進撃 の 巨人 115 話。 【進撃の巨人】115話ネタバレ!リヴァイがマジで死亡!?

進撃の巨人 3話

進撃 の 巨人 115 話

第115話「支え」 ジークはリヴァイを巻き込んで一か八か捨て身の自爆を試みた。 朦朧とする意識の中、死を覚悟しながら回想。 クサヴァーの巨人の記憶研究によれば、「不戦の契り」を打ち破るためには「王家の血を引くジーク」が「始祖の巨人の保有者」と「接触」することで可能になる。 しかし、始祖の力をどう使うかは始祖の保有者次第。 つまりエレンに決定権がある。 そしてこの情報をマーレは知らない。 そのため、ジークはエレンに安楽死計画を理解してもらい、互いに信頼関係を築く必要があった。 ここからジークの「始祖の保有者探し」が本格的に始まっていく。 マーレに故郷を奪われたイェレナとの出会い、真のエルディア復権派の活動、パラディ島始祖奪還計画中に発覚したエレンの存在。 そしてそのエレンは「自分と同じ父親」の子…。 エレンが単独でマーレに潜入しレベリオの病院いた頃、2人は会っていた。 エレンは安楽死計画に理解を示し、「オレの手で巨人が支配した二千年の歴史にケリをつける」と言う。 2人でみんなを救うと誓い合っていたのだ。 ジークは途切れる寸前の意識の中で、ボロボロの服を着た謎の少女の後ろ姿を見ていた。 もう完全に息絶えたかと思われるジークの元へ1人の無垢の巨人が近づいてくる。 自分の手で腹を切り開き、ジークを体内へ押し込んでいく…。 雨の中、ジークの勾留地へ向かっていたハンジとイェーガー派のメンバー。 雷槍の爆発に気づき現場に近づいていくと、そこには馬の死骸と大破した馬車の残骸があり、向こうにはうずくまっている1体の巨人。 そして血だらけのリヴァイ…。 1人の兵士がとどめを刺そうと銃を構えるが、ハンジはそれを制するように「至近距離で雷槍の爆発を受けたからもう死んでいる」と言う。 だったら脈を測らせろとフロック。 緊迫した空気が流れる中、巨人に異常発生。 「道」と思われる場所で謎の少女に再生されたジークが蒸気を吸い込むようにして巨人の中から登場。 兵士たちが驚き戸惑っている隙をついてハンジはリヴァイを抱え込んで川へ飛び込んだ。 一部の兵がハンジを追跡、残りのメンバーはジークと共にエレンのいるシガンシナ区へ向かい始める。 一方、シガンシナ区。 イェレナはオニャンコポンら義勇兵主要メンバー数名、そしてピクシス司令と食卓を囲んでいる。 「ワインの力」で抵抗を封じ、パラディ島の政権を操ろうとしている模様。 これでエレンとジークの接触を阻む者は誰もいなくなった。 アルミンら104期メンバーも地下牢獄の中。 104期らと同様に牢屋に入れられていたガビの元へエレンが訪れる。 壁内への侵入者をあぶり出すために協力を迫り脅迫。 エレンの背後にピーク登場。 タイトル 第115話「支え」 公開.

次の

進撃の巨人 117

進撃 の 巨人 115 話

ATTACK ON TITAN Season 3 Episode 7 進撃の巨人 3期7話 44話 KTきれすぎてて笑いました。 大好きな【進撃の巨人】のリアクション動画です。 配信者さんの考えが伝わるように翻訳できるよう頑張ります。 チャンネル登録ぜひお願いします。 youtube. youtube. youtube. youtube. youtube. foredooming. foredooming. 大好きな【進撃の巨人】のリアクション動画です。 配信者さんの考えが伝わるように翻訳できるよう頑張ります。 チャンネル登録ぜひお願いします。 youtube. youtube. youtube. youtube. youtube. youtube. 進撃の巨人 海外の反応 ヒストリア tsutomu kubokura. tom gmail. com Administrator Anime Movies 検索: 人気動画ランキング• 動画一覧• 137• 2,544• 1,934• 610• 1,515• 1,515• 1,302• 301• 927• 755• 755• 3,116• 2,434• 123• 181• 315• 250• 250• 596• 596• 3,866• 108• 221• 3,537 お気に入り一覧• Your favorite page is not registered. 最新動画•

次の

【ネタバレ】進撃の巨人 115話『支え』 あらすじと感想

進撃 の 巨人 115 話

第115話「支え」 ジークはリヴァイを巻き込んで一か八か捨て身の自爆を試みた。 朦朧とする意識の中、死を覚悟しながら回想。 クサヴァーの巨人の記憶研究によれば、「不戦の契り」を打ち破るためには「王家の血を引くジーク」が「始祖の巨人の保有者」と「接触」することで可能になる。 しかし、始祖の力をどう使うかは始祖の保有者次第。 つまりエレンに決定権がある。 そしてこの情報をマーレは知らない。 そのため、ジークはエレンに安楽死計画を理解してもらい、互いに信頼関係を築く必要があった。 ここからジークの「始祖の保有者探し」が本格的に始まっていく。 マーレに故郷を奪われたイェレナとの出会い、真のエルディア復権派の活動、パラディ島始祖奪還計画中に発覚したエレンの存在。 そしてそのエレンは「自分と同じ父親」の子…。 エレンが単独でマーレに潜入しレベリオの病院いた頃、2人は会っていた。 エレンは安楽死計画に理解を示し、「オレの手で巨人が支配した二千年の歴史にケリをつける」と言う。 2人でみんなを救うと誓い合っていたのだ。 ジークは途切れる寸前の意識の中で、ボロボロの服を着た謎の少女の後ろ姿を見ていた。 もう完全に息絶えたかと思われるジークの元へ1人の無垢の巨人が近づいてくる。 自分の手で腹を切り開き、ジークを体内へ押し込んでいく…。 雨の中、ジークの勾留地へ向かっていたハンジとイェーガー派のメンバー。 雷槍の爆発に気づき現場に近づいていくと、そこには馬の死骸と大破した馬車の残骸があり、向こうにはうずくまっている1体の巨人。 そして血だらけのリヴァイ…。 1人の兵士がとどめを刺そうと銃を構えるが、ハンジはそれを制するように「至近距離で雷槍の爆発を受けたからもう死んでいる」と言う。 だったら脈を測らせろとフロック。 緊迫した空気が流れる中、巨人に異常発生。 「道」と思われる場所で謎の少女に再生されたジークが蒸気を吸い込むようにして巨人の中から登場。 兵士たちが驚き戸惑っている隙をついてハンジはリヴァイを抱え込んで川へ飛び込んだ。 一部の兵がハンジを追跡、残りのメンバーはジークと共にエレンのいるシガンシナ区へ向かい始める。 一方、シガンシナ区。 イェレナはオニャンコポンら義勇兵主要メンバー数名、そしてピクシス司令と食卓を囲んでいる。 「ワインの力」で抵抗を封じ、パラディ島の政権を操ろうとしている模様。 これでエレンとジークの接触を阻む者は誰もいなくなった。 アルミンら104期メンバーも地下牢獄の中。 104期らと同様に牢屋に入れられていたガビの元へエレンが訪れる。 壁内への侵入者をあぶり出すために協力を迫り脅迫。 エレンの背後にピーク登場。 タイトル 第115話「支え」 公開.

次の