ペアーズ 年齢確認。 ペアーズ(Pairs)の年齢確認は安心?本人確認のやり方とメリットを解説!

ペアーズ(Pairs)の年齢確認は必須!安全性や審査時間・年齢確認の方法を紹介

ペアーズ 年齢確認

Pairs ペアーズ では、年齢確認と本人確認は必須となっています。 本人確認と年齢確認は、各種公的証明書でおこなっています!年齢確認をクリアすることで、異性とのメッセージ交換ができる仕組みです。 正直、本人確認や年齢確認に対して、個人情報漏洩などに不安を感じる人は多いでしょう! しかし、ペアーズでは、名前と生年月日を確認するだけとなっています。 顔写真を隠しても大丈夫なので、より安心感のある年齢・本人確認と言えるでしょう。 そのため、顔写真のアップロードに抵抗がある人は健康保険証がおすすめです。 あまりナイーブになり過ぎなくても大丈夫という印象を受けました! また、 出会い系サイト規正法により、登録者の年齢確認が義務付けられています! 18歳以上の男女に、安心して婚活サービスを利用してもらう措置となっています。 そのため、年齢確認が必要なアプリは、法律に則った優良アプリと言えるかもしれません。 また、本人確認は、カスタマースタッフが手作業で確認されています。 状況により、時間がかかる事もあるためプロフィールの作成とあわせて、早めに申請する事をおすすめしています! 他の婚活サービスでも、4つの証明書は使えることが多いです! ちなみに、カスタマーに問い合わせたところ日本国内の公的機関が発行した身分証であれば対象となるようです!また、携帯のカメラで撮影した画像を送れば充分です。 年齢確認ページで証明書を撮影できるボタンが表示されているのでその場ですぐに、公的証明書データを送れる仕組みとなっていました! ただ、あまりにも不鮮明な画像や見切れている画像は再提出を求められます! このタイミングで、年齢と本人であるかの確認をしているようです! あわせて、Facebookで登録している年齢と合致しているかも見られます。 そのため、年齢確認書類の提出前に、FBの年齢も確認しておくと良いかもしれません。 ペアーズの年齢確認のやり方とメリットをまとめてみました! ネット上での年齢確認に、不安を感じる人も多いかもしれません。 しかし、多くの婚活サービスを経験してきて、情報漏洩した事はありません。 ペアーズやOmiaiなどの大手運営婚活サービスであればセキュリティー面もしっかりしていため、安全性が高いと感じています! ペアーズは、累計会員数が800万人を超える婚活アプリです。 会員数が多いいため、理想のお相手を探しやすいサービスの1つです。 コミュニティ機能により、趣味で繋がる出会いも期待できます。 会員数の多さが出会いやすさに直結しやすいこともあり婚活のスターティングアプリとして登録する人も少なくありません。 男女共に登録無料なので、ぜひお試し登録してみてはいかがでしょうか!.

次の

Pairs(ペアーズ)の年齢確認は必須!認証済マークや証明書の種類など年齢確認に関係することを解説します。

ペアーズ 年齢確認

少し考えて見て下さい。 もし社会人が18歳未満の異性と関係を持ったら安全面など法律的に色々と問題になってしまいませんか? そのため ネットを介して異性を紹介する事業は18歳以上の人にしか利用できないように、利用者の年齢確認をすることが法律で決まっています。 なのでペアーズでは、年齢確認をせずに出会うこができません。 Pairs ペアーズ で年齢確認するとできる機能 ペアーズで年齢確認するとできる機能は以下の通りです。 メッセージのやり取りができなければどんなに素敵な人とマッチングできたとしても、恋人はもちろん友達にすらなることは叶いません。 ペアーズで出会うためには年齢確認は必須です。 では、ペアーズで年齢確認する方法を見ていきましょう。 Pairs ペアーズ での年齢確認用の身分証の種類 ペアーズで年齢確認するのに使うことができる身分証明書の種類は以下の通りです。 自分のプロフィールのその他をタップ 4. 「年齢確認をしてメッセージを楽しもう」をタップ 5. 年齢確認に使用したい書類をタップ 6. 証明書を撮影して送信 以上で年齢確認は完了です。 他にも18歳以上しか使えないクレジットカードを使うことで年齢確認を済ませることができます。 有料会員になったり、「いいね!」を購入することで年齢確認をしたことになりますので一番手っ取り早いです。 年齢確認が少し手間だと感じた人はクレジットカードで年齢確認してみてください! Pairs ペアーズ で年齢確認で提出する身分証は隠せない ペアーズで年齢確認をする場合は身分証明書を隠すことはできません。 他のマッチングアプリなら写真の一部を隠しても年齢確認ができます。 しかし、ペアーズではできません。 顔写真の顔すら隠せません。 年齢確認ができません 年齢確認ができないのは主に以下の要因が考えられます。 提出している身分証自体がそもそも年齢確認に使用できない• 身分証に記載されている年齢と生年月日がプロフィールと異なっている• 画像が不明瞭で見づらい• 身分証の顔や住所などを隠して写真を送信している 年齢や生年月日を間違えて登録してしまい、プロフィールと提出書類との情報が異なっている場合、カスタマーサポートにお問い合わせしてもう一度設定しなおすか、アプリを登録しなおす必要があります。 Facebookでアカウント登録している場合は、Facebookで登録している生年月日や年齢を変えることで解決します。 他の理由なら身分証や写真を変えるだけで登録できるので上記4つをもう一度確認してから年齢確認をしてみてください。

次の

pairs(ペアーズ)女性料金は無料?課金の有無、有料会員について

ペアーズ 年齢確認

年齢のサバ読みに関する調査結果• 書類提出による年齢確認を行うため、サバ読みは出来ない• 年齢確認前に限りサバ読みが出来る• 年齢確認後は基本的に、年齢変更は出来ない 今回は、ペアーズで年齢のサバ読みが出来るかどうかを調査しました。 調査の結果、サバ読みは出来ないという結論に至りましたが、 なぜ出来ないのかを詳しく解説していきます。 厳重な年齢確認を行っているためサバ読みはできない マッチングアプリなどの異性と出会うサービスでは、運営側に 利用者が18歳以上であることを確認する義務があります。 ペアーズでの年齢確認方法は以下の書類提出です。 年齢確認は公的証明書のご提出が必要です。 年齢確認に有効な公的証明書 ・運転免許証 ・パスポート ・健康保険証 ・住民基本台帳カード ・マイナンバーカード その他の公的証明書(学生証や社員証、障害者手帳など)でも年齢確認が可能です。 ・ 書類の提出方法は、スマートフォンのカメラで撮影した書類の画像ファイルを、アプリ内で送信するという簡単な方法です。 年齢確認書類の撮影の仕方も厳密に決められていて、 不鮮明なものや、情報が隠れているものは審査に通りません。 18歳以上の年齢確認というよりは、 名前 生年月日 住所 顔写真 などの情報を提供する、本人確認に近い形で審査をしています。 アプリ登録時に連携する Facebookで設定した生年月日と、提出した書類の生年月日が一致しない場合は、審査が通りません。 つまり、 年齢をサバ読みすることは不可能と言えます。 当然ですが、他人の書類を利用して年齢確認を行うなどといった悪質な行為は、 退会の対象になります。 登録情報から著しく乖離している、登録条件を満たしていない 以下の場合は、年齢確認書類が正しくても、年齢確認ができません。 場合によっては、Pairsから退会いただく場合がございます。 ・未成年である ・登録した性別ではない性別の年齢確認書類である ・自分以外の年齢確認書類 ・Pairsに登録できない条件を含んでいる ・ Facebookの生年月日 電話番号登録時に入力する生年月日 を偽っていれば、偽った年齢を表示させることは可能です。 ですが年齢確認をしないことには、 有料会員になり異性とのメールのやり取りが出来ません。 結果的には、出会いを求めるのであれば年齢確認を行い、正確な年齢を表示させることになります。 年齢確認後の年齢変更は出来ない 年齢確認時に年齢を偽ることが出来なくても、 一度審査を通過してしまえば、後の変更は可能ではないだろうか?ということを実験してみました。 1986年生まれの32歳で年齢確認済みのプロフィールを、1988年生まれの30歳に変更できないかを試してみました。 このペアーズのプロフィールはFacebookアカウントと連携しているので、Facebook内のプロフィールを1988年に変更します。 そうすれば、 ペアーズ内の年齢が30歳に変更されるのでは、と予想しました。 しかしペアーズをログインしなおし何時間待てど、 年齢は32歳から変更されることはありませんでした。 年齢の変更に関してはペアーズのヘルプに、変更が出来ないことがしっかり書かれています。 原則として、お客様自身による生年月日情報の変更は行えません。 ・ ツイッター上でも年齢変更について質問されている会員が見られ、運営側が 「変更は通常行っていません」と答えています。 年齢確認の際、Pairsではしっかり証明書の確認、年齢に詐称が無いかの確認をしておりますので、年齢確認した以降に変更は通常行なっていません。 また年齢確認後に変更を行われたいという場合、詐称されている可能性がありますので、別途対応をさせていただいております。 クレジットカードで決済を行うことにより18歳以上と見なされ、 書類の提出でも18歳以上の確認以外はありませんでした。 流行語の使用も、世代がバレる可能性があるから注意が必要よ! 年齢詐称は最悪の場合、慰謝料を請求される? 年齢のサバ読みがバレて、 相手からの信用を失うだけでも十分大きな問題ですが、相手との関係によっては 慰謝料を請求される可能性があります。 サバ読みをする人は バレた時のリスクを十分に理解しておきましょう。 婚約後であれば慰謝料を請求されるケースがある お付き合いしている人と、 婚約している状態で年齢詐称が発覚した場合は、慰謝料を請求される可能性があるそうです。 当事者間の状況を、弁護士などの専門家が確認し判断することになり、 実際に請求に値するかどうかはケースバイケースのようです。 仮に年齢詐称が違法と評価された場合、ある弁護士は請求額を以下のように判断されていました。 あくまでも私見ですが、違法と評価される場合でも、せいぜい50万円くらいかと思います。 ・ 年齢のサバ読みをしながら、結婚を前提とした異性を探している人は、 婚約破棄や慰謝料請求などの大惨事に至る可能性があることを理解しておきましょう。 マッチングアプリのおすすめランキング マッチングアプリを日々研究する、男女数名で構成された我々のチームが選んだ 「おすすめ」マッチングアプリランキングを紹介します。 マッチングアプリの基準はとにかく、 「本当に出会えるか。 」 「無駄なお金を使わせないか。 」 サクラチェック、 課金チェックはもちろん、 ユーザビリティや 成長速度も含め 穴が空くほど調査しておりますので、まずは 安心してインストールしてください。 1位 Omiai オミアイ 株式会社ネットマーケティングが運営する、 王道の中の王道マッチングアプリ「Omiai オミアイ 」。 マッチングアプリの先駆けとして早い段階から登場したOmiaiは、常に改善とアップデートを繰り返しており、 今ではほぼ完成形と言って良いでしょう。 ヤリモク男子にイエローカードをつける機能が存在するなど、「真面目に婚活・恋活」する人が 真剣にマッチングできるよう、様々なところに配慮が行き届いています。 使ったことの無い方はまず、Omiaiを使いましょう。 Omiai一択です。 アフィリエイトサイトにご注意ください アプリを紹介して報酬を得られるアフィリエイトサイトの一部で、 ろくにアプリを使わずにランキングをでっち上げているものがあります。 悪質な出会い系サイトや、 セキュリティの甘いマッチングアプリに登録しないようご注意ください。 我々のチームはこの他のマッチングアプリも多数利用しております。 アプリの安全性やユーザーの健全性等、 確認が取れ次第紹介していきたいと思います。 何か質問・疑問等ございましたら、から相談くださいませ。 最後に、悩んでいるあなたに格言を。 「使わなければマッチしない」 新しい刺激を呼ぶには ちょっとした勇気が必要です。 ほんのちょっと、 インストールしてみるだけ。 それだけで、 新たな出会いがあなたの人生を 劇的に変化させます。 私も最初は、 おそるおそるアプリを入れてみることから始まりました。 初恋のことを覚えていますか? 返信が来るまで ドキドキしたり、会話の内容に 悩んだりしましたよね。 デートからの帰り道は、 「また遊んでくれるかな?」と不安になることも。 だんだんと大きくなっていく気持ち。 恋をすると、身の回りの色々なことが カラフルに見えて来ますよね。 そんな恋を、もう一度してみませんか? きっかけは、簡単なことなんです。 指先を少し、動かすだけ。 さぁ、勇気を出して飛び込みましょう!.

次の