ジョイコン 充電。 【左手デバイス】ジョイコンを直接充電できるガジェットのレビュー【お絵描き目線】

【ジョイコン充電に最適な充電器】ジョイコン(Joy

ジョイコン 充電

商品情報 対応機種:本製品はNintendo Switchの純正品ドックに合わせて使用する充電スタンドです。 ニンテンドースイッチ Joy-Conが4台同時充電可能なスタンドです。 Nintendo Switch Joy-Conのスタンドとしても使えて便利です。 LEDランプ表示搭載:LEDライトで充電状態をお知らせします。 充電中はアクリルランプが赤く点灯し、充電完了時はブルーに点灯します。 充電状況が一目で確認出来ます。 過充電防止機能搭載:最先端の自動制御装置を採用しており、過電圧保護や過充電保護や短絡保護機能を搭載しています。 コントローラーの充電完了時に、自動的に電源がOFFになり、安全な充電環境で安心して利用頂けます。 多機能:USB 2. 0プラグを搭載し、Switch ドックがJoy-Con 充電スタンドに電源入力を提供し、搭載のUSB 2. 0ソケットはDC 5 V電源出力に対応し、通信.

次の

スイッチ「ジョイコン」の種類・色・電池の充電方法・HD振動【Proコントローラー】

ジョイコン 充電

ガジェット 2019. 03 2019. 20 osakanapotchy 【左手デバイス】ジョイコンを直接充電できるガジェットのレビュー【お絵描き目線】 こんなのを見つけて買ってみました! ジョイコンの充電ガジェットが欲しかった理由 PCでの 「 お絵描き用の左手ガジェット」として、結構便利なSwitchのジョイコン。 便利なのですが、充電をするためにゲーム機のSwitch本体に接続すると、そこで PCとのペアリングが解けてしまいます。 再使用のたびにペアリングしなおすのが地味に面倒くさいです。 (まあ、PCの方の電源を落としたらどのみち切れるんですが) それと当たり前ですが、バッテリーが一旦上がってしまうと充電中は使用不可となり、作業が止まってしまいます。 なので私としては、 ジョイコン単体で充電できて、できれば 充電しながらでも使用できるようなガジェットを、何とかして手に入れたかったわけです。 結構良さげなのを見つけた!? これです。 おそらく中華製の、ジョイコンの個別持ち用の充電グリップなんですが、これがUSB-Cケーブルからの直接充電に使えるとのこと。 今回の記事ではこれのレビューを書こうと思います。 (ちなみに)他の充電機器との比較 ジョイコンを直接充電できるガジェットは、もちろん公式でも出ているのですが…それは充電機能が付いたコントローラーグリップなんです。 要りもしないゲームコントローラーを買うというのがちょっと引っかかるのと、 3300円くらいと結構なお値段がします。 それにこれだと充電しながらの使用はちょっと大変そうです。 …ていうか、本体付属のグリップーに充電機能を付けておいてくださいよ任天堂さん、と言いたくなってしまいますねえ。 念のため) というわけでレビュー というわけで、色々と吟味して選んだ物をレビューしていきましょう。 USBケーブルとストラップが2つ。 そして日本語表記の説明書が入ってます。 0のケーブルの片っぽが Cタイプになってる奴です。 高速充電は期待できませんね。 私はこっちは使わずに iPad pro のUSB-Cケーブルを使い回してます。 …USBの差込口はここ。 Switch 同梱の純正グリップと比べると、横幅は倍くらいで、手の平に当たる部分がもっこりする感じですね。 …装着するとこんな感じです。 ふた回りくらい大きくなる印象。 手に持った感じは、 お絵描きする分には ちょっと大きすぎかもですね。 私は 純正グリップのサイズの方が持ちやすいと思いました。 まあ、この製品は 「ヨコ持ちでゲームする」に特化したもの。 私の様に 「タテ持ちでお絵描きする」用途に作られたのではないので仕方ないです。 私は純正の方に付け替えて使ってます。 この子は充電さえしてくれればいいんです。 脆そうでちょっと気になったところ このツメ部分…。 マニュアルを見るとロック解除用の「ボタン」とあります。 このグリップをジョイコンからはずす時に押すボタンなわけですが…。 要するに、ジョイコンのこの取り外しボタンを、 直接、物理的に押すためのボタンなんです…。 この辺りが「らしい」ですな。 これが押しにくいですし、押すたびに物理的にスリップする 「ズリッ」とした手ごたえがあります。 この「ボタン」とやら、こんなプラスチックの弾性だけに依存した華奢なつくりなので、 絶対に早々に壊れますね…。 とりあえず一ヶ月ほぼ毎日使っていて大丈夫ですが、所詮は樹脂製ですし、いずれは。 私は使用時に純正グリップへ付け替えているので、充電さえ出来ればこっちのグリップがどうなろうが構いません。 いざ折れたら、ここのもっこり部分をペンチで切ってジョイコンの取り外しボタン部分を露出するようにして、手で直接ジョイコン側のボタンを押せるようにしようと思います。 ていうか、今日にでもそうしちゃおうかなあ。 ここだけが 懸念点です。 充電してみた さて充電です。 これが中々気が利いていて、充電開始で緑のランプがピロピロとスクロール点灯しつつ、ソケット横のランプが 充電中は赤、充電完了で緑に光ります。 これは地味に助かります。 だいたい 2~3時間ですかね。 そして… 充電後にPCの近くに持っていったら、 ペアリングが切れることなくそのまま使えました(当たり前ですが)! 一旦バッテリーが無くなった状態にしてから、 充電しながら有線で試してみましたが、 ばっちり使えましたよ!(写真、見づらいですが奥のモニターの左側のポートに繋がってます…) そんなこんなで… 一部、つくりに不安なところはありましたが、私としては充分満足しています。 地味に便利ですね。 こういったジョイコン充電ガジェットの中では かなり安い方だったのも高評価です。 私はAmazonで 税込み送料込みで1880円でした。 まあ、他の充電ガジェットは大抵同時に4つ充電できるつくりだから良いお値段がしてしまうのですが、私からするとそこは興味ありませんので。 むしろ欲を言えば2つも要らないので 単体でもっと安く売って欲しいです(笑)。 ペアリングのことを気にしないでチョイチョイ充電にかけられますし、いざとなれば有線のまま使用もできます。 バッテリーについてしょうもない事を考えないで済むようになったので、中々良いものだと思いますよ! もし良かったら、弱点コミで活用を検討してみてはいかがでしょうか!.

次の

ジョイコン(Joy

ジョイコン 充電

スイッチが面白すぎてコントローラーのバッテリー切れが頻発!! ニンテンドースイッチって面白いですよね。 おかげさまでよくコントローラーのバッテリーが切れちゃって、あたふたすることが多いですw そんな事態があまりに頻発したので、ついに重い腰を上げてジョイコン用の充電器を購入しました。 それで買ってみたら面白いものでいろいろ粗が見えてきたので、自分のニーズと合致する充電器を求めてジャーニースタート。 実際におよそ発売されているタイプのジョイコン用充電器を買い増して使用感を確かめてみました。 その結果、行き着いたベストジョイコン充電器が「Joy-Conストラップ型充電器」に属するDefway「」。 なぜこのジョイコン充電器がベストなのか、それは下記の理由が挙げられるからです。 ゲームを中断することなくジョイコンを充電できる• プレイできるゲームが制限されない• 超長時間プレイしていられる• 上手く充電すればケーブルレスでプレイできる• ジョイコンが重たくならない• ジョイコンが分厚くならない• 安心の長期保証付き! とりあえず最初の理由、超重要項目です。 ゲームやってて急にバッテリーが切れたからって、ゲームやめられますか?やめられないでしょう!だからプレイ&チャージは譲れません。 今回充電器を紹介するにあたってもこのスタンスに立ってモノを言っていくので予めご了承くださいね。 他の項目もせっかく充電器を買うなら押さえておきたいものばかりですが、大抵他のタイプの充電器はどれかが抜けてたりします。 その意味で「Joy-Conストラップ型充電器」に属する Defway「Switch Joy-Con充電グリップミニ」は他の充電器が持つ欠点をすべて克服したキングオブJoy-Con充電器!即ち、最強です。 そんなわけで充電中もゲームをプレイしていたい方にとってDefway「Switch Joy-Con充電グリップミニ」は最強コスパの最高チャージャー。 マストバイ決定です。 とはいえ本当にDefway「Switch Joy-Con充電グリップミニ」がマストアイテムなのか気になるところですよね。 この件については以下でしっかり根拠を提示しつつ解説していきたいと思います。 ご興味があれば、どうぞお付き合いくださいね。 ニンテンドースイッチのジョイコン充電器のタイプは? まずはジョイコンを充電するチャージャーのタイプを紹介しつつ、より良いものに絞り込んでいきたいと思います。 複数のジョイコンを同時充電できる充電器 まずはジョイコンを2組4個、Proコントローラーを1台同時にチャージできる充電器から。 当たり前ですが 同時に複数のコントローラーを一気にチャージできるのが魅力ですね。 ただ 最大の欠点が充電中にプレイができないことである以上、もはや趣旨に反するので却下ですね。 そもそもプレイ中以外にチャージする意識がしっかりあるなら、スイッチ本体にセットするなりしておけばいい話なので身も蓋もないですよね。 次行きましょう。 バッテリー内蔵タイプのJoy-Conグリップ型充電器 ちなみにJoy-Conグリップ型の充電器を買おうと思っているのであれば、僕はDefway「」をおすすめします。 その名の通り バッテリーがグリップ自体に内蔵されているのであらかじめチャージしておくことができ、いざとなれば ケーブルレスでジョイコンを充電できる優れもの!任天堂純正品では充電ケーブルを挿さないと充電機能を果たさないのでケーブルに縛られるデメリットがありますが、Defway「Switch Joy-Con充電グリップ【バッテリー内蔵】」はそのデメリットを見事に克服しているから利便性ヤバイです。 内蔵バッテリーフル充電で約40時間のプレイ時間延長が見込めます。 Joy-Conグリップ型充電器なら断トツでDefway製!• Joy-Con拡張バッテリー 任天堂純正品で「Joy-Con拡張バッテリー」という乾電池から給電を図るタイプの充電器もあります。 「Joy-Con拡張バッテリー」最大のメリットは ケーブルレスで充電できること。 拡張バッテリー本体に単三乾電池をセットすることでジョイコンに給電する方式を取っているので、 充電コードやコンテントの位置に縛られずにプレイできるメリットはかなり大きいです。 Joy-Conグリップ型のようにプレイするゲームに制限が課されないので、僕はどちらかというと左右独立型の「Joy-Con拡張バッテリー」の方がおすすめですね。 ただし購入前に知っておいてほしい気になるポイントは、まず 充電バッテリー本体+乾電池がちょっと重たいなぁ・・・という印象を受けること。 片側ごとに2本の乾電池約50g、拡張バッテリー本体約48gの合計およそ100gがジョイコンに上乗せされます。 ジョイコンそのものが約50gあるので 約3倍の重さになるので決して無視できない重さかと・・・。 あと拡張バッテリーを装着することで ジョイコンに結構な厚みが生まれるので、グリップ感が変わって人によってはプレイしづらいと感じるかもしれません。 まぁこれは人それぞれなので何とも言えないところですが。 Joy-Conストラップ型充電器 というわけで僕が最終的に行き着いたのは、Joy-Conストラップ型充電器です。 特に僕はいくつか同タイプの製品を使ってみた経験からDefway「」をおすすめしています。 ラインナップの中で最も安く購入できて十分な実用性が備わっていますよ。 充電方法はいたって簡単で、電源と充電器を製品付属のUSB-Cケーブルで接続することでチャージすることができます。 DefwayにはUSB-Cケーブルが2本同梱されているので別途買い揃える必要はありません。 ちなみに実用性十分のストラップも2本付いていますよ。 Joy-Conストラップ型充電器のメリット 冒頭でもお伝えしましたがDefway「Switch Joy-Con充電グリップミニ」のメリットは、次のようなものが挙げられます。 ゲームを中断することなくジョイコンを充電できる• プレイできるゲームが制限されない• 超長時間プレイしていられる• 上手く充電すればケーブルレスでプレイできる• ジョイコンが重たくならない• ジョイコンが分厚くならない• 安心の長期保証付き! 一言でこれらのメリットを表現するなら、 他の充電器のデメリットをすべて解消できる唯一の充電器タイプということ。 手に持った状態で充電でき、プレイできるゲームも無制限!電源がそばにあれば長時間に渡ってプレイし続けられますし、工夫次第でケーブルやコンセントからも解放されます。 充電器本体は片側約20gと軽く、厚みもJoy-Con拡張バッテリーより14. 4mmも薄い23mmなのでプレイの妨げにはなりません。 しかもオマケにDefwayなら 120日間返品保証・365日メーカー保証が付いてきます。 これだけのメリットが得られるのはJoy-Conストラップ型充電器だけ、もはやこの充電器タイプ一択なんじゃないかと思えるほどメリット満載ですね。 モバイルバッテリーを用意しましょう ただ これらの恩恵を享受するために一つだけ用意しなければならないものが「モバイルバッテリー」になります。 基本的にはコンセントに充電アダプターを差し込んで充電するのが通常だと思いますが、それではプレイしながら充電したいニーズを満たすのは至難の業。 そこで手元に置いておける電源が必要になるんですが、それをモバイルバッテリーに担ってもらおうという魂胆です。 普段使いの利便性にこだわりはなく少しでも安く済ませたい方• iPhone急速充電にも対応する次世代規格USB-Cポート搭載の高い利便性に魅力を感じる方 Anker「PowerCore Fusion 5000」 まず 必要最低限の支出でジョイコン充電環境が整えられるモバイルバッテリーで最もおすすめなのが、モバイルバッテリーのリーディングブランドAnkerの「」です。 USB-Aポートを2つ備えているAnker最安モバイルバッテリーがこの製品で、バッテリー容量5000mAhは約55時間のプレイ時間延長に貢献するので十分!Defway同梱の充電ケーブルで左右のジョイコンを充電できるので、「PowerCore Fusion 5000」以外に買い揃えるべきアイテムはありません。 とっても経済的にニンテンドースイッチの超長時間プレイ環境を整えることができますよ。 ちなみにモバイルバッテリー単体としても魅力あふれる製品で、急速充電器とモバイルバッテリーの機能が一つになったハイブリッド型モバイルバッテリーなんです。 旅行や出張が多い方には最適な一品です。 詳しくAnker「PowerCore Fusion 5000」について知りたい方は、下記の記事が参考になります。 RAVPower「RP-PB122」 ジョイコンの充電はもちろん、せっかく買うなら普段使いでも利便性の高いモバイルバッテリーが欲しい!という方にはRAVPower「」がおすすめです。 USBポートが2つ付いていてバッテリー容量が5000mAh、急速充電器とモバイルバッテリーが一つになったハイブリッド型モバイルバッテリーであることなど、Anker「PowerCore Fusion 5000」と共通する部分が多い本製品ですが、最大の優位点は PD対応USB-Cポートが搭載されている点です。 そもそもUSB-Cは近い将来主流になる新しい規格で、既に多くのデバイスで採用されています。 今後のiPhoneもUSB-C対応になる予定。 また現状でPD対応USB-Cポートがあれば iPhoneを急速充電させることが可能なので、iPhoneユーザーは超重宝します。 この記事をきっかけに、あなたのニンテンドースイッチのプレイタイムがよりストレスフリーなものになることを願ってます! スイッチにワイヤレスイヤホンを接続させる秀逸アイテム あんまりスイッチが面白すぎて、ついつい出先でもプレイしてしまうんですが、如何せん屋外だとゲーム音楽を堪能できないんですよね。 大音量でプレイするわけにもいかないし、有線イヤホンを着けてプレイするのは正直イヤホンが邪魔くさいから嫌・・・。 そんなときに活躍するのがスイッチとBluetoothイヤホンを接続してくれる便利アイテム「Bluetoothトランスミッター」。 僕はそんなアイテムを数多く使ってきて、このほどやっと満足のいく秀逸製品を発見! 早速記事にまとめたので、気になる方は下記の記事を要チェックです! この記事で紹介したアイテム• Amazonで欲しいものを安く買うなら「Amazonチャージ」 Amazonギフト券 「チャージタイプ」というギフト券を現金チャージすると、いつでも最大2. 5%のポイント還元が受けられます。 コンビニなどであらかじめチャージしておくだけでお得に買い物できるサービスなので、Amazonを日ごろ使っている方は「Amazonチャージ」を利用しない手はありません。 僕は先日Amazonのセールで 20万円超のMacBook Proを買ったので、5,000円もお金が浮きました。 浮いたお金でポートを増設する周辺機器を購入したんですが、これってお得だと思いませんか? どう転がってもお得でしかない「Amazonチャージ」が気になる方は、ぜひ下の記事をチェックしてみてくださいね。 関連リンク 管理人チャンス コロナショックのピンチをチャンスに変えて、毎日楽しく生きてます。 チャンスと申します。 映画好きが高じてDVDコピーを志し、時代が移り変わって動画配信サービスにシフト。 今はDVD&VODの二刀流で映画・ドラマ・アニメなどを堪能中。 ここ数年のインドア生活がたたって体が弱体化したのを契機に一念発起!自宅にトレーニングスペースを設けて、日々筋トレ&食事管理に勤しんでいます。 日々の経過をレコーディングして体の変化を見つめるのって楽しいです。 最近はハンドドリップコーヒーを淹れてくれるウォーターサーバーにハマってます。 粉をセットするだけでバリスタが淹れたようなコーヒーが味わえるので、病みつきです!.

次の