ザン ライザー。 ザンライザー

【ガンダム00】ダブルオーザンライザー オーライザーが超絶強化!?プラン白紙の悲しき事情とは・・・(音声対応版)

ザン ライザー

今回はザンユニットを組み込んだ姿をそれぞれ紹介します。 こちらは素の00本体にザンユニットを背負わせたザンダブルオーガンダム。 オーライザーを組み込んでいないので比較的シンプルな姿です。 背面のザンユニットはそれなりに重さもありますがS字立ちさせれば自立は可能。 またGNバスターソードIIIが支えにもなります。 ザンユニットには武装の他、アーム式パイロンが装着されていて画像のように差し替え無しで展開が可能。 ハンド部分も開閉しますし肘にあたる部分も可動しますがアームの根本でロールはできないので開き具合などは制限されます。 パイロンは付属する武装を持たせる事が可能。 持たせると4本腕のようなシルエットになります。 武器の保持はピンで行うのでポロリの心配はありません。 GNバスターソードIII こちらも刃部分など細かく色分けされていて配色が再現されています。 先端部分もシャープでした。 ただGNソードIIと比べると大ぶりで重量があるため手首のピンから外れやすく感じる部分もあります。 バスターソードは片方の背にある青いパーツを外す事で合体が可能。 さらに巨大な大剣になります。 前後の厚みが倍になるため取り回すのはちょっと大変。 また手首からも外れやすいのでバスターソード専用の固定手首でもあれば嬉しかったかも。 続いてザンユニットをオーライザーに組み込んで作るザンライザーの紹介です。 まずはザンユニットを分解し中央のユニットにオーライザーのバインダーにあるフィンやテール部分のパーツを取り付け。 さらにオーライザー本体部分をドッキングさせます。 そしてフィンを外したバインダーにはザンユニットのウイング、バスターソード&マウントパーツ、アーム式パイロンを代わりに取り付けます。 再度バインダーなどを取り付ければザンライザーの完成です。 こちらも四角いピンがあるのでアクションベース1で飾る事ができます。 オーライザーとザンユニットを合体させているのでかなりの大きさ。 各パーツを組み替えて再現しますが保持は安定していて落ちやすいパーツも特に無かったです。 バスターソードIIIもあるため長さはかなりの長さに。 全長は00本体を超える長さになります。 ザンユニットも適度なディテールがあり合体させても統一感はばっちりでどちらかのパーツが浮くような感じもありません。 続いてザンライザーを00本体に合体させるダブルオーザンライザー。 こちらはダブルオーライザー同様ザンライザーを折り曲げるような形状にしてから背面に取り付けます。 その際パイロンにはGNソードIIを取付可能。 背面がとんでもない重さになるので画像のスタンドも付属。 長さは変更できませんがバスターソード合体時に出る青いパーツの余剰を取り付ける事ができます。 ザンライザーを背面にドッキングさせダブルオーザンライザーの完成。 オーライザー+ザンユニット全てが背面に付くため後ろ側のボリュームがとんでもない事になります。 その為当然重量を支える事はできずスタンドは必須です。 背面から見ると機首や各武装が後方に伸びていて威圧感が凄いです。 GNドライヴはフリーなので付属するシールドを取り付ける事ができます。 背面に重量が集中するので支えがないと腰も当然仰け反ります。 股関節のジョイントも重さにすぐ負けて外れてしまうので浮かせて飾るのはかなり危ないです。 もし股関節のスタンドジョイントで浮かせて飾るとしたらスタンドは2つ以上必要になると思います。 写真を撮った後に気がついたのですが この形態でもザンユニットのジョイントが使えたのでこちらを使えば腰の仰け反りや重量を気にせず飾る事ができます。 パイロンはこちらの形態でももちろん使用可能。 背面の重さで動かすのが一苦労な部分はあるのですが、やはりパイロンなどは動かしていて面白いですし ダブルオーライザーやセブンソードとは違った魅力があります。 合体状態のGNバスターソードIIIを持たせて。 ウイングが取り付けられていますがバインダーの展開はある程度可能でした。 足にセブンソードのパーツを使ったりしていますが以前作ったMGダブルオーライザーと。 やはり背面の差が凄いです。 以上MG ダブルオーザンライザー レビューでした。 キットは以前発売されたダブルオーライザーに新規でザンユニットを付属させた物になっています。 特に省かれたパーツはないのでダブルオーライザーとしても組めますし粒子貯蔵タンクなどもしっかり付属していました。 新規のザンライザーはパーツ分割も優秀で配色もしっかり成形色で再現されていましたし 各組み換えギミックもストレスなく行う事ができます。 ただデザインがデザインなのでダブルオーザンライザー時は動かし辛い部分があり、バスターソードもできれば専用の持ち手パーツが欲しいなと感じました。 とは言えやはり背面の迫力は凄まじいですし、様々な00を再現できる充実した内容のキットになっていました。 10周年という事で色々活発になっている00シリーズですがこれを期にキット化されていない物など色々リリースして欲しいですね。

次の

MG ダブルオーザンライザー レビュー

ザン ライザー

実際にその武装強化案には様々な種類の設計データが存在していたといわれている。 本機はGNR-010「オーライザー」に「ザンユニット」と呼ばれる強化用ユニットを装着した「ザンライザー」である。 しかし、ツインドライブの安定供給という役割を果たしていたため実際には単体で使用する機会がなく、 またパイロットである沙慈・クロスロードの戦闘能力が非力であったためか、採用は見送られている。 機体下部にはサブアームが装着されており、ガンダム各機の武器等の運搬・使用も可能である。 さらにザンライザー最大の特徴はCBで運用されるガンダムとドッキング(合体)が想定されている点である。 ダブルオーガンダムとザンユニットを組み合わせた「ザンダブルオーガンダム」 (この状態だとツインドライブの不安定化が懸念されていた)、 そしてダブルオーライザーとザンユニットを組み合わせた「ダブルオーザンライザー」などが想定されていた。 このトランザムを使用することで、一定期間管理人Nealの能力は飛躍的に向上しそのガンプラ製作・更新スピードは通常の3倍、いやそれ以上とも言われる。 驚異的な筆塗り能力・有り得ない更新スピード等、通常の能力を遥かに超える能力を獲得することが可能になるのだ。 しかし、このトランザム使用によるその代償は大きく、その後Nealの精神・肉体は崩壊し、動機・息切れ・目眩・幻覚など様々な症状を引き起こすのだ。 いつもどおり、雑誌付録のパーツはこういう白一色のパーツ構成。 今回のザンライザー(厳密にいうと「ザンユニット」)には、極力合わせ目が必要ないように設計されている。 が、しかし・・・そのせいか肉抜き穴がずいぶんと目立つ気もする。。。 まあ、この辺りは価格帯からして無理な話なので、素直に「良いキット」といって良いと思います。 雑誌を見てみると、かなり詳しく製作方法が掲載されている。 雑誌見ていても力の入れ具合がよくわかる、さすが40周年だ(笑) しかし、作り方や製作後のレビューはあるものの「各部パーツの塗装見本」みたいなのがまったくない。 そのため、 ここはどういう塗り方なんだ? ここは塗装するところか? サブアームの内側はどうなっているんだ? など、自分で各ページにある写真が載っている部分を探して手探りでやっていかないといけない。 各部パーツの塗装見本がないのはきつかったかなぁ。 あえて、トランザムまで発動して制作した「ザンライザー(全筆塗り)」ですが、HOBBY JAPANのキット製作ページを見ても、 入門編(初心者)は「缶スプレー」を使用して塗装するという、初心者に缶スプレー??それはどうなの・・・という思いがしたため、 あえて今回は全部「筆塗装」(もともと私は筆使い)で作ってみました。 どう考えても、このキットを買う人の大多数がエアブラシなんて持っていないはず。 私はエアブラシも持っていますし、そっち使った方が早いし綺麗なのですが、この辺りは見てくれている皆さんへの私の愛だと思っていただきたい(笑) ザンライザーは筆でも製作できますよ。 というなんらかの参考にでもなってくれればと思ったわけですw しかし、ここで言うのもなんですが・・・ 缶スプレー使った方がいいよ。。。 オーライザーにガンダムと同等の性能を引き出す(もたせる)ことが狙いで設計された。 戦闘シミュレーションでは体当たりによる格闘攻撃は、軽い衝撃が伝わる程度で対象物を切り裂いてしまうほどだったという。 オーライザーがダブルオーガンダムと合体運用されることでツインドライブシステムが安定することから、 オーライザーを単体で使用することが事実上困難なため、このプランは採用(開発)が見送られることとなった。 これらのデータは後に開発される機体等に引き継がれることとなる。 「皆綺麗に塗っているんだから、お前も綺麗に塗れ」とか「気合いでなんとでもなるから、なんとかしろ」とか言われても、絶対無理でしょ?(笑) 「まあ、お前も頑張ればなんとかなるって」なんて言われても、どうにもならないわけで(笑) 昔、先生に「夏に水をがばがば飲むやつはたるんでる奴だ。 俺が子供の頃なんて水なんか飲まなくても1日くらいどうってことなかったぞ。 順を追って塗装していくので、宜しければご参考にどうぞw ちなみにカラーはMr. カラーでやるなら、 「黒は(ブラック)・グレーは(ニュートラルグレー、又はニュートラルグレー+ネイビーブルー極少量)・青は(コバルトブルー)」がオススメw といってもこれは通常カラーであって、あくまで持っているダブルオーガンダムとオーライザーにカラーを合わせる必要があります。 デザイナーズカラーの場合は、雑誌に記載されているのでそちらを参考にw <工程>今回は実際2日間での製作のため簡単製作となっています。 ・改造などは一切せず、ほぼキットのまま素組み(白の成形色はそのまま活かしています。 青・・・コバルトブルー(Mr. カラー) グレー・・・ニュートラルグレー+ネイビーブルー極少量(Mr. カラー) 黒・・・カーボンブラックマット(フィニッシャーズ) あとは半光沢でトップコート。 成形色(白)を活かした部分塗装でいくなら、青色は最後にするか最初にするかで悩むところだろう。 私は黒から塗っていきました。 黒はどれだけ他の色が後から侵食して来ようと、比較的簡単にリタッチでカバーできるから。 逆にコバルトブルーにグレーや黒が侵食すると、簡単にはリタッチでカバーできないため。 最初は綺麗に塗れなくても良いです、後で何度も塗り重ねてムラをなくしていきます。 何も技術がないから出来ないわけでもありません、ザンライザーはあなたでもやればできますw *筆塗装のもっと詳しい塗り方は今後トレーニング講座で扱っていく予定です。 これらは筆2〜3本で完成できます、とくに細い部分は極細の筆を使って塗装します。 一切マスキングテープを使用していないのは、この極細の筆で塗装しているため。 ガンダムラジエルの時にも使用していますw(そちらも参考にどうぞw) こんな細いライン塗れるかっ!って思われる方も多いかと思いますが、意外と簡単なので楽しいですよ(笑) ある程度なれてくると「あれ・・・できんじゃんw」となりますので、チャレンジですよw ちなみに今回使用した筆はクレオスの筆3本。 初心者におすすめの筆でもあります。 この筆の特徴はグリップにあります、ソフトグリップなので滑りにくいのが良いのです。 また筆の毛も抜けにくいし、痛みにくいのも特徴。 プラ板かなんかで塞いでしまってもいいかもしれませんね。 ザンライザーを買ったなら、HG「オーライザー」とHG「ダブルオーガンダム」は買わなければいけませんw もともと合体がメインですからねw 気になる人は購入しておきましょう! HG「ダブルオーライザー」もありますが、あちらはデザイナーカラーになるので、カラーリングが異なります。 通常であれば、上の画像のようなわかりやすいカラーです。 よく間違えそうになるのですが、アーム部は後ろ向きに装着ですよw 二か所を基点として可動します。 またアームの手になる部分ですが、武器が保持しやすいように2つの大きさの穴であらかじめ用意されています。 これらは各種の武器をマウントさせる役割や、ザンライザー自身でMSの腕のように使用することが可能だったという。 射撃戦や格闘戦も行えることから、ただの支援戦闘機の枠を超えた機体であったことが伺える。 たぶん、ハロが頑張ってくれるのだと思う(笑) 沙慈くんには無理だw ちなみにこのクリアーパーツはHG「トランザムライザー」に付属しているサーベルパーツ。 1m 全幅 16. 2m 全高 9. 8m 総重量 40. 3t(ザンユニット 20.

次の

MGダブルオーザンライザーその2

ザン ライザー

人気シリーズとなった本アイテム、通常弾は7弾が発表、そしてEX弾も6弾に突入と現在も好調です。 通常弾の主役クラスを大きくパワーアップさせる、EX01のフルアーマーユニコーンを思わせるアイテムです。 本アイテムのポイントは、• ダブルオーガンダム、オーライザー、ザンユニットのセット。 ダブルオーガンダム、オーライザー、ザンユニット、ダブルオーライザー、ザンライザー、ザンダブルオーガンダム、ダブルオーザンライザーの7つもの形態に換装可能。 ザンユニットは個性的で汎用性の高いジョイントパーツを多数用意、重装パーツとしても優秀な構成。 今回は未彩色テストショットで、その換装とプレイバリュー、細かなギミックまでをレビュー。 巨大な剣を装備したダブルオーガンダムの勇姿をチェックしていきましょう。 まずはセット全景。 さっそくザンライザーと組み合わせ、ザンダブルオーガンダムへ。 シンプルな構成ゆえのスマートさが格好良いですね。 オーライザーとザンユニットを組み合わせた、ザンライザー。 シューティングゲームのパワーアップした自機を思わせる、怒涛にして複雑なユニット構成が魅力。 いつものことながら3mm径ジョイントの安定感は抜群で、ガッチリ固定されて気楽に遊べます。 いろいろなアングルから眺めるのも楽しめます。 支援機らしく、ダブルオーとの巡航シーンでディスプレイ。 平手パーツや握り拳パーツがいい仕事をします。 そして3ユニットを合体させ、驚異のボリュームとなるダブルオーザンライザーへ! 特に背面からの複雑なユニット構成は圧巻で、このバックビューをいつまでも眺めていたい……。 シンプルながら、触っていて面白いギミックなのでぜひお気に入りのポージングを探し出してください。 阿修羅のような多腕で、独特のシルエットに。 このグリップやパイロンに限らず、ザンユニットには見るからに重装に使えるアタッチメントパーツが多数付属。 ダブルオーザンライザーを離れて、さまざまなアンサンブルの重装に役立つこと間違いなしです。 そして、EX06A「00クアンタフルセイバー」と組み合わせれば、まるで新型セブンソードのようなシルエットに。 この上位で武装バリエーションが楽しめるとなると、もう頭が処理能力を超えるプレイバリューですね……! 06Aとは異なるベクトルの大ボリューム支援機とのセットで、こちらもアンサンブルらしいプレイバリューを誇ります。 カラースキームも非常に近く、ABそろえれば末永く遊べること間違いなし。 新規プロジェクトも発表になった『機動戦士ガンダム00』、今後の展開に備えるために、さらなる重装のために、手元にほしいアイテムです! DATA MOBILE SUIT ENSEMBLE EX06B 00ガンダム&ザンライザーセット• PVC、ABS、MABS製彩色済みフィギュア• 受注受付中• 2018年7月発送予定• 価格:3,240円(税込)• 販売元:バンダイベンダー事業部 関連情報• 関連記事•

次の