カメムシ 大量 発生 原因。 カメムシ類の確実な対策と駆除

カメムシが大量発生する原因とは何なのか?その時期についてもくわしく紹介

カメムシ 大量 発生 原因

スポンサーリンク カメムシが大量発生する原因とは何なのか? カメムシが大量発生する原因は複数のものが考えられます。 多くの場合、その大量発生の原因はカメムシの生態に適した結果であることが挙げられます。 カメムシが大量発生するということは、カメムシが繁殖しやすい条件が揃っていると考えて良いでしょう。 以下には、カメムシが大量発生する原因の具体的な例を挙げてみました。 1・造林の拡大 カメムシが大量発生する原因の1つが造林です。 造林とは、何らかの目的のために人工的に木を植えて育てることを指しています。 ニュースや雑誌などで、戦後によく行われていたことを知っている方も多いのではないでしょうか? この時代は復興と経済的な飛躍により、木材の需要が急上昇しており、主にスギやヒノキといった針葉樹が植えられていました。 そして、スギやヒノキといった針葉樹をカメムシは好みます。 これは、カメムシの幼虫がスギやヒノキの実をエサとして成長するからですね。 こういった事情により、カメムシの活動圏が大幅に拡大された結果、大量発生に繋がっていったというわけです。 ちなみに、スギやヒノキの花粉の量が多い年は、カメムシのエサとなる実の量も多くなります。 そのため、花粉の飛散量とカメムシの発生数は比例しやすい傾向にあります。 2・空き地などにカメムシが好む植物がある 団地などの場合、自宅周辺に空き地があることは珍しくありません。 こういった空き地にカメムシが好む植物が生い茂っていると、そこが大量発生する原因になることがあります。 カメムシは葛(クズ)のような植物の葉の裏側に卵を植え付けるため、手入れがされず雑草が生い茂っている環境はカメムシにとって都合が良い場所になるわけです。 スポンサーリンク また、例に挙げた葛は生命力豊富で成長が早く、カメムシの種類によってはエサにもなるため活動圏が大幅に広がることに繋がります。 3・台風による環境の変化 台風の影響により、カメムシが生息している山の環境が変化した結果、カメムシにとって住みづらくなることがあります。 この場合、カメムシは自分たちが住みやすい場所を探して移動を行うことがあります。 その移動先が市街地などになると、カメムシの大量発生として認識されるというわけですね。 台風が多く上陸してきた年や、台風の影響を受けやすい地域は、他と比べてカメムシの大量発生が起こりやすいと言えるでしょう。 4・秋の繁殖期 カメムシは主に秋ごろに繁殖期を迎えるため、子孫を残すために活発に活動をします。 上記にある卵を産みやすい場所などでは、たくさんのカメムシを見ることがあるのではないでしょうか? また、年によっては台風などがまだ発生する時期でもあります。 そのため、複数の条件が重なった結果、カメムシの大量発生に繋がることもあり得ます。 5・冬の季節に暖を求めて 冬が近くなり気温が10度を下回ってくると、カメムシは暖を求めて移動をすることがあります。 カメムシたちが目指す移動先の例を挙げると、日光を浴びて温かくなる白い壁や民家の中などがあります。 また、カメムシは2mm程度の隙間があれば自由に出入りすることが出来るため、窓を締め切っていてもちょっとした隙間から屋内に入ってくることがあります。 この時期にカメムシが部屋によく入ってくるという場合、家のどこかにカメムシが出入り可能な隙間がある可能性を考えた方が良いでしょう。 カメムシが大量発生する時期とは? カメムシが大量発生する時期は、気温が上がりエサが豊富になる4月~5月、繁殖の時期に当たる9月~10月が多いです。 これ以外にも、台風などの影響を受けるとカメムシが大量発生する場合があります。 そのため、前章でお伝えした条件が複数重なる環境であるなら、カメムシが大量発生しやすいということになるわけですね。 カメムシの臭いが洗濯物についた時の対処方法 カメムシの臭いが洗濯物についた時の対処方法について、下記の記事にくわしい情報をまとめています。 まとめ カメムシが大量発生すると本当に嫌ですよね。 本記事では大量発生の原因についてまとめてみました。 この記事が皆様のお役に立てれば幸いです。

次の

兵庫 カメムシ 大量発生 原因 理由 被害 影響

カメムシ 大量 発生 原因

兵庫県でカメムシが大量発生しています。 原因は気温にあるようです。 また、クサイだけでなくほかの被害もあるとか。。 カメムシ大量発生による被害や影響についても述べていきます。 スポンサーリンク 兵庫でカメムシ大量発生!被害や影響は? 兵庫県でカメムシが大量発生しています。 カメムシは発生量が1年ごとに変わり、増加する年を「表年」減る年を「裏年」と呼びます。 今年は表年なのですが、それでも過去にないほどの数だといいます。 兵庫県病害虫防除所 加西市 によると、同所内で4月から5月のチャバネアオカメムシの捕獲数は最近の表年の平均の約5. 3倍に上るとか。 カメムシの被害や影響は? カメムシと言ったらクサイ、ひたすらクサイイメージしかないですが、それ以外にも困ったことがあります。 それは果物の品質低下です。 といっても果物が臭くなるわけではないですよ。 それが品質低下を招くのです。 なし、かき、ももなど、なんでも吸い付くので農家は、ほとほとに困っているわけです。 また、一般の私たちにとっても恐れることがあります。 それは皮膚炎です。 カメムシは外敵から身を守るため、足の付け根からくさい分泌液を発します。 これにアルデヒドという物質が含まれており、炎症を起こす可能性があるようです。 ただし、服の中に入ったり、素足で踏んづけたりして高濃度のアルデヒドが付着しなければ大丈夫なようです。 スポンサーリンク カメムシ大量発生の原因と理由 兵庫県病害虫防除所 加西市 によると、昨年が暖冬だった影響で越冬できてしまった個体が多かったことが原因と考えられるそうです。 カメムシの寿命は約1年、7月頃卵から孵化、幼虫は8月頃には成虫になりそのまま越冬。 翌年春に活動し始めて6月下旬から7月初旬にかけて産卵、秋までには死亡します。 今後も発生が長期化する恐れもあるとみられています。 ここ数年の兵庫の平均気温は? ここ数年の兵庫の冬の平均気温を調べました。 2017年 1月 6. data. jma. php? 特に気温が最も低下する2月の気温が高いですね。 寒い冬を乗り越えた精鋭たちがいるわけですね。。 まとめ カメムシ大量発生なんて恐怖でしかないですよね。 兵庫県病害虫防除所はカメムシ発生や被害を確認したら薬剤で駆除するように求めています。 最後まで読んでいただきありがとうございました。 スポンサーリンク.

次の

【カメムシ大量発生中】原因はスギ・ヒノキ花粉…!?

カメムシ 大量 発生 原因

好きなところに飛べます• カメムシの生態と生活サイクル カメムシが大量発生するのが秋頃になるのはカメムシの生活サイクルにあります。 カメムシは4月から5月に繁殖期を迎えて、 5月下旬から8月の間に産卵を行います。 繁殖し終えた成虫はその後死んでしまいますが、卵は 1週間~2週間に孵化して1ヶ月から1ヶ月半で成虫になります。 カメムシは一度に 卵を10~100個を産卵するため、単純計算でも秋になると一気に増えることがわかりますね…。 関連記事: カメムシの大量発生の原因 Sponsored Link 大量発生する原因として一番にあげられるのは カメムシが餌とする植物や餌が豊富だったタイミングだったというものですね。 私の身の回りで起こったことのある話で言うと、 近所の畑が放置されたときなんかはカメムシが家の周りにかなり増えました。 その理由はクズなどのカメムシが好む植物が増えて、 誰も草刈などの管理されない状態になってしまったからです。 また、大量発生ではなく越冬をする際に体温が下がり過ぎないよう多くのカメムシが一箇所に密集することもあるので 一時的に一箇所に集まっているということもあります。 恐らく気候などによって特定のカメムシが餌とするものが大量に増えた際にこのような大量発生が起こっているのだと思います。 下北半島では長きに渡って、秋にカメムシが大量発生すると冬は大雪になると言い伝えられています。 確実にそうなるとは言いづらいですが、 少なくともそうなりやすい気候なのだと思います。 気候が関係しているので無関係とは言い切れないですね。 地震についてはカメムシが大量発生してから数ヶ月後に阪神淡路大震災、東日本大震災があったため、 『地震の予兆だったのではないか?』と議論が巻き起こってしまったようです。 これに関しては個人的には あまり信ぴょう性がない気がします…。 けれど関係があるとしたらかなり面白い考え方ですね! ただ、この 大雪も地震も根拠のある予兆ではないので確実に信頼性のある情報ではありません。 カメムシの大量発生の夢を見た時 『カメムシの大量発生』は大量発生でも 『夢』の中で見たという方も少なからずいるようです。 夢占いでは虫が大量発生する夢は、身体や心が疲れている時に見ると言われています。 私のように虫が好きな人はまた別だと思いますが、 普通虫に追いかけられたり大量発生しているところを見るのは強いストレスを感じますからね…。 憂鬱な夢の場合は健康状態に問題がある可能性もあるので生活習慣を見なおしたり、少し安んでみるのもいいかもしれません。

次の