 そのため、業者間でのみ流れるレアな情報を取得することが可能になりました。 一番の強みは、既存のオーナー様に対してダイレクトに売却や買い換えの提案アプローチができることです。 神奈川県下で弊社と同様の手法を用いて投資物件の発掘を行っている業者は皆無のため、お陰様で『売却物件の受託件数県下No. 1(東日本不動産流通機構調べ)』を維持できています。 神奈川では横浜、川崎が多く、千葉、埼玉の物件も扱っています。 首都圏の魅力は何と言っても人口が増え続けていることに尽きます。 一棟物件ですとどうしても利回りのキャッシュフローの追求から地方に視点を動かさざるを得ません。 購入時の瞬間利回りだけ見るとグロスの大きい一棟物件の方が魅力的に感じるかもしれませんが、不動産投資は購入してからが本当の始まりです。 長期的な視野で入居率を考えればおのずと首都圏が安全ということはわかるはずです。 また少子高齢化社会において郊外に住まいを持たれていた高齢者の方が、離別死別等の理由により、それまでのご自宅を売却し利便性の高い首都圏に移住をしてきているといった流れも増えつつあります。 今後の人口動向を考えても首都圏のコンパクトマンションの需要はまだまだ伸びることが予想されるため、首都圏の中古ワンルーム投資は魅力的だと思います。 なぜ安く買えるのでしょうか? 理由の1つに弊社が仲介に特化しているというのがあります。 投資用のワンルーム市場では一旦販売業者が自社で物件を買い取り、利益を乗せて転売するケースが非常に多く見受けられます。 弊社は物件をオーナー様より直でお預かりしているので、弊社から購入をすればその利益分が安く買えるわけです。 また中古ワンルームに特化している体質上、四方八方から中古ワンルームの情報が日々集積されております。 情報量の圧倒的な多さが、レア物件や未公開物件を提案するチャンスとなり、リピート率につながっているのではないでしょうか。 なぜ、管理が重要なのでしょうか? 不動産投資は購入してからが本当のスタート、入居者様からのクレーム対応等は普段会社勤めをされているオーナー様が片手間で手に負える業務ではありません。 弊社では入居から退去まで一貫して窓口対応をいたします。 購入から売却までのお付き合いをモットーに保有されている期間のキャッシュフローを最大限に発揮して頂くよう日々マーケットに対する研究を行っております。 「中古ワンルームマンションは8年で売りなさい」という興味深いタイトルの本を出されていますが、なぜ8年で売却した方がよいのでしょうか? 弊社は新築で購入されたオーナー様やバブルの頃に中古で購入されたオーナー様等に売却提案を行っております。 そのやりとりの中で20年前に長期ローンを組んで購入され、当初の採算予定と現状が全く異なっている方が非常に多いのも実状です。 今から20年前は1992年、まだバブルが崩壊しつつある頃で今とは物価も金利も価値観さえも大きく異なっていた時代でした。 それを考えると今から20年後の2032年に時代がどのように変化をしているかを予測することは不可能です。 それにも拘らず今でも20年後の収支予測の上に物件を販売したりそれを鵜呑みにして購入されているお客様が後を絶ちません。 不動産投資も当然いくつかのリスクがありますがその中に時間リスクの存在があります。 長期保有を前提に試算を組めば長期になるほど、その時間リスクが高まります。 必ずしも8年で売却をする必要はありませんが、購入段階にて出口戦略を考えておくことは必要です。 極端に言えば今日買ったものが明日売って利益が確定できれば一番確実で、多くの不動産業者もそれを生業として行っています。 転売益ではなくキャッシュフロー重視の保有目的であったとしても期間を区切り、どこかのタイミングで利益を確定してその時点での環境の変化に合わせて物件を入れ替えるなどして対応していくことが大切です。

次の