自粛 いつまで。 【コロナいつまで自粛?】休業・収束日予想【バフェット・集団免疫】

コロナ自粛はいつ終わるか【科学的予測】

自粛 いつまで

当面、5月6日までとされている期限を延長するのかどうかについて、政府内での動きが慌ただしくなっているようだ。 宣言の発令から2週間、22日に開かれた政府の専門家会議では、目標としていた「接触の8割減」は達成できていないとの見解が示された。 同日開かれた記者会見で、同会議委員で北海道大学大学院医学研究院教授の 西浦博氏は「今すぐにこれまでと同じ生活は帰ってこない。 向こう1年間は付き合って行かないといけない」と対策が長期化する見通しを示した。 「来月6日で一区切り」というわけにはいかない情勢だ。 「人と人との接触機会を8割削減するという目標は、単に2次感染を減少させるために必要となるだけでなく、短期間で(例えば、8割という劇的な削減であれば、緊急事態宣言後 15 日間で)感染者数が十分な程度減少するためにも必要である。 接触機会の8割削減が達成されている場合、緊急事態宣言後おおよそ1か月で確定患者データの十分な減少が観察可能となる。 他方、例えば、65%の接触の削減であるとすると、仮に新規感染者数が減少に転じるとしても、それが十分に新規感染者数を減少させるためには更に時間を要する。 なお、8割削減の達成ができた場合には、1 カ月後には感染者数が限定的となり、より効果的なクラスター対策や『3つの密』の回避を中心とした行動変容で感染を制御する方法が一つの選択肢となり得る。 不十分な削減では感染者を減少させる期間が更に延びかねないことを十分に理解した上で、できるだけ早期に劇的な接触行動の削減を行うことが求められる」 仮に8割接触削減が成功し、感染者数が限定的になったとしても、クラスター発生の可能性がゼロになるわけではなく、行政や医療機関による感染者対応がしやすくなるということのようだ。 医療現場の崩壊という最悪の事態を回避しなければならないことに今後も変わりはなく、程度の差はあれ市民生活も従前どおり3密の回避など各種自粛の継続が見込まれる。 宣言の期限を迎えても、なんらかの自粛要請は継続か 西浦教授の発言に関して、厚生労働省の関係者は次のように語る。 「北大の西浦教授の『今すぐにこれまでの~』発言はまさにそのことで、6日に期限を迎えたからといって、翌日から満員電車で通勤したり、混雑する居酒屋で飲み会を開いたり、自由に行楽に行ったりできるということではありません。

次の

緊急事態宣言の再延長・再延期?自粛はいつまで?【コロナウイルス関連情報】

自粛 いつまで

政府の専門家会議(座長・脇田隆字国立感染症研究所長)が、イベント自粛などの感染防止措置の効果に関するデータが集まる19日ごろまでは自粛が必要だとの認識を示したことを踏まえた。 これまで、全国規模のイベントに関しては3月15日までを目途に中止・延期・規模縮小などの対応要請がありました。 今回の発表は、これらの大規模イベントについて、10日間程度の自粛延長を呼びかけるもの。 3月10日から10日間だと、3月20日まで。 イベント自粛などによる効果に関するデータが出るのが3月19日ごろ。 それまでは、引き続き自粛が必要との見解でした。 3月19日・20日ごろに新たな発表がありそうですね。 自粛延長何が対象?ディズニーランドやコンサートも 今回の自粛延期要請では、何が対象になるのでしょうか。 対象となるのは「全国的な大規模イベント」。 ディズニーランドやUSJといったテーマパーク コンサートやライブ スポーツイベント・試合 このような、全国から大勢の人が集まるイベントや、会場は今後引き続き自粛ムードになりそうです。 今回の自粛延期をうけて、すでに発表のあったイベントや、今後発表があると思われる内容をまとめました。 16日からの営業再開を予定していましたが、オリエンタルランドの広報担当者によると、引き続き再開日を検討したいとのことでした。 ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ) 3月20日 金 にオープンを予定していた『モンスターハンターワールド:アイスボーン XR WALK』において諸般の事情により開催準備が遅れているため開始日を延期させていただきます。 延期後の開催期間の決定や体験チケットの取扱いに関しては公式WEBサイトにてご案内いたします。 3月20日 金 にオープンを予定していた『モンスターハンターワールド:アイスボーン XR WALK』において諸般の事情により開催準備が遅れているため開始日を延期させていただきます。 延期後の開催期間の決定や体験チケットの取扱いに関しては公式WEBサイトにてご案内いたします。 3月20日にオープン予定のモンスターハンターのアトラクション『モンスターハンターワールド:アイスボーン XR WALK』の開始日を延期を発表! 臨時休園による開催準備の遅れが理由のようですが、続報を待ちたいところですね。 宝塚歌劇 【宝塚歌劇が再び公演中止に】 宝塚歌劇団は、兵庫・宝塚大劇場の花組公演の13~19日公演と、東京宝塚劇場の雪組公演の12~19日公演を中止すると発表した。 振替公演はなく、チケットの払い戻しには応じる。 最短の中止期間で再開していた。 — Yahoo! ニュース YahooNewsTopics 2月28日に公演を中止していた宝塚。 その後、宝塚劇場では劇場内の消毒や赤サーモグラフィーを導入するなどして、3月9日に上演を再開した矢先に再度中止へ…。 花組「はいからさんが通る」 3月13日~19日 兵庫・宝塚大劇場• 雪組「ONCE UPON A TIME IN AMERICA」 3月12日~19日(東京宝塚劇場) 上記の2公演が中止になりました。 特に「はいからさんが通る」は花組の新トップスター・柚香光さんの本拠地お披露目公演だっただけに、楽しみにしていたファンからは中止を惜しむ声が。

次の

緊急事態宣言の再延長・再延期?自粛はいつまで?【コロナウイルス関連情報】

自粛 いつまで

当面、5月6日までとされている期限を延長するのかどうかについて、政府内での動きが慌ただしくなっているようだ。 宣言の発令から2週間、22日に開かれた政府の専門家会議では、目標としていた「接触の8割減」は達成できていないとの見解が示された。 同日開かれた記者会見で、同会議委員で北海道大学大学院医学研究院教授の 西浦博氏は「今すぐにこれまでと同じ生活は帰ってこない。 向こう1年間は付き合って行かないといけない」と対策が長期化する見通しを示した。 「来月6日で一区切り」というわけにはいかない情勢だ。 「人と人との接触機会を8割削減するという目標は、単に2次感染を減少させるために必要となるだけでなく、短期間で(例えば、8割という劇的な削減であれば、緊急事態宣言後 15 日間で)感染者数が十分な程度減少するためにも必要である。 接触機会の8割削減が達成されている場合、緊急事態宣言後おおよそ1か月で確定患者データの十分な減少が観察可能となる。 他方、例えば、65%の接触の削減であるとすると、仮に新規感染者数が減少に転じるとしても、それが十分に新規感染者数を減少させるためには更に時間を要する。 なお、8割削減の達成ができた場合には、1 カ月後には感染者数が限定的となり、より効果的なクラスター対策や『3つの密』の回避を中心とした行動変容で感染を制御する方法が一つの選択肢となり得る。 不十分な削減では感染者を減少させる期間が更に延びかねないことを十分に理解した上で、できるだけ早期に劇的な接触行動の削減を行うことが求められる」 仮に8割接触削減が成功し、感染者数が限定的になったとしても、クラスター発生の可能性がゼロになるわけではなく、行政や医療機関による感染者対応がしやすくなるということのようだ。 医療現場の崩壊という最悪の事態を回避しなければならないことに今後も変わりはなく、程度の差はあれ市民生活も従前どおり3密の回避など各種自粛の継続が見込まれる。 宣言の期限を迎えても、なんらかの自粛要請は継続か 西浦教授の発言に関して、厚生労働省の関係者は次のように語る。 「北大の西浦教授の『今すぐにこれまでの~』発言はまさにそのことで、6日に期限を迎えたからといって、翌日から満員電車で通勤したり、混雑する居酒屋で飲み会を開いたり、自由に行楽に行ったりできるということではありません。

次の