ベーグル まるこ や。 【高評価】「ベーグル…?

酒呑気まるこ

ベーグル まるこ や

概要 [ ] の生地をひも状にのばし、両端を合わせて輪の形にしてさせ、茹でた後にオーブンで焼いて作られる。 この製造法により、外側はカリッと焼き上げられ、内側は柔らかくてもっちりと詰まった歯触りになる。 乾燥を防げば品質は数日間保たれる。 また、水分量が少ないので、冷凍保存なら家庭用の冷蔵庫でも1ヶ月程度は充分に保存できる。 アメリカ発のブームを受けて、一般にはののパンとして知られる。 特性としては、通常パンの原料として使用される油脂(バターなど)、卵、牛乳を基本生地に使用していないことから、他の一般的な製法のパンと比べるとカロリーや脂肪分は低くタンパク質は多い。 素のベーグル(プレーンベーグル)の他、様々な味付けのベーグルが存在する。 伝統的なものは白、、の実、刻みや、それらを混ぜ合わせたものなどである。 また、生地にとや、、、、(六割パン)、、などを加えたものも存在する。 ただしこれらの派生品は、本来あるべき食べ方から逸脱しており、もはやベーグルと呼べるものではないとも指摘されている。 スポーツでのテニス用語で自分もしくは相手に1ゲームも取れないこと(取られない)をベーグルと呼ぶことがある。 起源と語源 [ ] ポーランド・クラクフのobwarzanek krakowski z makiem (クラクフ式オブヴァジャーネック・の実がけ) ベーグルの起源ははっきりしておらず、17世紀にのコミュニティーで食べられていたとされる。 おそらく最初のベーグルはのでユダヤ人コミュニティーから発祥したとの云われもある。 この形や製法は、もとは中世の古い時代に南ドイツからユダヤ人がポーランドに製法を持ち込んだから着想を得たものと推測する研究者がいる。 ただしプレッツェルそのものも起源はのだとも、それ以前の大昔に東西ヨーロッパに広がっていた古代文化だとも、さらにそれをさかのぼると東ヨーロッパに興ったのち西部()に定住したの祖先のの民族だとも言われ、厳密にこういったシンプルなパンの起源を遡ればきりがない。 中世、の文化の中心地だったポーランドのには、からユダヤ人が多く移住し、 "obwarzanek krakowski" (クラクフ式オブヴァジャーネック)という円形のパンがある。 (オブヴァジャーネックには、一度茹でて焼いたパンという意味がある)。 クラクフ式オブヴァジャーネックも現代のベーグルと同様、後一度茹でて焼きあげるが短時間のためベーグルより淡白な味で塩気が強く弾力と水分は少ない、プレッツェルの様に最初にひねってからリングの形に整える。 よく知られているベーグル起源説では、式ベーグルの起源は、のユダヤ人のパン屋によるものとされる。 このパン屋の名は明らかになっていない。 「ベーグル」という呼び名は、「円形のパン」を意味するの "bugel" から来ているという説がある。 The Bagel: The Surprising History of a Modest Bread(刊)の著者での調査によると、ポーランドのでは1930年代であってもベーグル(ポーランド語でバイギェル)とオブヴァジャーネックの区別はなく、イディッシュ語のベーグルもポーランド語のオブヴァジャーネックもどちらも同じ種類のこのパンを指す用語で、クラクフ市民はイディッシュ語では「ベーグル」(「バイギェル」、あぶみパン)と呼び、ポーランド語では「オブヴァジャーネック」(ゆでパン)と呼び、それが指し示すパンそのものについては特に区別しなかった、と当時から存命の古老たちが話しているようである。 アメリカ大陸 [ ] モントリオール式ベーグル。 上がケシの実、下がゴマ ベーグルはに移民によってから広まった。 までは、大規模な東欧系ユダヤ人社会のある都市を除いて、ベーグルは内では珍しいものであったが、最後の20年くらいの間に、ベーグルは広くで一般的なものになった。 北アメリカにおけるベーグルは、ニューヨークとが最もよく知られている。 ニューヨークのベーグルは、麦芽と塩を使い、様々な味のバリエーションがあり、生地を茹でたあとに普通のオーブンを使って焼く。 からからの移民によって作られるようになった()は、生地にとを使い、塩を使わず、入れる前にを入れた湯で茹であげ、薪を使って窯で焼き上げる。 元は生地に塩が入っていたが、何らかの理由でに省かれたのだという。 トッピングは初めは黒いケシの実をふりかけた「ノワール」( Noir「黒」)だけで、1970年代に顧客の注文から白胡麻をふりかけた「ブラン」( blanc、「白」)が生まれた。 近年ニューヨーク風ベーグル同様味のバリエーションが増える傾向にある。 モントリオールのベーグルがもっちりとして全体に詰まった食感になるのに対し、ニューヨークのベーグルは膨れて表面が堅くなる。 モントリオールのベーグルはニューヨークのベーグルに比べて若干甘く、小さめで穴が大きく、ニューヨークのベーグルよりも現在クラクフやパリで食べられるベーグルと似ている。 ニューヨークでは具を挟む際には横から切れ目を入れるのが普通であり、セントルイスなど縦に切る地域の流儀に対し拒否反応を示す者もいる。 ヨーロッパ [ ] ベーグルピザ ヨーロッパでは、ベーグルにはだけを塗って食べるのが普通であった。 や スモークサーモンのイディッシュ語での呼称 、、などをスライスしたベーグルにはさんで食べる食べ方(「ベーグル・アンド・ロックス」)はアメリカ合衆国に移民した後に経済的に余裕ができたユダヤ人の間で生まれた食べ方である。 動向 [ ] の終わり頃には、ベーグルを異なった生地で作ったり、生地に伝統的でない食物や調味料を加えるといった様々なバリエーションが現れた。 様々なベーグルも、同じ時期に普及した。 横半分に切ったベーグルの断面にピザソースとをのせて焼いたベーグルがある。 また、ベーグルをスライスしてかりっと焼いたベーグルチップスも市販されている。 、やなど、のメニューにも加えられている。 では、の終わりからのはじめにかけ、当時アメリカやヨーロッパが先んじていた健康食への関心の高まりを背景に、フォックスベーグルが日本国内で製造したベーグルを販売していた。 その後、ニューヨークからがニューヨークで製造したベーグルを輸入し、ベーグルの日本国内の普及に努めた。 現在、ベーグルはベーグル専門店(など)、ベーカリーショップ、スーパーマーケット、コンビニエンスストア、通信販売等、様々な販路で販売されている。 また、日本タイプのソフトな食感のものも製造されており、生地に乳製品を用いるなど、伝統的な製法とは異なる製法で作られた模倣製品もベーグルとして流通している。 類似の食品 [ ] には (, bublik)というベーグルに似たパンがあるが、その起源がユダヤ人のパンであったという事実はあまり知られていない。 また、にもブブルィークがある。 焼く間に熱湯で茹でる(熱湯に浸す)という点は、のとも共通する。 ()の人のの一種に、ギルデ・ナーン(girdeh nan)がある。 形はベーグルとよく似ているが、焼く前に茹でない点がベーグルと異なる。 これがこの手のリング型のパンの起源ではないかと考えられ、これが古代にヨーロッパへ伝わっていったと推測されている。 脚注 [ ]• 文部科学省. 2020年5月20日閲覧。 コーランには本当は何が書かれていたか? 文春e-book カーラ・パワー 著 , 秋山淑子・訳 翻訳• ウォール・ストリート・ジャーナル 2010年10月12日• Nathan, Joan. Nathan, Joan. The Jewish Holiday Baker. Schocken, New York, 1997. p80-82. - 参考文献 [ ]• Nathan, Joan. The Jewish Holiday Baker. Schocken, New York, 1997. 外部リンク [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 鐙 あぶみ 説について説明、ドイツ語• 鐙説について説明、日本語• バイエルン方言のページ• オーストリア方言のページ• オーストリア方言のページ• ドイツ語方言のページ• 南独・オーストリアの菓子。 オーストリアではともいう。 タイプのとは大きく形が違う.

次の

京都北山レディオベーグル

ベーグル まるこ や

2 >しっぽさん うちのまるこはリビングをばたばたーっと5週くらい飛び回り、 飛ぶことに十分満足して僕の頭めがけてやってきます。 たまに気分が乗らなくって籠の上にいくこともあるけれど。 室内で飼ってて体力がないせいか頭の上ではぁはぁと息をきらしていることも・・・。 笑 >ぴぴさん やはりチャームポイントはほっぺです。 あれがないとまるこじゃないっていうほどかかせません。 ティッシュの箱は出ているティッシュを啄ばんで遊ぶのが好きで寄っていきます。 ほっておいて歌っているなと思いきやたいていティッシュと戯れてるんですよ。 >かんさん 以外に大きくはないですね。 全長25cmくらいかな。 しっぽが長いんで。 今度は頭の上のまるこ激写してみますね。 無花果酵母はまだ密閉中なので匂ってませんよー。 >solさん べっぴんさんですかねー。 笑 結構美形でしょ。 汗 solさんの無花果酵母も見ごたえありそうだったのに・・・。 仕込むのもうちょっと後にすればよかったかなぁ。 >きっちょむさん 甘い酵母になりそうでしょ。 どんなパンが出来るかはお楽しみに。 きっちょむさんのパンも美味しそうでしたよねー。 再チャレンジ期待してますよー!.

次の

まるこ

ベーグル まるこ や

愛媛のおいしいベーグル屋さん8選 開店から数時間で売り切れ続出。 買うのも至難の技という人気上昇中のベーグル。 進化をつづける愛媛のベーグル店をご紹介します。 !買いに行く前の大切なポイント! 各店ではイベントなどにより、休みが変更になる場合があります。 SNS(FacebookやInstagramなど)で情報発信している場合が多いので、事前に確認をしておきましょう。 サンドするクリームチーズがいろいろ NAVY BAGELS(ネイビー ベーグルズ) マンハッタン 250円…エスプレッソのビター生地にチョコ(右) 芋栗かぼちゃ 270円…かぼちゃ生地に安納芋、栗の渋皮煮入り(左) 和の素材を使った和ベーグルと、好みのクリームチーズがはさめるNYベーグルの大きく2つのタイプがある。 しろくまサンドも人気。 松山市大手町1-10-6 問)089・997・7941 営業 :7時〜売り切れまで(土・祝は8時〜) 休み:日・月・火曜 シンプルな生地とシンプルな味わいが好評 yamatoyabake. (ヤマトヤベイク) 塩バター 200円…シンプル生地の上に岩塩を置き、焼くときにバターを使用(右) あんバター 350円…甘さ控えめの手作りあんとバターをサンド(左) 松山銀天街の路地裏にあるお店。 店頭には有機レーズンなどでおこした自家製酵母を使ったベーグルが並ぶ。 メニューも随時更新中。 松山市湊町4-5-16 問)keikoyamako11 gmail. com 営業:11時30分〜15時30分(売り切れ次第終了) 休み:月・水・金・土曜 種類の多さは圧巻 BAGELラクダピクニック 黒糖ベーグル fo-fu espresso 豆乳チョコカスタード芋栗サンド 400円…豆腐100%から作るエスプレッソ風味のサンドクリーム(左) カボチャクリームチーズ260円…かぼちゃを練り込んだしっとりベーグルにクリームチーズ入り(右) シンプルなものからスイーツ系まで常時約50種類のベーグルを用意。 最近は、豆腐や豆乳を使った健康的で美味しいメニューが増加中。 電話予約(前日17時迄)、当日取り置き(10時~)。 完全予約制。 jp)などで問い合わせの上、取り寄せ受付 季節の美味しさと愛情がたっぷり Happy Bagel 自家製酵母ぱん Megumi クッキーパンプキンチーズケーキ 350円…国産かぼちゃペースト生地のハイブリッドベーグル(右) いかすみベーコンチーズ 280円…ベーコンとチーズをいかすみ生地に巻き込んでいる(左) 北海道産小麦と自家製糀酵母でゆっくりじっくり低温長時間発酵させた生地に、自家製フィリング 詰め物)入りで、ボリュームたっぷり。 からだにやさしい安心安全な食材にこだわったものを追求。 常時5種類を販売。 その後、トースターで焼くのもグッド。 サンド派は先にスライスしておこう。 (解凍する際は、自然解凍や電子レンジで温めます。 その後、お好みでトースターの利用もOK).

次の