インライン返信とは。 ビジネスメールの返信で身につけたいインラインの引用マナー

「インライン」の意味とは?メイクやスニーカーとの使い方も解説

インライン返信とは

次に 【iPhone】の場合ですが、 Gmailアプリでメールを送受信している場合と、 「iPhoneメール」でGmailも送受信している場合で方法が違います。 残念ながら、 現在の【iPhone】のGmailアプリでは、Androidのような「元のメッセージを削除」する機能がありません。 そのため、 Webから 簡易版Gmailで元のメッセージを削除します。 その方法は PC版と同じなので、PC版を参照してください。 次に、 「iPhoneメール」でGmailも同期して使っている場合ですが、 「iPhoneメール」では2通りの方法で 引用しないでGmailを返信することができます。 この方法はGmailに限らず 「iPhoneメール」すべてで有効ですので、覚えておくと便利です。 2つ目の方法は、 受信メールの「差出人」のメールアドレスから「新規メール作成」をすることで元のメッセージを引用しない方法です。 手順は、 「iPhoneメール」の受信メールの「差出人」をタップして表示される「相手のメールアドレス」を押すと、そのメールアドレス宛の「新規メッセージ」作成画面が開くので、そこからメール作成します。 このやり方はAndroid版Gmailでも可能ですが、 注意点は、 この方法だと「新規メール作成」になるため、「返信」にならないという点です。 元のメッセージに「返信」という形で送りたい場合は1つ目の方法を、「新規メール」でいいので同じ相手に送りたい場合は2つ目の方法を行うというように、使い分けましょう。

次の

ビジネスメールでよく使われる「インライン」使用上のマナーとは

インライン返信とは

私の職場の場合、1つのメールで複数の質問を受けた場合、返信時に引用文を区切りながら回答を挿入することを指して、そう呼んでいます。 世間一般では通用しない言い回しなのかもしれません。 語源は、IMEの「インライン変換」にちなんでいる(?)と思われます。 ひょっとして、同じ職場? A ベストアンサー 「以」がつけば、以上でも以降でもその時も含みます。 しかし!間違えている人もいるので、きちんと確認したほうがいいです。 これって小学校の時に習い以後の教育で多々使われているんすが、小学校以後の勉強をちゃんとしていない人がそのまま勘違いしている場合があります。 あ、今の「以後」も当然小学校の時のことも含まれています。 私もにた様な経験があります。 美容師さんに「木曜以降でしたらいつでも」といわれたので、じゃあ木曜に。 といったら「だから、木曜以降って! 聞いてました? 木曜は駄目なんですよぉ 怒。 と言われたことがあります。 しつこく言いますが、念のため、確認したほうがいいですよ。 「以上以下」と「以外」の説明について他の方が質問していたので、ご覧ください。 goo. php3? 4再補足します。 各位は皆さんの古い言い方で官庁、会社関係、一部の個人が使用しますが、商売でお得意様を相手にする場合は使わない方がいいでしょう。 各位で満足せず「関係者」「お得意様(厳密には様は不要)」を付け加えるなら、お得意様の具体的名前を入れ「各位」を省くのが現代流だと思います。 または「拝啓」などではじめる方がいいような気がします。 フラメンコ研究会会員各位なら相手を特定しているので個人に準じた扱いとなり、現代でも許される範囲の 使い方といえるでしょう。 以上がコメントです。 結論として、間違った使用法も含めて「各位」を使いたい人が依然として多いので、 関係者各位、お得意様各位、父兄各位のように使用しても一般には違和感なく受け入れられるでしょう。 個人的意見としては、「各位」が「皆さん」という呼びかけ(相手を特定しない)なので、更に「関係者」とか 「お得意様」という不特定多数をさす言葉を重ねるのは 「個」を大事にする時代の流れに沿わないと思っています。 個人的こだわりです。 A ベストアンサー こんにちは、No. 4です。 「思う」「考える」という表現は政治家の選挙演説でも頻繁に使われますが、 自信が無いようには感じませんよね。 主張が一言だけで終わらないのは演説もビジネス文書も同じこと、 意志や主張の強さは文脈の前後で調整していけば良いと思います。 ケースバイケースですが、 自分が「こうだ!」と思っても相手はそう思わない場合もあるので 文をマイルドにしてくれるこういた柔らかい表現、私は重宝していますよ。 Q 先日、メールのやりとりの中で、「いくつかご質問があります。 」という一文がありました。 相手が、私に対して質問したいことがあるという状況です。 自分が質問したい場合に、そのことをさして「ご質問があります」は、なんだか違和感があるな、と思ったのですが正しい用法なのでしょうか? また、そういったご質問に対して、「"ご"回答いたします。 」と自分が回答することに対して「ご」をつけるのは正しいでしょうか? 仕事のメールでしばしば見かけるし、私も曖昧な使い方をしているかもしれないと思って、不安になってきました。 まスマートな表現をお教えいただけましたら幸いです。 ちなみに私は下記のようにしています。 質問があるとき「下記の事項についてお教え下さいますでしょうか」「ご教示下さい」「質問があります」 回答するとき「ご質問頂きました件につき、下記の通り回答いたします」もしくは、質問事項(引用)に回答を付記する。 A ベストアンサー こんにちは(^^ この件、昔上司と議論になったことがあります(汗。 基本的には、敬語はNo. 2のkeydaimonが仰る通り、「尊敬」「謙譲」「丁寧」の3種類に分かれます。 では、この「ご」はどれに当たるかというと・・・この3種類、どの用法でも使われます。 (Goo辞書「ご」で調べてもそうありますね)。 ですから、文法的には「ご回答いたします」はアリです。 たとえばNo. 回答の場合は、(「ご回答」を避けるために) 「ご質問いただきました点につきましては、以下の通りですので、宜しくご確認お願いいたします」 と書いたりします。 ちなみに蛇足ですが「いたします」には「謙譲」「丁寧」の両方の意味がありますが、相手によっては「丁寧」の意味しか無いと思っている場合がありますね~。 これもあいまいなとこです(^^; こんにちは(^^ この件、昔上司と議論になったことがあります(汗。 基本的には、敬語はNo. 2のkeydaimonが仰る通り、「尊敬」「謙譲」「丁寧」の3種類に分かれます。 では、この「ご」はどれに当たるかというと・・・この3種類、どの用法でも使われます。 (Goo辞書「ご」で調べてもそうありますね)。 ですから、文法的には「ご回答いたします」はアリです。 たとえばNo.

次の

Outlook で返信したときに引用符が付かない

インライン返信とは

インラインの意味、きちんと理解していますか? ビジネスシーンでのメールで時々見かける「インラインで失礼します」という言葉。 一度は見たことがあるという人も多いのではないでしょうか。 しかし、その言葉の意味することや目的を正確に把握できている人は決して多くはありません。 そこで今回は、インラインの意味と正しい使い方について解説していきます。 インラインとは? インラインとは、元々IT用語のひとつであり、「直列の、一列に並んだ」などを意味する英語が語源です。 IT分野では、ここから「その場に埋め込む」という意味で使うようになりました。 メールにおけるインラインは、返信する際に、相手の文章を引用し、それに対する回答文を引用文のあいだに挟む形で書くことを指します。 インラインでの回答のメリット インラインで返信する場合、相手の質問を引用し、その都度答えを書いていくので、どの質問に対する回答かが見やすく、わかりやすいというメリットがあります。 ビジネスシーンでは、できる限りメールをやりとりする回数は減らしていきたいので、1通のメールで、多くの質問を投げかけられてしまうこともあるでしょう。 しかし、インラインの返信であれば、読む側は、ひと目でどの質問に対する回答かわかるので、理解度が高まります。 返信する側も、一つひとつの質問を項目立てして、回答することができます。 メールの中に回答すべき質問が多ければ多いほど、効果を発揮する方法といえます。 質問が2つ以上あれば、積極的に使っていきましょう。 逆にインラインを使わずに返信すると、先方からの質問の一部を見落としてしまい、回答漏れが起きる確率が高くなり、再度質問した側から連絡をもらわなければならない事態も起こりえます。 また、読む側がどの質問に対する回答なのか、理解するのに時間もかかってしまいます。 インラインでの回答のデメリット インライン返信も万能というわけではありません。 メールの書き方を手紙と同じようにとらえ、相手の文章をそのまま引用することが不快と感じる人は少なからず存在します。 特に、経営者層など、長くビジネスシーンで活躍してきた人ほどその傾向は強いといえます。 そうした不快感を多少なりとも緩和する意味でも、冒頭で紹介した「インラインで失礼します」という言葉が使われているのです。 また、引用するということは、どうしてもメールの文章そのものが長くなってしまいます。 また、引用部分をさらに引用して... ということになると、インラインを使ったほうがわかりにくくなってしまう場合もあります。 そうした際には、あえてインラインをやめ、通常の方法で返信するなどの使い分けをしましょう。 インラインを使ってメールを返信する 実際にインラインを使った返信メールの文例をご紹介します。 どの質問への回答なのかが、理解しやすくなっているのがわかるでしょう。 インラインによる回答で失礼します。 こちらの日程で問題ございません。 こちらの内容で問題ございません。 今後とも何卒よろしくお願いいたします。 」という風に前置きを書く必要がありますし、その際に、時間や曜日を誤って書き写してしまう場合もあります。 そうなると、相手はもう一度正しく伝わっているかを確認しなければならないため、大きな手間をかけさせてしまいます。 質問に対する回答をわかりやすく、もれなく伝えるために、インライン返信を活用してはいかがでしょうか。 インラインでの回答は読みやすさのために活用! ビジネスメールにおいて、文章の丁寧さや正しい言葉遣いと同様に重要視されるのが、読みやすいかどうかという点です。 丁寧さを重視して、あまりにも回りくどい表現を使うよりも、逆に読みやすさを重視したシンプルな文章が評価されることも往々にしてあります。 読みやすさにおいて、インライン返信は非常に効果的で、回答漏れや伝達ミスといったメールでの失敗を減らすことができます。 だからこそ、引用する際には必要な部分だけを引用し、不必要な情報が含まれていない短文にすることが重要ですし、それに対する回答もシンプルにまとめなければなりません。 また、相手によってはインラインを不快と感じる人もいるので、適切な返信をしっかりと見極めるようにしましょう。

次の